« 英語で日記 二〇一一年十ニ月十九日 月曜日 卒論の仕上げ。 | トップページ | 高知短期大学存続のための話し合いの資料をつくりました【個人判】。 »

2011.12.21

【エッセイ】 卒業論文を製本しました。真夜中ですが「やったーーーっ!!!」と叫びたい気分です。 

 二〇一一年十二月二十一日午前一時、私の大学の卒業論文の製本が終わりました。
 午後提出します。

 最初に論文の型式などを先生に聞いていなかったため、事務的なことで、かなり手間取りました。
 ○ 縦書きでなく横書きにすること。
 ○ 数字は基本的に洋数字にすること。
 ○ 「ですます」でなく、「である」で書くこと。
 ○ 引用文献・参考文献には、その本の全体のページ数、引用箇所のページ数を書くこと。
 と、いうことになりました。
 この論文、昨年四月から、縦書きで、ですますで、和数字で書いてきました。
 引用文献・参考文献には、その本の全体のページ数、引用箇所のページ数をおさえていませんでした。
 で、打ち直したり、図書館へ行ってページ数や引用箇所のページを調べたり……。
 この作業が大変でした。

 この作業をやるなかでタイトルやストーリーも、何回も変えました。
 そして、タイトルも昨日、本決まりになりました。
 できあがったものはA4判で、本文が三十九ページ、「引用文献・資料」が三ページ、「図表」が二十六ページの計六十八ページです。

 ピーク時の百数十ページあった原稿からいうとキュッと引き締まりました。
 内容も「自分で読み直しても面白い」ものになりました。

 丁寧に指導していただいた先生に、ものすごく感謝しています。
 さぁ、読んでいたただいた先生たちが、どう評価するか……。

 とにかく、いま、ウィスキーで一人だけの宴会を始めました。おつまみは用意してなかったので……。

|

« 英語で日記 二〇一一年十ニ月十九日 月曜日 卒論の仕上げ。 | トップページ | 高知短期大学存続のための話し合いの資料をつくりました【個人判】。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/53531816

この記事へのトラックバック一覧です: 【エッセイ】 卒業論文を製本しました。真夜中ですが「やったーーーっ!!!」と叫びたい気分です。 :

« 英語で日記 二〇一一年十ニ月十九日 月曜日 卒論の仕上げ。 | トップページ | 高知短期大学存続のための話し合いの資料をつくりました【個人判】。 »