« 二〇一二年一月二十三日 月曜日 史料講読の試験。  | トップページ | Sunday essay Siyoudoshima and me. 日曜随筆 小豆島と私。 »

2012.01.24

二〇一二年一月二十四日 火曜日 「房崎乃う羅(ふさざきの浦)」という地名。 

二〇一二年一月二十四日 火曜日 「房崎乃う羅(ふさざきの浦)」という地名。 

 晴れ。

 一時間目、史料講読。
 江戸時代の『日本行脚文集』を読んでいたら「房崎乃う羅(ふさざきの浦)」という地名が出てきました。
 前後関係からすると、いまの高松市牟礼町の房前(ふさざき)のことのようです。
 三時間目の英語で、先生から「年末年始の休みに、あなたは何をしましたかをのべなさい」という指示がありました。考えてみたら休みらしいことはあまりありませんでした。大みそかのイベント、高知短期大学存続の署名が活動や戦争遺跡の調査などについてのべました。
 地理の時間は、限界集落について。いろいろ考えながら聞き入りました。

|

« 二〇一二年一月二十三日 月曜日 史料講読の試験。  | トップページ | Sunday essay Siyoudoshima and me. 日曜随筆 小豆島と私。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

It is understandable that money makes people disembarrass. But how to act if somebody does not have money? The one way is to try to get the mortgage loans or collateral loan.

投稿: ElmaHyde | 2012.01.29 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/53814493

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年一月二十四日 火曜日 「房崎乃う羅(ふさざきの浦)」という地名。 :

« 二〇一二年一月二十三日 月曜日 史料講読の試験。  | トップページ | Sunday essay Siyoudoshima and me. 日曜随筆 小豆島と私。 »