« 二〇一二年一月十五日 日曜日 平和資料館・草の家の新年会に参加。  | トップページ | 二〇一二年一月十七日 火曜日 江戸時代の文書。うーん、まだ読めません。 »

2012.01.16

二〇一二年一月十六日 月曜日 午前零時半に起床。過激な一日。

二〇一二年一月十六日 月曜日 午前零時半に起床。

 晴れ。

 午前零時半に起床。『高知の戦争 証言と調査』の編集作業。

 始発(午前五時)の列車で香川に向かいました。

 大学の授業、二時間目、四時間目と出ました。

  帰り、大学で会った英語の授業が同じの一年生の男性二人の親切に感激しました。「他人のことを考えることのできる」、素晴らしい青年たちが、存在します。

 そして、夜は、『高知の戦争 証言と調査』の編集作業。

 英文の「日曜エッセイ」を書きました。

 なんていってたら、もう午前零時を過ぎました。

 ちょっと体を酷使し過ぎかもしれません。

 最近、ちょっといい感じなのは、僕が消えても、僕が執念をもってやっていてることを「百歳まで生きそうな」妻が引き継いでやってくれそうなことです。「ノウハウ」も早い目に引き継いでおこうと思っています。

|

« 二〇一二年一月十五日 日曜日 平和資料館・草の家の新年会に参加。  | トップページ | 二〇一二年一月十七日 火曜日 江戸時代の文書。うーん、まだ読めません。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/53747364

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年一月十六日 月曜日 午前零時半に起床。過激な一日。:

« 二〇一二年一月十五日 日曜日 平和資料館・草の家の新年会に参加。  | トップページ | 二〇一二年一月十七日 火曜日 江戸時代の文書。うーん、まだ読めません。 »