« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.01

【美術の勉強の時間】 構図の動静

 構図とは、絵画などで仕上がりの効果を配慮した画面の構成で、画面にどういうふうにものを入れるかということです。 
 いくつかの構図を紹介します。

 ○ 水平・垂直構図

 水平・垂直構図とは、画面を水平や垂直に分割したり、水平・垂直軸に合わせて対象物を配置するといった構図のことです。古典主義の作品に見られる、明快で単純な構図です。
 横方向へ伸びる水平線は安定感を表現でき、縦方向へ伸びる垂直線は上下への緊張感を表現する効果を生みます。

 ○ 対角線構図

 対角線構図は、不安定な動きで画面に動感が出ます。
 ルネサンス美術が左右対称や均衡を重視するのにたいして、バロック美術の作品の特徴としては、この対角線構図などがあげられます。
 バロック美術は、16世紀末~18世紀初頭にかけイタリアから始まり、ヨーロッパ各国に広まったバロックと総称される様式にもとづいた絵画や彫刻などの美術のことです。

 ○ 対角構図プラス倒立三角構図

 対角構図プラス倒立三角構図は、対角線構図に頂点が下になっ三角形の構図をプラスしたものです。ロマン主義が駆使しました。劇的場面、激しい感動、不安定感を表現するときに有効とされています。
 この構図をつかったものにフランスのロマン主義派のテオドール・ジェリコーの油彩画「メデューズ号の筏(いかだ)」(1818年~1819年)があります。この絵は、フランス海軍のフリゲート艦メデューズ号が1816年7月5日、難破した際に起きた事件を表しています。少なくとも147人の人々が筏で漂流しました。生き残った15人も、飢餓、脱水、食人、狂気にさらされました。

 構図では水平線をどこにとるか(位置)も大事な要素です。
 たとえば、平野と山と空の風景を描くとします。
 水平線の位置を下に配置した絵は、空が大きく入り、画面に広々とした印象を与え、のどかな平安な、空想的な印象になります。
 水平線を上に配置した絵は、現実的な印象になります。
 画面中央に水平線を配置した絵は、実体と空間が二等分され、見せたい部分が空なのか平野なのかわかりにくい印象になります。
 この3つ目の例としては藤島武二の油彩「日の出(伊勢朝熊山よりの眺望)」(1930年)があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜随筆 日本国憲法を、きちんと守る政府をつくりたい。Sunday essay I would like to build the government which protects the Constitution of Japan carefully.

 日本国憲法の第九条は、つぎのように定めています。

 第二章 戦争の放棄
 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 このことを私が知ったのは、中学生のころだったと思います。
 私は、こう思いました。
 「おかしいなぁ。こう決めているのに、なぜ日本に軍隊があるんだろう?」
 私が軍隊というのは、自衛隊のことです。
 私が高校のころ、自衛隊がアメリカの圧力のもとにつくられたことを知りました。
 アメリカは、かつて日本を占領していた国の一つです。
 日本国憲法は、彼らの占領のもとでつくられました。
 しかし、アメリカは、心変わりしていたのです。
 私がおとなになってからのことですが、政府は、自衛隊を海外に派兵するようになりました。
 それは、アメリカの強い要請によるものでした。
 日本国憲法は、政府が、この憲法の路線から外れないように監視する法律です。
 私は、平気で日本国憲法違反のことをする政府には、政府としての資格がないと思います。
 私は、日本国憲法を、きちんと守る政府をつくるべきだと思っています。

 Article 9 of the Constitution of Japan is defined as follows.

 CHAPTER II. RENUNCIATION OF WAR
 Article 9.
  Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
  In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

 I think that it was as a junior high school student when I  knew this.
 I considered like this.
 "It is amazing . There is an army in Japan. Why does japan have like this ?"
 I think  the Self-Defense Forces is army.
 When I was a high school boy , I  knew that the Self-Defense Forces were built  by U.S. pressure.
 The United States is one of the countries which occupied Japan once.
 The Constitution of Japan was built under their occupation.
 However, the United States changed its mind.
 Although it was the thing after I grow up, the government came to send the Self-Defense Forces to overseas.
 It was based on the strong U.S. request.
 The Constitution of Japan is the law to watch  the government not to separate from the route of this constitution.
 I think that  the government   has no right if the government   ignore the Constitution of Japan.
 I think that we should build the government which protects the Constitution of Japan carefully.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日本全国の法律家のみなさんへ】 政治的詐欺について、法律は力を発揮できますでしょうか。民事訴訟について、お知恵を貸していただけませんでしょうか。

 藤原義一です。 bqv01222@nifty.com

 日本の、ある県の公立大学法人(夜間の二年制のA大学、昼間の四年制の大学Bを運営しています)の理事長が「Aについては、夜間の二年制は時代に合わないから廃止します。そのかわりにBに四年制の夜間のコースをつくります」と在学生、卒業生、県民に宣伝しました。「Bに四年制の夜間のコースをつくります」で、県民世論の一部には、一時、「ならば、A大学はつぶしてもしょうがないか」という意見があらわれました。
 理事長らは、その直後に、県にAを廃止する案を提案しました(その案には、「Bに四年制の夜間のコースをつくります」は入っていません)。
 そして、その案が、県議会で議論され、「A大学を廃止したいと思いますがいかがですか」という案が、県民へ意見聴取にふされました(二月二日まで)。
 いっぽうで、その公立大学法人は、この間、A、Bのホームページで、実は、県議会には提案していないけど、実は、Bに四年制の夜間のコースをつくりたいとはと思ってはいるんですよ、たとえばこんなふうにと宣伝しています。
 私は、一度だまして、また、だますやり方だと思っています。政治的詐欺行為だと思います。
 法律的に、これは、こういう問題がある、この公立大学法人の案は取り下げて、少なくとも言明したとおりの新しい案を県議会に出し直すべきだと迫ることができませんでしょうか。
 そういう法律的な組み立てができませんでしょうか。
 その組み立てができれば、証拠もそろえていますので、すぐさま、私個人で民事訴訟を起こしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月一日 水曜日 「政治的詐欺は、提訴できないのでしょうか?」

二〇一二年二月一日 水曜日 「政治的詐欺は、提訴できないのでしょうか?」

 雨。

 昨夜から、ある県の公立大学法人の理事長を政治的詐欺の容疑で提訴できないかと、いろいろ考え抜いています。私の朝の夢のテーマも、これでした。かなり、うなされました。
 法律学についての基礎がないのが悲しい。

 二時間目、美術史概論。
 五時間目、演習(学生は三人)。
 私の大学で受けた最後の授業でした。

 美術史概論、美術、英語の受験勉強をしました。
 後期の試験は、私の場合は金曜日からです。

 電話で、妻と話しをていたら、ある女性が「高知短期大学存続を」の署名を、二百二十五人分、わが家に送ってくれたとのことでした。
 激感謝。
 先日、高知市のTさん(女性)が「もっと署名簿がほしい」という電話をくれました。
 妻にお願いして彼女に署名簿の追加を送ってもらうことにしました。

 東京都のOさん夫婦が、近々、高知にこられるということを妻から聞きました。高知を、ご案内します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わおー、超うれしい。平和資料館・草の家館長の岡村正弘館長(74歳)の”高知短期大学で学びませんか”の投書が、高知新聞に載りました。

 二月一日夜に、尊敬している平和資料館・草の家館長の岡村正弘館長(74歳)の投書が、高知新聞に載ったのを知りました。
 高知短期大学の先輩・Sさん(女性)が教えてくれました。 
 私は、いま香川県に住んでいるので、情報伝達がずれます。
 この投書を読んでいて涙が出ました。
 ご紹介します。

 投書は、ここに、あります。

 http://www.kochinews.co.jp/voice/1201/120131vhiroba02.htm

 2012年1月31日 火曜日

  短大で学びませんか

 8歳のとき、高知大空襲で家を焼かれ母と妹を奪われました。戦後の過労で父が病死、10歳でした。奨学金を受けて高校を卒業、大阪の専門学校は生活費を稼ぎながら夜間に学びました。おかげで高知市の公立病院に就職でき40年働くことができました。定年退職する時、妻も一緒に退職しました。妻にすすめられて一緒に短大を受験。
 1998年4月夫婦で仲良く入学しました。
 シルバー人材センターで下水道の普及にかかわる仕事が見つかり、夜は短大で学びました。国際経済論・金融論・農業経済論・憲法・国際法・社会保障・文学・韓国語など夢中になって学びました。新しい仲間・知り合いがたくさんできました。2000年3月夫婦仲良く卒業し短大学士になりました。
 その頃から「草の家」によく出入りするようになり、中国平和の旅、憲法の森などの運動にかかわりました。高知短大で学んだこと、シルバーの仕事で市民の生活を肌で理解できたことなどが新しいエネルギーになり、2005年5月仲間のすすめで「草の家」館長に就任しました。(後略)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.02

ぎえーーっ、また、こんなひどいことやってたの。田中直紀さんの沖縄防衛局。

 ここに「本件」の記事があります。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-01/2012020101_01_1.html

 以下、その記事の一部。

 沖縄防衛局が選挙介入 衆院予算委 赤嶺議員が暴露 職員・親族リスト作成 宜野湾市長選

 (前略) 日本共産党の赤嶺政賢議員は31日の衆院予算委員会で、米軍普天間基地「移設」問題が大争点になっている沖縄県宜野湾市長選挙(2月12日投票)に関し、防衛省沖縄防衛局が選挙介入していた疑惑を内部告発をもとに明らかにしました。
 赤嶺氏が暴露したのは、沖縄防衛局の総務部総務課人事係が局内各部の庶務担当者あてに送った2通の電子メール。メールには、同局が、選挙権のある職員や親族らのリストを作成し、対象者を集めて真部朗(まなべろう)局長が「講話」を行っていたことが明記されています。4日付文書は「宜野湾市在住の職員及び宜野湾市に選挙権を有する親族」の調査を依頼。18日付ではその対象者に局長「講話」(23日午後4時、24日午前10時)を「必ず聴講する」よう通知を求めています。指定された時刻は職務中です。
 赤嶺氏は、「沖縄防衛局が職権を使って有権者リストをつくらせ、局長の『講話』をきくように指示・命令していた」「国家機関の選挙に対する中立・公正の義務、選挙における地位利用の禁止に反することは明らかだ」と追及しました。
 赤嶺氏はまた、「政府が昨年の仕事納めにやったことが(新基地建設に向けた)環境影響評価書の提出強行だった。仕事始めにやったことが選挙への介入だ」と指摘。「アメリカの要求に応じて、県民が何を言おうがとにかく基地を押し付けることは許されない」と迫りました。
 野田佳彦首相は「とにかく事実確認させてください」と繰り返すだけ。田中直紀防衛相は「至急確認をする。そういう事実があってはいけない」と答弁。中井洽(ひろし)予算委員長は「局長『講話』等も含めてきちんと出すように」と求めました。
 宜野湾市長選挙は、普天間基地の無条件撤去と新基地建設反対を掲げるイハ洋一・元市長と自公支援候補の一騎打ち。新基地推進勢力は、イハ氏を当選させないことが、新基地反対の県民総意を切り崩せる契機になるとみています。
 同委員会後の理事会では、防衛省の鎌田昭良大臣官房長が説明。「講話」が行われたことは認めました。防衛省職員を沖縄に派遣し、事実関係について調査を開始したことを明らかにし、2月1日朝の理事会で報告すると述べました。
 (以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道大学の卒業生・西森茂夫さんと高知の平和資料館・草の家 北海道新聞夕刊 2012年2月1日付の<魚眼図>の記事。 

  北海道新聞夕刊 2012年2月1日付の<魚眼図>に「四国の高知県で、北大の尊敬すべき卒業生のことを知った。西森茂夫さん(1938~2004年)である。……」という記事が載りました。
 小田博志さん(北大大学院准教授=文化人類学)が執筆したものです。

 ここにあります。

 http://odahiroshi.blogzine.jp/webessay/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【英語の勉強の時間】 And how! It sure is. って……。

  And how!
 It sure is.

 いろいろ辞書を見ましたがわかりません。
 で、友人にメールで問い合わせました。
 すぐに答えてくれました。
 二つとも同じような意味でした。

 And how! (非常に、 とても、そうですとも、 ほんとうに)
 It sure is. (本当にね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【民俗芸能の勉強の時間】 香川県まんのう町の綾子踊って、こんな踊り

 ここにくわしく書いたページがありました。

 http://www.town.manno.lg.jp/kanko/ayako.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【英語の勉強】 My pleasure.って。

 メールで
 My pleasure.
 と、打ってきた人がいます。

 「どういたしまして。こちらこそ」という意味ですね。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二一一二年二月二日 木曜日 明日は、ハングルと美術の試験。 

二一一二年二月二日 木曜日 明日は、ハングルと美術の試験。 

 晴れ。

 朝から夜中まで後期試験のための勉強。
 ハングル。
 美術。
 英語。
 伝統芸能。
 明日は、ハングルと美術の試験があります。
 まだ覚えきっていないので、寝る前の二時間は、もう一度、ハングルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.03

高知県議会に出されている「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」は、白紙に戻し、県民的な討論を出発点としてつくりなおすべきです。【うちのかみさんの意見です】

 高知県は、平成20年11月に「県立大学改革にかかる永国寺キャンパス検討会」を設置し、幅広い委員の方々に、新たな社会科学系学部の設置、社会人教育並びに高知短期大学のあり方について検討し、平成22年3月、「県立大学改革にかかる永国寺キャンパス検討会 報告書」を発表しています。
 この「報告書」は、「高知短期大学のあり方について」は、つぎのようにのべています。
 「……高知短期大学の今後のあり方については、新たな社会科学系学部の設置状況を踏まえ、同学部との連携による社会人教育の充実や効率的で柔軟な大学運営の観点から、検討すべきである。
 その際、短期大学として存続させることや、社会科学系学部を設置する大学の短期大学部として組織を再編することなど、その設置形態についても検討すべきである。
 また、入学定員(現行120人)についても、入学志願者の確保策と合わせて、その妥当性を検討することが必要と考える。」
 つまり、①短期大学として存続させること、②社会科学系学部を設置する大学の短期大学部として組織を再編することを具体的な選択肢としています。
 今回、昨年12月に提出された永国寺キャンパス整備等検討チーム(高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)の「永国寺キャンパスに関する
基本方針(案)」は、県民的な議論も踏まえて出された「報告書」の結論をひるがえし、高知短期大学を廃止する案になっています。
 県政は、こうしたやり方を許すべきではありません。
 また、高知県立大学の南裕子理事長(高知短期大学学長)は、昨年11月以降、同大学の学生や卒業生、県民に、今回の案の内容を説明し、①高知短期大学は「発展的解消」をする②「発展的解消」というのは高知短期大学を廃止するだけではなく、高知県立大学文化学科に夜間の4年制コースをつくる--といってきました。しかし、南理事長らが実際に県政に提案している「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」には、②の高知県立大学文化学科に夜間の4年制コースをつくるということは入っていません。
 これは、どうしたことでしょうか。
 県政の重要問題について、県民をだましたやり方に怒り心頭です。
 こうした問題を持つ「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」は全体を白紙に戻し、県民的な討論を出発点としてつくりなおして、提出されるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二一一二年二月二日 金曜日 ハングルは「ぎりぎりパスですねー」。 

二一一二年二月二日 金曜日 ハングルは「ぎりぎりパスですねー」。 

 晴れ。

 一時間目のハングルの開始まで、あと五分。
 ハングルの会話文が、あと十六、頭にはいっていません。
 試験開始。
 僕が最初です。
 結果は「ぎりぎりパスですねー」。
 もともと聞き違って覚えていたものも二つありました。要注意。

 「でも、よくがんばったね」と自分に言い聞かせて「お祝い」に作業着の店に行きました。
 何せ下半身が寒い。春用のズボンですから。
 で、防寒用の作業ズボンを買いました。
 ひょいと店の外を見ると雪が降っていました。
 午前九時四十五分でした。

 四時限目は美術の試験でした。

 五十四の 日本語短文 示されて ハングルで読む 四十五OK  

 五問中 一問選び A3を 残さず書いて 「美術」が終わる

 夜、高知市の、ひろめ市場で職場で先輩だったKさん、Mさんと交流。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

二一一二年二月三日 土曜日 広目天のレリーフのブロンズ。【写真あり】

Photo_4

二一一二年二月三日 土曜日 広目天のレリーフのブロンズ。 

 晴れ。

 わが家のネット環境を、フレット光ネクストにしました。

 A先生が、広目天のレリーフ(僕の作品)をブロンズにしたものを送ってくださっていました。

 

  みなさんからいただいた高知短期大学存続の署名、四百数十人分を担当者に渡しました。

 午後零時半からの高知市の中央公園北口での高知短期大学存続の署名運動に参加。

 私たちの前には、原発なくせの署名運動、私たちのあとでは日本国憲法九条守れの署名運動、つづいて医療・福祉充実の署名運動がやられていました。高知の人たちのエネルギーはすごい。

 さぬき市のアパートに帰ってから、情報公開の文書を作成し、美術史概論の勉強をしました。美術史概論は、まだ三分の二残っています。

 妻からは「しっかり勉強しなさい」の電話がありました。

 あまり、けつをたたかないでください。これでも、せいいっぱいやっているのですよ。

 「あれこれと 目移りせずに 勉強を」 妻の電話の 重いひとこと

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 ひろめ市場(高知市)は国際酒場。

Photo

 二月三日夜です。

 陽気な仲間たち、ばんざい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 窓の中の青空。

Photo_3

 さぬき市志度で、二月三日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【詩】 小池倍夫(こいけ・ますお)君、蜜石誠二君へ。

 二〇一二年二月の、寒い日のことを書きたいと思う。

 香川県さぬき市の、岡の上の大学の長い階段を踏みしめていて、ふいに小池倍夫(こいけ・ますお)君のことを思い出した。
 「小池、俺は、この三月には大学を卒業するよ」

 君とは、高知市の高知県立高知追手前高校で一緒だった。
 君は、背の高い、美形で髭の濃いやつで、スポーツマンで、すごく頭のいいやつだった。
 高校の帰り道で、「英単語で一番長いものは何か」を競い合ったことを覚えているよ。
  僕は、君に山登りのイロハのイも教わった。
 山って、こんなに素晴らしいのか。僕は、山のとりこになった。

 いっしょに、高知大学文理学部文学科に入学した。
  いっしょに、歴史学の道に進んだ。
 お互いに貧乏だったから、生活費や授業料を稼がなければいけなかった。
 でも、君は「山」に、猛突進していった。
 僕は、「学生の利益を守る学生自治会執行委員会」の運動に。
 と、いえば、かっこいいけど、恋にも夢中になって、出会って二週間の香川県小豆島出身の学生に「結婚を前提につきあってください」といって「あなたとは、お友だちでいたわ」といわれたり、二年生になってからは、夢のようだけど大学の隣町、伊野町の髪の長い絶世の美女の一年生を毎晩、送って行ったりともした。
 で、労働をさぼった僕は、結局は、授業料未納の学生になった。
 三年生の終わりに、僕は大学をやめて働くことにした。
 なぜだか、君も、僕に追随してしまった。
 
 いつの間にか、君は京都の旅館の番頭になっていた。
 そして、いつの間にか、妻と二人の娘を持っていた。
 高知に帰って喫茶店を経営するという、その旅路で息をひきとった。
 小池。
 君は三十歳代で逝ってしまった。

 大学時代に一緒に文学科の文集をつくったね。
 文学科の同級生、ワンダーフォーゲル部の蜜石誠二も、文集のガリ切りのなかまだった。

 彼は、無口な哲学者のようなやつだった。彼の狭いアパートは僕の根城になっていた。君が、山の道具でつくってくれた食事を、一緒に楽しんだね。
 僕は左翼、君は右翼のふりをしていたけど、大学をよくするために二人で手を握った。サークル部室を守った。先生たちといっしょに大学に生協をつくった。

 蜜石君も、いろいろ苦労して愛媛県で毎日新聞の記者として活躍したけど、病気で亡くなってしまった。妻、娘たちは健在だという。

 僕は、二十歳代で、「おとなの汚さを拒否して、美しいままで消える」予定だったけど、まだ生きている。

 結婚して、子どももいて、孫もかわいい女の子が二人いる。

 
 六十歳で仕事をやめてから学び直して、今年の三月、香川県の私立大学を卒業するよ。
 六十五歳になったよ。

 「おとなの汚さ」は拒否し続けて、気持ちは少年のままだ。

 といっても、かなりひねた少年になってしまった。

 弱点を率直にいえば、一方的に大好きな女性が、妻以外にも、たくさんいること。ほとんど「手出し」は、「できて」いないが……。

 小池倍夫。
 蜜石誠二。
  
 これを書いているとき、ぽろぽろな涙を流しながら、鼻をすすっているよ。

 友よ。僕は、まだ、少し前に進むつもりでいるよ。

 彫塑も、やりたいと思っている。「美しい」を極めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

二一一二年二月五日 日曜日 房前(ふさざき)壕群のこと、少しわかってきました。

二一一二年二月五日 日曜日 房前(ふさざき)壕群のこと、少しわかってきました。

 雲り。

 高松市牟礼町の房前(ふさざき)壕の件で、当時から、その周辺に住んでいた人たちからお話を聞きました。

 ● 一九三九年十二月生まれの女性

  「父方の祖父が、自警団のようなものの地域の責任者をやっていました。その祖父が、私に、その地域のことを指して『あそこでは木造飛行機をつくるための壕を掘っている。あのあたりには爆弾が落とされるだろうから、行くな』といっていました」

 ● 終戦当時に牟礼国民学校六年生だった男性

  「壕は五つありました。横は三メートルくらいありました。中でつながっている壕と、つながっていない壕がありました。
 いま跡が残っている琴電の脇の民家の後ろのものは、琴電の線路の脇の墓の所に抜けていました。
 その墓の所で壕を掘る作業をしていた朝鮮人たちが爆発物をつくっていました。直径七センチメートル、長さ二十五センチメートルくらいの円筒形の袋に火薬を入れていました。
 もう一つの琴電の脇の民家の後ろのものは、堀の所に抜けていました。
 いまある線路の近くのヤブの所からのものは、貫通していませんでした。
 もう一つ、それらの東側の大きな木のあるにもあって、貫通していたようです。
 壕の所からは線路が敷かれていました。トロッコで壕からの土を海岸に運んでいました。そこは、いまの御旅所のある所です。」
 
 夜は、美術史概論の試験勉強をし、英語の課題をやって先生にメールで提出しました。
 

 【追記 倉敷飛行機の半地下、分散型工場】

 いまのところ、こういうことだろうという輪郭がわかってきました。
 ・ 一九四五年五月から牟礼村につくられていた倉敷飛行機の半地下、分散型工場というのは、房前の五つの壕と牟礼国民学校の講堂にあった。
 ・ 講堂では高等女学校の生徒たちが木工工作機械をつかって木製飛行機をつくっていた。
 ・ 房前の五つの壕も木製飛行機をつくるためのものだった。
 ・ 近くの料亭・朝日楼に陣取った日本人が工事の指揮をしていた。
 ・ つくらされたのは朝鮮人たちで、民家の鶏舎を改造した所とか房前駅前につくられた飯場で寝起きしていた。
 ・ 壕つくりのために三交代で作業した。爆発物も使って掘り進んでいた。
 ・ 壕群は、ほぼできあがっていて、工作機械も房前駅前にいくつか運び込まれていたが、壕に入れないまま終戦を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.06

地域を良くしていきたい。いま考えていること。

  【一極集中】

 日本では、政治・経済・文化・人口など、社会における資本・資源・活動が首都圏(特に東京都)に集中しています。
 東京一極集中がひき起こしている問題点としては、以下の点が指摘されています。
  ① 劣悪な住宅環境。
 ② 通勤時間の長時間化と慢性的に渋滞する道路、殺人的な通勤ラッシュ。
 ③ 地震や洪水などの自然災害が直撃すると、日本の首都機能が破壊されるという危険。これは、昨年3月の東北地方の地震とそれに付随した原発事故の影響(輪番停電など)により、東京圏は混乱におちいったことを見ればわかります。
 この現象は、地方の衰退と裏腹になっています。
 政府の地方交付税の削減、市町村の合併策や公共交通の衰退、破壊などにより地方は疲弊し、東京に行かないといい就職口がないなどの現象があらわれています。
 各県の県都をひきたて、県都を中心に県全体が循環的に結びつく都市づくり、県外に出なくても十分に学び、働き、生きていける都市づくりをしていく必要がると、私は思います。

 【いのちのデータ】

 この問題を日本で一番貧しい県、高知県を例に考えてみます。
 高知市で就学援助を受けている家庭はどんどん増えていて、市立の小学生は28.65%、市立の中学生は39.20%(2010年度)
 お金に困って病院に行けない人のために「無料低額診療」をしている高知医療生協潮江診療所には多くの患者がやってきています。 
 心不全、腎不全になっていた男性(20代)。
 電気や水道を止められ、凍傷になっていた男性(50代)。
 乳がんで、腫瘍は3センチもの大きさになっていたホームレスの女性(50代)。
 満足な食事ができず、身長170センチで体重が35キロまで落ち込んでいた男性(60代)もいました。
 若い人の定職がなかなかありません。青年団体が30代までを対象にアンケート調査をしていますが、3人に1人が年収200万円以下でした。
 夜間の短期大学がありますが、高知県は、働く者ための大学なのに学生で定職を持つものが減ったからという理由で廃止するという方針です。
 政治が貧困を前向きに打開する方向をとらない結果、貧困が加速するという結果になっています。

 【地産地消】

 高知市の、わが地区は、アパートなどが建って少しまちになってきました。わが家の周りは田んぼや畑です。
 が、ここでできたものは私たちの口には入りません。わが地域には、店といえば小さな雑貨屋があるだけです。私たちは少し離れたまちのスーパーで野菜などを買っています。
 地産地消という場合に、高知市でとれたものは高知市でという概念のほか、その地区でとれたものをその地区でという概念も必要だと思っています。
 そのためには、その地区で、それらのものを集めて売るというセンターが必要です。そうしたものを協同でつくれないか模索中です。

 【限界集落】

 高知県の限界集落をいくつか見ました。
 ある所では、イノシシなどのほうがいばっていました。
 あらゆる畑が、動物に荒らされないように垣根で覆われていました。小さな入口から入って、おりの中で農作業をしていました。
 解決の道はわかっています。荒れた山を動物が住める所にし、里を襲わないようにすることです。
 しかし、それをする人手と財力がありません。宿毛市の、そうした集落の一つで聞いた「イノシシは殺せるけれど、サルはかわいそうで殺せない。サルが、これ以上多くなったらお終いだ」という話にハッとしました。

 【ユニークな日本の自然環境】

 清流、かけがえのないものだと思います。アジアの各地で見る泥の川を見るたびに、そう思ってきました。高知県でも仁淀川などは、まさに清流です。
 私が、いま課題にしているのは、まちのなかを流れる川を、どう清流にするかということです。
 高知市の私の家の近くの国分川も、かつては清流だったようです。
 しかし、いまは、泥っぽいよどんだ川になっています。
 スムーズに流れる川、泳ぐことのできる川、魚をつってみようかと思う気になる川、水鳥がむらがる川をめざして、いま作戦をねっているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二一一二年二月六日 月曜日 房前(ふさざき)壕群のこと、また聞いてきました。

二一一二年二月六日 月曜日 房前(ふさざき)壕群のこと、また聞いてきました。

 雲り。

 四時限目は伝統文化の試験。のっけから難しくてあせりました。結果は……。

 高松市牟礼町の房前(ふさざき)壕の件で、当時から、その周辺に住んでいた男性(終戦時、商業学校二年生)に、お話を聞きました。このかたの父は土建業で、この壕をつくるための業者の一つだったとのことでした。

 帰ろうとしてバイクに手をかけたら、ドッシャン。左のクラッチが破損して動かなくなりました。
 折から雨が降り出しました。
 このあと悲しい時間を過ごしました。
 しかし、午後七時半には、アパートに到着。
 パソコンの調整。
 そして、あすの試験の準備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【英語の勉強】 no more left って何?

 no more left

 を教科書で見ると 

 sold out

 と同じようなのですが……。
 いろいろ探していたら、ここにありました。

 http://eigode.info/mm/0308.html

よくわかりました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.07

【短歌】 「抜頭の 読み方書け?」に つまづいて ……。伝統文化論の試験です。

 「抜頭の 読み方書け?」に つまづいて 「伝統文化」 上着脱いでる

 抜頭の読み、意味、ここにあります。

 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/178029/m0u/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 老得ても 「あと十年」と いっている……

 老得ても 「あと十年」と いっている やりたいことが どんどん増えて

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 「沖縄の海兵隊、岩国移転を打診 米、1500人規模」、何だって!!

 本日、二月七日付の四国新聞一面トップは、このニュースでした。

 沖縄の海兵隊、岩国移転を打診 米、1500人規模

 http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012020601002280.html

 米政府が日本政府に対し、グアム以外に移る在沖縄米海兵隊3300人のうち、1500人前後を山口県岩国市の米軍岩国基地に移転、常駐させることを打診していたことが6日、分かった。
 (中略)岩国基地には2006年の在日米軍再編に関する日米合意で、米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機や、米軍普天間飛行場(沖縄県)の空中給油機の移駐なども計画されており…… (後略)

 2012/02/06 20:31   【共同通信】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二一一二年二月七日 火曜日 江戸の古文書の試験、「うえーん」でした。

二一一二年二月七日 火曜日 江戸の古文書の試験、「うえーん」でした。

 雲り。

 

 睡眠不足です。

 大学の七十六段の階段を踏みしめて登ります。

 一時間目、江戸時代の古文書の試験。

 「あと十分!」 まだ半分も やってない 鉛筆カシカシ 三問残す

 

 四時限目は地理の試験。

 A4に 二枚の用紙 日本の いまと将来 書いている午後

 

 あす一科目受けたら、僕の大学での勉強は修了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【メモ】 高松中学校の生徒たちは香川県下の四つの陸軍飛行場づくりに動員されていました。

 創立百周年記念史編集委員会『高松高等学校百年史』(玉翠会。一九九三年十一月二十七年)の多田野久さんの「青春の日々」。
 多田野さんは、一九四四年四月に高松中学校に入学しています。
 「[一年生のとき]林町に建設中の高松飛行場の建設が最盛期に入り、その早期完成が焦眉の急となっていたのである。高松にあった4つの中等学校低学年(高学年はすでに軍需工場に動員されていた)の生徒が総動員され、朝から徒歩で“唐ぐわ”“もっこ”を担いで土木作業に従事した。」
 「それがほぼ完成すると、県内で小規模な飛行場が建設されるようになり、2年生になってからは、飯山・端岡・屋島等の滑走路建設に全員が合宿でかり出された。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歌】「Peace Wind」が、ここで聴けます。

 http://www.youtube.com/watch?v=GVqP2tZKpIc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わおー、我意を得たり。高知短期大学は高知県の宝物だという投書。

  高知新聞、二月五日に「[高知]短大は[高知]県の宝物」というタイトルの投書が出ました(と、聞きました。いま、まだ香川県にいます)。久岡賛七さん(69歳、行政書士、南国市)のものです。
 ここにありました。

 http://www.kochinews.co.jp/voice/1202/120205vhiroba04.htm

 以下、要旨。


  「高知短大廃止」を言われていますが、コミュニティーカレッジである高知短大は残していただきたいと思います。
 理由は、苦学する者にとって安い授業料で2年間勉強し、成績によっては国立大学などの3年生に編入することができ、また一度社会にでた方でも、年齢にかかわりなく入学し勉強することができる。つまり、勉学の機会とチャレンジの平等および社会に復活するために必要な条件を与えてくれる学校だからです。
 私事になりますが、中学校を卒業してから定時制高校に6年間通い卒業しました。22歳になっていましたが、それから高知短大に入学し、勤務地が高知市内でなかったこともあって短大は12年間かかって卒業しました。当然短大の先生方の温かい配慮の結果の卒業でした。その間に学んだことで、私の人生で血となり肉となった部分は計り知れません。
 現在も少時間ですが単位取得生として短大で受講しています。65歳を過ぎてからも必要があって、短大での受講を基礎にして、簿記と不動産関係の資格を取得しました。教室は若い方から私のような高齢者まで、意欲に満ちた熱気があふれています。
   このように貧しくても勉学の機会にチャレンジし、社会への復活に手を差しのべてくれる高知短大は、人材育成上からも高知県の宝物だと思います。(後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知短期大学を存続・充実させたい 私のスピーチ(予定原稿)。

 私は、この二十三日で六十五歳を迎えます。
 でも、やりたいこと、学びたいことが、どんどん増えて、老体にムチを打って突進していっています。
 本日午後一時からの高知短期大学専攻科の入学試験を受けてきました。
 私は、三月に卒業する大学の最後の試験、地理学の試験用紙に、こんなことを書きました。

 命の価値という問題を、県民一人当たりの収入が東京都の半分以下という高知県を例に考えてみます。
 若い人の定職が、なかなかありません。青年団体が30代までを対象にアンケート調査をしていますが、3人に1人が年収200万円以下でした。
 高知市で就学援助を受けている家庭はどんどん増えていて、市立の小学生は28.65%、市立の中学生は39.20%です(2010年度)。
 お金に困って病院に行けない人のために「無料低額診療」をしている高知医療生協潮江診療所には多くの患者がやってきているとのことです。 
 心不全、腎不全になっていた男性(20代)。
 電気や水道を止められ、凍傷になっていた男性(50代)。
 乳がんで、腫瘍は3センチもの大きさになっていたホームレスの女性(50代)。
 満足な食事ができず、身長170センチで体重が35キロまで落ち込んでいた男性(60代)もいました。

 私たちの高知県が、どうしてこんなことになっているのか、どうすれば、発展の軌道に乗れるのか、こうしたことを学ぶために専攻科を受験しました。
 高知短期大学であるからこそ、こうしたことを学べるのだと思っています。
 高知新聞に、あるかたが、高知短期大学は地域の学びやだ、高知県の宝物だと書いておられました。
 本当に、そうだと思います。高知県を良くしていくための宝物。残していきたい。知事にも、その思いを伝えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.08

二一一二年二月八日 水曜日 僕の大学での勉強は修了です。

二一一二年二月八日 水曜日 僕の大学での勉強は修了です。

 晴れ。

 二時間目、美術史概論の試験を受けました。
 これで、僕の大学での勉強は修了です。

  夜、高知短期大学存続運動の打合せ会に参加しました。
 夜中、ビラの案をつくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.09

【ニュース】 「社会保障は無駄の宝庫」という民主党・前原誠司議員の質問。

 二月九日の衆院予算委員会の民主党・前原誠司議員の質問を聞いていてびっくりしました。
 「社会保障は無駄の宝庫」だ、切りこめというのです。
 あなたは、誰のために、何のために政治をやろうとしているのですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二一一二年二月九日 木曜日 高知短期大学存続運動のビラ。 

二一一二年二月九日 木曜日 高知短期大学存続運動のビラ。 

 晴れ。

 ひたすらパソコン、プリンターでカラーのビラを印刷。
 高知短期大学存続運動のビラです。

  高知短期大学存続運動署名百七十人分を担当者に渡しました。

 夜五時から、そのビラを高知短期大学前で配布。計三人。
 夜、そのビラを増し刷り。あすにそなえました。

 午後十時、東京の長女宅に電話したら娘の二女、小学校二年生のユリが応答しました。

 「ママ、もう寝てる。電話に出たくないんだって」

 しっかりした、「おとな」の応対で感激しました。

 「三月、四月に、みんなで高知に来るといっていたけど、日程を知らせてって、お母さんにいっといて」

 「うん、わかった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.11

二〇一二年二月十日 金曜日 風邪でダウン。

二〇一二年二月十日 金曜日 風邪でダウン。

 晴れ。

 朝起きたら声がガラガラ。風邪です。
 午前中の二つのアクションのうち一つをキャンセル。
 本日夕がたにまくビラを印刷。
 そのあと、とにかく寝ました。
 二時からの槇村浩のあつまりに参加。
 帰って、また寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当なの? 大阪市のハシモトさん。こんなことをやっているの!?

以下をダウンロードしてください

「hasimotosi.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.13

二〇一二年二月十一日 土曜日 高知短期大学経済学クラブの勉強会と新年会。

二〇一二年二月十一日 土曜日 高知短期大学経済学クラブの勉強会と新年会。

 晴れ。

 みなさんからいただいた高知短期大学存続運動署名十八人分を担当者に渡しました。

  高知短期大学経済学クラブの勉強会と新年会に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十二日 日曜日 高知短期大学専攻科の入学試験。

二〇一二年二月十二日 日曜日 高知短期大学専攻科の入学試験。

 晴れ。

 午後一時から高知短期大学専攻科の入学試験。
 六人が受験しました。
 そのあと、高知短期大学の存続を求めるシンポジウムに参加しました。
 そして、懇親会に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十三日 月曜日 英語のカタコトで通訳。

二〇一二年二月十三日 月曜日 英語のカタコトで通訳。

 雨。

 平和資料館・草の家で何人かとタイの女性(34)と話しました。
 女性の大学の先生が通訳についてくれました。
 夕方から、そのタイの女性、東京から来た二人の女性と懇親。高知県側七人。
 タイの女性は英語と韓国語がわかるので私が電子辞書を引きながら英語のカタコトで、U青年が韓国語で通訳をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.14

【ニュース】 ハシゲさんはハシズム。その一例。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-14/2012021401_01_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.15

二〇一二年二月十四日 火曜日 高知県知事の高知短期大学存続を求める学生たちとの話し合い。 

二〇一二年二月十四日 火曜日 高知県知事の高知短期大学存続を求める学生たちとの話し合い。 

 雨。

 平和資料館・草の家で長崎に向かうタイの女性(34)を見送りました。
 
 高知県知事の高知短期大学存続を求める学生たちとの話し合いを傍聴しました。

 徳島文理大学の後期試験の成績が発表されました。
 すべて合格していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十五日 水曜日 高知短期大学の先生がたち高知短期大学存続を求める会、同存続を求める学生の会との話し合い。 

二〇一二年二月十五日 水曜日 高知短期大学の先生がたち高知短期大学存続を求める会、同存続を求める学生の会との話し合い。 

 雨。

 高知市の高坂高等女学校に通っていたUさんから当時の学徒動員の話を聞きました。

 高知短期大学の先生がたち高知短期大学存続を求める会、同存続を求める学生の会との話し合いに参加しました。

 その後、高知短期大学存続を求める会、同存続を求める学生の会の打ちあわせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.16

【エッセイ】 「県民所得、高知県初の最下位」と尾﨑正直知事の政策(結論は出していません)。

 二〇〇九年度の各都道府県民経済計算が二月十四日までに出そろい、高知県の一人当たりの県民所得二百一万七千円は全国最下位(前年度四十六位)となりました。
 これは、内閣府がまとめる一九五五年度以降の統計で初めてです。前年度最下位は、沖縄県でした。
 高知新聞の十六日付朝刊のコラム「小社会」が、この問題をとりあげています。
 「(前略)2009年度、1人当たりの所得は201万7千円で全国47位。びりは初めてのことだ。
 (中略)明治以降、時代は農業社会から工業、ハイテク社会へ。それでも1979年度、本県の県民所得は全国28位。これをピークに順位は下り坂が続き、30年後、とうとう落ちるところまで落ちた。(後略)」
 なぜ、最下位になったのか。
 この点で、まず点検してみなけれはならないのは二〇〇七年十二月七日以来、知事をつとめてい尾﨑正直知事の政策と、その政治の実際です。
 その知事の政治のもとで「最下位」という事態が起きているからです。
 どういう政治だったのか。どこに問題があったのか。どうすればいいのか。じっくり分析してみる必要があります。
 私の身近な問題では、彼が「99%」のための、夜間の高知県立高知短期大学を廃止しようとしてきたこと、これは大問題だと思います。
 県民論の反撃にあい、それは失敗しましたが、彼は、昨年四月から高知県立高知短期大学を法人にしてしまい、また、いま、それさえも廃止しようとしています。
 よりよい高知県にするための人材を育てる高知短期大学をなくする、ますます県民所得は減ると思います。
 高知短期大学を存続・充実させる、県西部、県東部にも新しく夜間の短期大学をつくる、あらたに夜間の四年制大学もつくるなど夜間の大学教育の充実に情熱をかたむけてはいかがでしょうか。
 観光政策などについてもいいたいことはたくさんありますか、じっくり調べてから発言したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうか。直接請求の地方自治法第七十四条があった。

  そうか。直接請求の地方自治法第七十四条があった。何日か前に気が付いて仲間とも話し合っています。

 いま、これをどう活用するかを研究しています。

 第七十四条の二  条例の制定又は改廃の請求者の代表者は、条例の制定又は改廃の請求者の署名簿を市町村の選挙管理委員会に提出してこれに署名し印をおした者が選挙人名簿に登録された者であることの証明を求めなければならない。この場合においては、当該市町村の選挙管理委員会は、その日から二十日以内に審査を行い、署名の効力を決定し、その旨を証明しなければならない。
 ○2  市町村の選挙管理委員会は、前項の規定による署名簿の署名の証明が終了したときは、その日から七日間、その指定した場所において署名簿を関係人の縦覧に供さなければならない。
 ○3  前項の署名簿の縦覧の期間及び場所については、市町村の選挙管理委員会は、予めこれを告示し、且つ、公衆の見易い方法によりこれを公表しなければならない。
 ○4  署名簿の署名に関し異議があるときは、関係人は、第二項の規定による縦覧期間内に当該市町村の選挙管理委員会にこれを申し出ることができる。
 ○5  市町村の選挙管理委員会は、前項の規定による異議の申出を受けた場合においては、その申出を受けた日から十四日以内にこれを決定しなければならない。この場合において、その申出を正当であると決定したときは、直ちに第一項の規定による証明を修正し、その旨を申出人及び関係人に通知し、併せてこれを告示し、その申出を正当でないと決定したときは、直ちにその旨を申出人に通知しなければならない。
 ○6  市町村の選挙管理委員会は、第二項の規定による縦覧期間内に関係人の異議の申出がないとき、又は前項の規定によるすべての異議についての決定をしたときは、その旨及び有効署名の総数を告示するとともに、署名簿を条例の制定又は改廃の請求者の代表者に返付しなければならない。
 ○7  都道府県の条例の制定又は改廃の請求者の署名簿の署名に関し第五項の規定による決定に不服がある者は、その決定のあつた日から十日以内に都道府県の選挙管理委員会に審査を申し立てることができる。
 ○8  市町村の条例の制定又は改廃の請求者の署名簿の署名に関し第五項の規定による決定に不服がある者は、その決定のあつた日から十四日以内に地方裁判所に出訴することができる。その判決に不服がある者は、控訴することはできないが最高裁判所に上告することができる。
 ○9  第七項の規定による審査の申立てに対する裁決に不服がある者は、その裁決書の交付を受けた日から十四日以内に高等裁判所に出訴することができる。
 ○10  審査の申立てに対する裁決又は判決が確定したときは、当該都道府県の選挙管理委員会又は当該裁判所は、直ちに裁決書又は判決書の写を関係市町村の選挙管理委員会に送付しなければならない。この場合においては、送付を受けた当該市町村の選挙管理委員会は、直ちに条例の制定又は改廃の請求者の代表者にその旨を通知しなければならない。
 ○11  署名簿の署名に関する争訟については、審査の申立てに対する裁決は審査の申立てを受理した日から二十日以内にこれをするものとし、訴訟の判決は事件を受理した日から百日以内にこれをするように努めなければならない。
 ○12  第八項及び第九項の訴えは、当該決定又は裁決をした選挙管理委員会の所在地を管轄する地方裁判所又は高等裁判所の専属管轄とする。
 ○13  第八項及び第九項の訴えについては、行政事件訴訟法 (昭和三十七年法律第百三十九号)第四十三条 の規定にかかわらず、同法第十三条 の規定を準用せず、また、同法第十六条 から第十九条 までの規定は、署名簿の署名の効力を争う数個の請求に関してのみ準用する。

 第七十四条の三  条例の制定又は改廃の請求者の署名で左に掲げるものは、これを無効とする。
 一  法令の定める成規の手続によらない署名
 二  何人であるかを確認し難い署名
 ○2  前条第四項の規定により詐偽又は強迫に基く旨の異議の申出があつた署名で市町村の選挙管理委員会がその申出を正当であると決定したものは、これを無効とする。
 ○3  市町村の選挙管理委員会は、署名の効力を決定する場合において必要があると認めるときは、関係人の出頭及び証言を求めることができる。
 ○4  第百条第二項、第三項、第七項及び第八項の規定は、前項の規定による関係人の出頭及び証言にこれを準用する。

 第七十四条の四  条例の制定又は改廃の請求者の署名に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。
 一  署名権者又は署名運動者に対し、暴行若しくは威力を加え、又はこれをかどわかしたとき。
 二  交通若しくは集会の便を妨げ、又は演説を妨害し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて署名の自由を妨害したとき。
 三  署名権者若しくは署名運動者又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して署名権者又は署名運動者を威迫したとき。
 ○2  条例の制定若しくは改廃の請求者の署名を偽造し若しくはその数を増減した者又は署名簿その他の条例の制定若しくは改廃の請求に必要な関係書類を抑留、毀壊若しくは奪取した者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 ○3  条例の制定又は改廃の請求者の署名に関し、選挙権を有する者の委任を受けずに又は選挙権を有する者が身体の故障若しくは文盲により請求者の署名簿に署名することができないときでないのに、氏名代筆者として請求者の氏名を請求者の署名簿に記載した者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 ○4  選挙権を有する者が身体の故障又は文盲により条例の制定又は改廃の請求者の署名簿に署名することができない場合において、当該選挙権を有する者の委任を受けて請求者の氏名を請求者の署名簿に記載した者が、当該署名簿に氏名代筆者としての署名をせず又は虚偽の署名をしたときは、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 ○5  条例の制定又は改廃の請求者の署名に関し、次に掲げる者が、その地位を利用して署名運動をしたときは、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。
 一  国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人(独立行政法人通則法 (平成十一年法律第百三号)第二条第二項 に規定する特定独立行政法人をいう。)若しくは特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法 (平成十五年法律第百十八号)第二条第二項 に規定する特定地方独立行政法人をいう。)の役員若しくは職員
 二  沖縄振興開発金融公庫の役員又は職員
 ○6  条例の制定又は改廃の請求に関し、政令で定める請求書及び請求代表者証明書を付していない署名簿、政令で定める署名を求めるための請求代表者の委任状を付していない署名簿その他法令の定める所定の手続によらない署名簿を用いて署名を求めた者又は政令で定める署名を求めることができる期間外の時期に署名を求めた者は、十万円以下の罰金に処する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK高校講座のホームページを利用して、理科系をのぞく教科を勉強することを決意しました。

 今夜、NHK高校講座のホームページを利用して、理科系をのぞく教科を勉強することを決意しました。
 予定は三月から八月まで。
 基礎的、総合的な知識を身につけたいからです。
 各科目のノートをつくって挑戦したいと思っています。

 フレー、フレー、ヨシカズ。

 NHK高校講座のホームページは、ここです。

 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.17

二〇一二年二月十六日 木曜日 さぬき市のアパートへ。

二〇一二年二月十六日 木曜日 さぬき市のアパートへ。

 晴れ。

 家で、ひたすらパソコンで資料の製作。
 午後から、さぬき市のアパートへ。
 引っ越しのための荷物の整理のためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十七日 金曜日 高知短期大学が、専攻科の入学試験結果を発表。

二〇一二年二月十七日 金曜日 高知短期大学が専攻科の入学試験結果を発表。

 晴れ。

 午後、高知短期大学専攻科の入学試験結果が発表されました。
 高知短期大学のホームページで発表されました。
 六人中五人が合格していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.20

【主張】 高知県、「高知短期大学の今後の方向性」のパブリックコメント異変。

 昨年十二月の高知県議会で尾﨑正直知事は、提案説明で、つぎのようにのべました。
 「……高知県公立大学法人は、10月に開催した理事会において、高知短期大学が担っている機能については4年制での教育や制度を充実させる中で引き継ぐこととし、高知短期大学を発展的に解消することについて、県と協議していくことを決定しております。そして、11月には、こうした考えを法人から学生自治会や学友会に説明するとともに、今月7日には、南理事長から直接、私にご説明をいただいたところです。
 公立大学法人の設置者である県といたしましても、この法人の考えは、県内高校生の進学先の拡充を図るとともに、これまで高知短期大学が担ってきた社会人教育や生涯教育を、より充実していくものと受け止めております。
 このため、公立大学法人の意向も尊重し、こうした考え方を関係する3大学とともに『永国寺キャンパスに関する基本方針案』の中で取りまとめたところであります。この基本方針案につきまして今議会でご議論をいただき、さらに年明けには、高知短期大学の発展的解消等につきまして、パブリックコメントなどを通じ、県民の皆様のご意見もお聞きした上で、さらに検討を深めていきたいと考えております。」
 この方針にもとづいて高知県は、年明けに「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」(永国寺キャンパス整備等検討チーム=高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)の中の「高知短期大学の今後の方向性」について県民などの意見を募集しました(パブリックコメント)。
 二月二日が締め切りでした。
 県は、この意見の内容と、県として、それをどう受け止めたかという文書をインターネットなどで発表するとしていました。
 しかし、いまだに、二月二十日夜中現在、高知県庁のホームページには、それは発表されていません。
 どうなっているのでしょうか。どうか約束通り発表してください
 パブリックコメントの内容は、県民からの意見の90数%は高知短期大学存続を存続を支持する内容だったと聞きました。
 あす二十一日午前十時から二月県議会が始まりますが、この問題についての知事の方針説明は、県民がパブリックコメントの結果(県の評価つき)の発表を読んで、じっくり考える時間をおいてからにしていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争のころの久礼へ。

二〇一二年二月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争のころの久礼へ。

 晴れ。

 Bさんの車に乗せていただいて高知県下の久礼に行きました。
 アジア太平洋戦争のころの久礼のことの調査のためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月十九日 日曜日 Bさんの戦争体験の手記。

二〇一二年二月十九日 日曜日 Bさんの戦争体験の手記。

 晴れ。

 Bさんの戦争体験の手記の下書きを書き終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十日 月曜日 三月の企画展の準備を開始。

二〇一二年二月二十日 月曜日 三月の企画展の準備を開始。

 晴れ。

 平和資料館・草の家の三月の企画展の準備を開始しました。

 みなさんからいただいた高知短期大学存続をの署名、百七十一人分を担当者に渡しました。

 夜、高知短期大学存続の運動の打合せ。
 僕が、すごい提案をしました。
 が、……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.21

【高知県知事へのメール】 二月二十一午前の高知県議会定例会での尾﨑正直知事の提案説明の高知短期大学の存廃部分についての質問。

  高知県庁のホームページには「知事への手紙・メール」のコーナーがあります。
 「『対話と実行』 あなたの声を県政に

 県民の皆様には、県勢発展のため、日ごろからご協力いただき深く感謝申し上げます。
 県民の皆様からのご意見やご提案を県政に生かしてまいりますので、お気軽にお寄せください。
 ご意見やご提案はすべて拝見し、内容によって、私から、あるいは担当部署を通じてお返事いたしますが、その際には多少お時間がかかる場合もあります。どうかご了承ください。」
 うれしいですね。
 私も、二月二十二日、知事にメールをさせていただきました。
 つぎのような内容です。

 高知県議会定例会での尾﨑正直知事の高知短期大学の存廃についての提案説明についての質問

             藤原 義一

 県議会中のお忙しいところ申しわけがありません。
 二月二十一午前の高知県議会定例会での尾﨑正直知事の提案説明を傍聴させていただきました。
 そのなかの高知短期大学の存廃についての説明中、つぎの諸点について、お教え願えませんでしょうか(私は四十年間、東京に「出稼ぎ」していましたので、高知県政に疎く、おろかな質問をしているかも知れませんが、よろしくお願いいたします)。なお、私が、知事に、こういう質問をだしたということは私のブログで紹介させていただくつもりです。

 知事=高知短期大学は、勤労者のための夜間の高等教育機関として重要な役割を担ってまいりましたが、進学志向の変化などにより4年制大学への編入希望者が増加し、就業者の割合が大きく低下するなど、その役割が変化しております。
 私=このことのどこが問題なのでしょうか。高知短期大学は学則を見てもわかりますが、高校卒の学力のある十八歳以上の人に年齢、職業にかかわらず開かれた大学です。

 知事=他方、永国寺キャンパスでは高知工科大学による新たな社会科学系学部の設置と高知県立大学の文化学部の拡充により、高知短期大学と領域が重なる分野での教育研究体制の充実が図られることとなりました。加えて、両大学は、その連携の下、高知短期大学の担ってきた社会人教育や生涯教育の充実を図ることとしております。
 私=これは、県と関係する3大学で取りまとめた、高知短期大学の発展的解消を含む「永国寺キャンパスに関する基本方針案」の、どの記述のことをおっしゃっているのでしょうか。これには、これについての確定的な方針は盛り込まれていないように思いますが。
 また、知事は高知短期大学の機能は残すといわれてきたと思いますが、私は、その機能とは、つぎのようなものだと思います。こうした機能は、どのような形で残されるのでしょうか。
 [現実の高知短期大学の機能 私の考え]
 社会科学科(二年)
 ① 受験資格は、高校卒業程度の学力を持つ十八歳から二十一歳までの人(試験科目は現代社会のみ)と二十二歳以上の社会人(試験は、「志望理由書」の提出と面接のみ)である。
 ② 二年間の夜の授業や集中講義などで社会科学、歴史学などの一般教養科目、外国語学ぶことができる。単位数は限定されているか高知県立大学の授業も受けることができる。
 ③ 二年間の授業料で三年間、四年間学べる長期履修制度がある。
 ④ 必要な単位を取得すれば短大卒業者としての資格が得られる。
 専攻科(一年)
 ① 短期大学卒業程度の学力があれば、何歳の人でも受験することができる。
 ③ 一年間の授業料で二年間学べる長期履修制度がある。

 知事=……本年1月から2月にかけてパブリックコメントを実施し、高知短期大学のあり方について県民の皆様のご意見を伺ってまいりました。
 その結果、高知短期大学の発展的解消を支持するご意見がある一方で、存続を求める多くのご意見がありました。その理由は、働きながら学べることや、2年制という短期間だから学べ、学費も安いことなどであり、先般お会いした高知短期大学の学生の方々からも同様のご意見をいただきました。
 私=高知県が募集した文書での、この問題の意見、パブリックコメント百十三件のうち、高知短期大学存続をという意見は百六件、高知短期大学廃止をという意見は二件のはずですが、この結果はをみれば当然、「存続」ですが、この結果は無視されるのでしょうか。

 知事=まず、学費に関しては、高知工科大学、高知県立大学には経済的に就学が困難な方のための授業料減免制度があり、日本学生支援機構の奨学金制度も拡充されてきております。また、両大学の定員の増加に伴い県内の大学への進学の道が広がることで経済的な負担の軽減にもつながります。
 私=授業料減免制度は希望者が全員適用されるものなのでしょうか。この奨学金制度は返済義務のないものでしょうか。

 知事=働きながら学ぶことに関しては、両大学とも大学入試センター試験を必要としない社会人特別入試制度を設けること、さらに高知県立大学は、社会人が夜間や土日に受講し4年間で学士の資格を取得する仕組みや、4年分の授業料で4年を超えて最大8年まで学ぶことができる長期履修制度を設けることとしております。
 加えて、短期間で学ぶことに関しては、高知県立大学は、新たに1年又は2年の学習プログラムを提供し、修了者に対して学校教育法に基づく履修証明書を発行することとしております。
 さらに、両大学の共同の窓口を設置し、これまで以上に、多様な社会人の学習ニーズに応える体制を整備していくこととしております。
 私=このようなことは、「永国寺キャンパスに関する基本方針案」には書かれていませんね。いつ、どこで、この案は出されたのでしょうか。県は、この内容を、あらたに県として県議会に提案なさるおつもりですか。もしそうされるのなら、夜間の四年制のコースについては定数なども明らかにしていただければ幸いです。

 知事=今議会では、この高知短期大学の発展的解消についてご議論をいただきますとともに、基本計画の策定作業を踏まえて提案しております永国寺キャンパス整備のための設計等の予算について、ご審議をお願いすることとしております。
 私=ということは、今議会では「高知短期大学の発展的解消について」議論するだけで結論をださないということですね。「基本計画の策定作業を踏まえて提案しております永国寺キャンパス整備のための設計等の予算」については「審議」をお願いするということになっていますが、もしかして、この予算案は「永国寺キャンパスに関する基本方針案」が議案として決定されなければ提起できえないものではないでしょうか。

 以上、よろしく、お願いします。

  【参考 尾﨑正直知事殿の説明から】

 次に、永国寺キャンパスに関してご説明申し上げます。
 高知短期大学は、勤労者のための夜間の高等教育機関として重要な役割を担ってまいりましたが、進学志向の変化などにより4年制大学への編入希望者が増加し、就業者の割合が大きく低下するなど、その役割が変化しております。
 他方、永国寺キャンパスでは高知工科大学による新たな社会科学系学部の設置と高知県立大学の文化学部の拡充により、高知短期大学と領域が重なる分野での教育研究体制の充実が図られることとなりました。加えて、両大学は、その連携の下、高知短期大学の担ってきた社会人教育や生涯教育の充実を図ることとしております。
 こうしたことから、県と関係する3大学で取りまとめた、高知短期大学の発展的解消を含む「永国寺キャンパスに関する基本方針案」について、去る12月議会でご議論をいただいた後、本年1月から2月にかけてパブリックコメントを実施し、高知短期大学のあり方について県民の皆様のご意見を伺ってまいりました。
 その結果、高知短期大学の発展的解消を支持するご意見がある一方で、存続を求める多くのご意見がありました。その理由は、働きながら学べることや、2年制という短期間だから学べ、学費も安いことなどであり、先般お会いした高知短期大学の学生の方々からも同様のご意見をいただきました。
 こうした高知短期大学の存続を求める理由とされるものにつきまして、私は、関係する大学を含めた検討チームの皆様に改めて問いとして投げかけ、そのご意見をお聞きし、自らの考えを整理いたしました。
 まず、学費に関しては、高知工科大学、高知県立大学には経済的に就学が困難な方のための授業料減免制度があり、日本学生支援機構の奨学金制度も拡充されてきております。また、両大学の定員の増加に伴い県内の大学への進学の道が広がることで経済的な負担の軽減にもつながります。
 働きながら学ぶことに関しては、両大学とも大学入試センター試験を必要としない社会人特別入試制度を設けること、さらに高知県立大学は、社会人が夜間や土日に受講し4年間で学士の資格を取得する仕組みや、4年分の授業料で4年を超えて最大8年まで学ぶことができる長期履修制度を設けることとしております。
 加えて、短期間で学ぶことに関しては、高知県立大学は、新たに1年又は2年の学習プログラムを提供し、修了者に対して学校教育法に基づく履修証明書を発行することとしております。
 さらに、両大学の共同の窓口を設置し、これまで以上に、多様な社会人の学習ニーズに応える体制を整備していくこととしております。
 パブリックコメントで存続のご意見を出された方々や、先般お会いした学生の皆様が思いを寄せられる高知短期大学の機能については、こうした取り組みによって両大学で十分担うことができると考えますし、4年制大学であることによって、より幅広い分野で、より専門性の高い教育を提供することができることとなるものと考えております。
 このため、高知短期大学は、その組織を維持するのではなく、その機能を発展させながら、高知県立大学と高知工科大学に引き継いでいくこととしたいと考えております。
 今議会では、この高知短期大学の発展的解消についてご議論をいただきますとともに、基本計画の策定作業を踏まえて提案しております永国寺キャンパス整備のための設計等の予算について、ご審議をお願いすることとしております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.02.22

【目で見る 戦争のころ 高知の陸軍歩兵四十四連隊の「穂岐山少尉二十七人撫斬り」との報道】

 高知新聞の一九三七年(昭和十二年)九月二日付、夕刊の一面トップに「壮烈・土佐魂の発露 羅店鎮の一番乗り 我和知部隊陣中訪問 穂岐山少尉二十七人撫斬り 上海一日 宮崎本社特派員特電」という記事を載せました(記事コピーあり)。
 同紙は、一日にも、このことを報じる号外も出しています。
 この年七月、日中戦争が始まると、八月には高知の陸軍歩兵第四十四連隊も中国戦線に動員された。連隊長は陸軍参謀本部出身の和知鷹二大佐で、四十四連隊は和知部隊として出征しています。
 記事は、このときのことで、和知部隊は、八月二十三日未明、「○○鎮」に上陸し、「支那軍」を攻撃、しばらくして上海北方にむけて占拠地点を拡大、二十七日には「敵精鋭部隊の死守する難攻不落を誇る羅店鎮」を攻撃し、二十八日正午には、ここを占拠したとしています。「穂岐山少尉二十七人撫斬り」は、この間とのこととされ、和知部隊が「殊に穂岐山少尉(市商教諭)が敵陣地に躍り込み支那兵二十七名を斬つたことは土佐魂の発露である……」と、語っています。
 中国に乗り込んで中国人を二十七人斬り殺すことが「壮烈・土佐魂の発露」とされた時代を示す記事です。
 「穂岐山少尉」というのは、穂岐山拓さん(一九〇九年九月六日生まれ二十八歳)。高知県長岡郡新改(かえ)村平出出身。高知市の県立南海中学校卒業。一九三三年、東京高等師範学校体育科を卒業し、幹部候補生として陸軍徳島連隊に入隊。一九三四年、高知市立商業学校の教諭に。剣道四段。その後、高知の歩兵四十四連隊の陸軍兵として中国に出征していました。
 この夕刊の二面の関連記事には、このことを知った川淵高知市長、丁野高知市立商業学校長の「実に愉快」、「我校の名誉」という談話が掲載されています(記事のコピーあり)
 穂岐山少佐は、同月二十一日、中華民国江蘇省羅店鎮丁家宅付近の戦闘で戦死しています(戸籍簿による)。
 彼の戦死を伝える大阪毎日新聞、同月二十四日付の記事では、彼の叔父の談話が出ています。
 そこで叔父は「(穂岐山少佐からは)上陸後第二日の激戦で逃げる敵を機関銃で撃滅し機関銃やピストルなど多数戦利品を得て廿数名を斬りまくり自分ながら呆れるほど運がよく弾があたらず元気にやっているという手紙が一回来ました」と語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 高知県知事が高知短期大学廃止の方針を説明 【各社のニュースから】 

 毎日新聞

 http://mainichi.jp/area/kochi/news/20120222ddlk39010555000c.html

 ◎ 県議会:知事、短大廃止表明 「県立と工科大で機能担う」--定例会開会 /高知

 2月県議会が21日開会し、尾崎正直知事は高知短期大(高知市永国寺町)について、「組織を維持するのでなく、その機能を発展させながら、県立大と高知工科大に引き継いでいきたい」と初めて廃止の方針を表明した。県私学・大学支援課によると、県議会が廃止を承認した場合、15年度から学生募集を停止することになるという。【小坂剛志】
 高知短大は夜間大学の役割が高まっていた1953年に開学。短大と県立大を運営する県公立大学法人(南裕子理事長)は昨年12月、県立大の文化学部を拡充して、短大を「発展的解消」させるという考えを県に示した。
 15年度には高知工科大の社会科学系新学部が、短大のある永国寺キャンパスに開設される予定で、県は今年1~2月、短大の「発展的解消」について県民から意見を募るパブリックコメントを実施。113人から173件の意見が集まり、「短大は重要な学び場」(50件)▽「短大は働きながら学ぶことができる」(32件)▽「4年制は学費の負担が大きい」(34件)--など廃止に反対する声が相次いだ。
 尾崎知事はこの日の県議会で「短大の機能については県立大と高知工科大で十分担うことができる」と強調。
 その理由としては、県立大と高知工科大の2大学とも、経済的に就学が困難な人のための授業料減免制度があり、日本学生支援機構の奨学金制度も拡充してきている▽2大学に大学入試センター試験を必要としない社会人特別入試制度を設ける▽夜間や土日に受講し、4年間で学士の資格を取得する仕組みを県立大につくる--などを挙げた。また、「4年制大学であることによって幅広い分野で専門性の高い教育ができる」と述べた。(中略)
 (提出議案では)永国寺キャンパス整備費として、1億1800万円を計上している。(後略)

 ◇学生ら存続へ署名活動

 高知短大を「発展的解消」するという県の方針に、短大に通う学生からは不安の声が漏れた。
 短大廃止への動きを受けて、卒業生らでつくる「高知短期大学存続を求める会」は昨年12月から署名活動を開始。同会によると、1月27日に署名1万5500人分を県に提出した。さらに今月14日には、短大の学生11人が尾崎知事と面談。新たに集めた8845人の署名を手渡し、廃止決定の延期を求めたという。
 昼は森林総合研究所四国支所に勤めながら同短大に通う杉本育己さん(53)=高知市=は、「夜間の4年制大学になると授業料は支払えない。また履修に時間もかかるため、仕事に支障が出る。将来の若者たちの学ぶ機会を奪わないでほしい」と訴えた。(後略)【黄在龍】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マルレの基地が高知県久礼町にあった」を追って  ① 陸軍船舶兵の歌。

 以前に、松山市のIさんから「マルレの基地が高知県久礼町にあったはずだけど、ご存じですか」という電話がありました。
 ずっと気にかけていました。
 この二月になって一九四五年夏に、この町に住んでいた男性から、当時、同町の久礼国民学校に兵隊が駐屯していてたこと、駈け足の訓練のとき、つぎのような歌を歌っていたという話を聞きました。
 

 海の男の船舶兵だ
 荒れる黒潮なんのその
 ともに歩んだあの島々へ
 今日も行く行く機動隊、機動隊……

 そこにいたのは陸軍の船舶兵だったのです。
 マルレに関係した部隊だったのかも知れません。

 インターネットで「ウィキペディア」で「四式肉薄攻撃艇(よんしきにくはくこうげきてい)」の項目を見ました。以下、要約です。

 四式肉薄攻撃艇は、大日本帝国陸軍の小型攻撃艇。略称はマルニ(〇の中に「ニ」か「に」と表記)、秘匿呼称は連絡艇(れんらくてい)。〇の中に「レ」か「れ」を書いたマルレ、マルレ艇の通称で広く知られる。
 全長5.6m、全幅1.8m、喫水0.26m、満載排水量約1.5t、日産自動車製の70~80馬力程度のトラック用エンジンを搭載したモーターボートで、艇体後部に250kg爆雷を装備していた。最高速力は23~25kt、航続時間は3.5時間。装甲はなくベニヤ製であった。甲一型、甲三型、甲四型のサブタイプがあり、約3,000隻が生産された。緑色の迷彩塗装を施したために、実戦部隊で名づけられたアマガエルの通称・愛称をもつ。
 計画当初は水際防衛を海軍に任せるのではなく陸軍自らの手で行うという発想のもとに、敵上陸船団に対し側背から大量の舟艇による奇襲によって攻撃をかけるという着想の元に開発された兵器である。この考えは陸軍船舶司令部、大本営陸軍部、前線部隊将校からの意見具申がほぼ同時に行われたと見られ、1944年(昭和19年)4月頃、第10陸軍技術研究所に大本営より自動車エンジンを使用した肉薄攻撃艇の試作命令が出た。これに伴い、第10技研では主務科長:内山鉄夫中佐、小滝真吉技師、岩崎中尉らを中心に設計を開始した。同年7月11日に千葉県岩井付近において海軍の震洋と比較試験を行い、採用が決定している。これが甲一型である。
 震洋は艇内に爆薬を搭載しているのに対し、マルレは艇尾に爆雷を懸架する形式になっており、正式名称が示す通り大挙して高速で敵船団に奇襲をかけ肉薄し、敵船至近に爆雷を投下して離脱するという構想の元に開発されたものである。大東亜戦争の戦局が押し迫る中で、この攻撃艇を体当たり特攻艇として使用したほうが至近に爆雷投下して離脱し反復攻撃をかけるより戦果は確実に上がり、また技量もそれほど要らないということで体当たり作戦が採択されている。
 1944年7月、サイパン島陥落の時期に陸軍は特攻兵器を開発・準備しており、大本営陸軍部戦争指導班『機密戦争日誌』の同年7月11日に、マルレ試作完成に関する次の記述がある。
 「突撃艇ノ試験演習ヲ隅田川デ実施、自重1屯〔t〕、自動機関ヲ利用、速力20節(kt)、兵装ハ爆雷2箇(1箇100瓩〔kg〕)航続時間五時間、右突撃艇ハ泊地ノ敵輸送船ニ対スル肉薄攻撃用トシテ先月十五日(サイパン上陸ノ日)設計ヲ開始シ七月八日試作ヲ完了セルモノナリ、速力及兵装ノ点ニ於テ稍々不十分ナルモ、今後ハ斯カル着想ノ下ニ、此種兵器を大量整備スルヲ要ス」
 サイパン島陥落により、日本陸海軍において正攻法では連合軍に太刀打ちできないことを認識し、以降は特別攻撃隊を大々的に編成し特攻を正規の作戦として採用した。1943年(昭和18年)に募集を開始した船舶や航空関連の特別幹部候補生出身者たちが、主にマルレの操縦者に選ばれた。
 マルレは主に海上挺進戦隊に配備され、1945年(昭和20年)のルソン島の戦いと沖縄戦に実戦投入された。後者の戦線では特に渡嘉敷島など慶良間列島に配備された部隊が有名である。本土決戦に備えて日本の太平洋岸の多くの海岸には、連合軍の上陸部隊・支援部隊を迎え撃つためにマルレの秘密基地が作られた。現在の千葉県外房海岸には洞窟陣地が残っている。
 攻撃方法は敵軍の上陸海面を予想して近くに洞窟などを利用した秘匿基地を作り、上陸船団が近くに来ると夜間に数十隻からなる攻撃隊で一斉に攻撃を仕掛け、体当たりもしくは至近への爆雷投下で艦艇もしくは輸送船を撃破するというものであった。指揮官の統一指揮の下で一斉出撃する計画だった。
 外洋航行を意図していないモーターボートゆえに、各地に配備するには海上輸送に頼らなければならなかったが、大戦末期は既に日本近海を含め多方面で制海権を喪失していた為に輸送途中で海没したものも多い。初期に編成された30個戦隊のうち輸送途中に遭難したものが16個戦隊にも及び、第19戦隊に至っては生存者僅か7名という大損害を蒙った。第二次大戦終戦までに輸送中の損害で挺進戦隊員だけで戦死者317名、マルレの喪失1,300隻に達した。これを受けて本土決戦用として更に十数個の戦隊を新規編成する羽目になった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

六十五年も生きちゃった。二月二十三日は、藤原義一生誕六十五周年記念日です。

 いやはや、あすは二月二十三日です。

 藤原義一生誕六十五周年記念日です。

 高校時代は「二十代前半に、少年の気持ちのままで、美しいままで死ぬ」が目標でした。二十代、三十代には「突進して前のめりに死ぬ」が目標でしたが、ついに、おめおめと……。

 

 

 高知県出身の上田耕一郎さんの奥さんに「突進して前のめりに死ぬ」という思いを語って、たしなめられたこともありました。

 今夜、東京の娘から電話が来ました。

 「おめでとう」

 電話だけですまそうとする(プレゼントなし)意図が見えました。

 ま、春休みには娘と、その二人の娘が高知にやってくるとのことですので、それが最高のプレゼントですね。

 東京の息子からは、電話すらありません。

 妻は「今夜、晩飯の材料を買ってきて、つくっちゃったのがお祝い」とのことです。

 六十五歳を記念して新しいことを始めたいと思っています。

 一、三月中に、香川県さぬき市から高知市に引っ越します(いま通っている、さぬき市の文理大学は三月十七日に卒業式です)

 一、三月の平和資料館・草の家(高知市)の企画展「うちんくの戦争」を成功させるために力をつくします。

 一、編集責任をやっている『高知の戦争 証言と調査』十六号を三月中に発行します。

 一、十七号、十八号、十九号も原稿があるので、何とか三月中に編集作業を終えます。

 一、一月から始めた高松市牟礼(むれ)の戦争壕の調査を仕上げます。

 一、高知県久礼の陸軍の特攻ボートについての調査をすすめます。

 一、彫塑(ちょうそ)の勉強を本格的にやります。いろんなチャンスを利用して。

 一、乗用車の運転免許をとるために自動車学校に通います。

 一、高知短期大学存続の運動を真面目にやります。

 一、四月から高知短期大学専攻科に入学します。

 一、高知短期大学のサークルは「北村君とともに学ぶ会」、卓球部に入ってがんばります。

 一、高校の英語、現代社会、国語について夏をめどに学び直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マルレの基地が高知県久礼町にあった」を追って  ② マルレ隊員の手記。

 高知県久礼町のマルレのことが次の本に載っていました。松山市のIさんからコピーをいただいたものです。

  『紅の血は燃えて――船舶特幹二期生の記録――』(陸軍船舶特別幹部候補生隊第二期生会発行)。

  第三十九戦隊第三中隊第三区隊の人が、当時のことを書いていました。

 二月二十三日午前、埼玉県に住む、そのかたと連絡がとれ、お話を聞かせていただけることになりました。

 そのかたのかかれていたことは、以下のようなことです。

 特別幹部候補生の(中略)二期生は国土防衛軍として第三十一戦隊より第四十戦隊と、特設第五十一戦隊、第五十二戦隊が、九州・四国方面に展開した。
 昭和二十年五月三十一日江田島第十教育隊へ分遣命令を受けた私たちは、六月九日江田島に到着し、即日第九教育班第九小隊に編入された。昼間は学科教育、夕方から夜間に舟艇訓練と教育を受けた。江田島沖の爆雷投下演習、その爆雷で浮いた魚を舟艇で集めた思い出等、七月十三日まで江田島で特攻訓練を受けた。いよいよ出動という前には、遺書、遺髪を残しておけとの命令が出、淋しさ一段と増し、今更何んと書くか困った。書くまでは大変であるが、書き終るとさばさばするものである。今ではどうしたであろう。
 七月十四日夕方、国土防衛の特攻隊として、岡山・兵庫・香川出身者で編成された第三十九海上挺進戦隊は、戦隊長中嶋大尉以下第一小隊より第九小隊まで約百名で江田島を出発した。広島より四国に渡り、土讃線の終点久礼駅に翌十五日昼前に到着し、久礼国民学校へ入った。
 この国民学校は高台にあり、米軍の本土空襲の通り路になっていたためか、毎日のように高い空を米軍の飛行機が通っていった。
 七月下旬に、グラマンの機銃掃射を受け、五名の負傷者を出した。(中略)
 久礼国民学校の八月五日迄の二十二日間は、海岸の波打際で対戦車タコツボ演習などをやりながら、○レ●の到着待ちと、基地設定の準備をした。
 八月五日、基地展開のため、大八車に荷物を積んで、久礼国民学校を出発、山を越えて海岸に近い上之加江町の国民学校に本部と第一乃至第五小隊が、少し先の海岸、矢井賀村の矢井賀国民学校に第七、第九小隊が、整備隊の約六十名と一緒に入り、第六、第八小隊は矢井賀の隣村東又村志和のお宮に入り、それぞれ陣取った。(後略)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 誕生の 祝いケーキ ついている メールがきたよ うれしくってさー。

 誕生の 祝いケーキ ついている メールがきたよ うれしくってさー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.02.23

二〇一二年二月二十三日 木曜日 六十五歳初日にやったこと。

二〇一二年二月二十三日 木曜日 六十五歳初日にやったこと。

 風のち晴れ。

 僕が、六十五歳初日、二月二十三日にやったことは、以下のとおりです。
 ① 高知県久礼の陸軍の船舶の特攻隊の隊員だった人と連絡がつき、三月一日に埼玉県のお宅にうかがう約束をとりつけました。
 ② 高知短期大学存続運動について、ある人と電話で打合せ。
 ③ 佐川町図書館に行き、久礼の陸軍の船舶の特攻隊について久礼国民学校の教師だった人が書いたリポートのコピーをいたただきました。
 ④ 平和資料館・草の家(高知市)での会議に参加しました。三月の企画展の準備、南京事件の展示の準備、警察署内で殺された高知県の戦前の二人の活動家についての展示などについて発言しました。
 ⑤ 古本屋にいって、その活動家のことを書いている本などを買い込みました。
 ⑥ 夕がた、家に帰り着いたら妻は「疲れたから、お先へ」。ネコを連れて二階へ。
 ⑦ 電話で四月十三日の北海道・旭川駅前での石川啄木碑の除幕式への参加などを打合せ。
 ⑧ 平和資料館・草の家に祖父の資料を寄贈してくださるという徳島県小松島市の女性にお礼の電話。
 ⑨ 少し先輩の男性からメールで「わが人生、妻との出合い」の文章をいただきました。読んで感動しました。
 ⑩ 英語のメールが来ていました。一部わからない所があったので僕が勝手に「英語の先生」と認定している若い女性にメールで「ここの意味は」と問い合わせ(すぐに、返信メールあり。うれしい!)。

 このところ、妻と二人で八人がかけられるテーブルを作業用に使っています。テーブルの上に資料を積んであります。テーブルのまわりににも箱に入れた資料がいっぱいです。当面、これを「処理」していきたいと思っていますが、なかなかすすみません。
 というのが六十五歳初日のありさまです。
 早く「処理」して、課題を追っていくスタイルに切り替えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十一日 火曜日 高知県議会開会。

二〇一二年二月二十一日 火曜日 高知県議会開会。

 雨。

 高知県議会開会。
 仲間と傍聴しました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十二日 水曜日 高知新聞のデーターベース部。

二〇一二年二月二十二日 水曜日 高知新聞のデーターベース部。

 雨。

 高知新聞のデーターベース部で、前々から探していた記事をゲットしました。
 ここは丁寧な仕事をしてくれるところです。感激しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【英語の勉強】 Please keep in touch. って。

 英文のメールが来ました。
 そのなかに

 Please keep in touch.

 という文章がありました。
 僕の「英語の先生」に、「どんな意味ですか?」と問い合わせました。
 「連絡を取り合いましょう」という意味だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【資料】 南京事件をめぐっての議論

 ○ 「しんぶん赤旗」 2012年2月23日(木)

 河村発言 南京虐殺否定 撤回せよ 名古屋 共産党市議団が抗議

 名古屋市の河村たかし市長が旧日本軍による南京大虐殺(1937年)を否定した問題について、日本共産党名古屋市議団は21日、河村市長に抗議し、発言の撤回を申し入れました。
 河村市長は20日、同市と姉妹友好都市を結んでいる南京市(1978年提携)の劉志偉・中国共産党市委員会常務委員ら訪日代表団が名古屋市役所を訪れた際、「通常の戦闘行為はあったが、一般人への虐殺行為はなかったと聞いている」などと述べました。
 申し入れでは、「日本軍による非戦闘員を含めた殺害、略奪行為があったことは否定できない歴史的事実だ。日本政府も06年に、当時衆議院議員だった河村氏が提出した質問主意書に対する答弁書で、『旧日本軍による南京入城後、非戦闘員の殺害又は略奪行為等があったことは否定できない』と認めている」と指摘。「市民を代表する市長が、個人の特異な歴史観によって、歴史的事実とも政府見解とも異なる発言を公式の場で行うことは許されない」と厳しく抗議し、撤回を求めました。
 河村市長は、09年の9月議会でも「銃撃戦で市民が亡くなったことが誤解されて伝わっている」と発言し、南京大虐殺記念館(南京市)についても、「今のままの展示だと日本人に対して大きな誤解をうむと危惧する」と言及。昨年の教科書選定問題にからむ議会質問や地域集会でも同様の発言を繰り返し行い、市民から批判を浴びています。
 河村市長は22日、「私は私の意見を言う」と述べ、発言を撤回しない意向を明らかにしました。(中略)

 南京大虐殺否定発言 歴史の事実 直視すべきだ

 (前略)南京大虐殺とは、37年12月、中国への侵略戦争の中で旧日本軍が当時の中国の首都・南京を攻略・占領し、中国軍兵士だけでなく、一般市民を虐殺した事件です。市民の殺害、婦女の強姦(ごうかん)、放火、略奪などの残虐行為は占領後2カ月にわたり続きました。
 犠牲者は30万人以上ともそれ以下とも言われていますが、日本軍による虐殺は国際的にも認められた紛れもない事実です。
 それは当時の日本政府・軍の当局者の証言でも明らかです。当時の外務省東亜局長だった石射猪太郎は回顧録『外交官の一生』の中で、日記の一節を紹介し、「上海から来信、南京に於(お)ける我軍の暴状を詳報し来る。掠奪(りゃくだつ)、強姦、目もあてられぬ惨状とある。嗚呼(ああ)これが皇軍か」と書いています。
 外務省外交史料館に所蔵されている当時の中支那方面軍司令官だった松井石根陸軍大将の日誌には、南京入城の際、「幾多我軍の暴行奪掠(だつりゃく)事件を惹起(じゃっき)し、皇軍の威徳を傷くること尠少(せんしょう)ならさるに至れるや」という事実が記されています。
 日本政府も公式見解として、「多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない」(外務省ホームページ)と述べています。(後略)
(小林拓也)

 ○ 外務省の見解

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

 ○ 石射猪太郎さんの回顧録『外交官の一生』から

  南京は暮れの一三日に陥落した。わが軍のあとを追って南京に帰復した福井領事からの電信報告、続いて上海総領事からの書面報告がわれわれを慨嘆させた。南京入城の日本軍の中国人に対する掠奪、強姦、放火、虐殺の情報である。憲兵はいても少数で、取締りの用をなさない。制止を試みたがために、福井領事の身辺が危いとさえ報ぜられた。一九三八(昭和一三)年一月六日の日記にいう。
 上海から来信、南京におけるわが軍の暴状を詳報し来る。掠奪、強姦、目もあてられぬ惨状とある。嗚呼これが皇軍か。日本国民民心の頽廃であろう。大きな社会問題だ。
  南京、上海からの報告の中で、最も目立った暴虐の首魁の一人は、元弁護士の某応召中尉であった。部下を使って宿営所に女を拉し来っては暴行を加え、悪鬼のごとくふるまった。何か言えばすぐ銃剣をがちゃつかせるので、危険で近よれないらしかった。
 私は三省事務局長会議でたびたび陸軍側に警告し、広田大臣からも陸軍大臣に軍紀の粛正を要望した。軍中央部は無論現地軍を戒めたに相違なかったが、あまりに大量の暴行なので手のつけようもなかったのであろう、暴行者が、処分されたという話を耳にしなかった。当時南京在留の外国人達の組織した国際安全委員会なるものから日本側に提出された報告書には、昭和一三年一月末、数日間の出来事として、七十余件の暴虐行為が詳細に記録されていた。最も多いのは強姦、六十余歳の老婆が犯され、臨月の女も容赦されなかったという記述は、ほとんど読むに耐えないものであった。その頃、参謀本部第二部長本間少将が、軍紀粛正のため現地に派遣されたと伝えられ、それが巧を奏したのか、暴虐事件はやがて下火になっていった。
 これが聖戦と呼ばれ、皇軍と呼ばれるものの姿であった。私はその当時からこの事件を南京アトロシティーズと呼びならわしていた。暴虐という漢字よりも適切な語感が出るからである。
 日本の新聞は、記事差し止めのために、この同胞の鬼畜の行為に沈黙を守ったが、悪事は直ちに千里を走って海外に大センセーションを引き起こし、あらゆる非難が日本軍に向けられた。わが民族史上、千古の汚点、知らぬは日本国民ばかり、大衆はいわゆる赫々たる戦果を礼賛するのみであった。

  (中公文庫版 三百三十二ページ~三百三十三ページ)

 ○ 河村たかしさんが提出した質問主意書

 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a164335.pdf/$File/a164335.pdf

 ○ 河村たかしさんが提出した質問主意書にたいする政府答弁

  http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon_pdf_t.nsf/html/shitsumon/pdfT/b164335.pdf/$File/b164335.pdf

 ○ 日中友好協会愛知県連合会の河村たかし名古屋市長への抗議文

 「KOUGI.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

二〇一二年二月二十四日 金曜日 牟礼の戦争壕、「ウエルカムの玄関」。

二〇一二年二月二十四日 金曜日 「ウエルカムの玄関」。

 雲り。

 

 高松市の住職から電話。牟礼の戦争壕のことなどについて一時間の講演をとの電話がありました。ありがたいことです。

 花の苗や球根を買ってきて玄関前の鉢に植えました。
 ニオイツバキの苗、四っつ。
 カサブランカの苗。十六。
 アガパンサスの球根二つ。咲くのは六月、七つ。 
 そのうち「ウエルカムの玄関」になりそうです。

  高松市役所から公文書開示請求をしていた牟礼の戦争壕についての資料が届きました。うれしい。

  夜は、ある映画をつくろうという集いに出席しました。

 後半は、料理、アルコールが出て、みんなでわいわい。

 その二次会は、同じ場所で、うたごえの集いになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.25

高知県私学・大学支援課へのメール。【回答がありしだい、ご報告します】

僕は、高知県私学・大学支援課につぎのようなメールを送りました。

私学・大学支援課 殿

高知短期大学についての意見書のまとめについての質問

     二〇一二年二月二十四日 藤原義一

「高知短期大学の今後の方向性」の意見公募に「提出された意見の概要と、これに対する考え方」を読ませていただきました。それについて、いくつか質問が、ございます。

はじめに私の立場をのべておきます。

  高校卒業程度の学力があれば、どんな年齢でも受験できる夜間の二年制の大学(社会科学科で定員百二十人)は、この県民所得全国最下位の高知には、どうしても必要です。これはアメリカ流にいうなら「99%」のための大学です。

② 夜間の四年制をつくるという提案が出てきたことは歓迎です。そちらが時流にあうということでしたら、高知短期大学より定員の多い定員数百人のものをおつくりください。もう少し、実際に設立できるように(設置基準、場所、財政などがうまくいくように)具体的にしてください。これは、これからの高知県にとって役に立つと思います。

③ 夜間の二年制もある、四年制もあるというのが最高ですが、どうしても、なんとしても四年制だけということでしたら四年制が募集を開始して数年後に二年制はなくするということにしていただきたいて思います。四年制はできない、二年制はなくなるというのは最悪です。いまの局面では、こうなりそうなのであえて、このことについてのべます。

つぎに質問をのべます。

【質問・その一】

資料によると、「提出された意見」のうち、高知短期大学の存続を主張するもの百六件、高知短期大学の廃止を主張するもの二件でしたね。

当然、この結果を受けての「考え方」(つまり、「存続をのご意見に従います」とか)が示されていませんが、それは、なぜでしょうか。

【質問・その二】

お答えのなかで「永国寺キャンパス検討会報告書の提言において、高知短期大学は、『新たな社会科学系学部の設置状況を踏まえて、そのあり方を検討することが適当である』とされていました。」とあります。これは、平成二十二年三月の「県立大学改革にかかわる永国寺キャンパス検討委員会 報告書」のことでしょうか。

もしそうなら、その結論は、高知短期大学の今後として、短期大学として存続させること、社会科学部を設置する大学の短期大学部として組織を再編するなどを選択しとしています。

県は、高知短期大学の存続の形態として社会科学部を設置する大学の短期大学部として組織を再編するという方向でお考えのようですが、ご提案の高知県立大学の拡充案には、同部を社会科学部とする方向、同部に短期大学部を設置することは提起されていないと思われますが、この点については、いかがでしょうか。

【質問・その三】

全体として県の案は、高知短期大学の機能は高知県立大学文化学部の拡充などで引き継ぐというお考えのようですが、以下の機能は、どう引き継がれるのでしょうか。

[現実の高知短期大学の機能 私の考え]

社会科学科(二年)

① 受験資格は、高校卒業程度の学力を持つ十八歳から二十一歳までの人(試験科目は現代社会のみ)と二十二歳以上の社会人(試験は、「志望理由書」の提出と面接のみ)である。

② 二年間の夜の授業や集中講義などで社会科学、歴史学などの一般教養科目、外国語学ぶことができる。単位数は限定されているか高知県立大学の授業も受けることができる。

③ 二年間の授業料で三年間、四年間学べる長期履修制度がある。

④ 必要な単位を取得すれば短大卒業者としての資格が得られる。

専攻科(一年)

① 短期大学卒業程度の学力があれば、何歳の人でも受験することができる。

③ 一年間の授業料で二年間学べる長期履修制度がある。

【質問・その四】

私は、高知県議会に提出されている「永国寺キャンパスに関する基本方針()(昨年十二月。高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)を資料として「高知短期大学の今後の方向性」について意見を提出させていただきました。

しかし、お答えのなかには、その「案」に書きこまれていなかった夜間の四年制のコースのことが書かれていす。これらの点については、いつ、どこが案として決まったものでしょうか。

たとえば、お答えのなかの以下の点です。

①「高知県立大学では、文化学部の定員等を拡充し、働きながら学ぶことができるよう、夜間や土日も開講し、人文科学の領域に社会科学教育を盛り込むことによって、社会人がより深く学び、学士を取得できる道をひらくこととしています。

このような仕組みに加え、4年間の授業料で、通常の修業年限を超えて在学し、計画的に学ぶことができる長期履修学生制度や、仕事などのやむを得ない事情で退学せざるを得なくなった場合でも、再び学ぶ条件ができたときに復学できる制度等を設けることとしています。」

②「学費の負担につきましては、充実が図られている日本学生支援機構の奨学金などのほか、大学の授業料の全額もしくは半額を免除する授業料減免制度や、働きながら学ぶ方の場合は、4年間の授業料で、通常の修業年限を超えて在学し、計画的に学ぶことができる長期履修学生制度を活用していただくことができます。」

③「高知県立大学では、高知短期大学の特徴である短期の学びのニーズに応えていくため、科目を様々に組み合わせて、一定のまとまった学習プログラムを提供し、修了者に履修証明書を発行する制度を新たに設けるとともに、資格取得など特定の目的に沿った学習プログラム等を開講する考えです。

大学に入学後、仕事などのやむを得ない事情で退学せざるを得なくなった場合でも、再び学ぶ条件ができたときに復学できる制度等を設けることとしています。

大学に2年間以上在学し、62単位以上の単位を取得している場合は、通常、4年制大学の3年次編入の資格が得られ、高知短期大学を卒業した場合と同様に、税理士や社会保険労務士などの受験資格が得られます。」

④「高知県立大学では、拡充された文化学部において、土日・夜間に開講される科目を受講するだけで卒業に必要な単位を4年間で履修し、学士が取得できる仕組みを作ることにしています。

具体的には今の高知短期大学と同じように、平日の夜間6時から9時すぎまでを授業時間(67時限)として開講し、土日にも講義やフィールドワークなどの科目を開講する計画です。

夜間と土日で、必修科目を含めて4年間で卒業に必要な124単位以上の履修を可能にする仕組みについて、開講科目を含め、具体的な検討を進めているところです。

なお、拡充される文化学部では、夜間に学べる3年次編入学制度も位置付けることを予定していますので、短大などを卒業している社会人にとっては、文化学部の3年次に編入し、学士を取得する、あるいは新たな分野の学びに挑戦する道が開かれることになります。」

④「入学試験につきましては、高知工科大学の社会科学系学部と県立大学文化学部では、定員の拡充に伴い、センター試験を課さない、面接等による県内生の推薦入試枠を増やす見込みです。

社会人については、通常の学力試験を課さない、社会人特別入試を導入することとしています。」

⑤「大学に2年間以上在学し、62単位以上の単位を取得している場合は、通常、4年制大学の3年次編入の資格が得られ、高知短期大学を卒業した場合と同様に、税理士や社会保険労務士などの受験資格が得られます。

拡充される文化学部では、夜間に学べる3年次編入学制度も位置付けることを予定していますので、短大などを卒業している社会人にとっては、文化学部の3年次に編入し、学士を取得する、あるいは新たな分野の学びに挑戦する道が開かれることになります。」

⑥「高知県立大学では、文化学部の定員等を拡充し、働きながら学ぶことができるよう、夜間や土日も開講し、人文科学の領域に社会科学教育を盛り込むことによって、社会人がより深く学び、学士を取得できる道をひらくこととしています。

このような仕組みに加え、4年間の授業料で通常の修業年限を超えて在学し、計画的に学ぶことができる長期履修学生制度や、仕事などのやむを得ない事情で退学せざるを得なくなった場合でも、再び学ぶ条件ができたときに復学できる制度等を設けることとしています。

拡充される文化学部では、夜間に学べる3年次編入学制度も位置付けることを予定していますので、短大などを卒業している社会人にとっては、文化学部の3年次に編入し、学士を取得する、あるいは新たな分野の学びに挑戦する道が開かれることになります。

短大卒業生の編入枠や大学の開始時間を遅らすことについては、今後、検討させていただきます。」

高知県公立大学法人の第三回理事会は、高知短期大学の廃止を決めましたが、高知県立大学文化学部に夜間の四年制コースをということは決めていません。

高知県立大学文化学部に夜間の四年制コースをつくるということは十一月に、南裕子理事長が突然、いいだしたことです。

十二月に県議会に出した案にも、そのことは入っていっていません。

「提出された意見の概要と、これに対する考え方」に書きこまれたということは、当然、このことについては県議会に「追加の案」として出されると思いますが、それは、いつ、どのような形ででしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.26

二〇一二年二月二十五日 土曜日 高知短期大学存続の街頭署名活動。

二〇一二年二月二十五日 土曜日 高知短期大学存続の街頭署名活動。

 雨。

 病院へ。定期の検診です。
 

 中央公園北口にいって高知短期大学存続の街頭署名活動に参加しました。

 高知短期大学存続運動の打ちあわせに参加。

 みなさんからいただいた高知短期大学存続の署名、四十人分を担当者に渡しました。

 夜、『高知の戦争 証言と調査』十六号の原稿整理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十六日 日曜日 『高知の戦争 証言と調査』十七号、十八号、十九号の原稿整理。。

二〇一二年二月二十六日 日曜日 『高知の戦争 証言と調査』十七号、十八号、十九号の原稿整理。。

 雲り。

 朝五時に起床。
 三十分ほど散歩。
 高知短期大学存続運動についての文書を作製。
 『高知の戦争 証言と調査』十七号、十八号、十九号の原稿整理。
 中央公園北口にいって高知短期大学存続の街頭署名活動に参加。
 高知短期大学存続運動の打ちあわせに参加。実務。

  夜、また、『高知の戦争 証言と調査』の原稿を整理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.27

二〇一二年二月二十七日 月曜日 驚がくの事実が発覚! わが家の白ネコ・サランは、実はメスでなくオスでした!!

二〇一二年二月二十七日 月曜日 驚がくの事実が発覚! わが家の白ネコ・サランは、実はメスでなくオスでした!!

 晴れ。

 朝から夕方まで高知短期大学存続のための文書づくり。
 途中、玄関の花たちへの水やり。
 そして、妻と二人で遅い昼飯のために外へ。
 夜はメール送りの作業。

 ところで、妻と弟が、わが家の「ノルウェーの森」種の白ネコ、サラン(韓国語で愛)を、獣医師の所へ連れていきました。
 お腹が異常に大きくなったので、妊娠しているのではないかと思ったからです。
 妻によると医師は、こういったそうです。
 「これはオスですよ。ほら、ついているじゃないですか。タマが二つ。
 この種は、大きくなります。おたくのクニョさん(先輩格のメスネコ)の種よりも」
 以後、サランはタマタマと呼ぶことにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県議会議員のみなさんへ 高知短期大学存続・充実のために、お力を……。

   メールアドレスのわかる県議には、以下の私の手紙をメールで、お送りしました。藤原義一

     ………………………………………………………………………………

 

高知県議会議員のみなさまへ

 夜間の2年制の大学、高知短期大学の存続・充実のために、お力をお貸しいたただけませんでしょうか。
 

            2012年2月27日

             藤原 義一

 県議会開催中の忙しい時期とは承知していますが、長い手紙で失礼します。
 2月21日の2月県議会で、尾﨑正直知事が提案説明で高知県の夜間の大学教育につき高知短期大学の廃止を提案し、議員のみなさんに討論をよびかけたことに衝撃を受けました。これは議員のみなさんに知事をたしなめていただき、高知短期大学の存続・充実への道を切り開いていただかなくてはという気持ちで、この手紙を書きました。お読みいただければ幸いです。

 【高知短期大学存続についての私の立場】

 はじめに私の立場をのべておきます。
 私は、60歳で東京の職場を退職し、高知短期大学社会科学科(2年制)に通い、引き続き4年制大学に編入し、この3月に卒業予定です。 4月からは昼間、「大東亜戦争(アジア太平洋戦争)下の高知県」についての調査をしながら、夜は高知短期大学専攻科(1年制)に通い、①県民所得最下位の高知県の実情、②なぜ、こうなったのか、③どうすれば、ここから浮上できるか-を勉強したいと思っています。高知短期大学大好きの人間です。
 高校卒業程度の学力があれば、どんな年齢でも受験できる夜間の二年制の大学(社会科学科で定員120人)は、この県民所得全国最下位の高知には、どうしても必要です。これはアメリカ流にいうなら「99%」のための大学です。県民所得は全国で最下位で貧しい人々が多いのに、県内に大学教育の場が極端に少なくて、多くの人が県外で学ぶことを余儀なくされている高知県には、ぜひとも必要な学びの場です。
 高知短期大学の機能は残すが、組織はなくするという議論がありますが、現実の高知短期大学の機能は、つぎのようなものだと思います。
 社会科学科(2年制) ① 受験資格は、高校卒業程度の学力を持つ18歳から21歳までの人(試験科目は現代社会のみ)と22歳以上の社会人(試験は、「志望理由書」の提出と面接のみ)である。② 2年間の夜の授業や集中講義などで社会科学、歴史学などの一般教養科目、外国語学ぶことができる。単位数は限定されているか高知県立大学の授業も受けることができる。 ③ 2年間の授業料で3年間、4年間学べる長期履修制度がある。④ 必要な単位を取得すれば短大卒業者としての資格が得られる。
 専攻科(1年制) ① 短期大学卒業程度の学力があれば、何歳の人でも受験することができる。③ 1年間の授業料で2年間学べる長期履修制度がある。
 この機能を残すのには、組織を残す以外にはありえません。
 以下、この問題にたちいってのべていきたいと思います。

 【みずから組織した委員会や意見募集の結論とは違う行動です】

 「衝撃を受けました」と申しますのは、私の頭の中には、2つの前提があったからです。
 【その1】 知事が委嘱した委員会の結論は夜間の2年制大学は存続を。
 高知短期大学の将来は、知事が委員を委嘱した県立大学改革にかかわる永国寺キャンパス検討委員会の2010年3月の「報告書」ではつぎのようになっていました。
 「……高知短期大学の今後のあり方については、新たな社会科学系学部の設置状況を踏まえ、同学部との連携による社会人教育の充実や効率的で柔軟な大学運営の観点から、検討すべきである。
その際、短期大学として存続させることや、社会科学系学部を設置する大学の短期大学部として組織を再編することなど、その設置形態についても検討すべきである。」
 いずれにしても夜間の2年制の大学、夜の学びやは残していくという結論でした。
 【その2】 パブリックコメントでは106対2で「高知短期大学存続を」。
 昨年秋になって高知短期大学、高知県立大学を運営する高知県公立大学法人(南裕子理事長)は、10月24日の第3回理事会で高知短期大学を廃止する案を決めました。そして、県などは、12月に、この報告書の結論を否定する案、「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」(永国寺キャンパス整備等検討チーム=高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)を資料として提出しました。これは、高知県の夜間の大学教育は ①高知短期大学は廃止する ②高知県立大学文化学部を拡充、高知工科大学に新社会科学系学部を設置し、両校で「土日夜間開講の検討」するというものでした。
 この案について、県は、県民の意見を問いました。1月4日~2月2日の期間に公募した「高知短期大学の今後の方向性」についての意見(パブリックコメント)です。提出された意見のうち、高知短期大学の存続を主張するもの106件、高知短期大学の廃止を主張するもの2件でした。
 県民的には「高知短期大学は存続を」ということになりました。
こうしたことを熟知している知事が、なぜ、みずからの組織した委員会の結論やパブリックコメントの結果とは反対のことをいうのでしょうか。

 【高知短期大学は、素晴らしい大学です。】

 高知短期大学の受験資格は、創立以来、高校卒業程度の学力のある人で年齢は何歳でもよいということになっています(正規労働についているものが何%以上とか、3年次編入希望者は何%以下、などの条件はつけられていません)。
 たとえば、創立時の高知短期大学の学則の第13条では以下のようになっています。
 高等学校を卒業した者。通常の課程による十二年の学校教育を修了した者。通常の課程以外の課程により、これに相当する学校教育を修了した者。外国でこれに相当する学校教育を修了した者。文部大臣の指定した者。その他本学で高等学校卒業者と同等以上の学力があると認めた者。
 現行の高知短期大学学則の第8条では、以下のようになっています。
 高等学校又は中等教育学校を卒業した者。通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条第1号から第5号までに掲げる者。本学において、個別の入学資格審査により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの。
 この学則にもとづいて学生募集がされ、運営されているのです。
 高知短期大学の現在の学科は、社会科学科(高校卒以上の学力。定員120人)、専攻(短期大学卒業以上の学力。定員15人)の2つです。
 高知短期大学、私の体験でも素晴らしい大学です。
 専任教員による国際経済学、国際法などは未知の分野でしたので目を見開かされました。ほかの大学・研究機関からの講師による西洋近代史、土佐の自由民権運動の歴史、日本の戦中史も名講義でした。俳句の授業は実践的でいくつも俳句が生まれました。いずれも基礎的なことを踏まえて専門的な内容をわからせるという丁寧な授業でした。英語も、数十年学んでいなくてもOKという授業を受けて、力をつけることができました。
 18歳から70歳代までの学生が、いろんな背景を背負って入学してきています。試験前に18歳から60歳代までの学生が試験前に同じテーブルで学び合っている姿は、ユニークな光景です。
高校生の時のサッカーの試合中に落雷にあい、盲目で車いすの生活になった青年が学んでいます。彼と「ともに学ぶ会」が生まれて、彼のケア、勉強の援助をしています。
 ほとんどの人が高知県に残り、高知の経営や地域を支えています。
私と同世代の卒業者を見ても、新しく会社を立ち上げて社長になった人、ふたたび専門学校の講師として働くようになった人、町会長や老人会長をやりはじめた人と、みな、それぞれの場所でがんばっています。

 【学長、知事、県議会も高知短期大学存続を歓迎していました】

 高知短期大学は、設立された1953年以降、県立でしたが、2011年4月に、高知県公立大学法人ができ、これが高知短期大学、高知県立大学を運営することになりました。尾﨑正直知事は、理事長に南裕子さんを任命しました(両大学の学長にもなりました)。
 高知短期大学が存続し、充実していくことを国の行政や知事、県議会、学長も歓迎していました。
[学長] 南さんは、さっそく、高知短期大学の学長として「公立大学法人 夜間開講男女共学 高知短期大学 大学案内 2012」の冊子に「長い歴史のなかで、本学には多様な背景をもつ学生の個別のニーズに対応した教育を行うノウハウを培ってきました。学生による自主的な支援組織『ともに学ぶ会』との協調は外部からも高く評価されています。また、『開かれた大学』『地域に根ざした大学』として、地域の方々と共に『高知学』を育てています。」などと大学の良さを強調し、受験をと呼びかける文章を掲載しました。

Photo_2

 文中の「ともに学ぶ会」は、落雷にあい、盲目で車いすの生活になった青年の勉学を支える教員や学生のグループのことです。
 【独立行政法人大学評価・学位授与機構】 2011年、独立行政法人大学評価・学位授与機構が、高知短期大学の認証評価を実施をしています。同年3月のその結果について、高知短期大学の関根猪一郎副学長は、つぎのように報告しています(「高知短期大学学友会会報 灯(ひ)」第17号。2011年10月24日)。
 「基本的な評価は、『高知短期大学は短期大学設置基準をはじめ関係法令に適合し、大学評価・学位授与機構が定める短期大学評価基準を満たしている』というものです。また、『主な優れた点』として①長期履研修制度を導入、②社会人入試を重視し、幅広い年齢層の学生の受け入れ、③「ともに学ぶ会」との協調による障害ある者への支援、以上の四点が挙げられました。本学を訪れた認証評価委員のお一人が語った『夜間教育の灯を消さないでください』という言葉が今でも私の胸に響いています。」
 【知事、県議会】 2011年7月11日の高知県議会は、知事から提案された高知短期大学の存続を前提とした「高知県公立大学法人中期計画(案)」(2017年3月までの計画)を原案どおりに承認しました。たとえば、こんな内容でした。
 教育の成果に関する目標、「県内唯一の夜間課程を設置する大学として、社会人をはじめとする多様な学生の教育をつうじて、豊かな人間性及び教養を備えるとともに、社会科学の基本的な力量を身に付けた、地域社会の主体的で創造的な担い手となる人材を育成する。」
教育の内容等に関する目標、「現実から学ぶことを重視し、教養教育及び社会科学の専門教育の連携を図り、県民ニーズに対応したカリキュラムを編成することによって、短期大学にふさわしい教育の場を確保する。」

 【南学長の突然の心変わりでつくられた高知短期大学廃止の案】

 昨年秋、南裕子学長は、突然、心がわりして高知短期大学の廃止を打ち出しました。南学長が、なぜ、こういうふうになったのかは、私にはいまだにわかりません。いまあきらかになりつつある、その過程について紹介します。
 [10月6日] 高知短期大学教授会が開かれました。「高知短期大学の教授会には学長は出席しないことになっていますが、その日には学長が教授会に出てきて高知短期大学の発展的解消について説明しました。それについて教員からは賛成の意見は出ましたが、反対の意見はでませんでした。南学長の提案について賛否の決はとりませんでした」(2月25日の関根副学長らの言葉をまとめたものです)。
 [10月24日] 高知県立大学法人の第3回理事会が開かれ、「短大の発展的解消」の方針を決めました=4号議案。その内容は、高知短期大学の廃止と高知県立大学文化学部に「科目等履修制度、聴講制度、長期履修制度、土日夜間開講、公開講座、社会人入試など」の制度を「設けることを検討する」ということでした。この日は、2011年度補正予算(案)=1号議案、2012年度予算編成(案)=2号議案、給与改定=3号議案、5項目の規定制定および改正=5号議案も「審議」され「議決」されています。ほかに、9項目の報告事項等がありました。しかし、議事録によると会議全体の時間は午後3時45分から55分までの10分間でした。
 [12月7日] 南理事長が尾崎知事に高知短期大学の「発展的解消」を提案します。
 [12月9日]  高知県は、高知県の夜間の大学教育をなくする「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」(12月9日。永国寺キャンパス整備等検討チーム=高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)を県議会に出しました。
 これは、理事長の突然の心がわりが県政の討論テーマになっていく4か月間の過程です。
 いずれの段階でも高知短期大学を廃止する合理的な理由は、説明されていません。

 【「4年制の夜間のコース」は「基本方針(案)」には入っていません。】

 南裕子学長らは昨年11月、高知短期大学の学友会役員、在学生に、①2年制の夜間の大学は時代に合わないので廃止する ②その代わりに高知県立大学文化学部に4年制の夜間のコースをつくる、定員はまだ決めていない、と説明しました。高知新聞の12月8日付朝刊にも、高知県公立大学法人の永国寺キャンパス改革案が実現すれば「本県にはなかった四年制大学の夜間コースができることになる。」という記事がでました。
 しかし、私が高知県立大学法人に情報開示請求をしたところ、この「高知県立大学文化学部に4年制の夜間のコースをつくる」を決めた文書は、どこにも存在しませんでした。これは、どこで決まったものでもありませんでした。
 実際に、県議会に出された「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」は、夜間の学びの場について南理事長がいっていた①のみが入っていて、②はありませんでした。
 年末になって、「高知県立大学文化学部に4年制の夜間のコースをつくる」が「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」にはないことが県民にわかり、南裕子理事長の手法についての批判が強まるなか、南理事長らは、実は、その構想は「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」にはないけれど、別にあるともとれる弁明をはじめました。
 1月25日に高知県公立大学法人の「高知県公立大学法人の基本方針について(FAQ)」が、そうです。
 2月21日の知事の2月県議会での知事の提案説明中に発表された県の「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)の意見募集の結果について」も、同様です。「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」にはない「高知県立大学文化学部に4年制の夜間のコースをつくる」、それは、こんなものですという内容が語られています。
 知事も提案説明で、高知県立大学法人などの「方針」を踏まえた形で、「両大学(高知県立大学、高知工科大学)とも大学入試センター試験を必要としない社会人特別入試制度を設けること、さらに高知県立大学は、社会人が夜間や土日に受講し4年間で学士の資格を取得する仕組みや、4年分の授業料で4年を超えて最大8年まで学ぶことができる長期履修制度を設けることとしております。」とのべました。
 前述したように、これらの「高知県立大学文化学部に4年制の夜間のコースをつくる」は、昨年12月の「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」にはないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.28

【ニュース】 きょう二月二十八日午前十時から、二議員が 高知県議会本会議での高知短期大学存続問題を取り上げます。中継あり。

  きょうから二月二十八日から高知県議会の本会議での各党派議員の知事への質問がはじまります。そのうち高知短期大学存続の問題をテーマにした質問は、高知県議会のホームページによるとつぎのとおりです。

 【二十八日】

 午前十時から=武石 利彦議員(自由民主党) 大学改革について
 午後一時から=米田 稔議員(日本共産党) 高知短期大学の存続について

 【中継】

 これらの質問は高知県議会のホームページで中継されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »