« 二〇一二年二月十七日 金曜日 高知短期大学が、専攻科の入学試験結果を発表。 | トップページ | 二〇一二年二月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争のころの久礼へ。 »

2012.02.20

【主張】 高知県、「高知短期大学の今後の方向性」のパブリックコメント異変。

 昨年十二月の高知県議会で尾﨑正直知事は、提案説明で、つぎのようにのべました。
 「……高知県公立大学法人は、10月に開催した理事会において、高知短期大学が担っている機能については4年制での教育や制度を充実させる中で引き継ぐこととし、高知短期大学を発展的に解消することについて、県と協議していくことを決定しております。そして、11月には、こうした考えを法人から学生自治会や学友会に説明するとともに、今月7日には、南理事長から直接、私にご説明をいただいたところです。
 公立大学法人の設置者である県といたしましても、この法人の考えは、県内高校生の進学先の拡充を図るとともに、これまで高知短期大学が担ってきた社会人教育や生涯教育を、より充実していくものと受け止めております。
 このため、公立大学法人の意向も尊重し、こうした考え方を関係する3大学とともに『永国寺キャンパスに関する基本方針案』の中で取りまとめたところであります。この基本方針案につきまして今議会でご議論をいただき、さらに年明けには、高知短期大学の発展的解消等につきまして、パブリックコメントなどを通じ、県民の皆様のご意見もお聞きした上で、さらに検討を深めていきたいと考えております。」
 この方針にもとづいて高知県は、年明けに「永国寺キャンパスに関する基本方針(案)」(永国寺キャンパス整備等検討チーム=高知県文化生活部・高知県立大学・高知工科大学・高知短期大学)の中の「高知短期大学の今後の方向性」について県民などの意見を募集しました(パブリックコメント)。
 二月二日が締め切りでした。
 県は、この意見の内容と、県として、それをどう受け止めたかという文書をインターネットなどで発表するとしていました。
 しかし、いまだに、二月二十日夜中現在、高知県庁のホームページには、それは発表されていません。
 どうなっているのでしょうか。どうか約束通り発表してください
 パブリックコメントの内容は、県民からの意見の90数%は高知短期大学存続を存続を支持する内容だったと聞きました。
 あす二十一日午前十時から二月県議会が始まりますが、この問題についての知事の方針説明は、県民がパブリックコメントの結果(県の評価つき)の発表を読んで、じっくり考える時間をおいてからにしていただきたいと思います。

|

« 二〇一二年二月十七日 金曜日 高知短期大学が、専攻科の入学試験結果を発表。 | トップページ | 二〇一二年二月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争のころの久礼へ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54035007

この記事へのトラックバック一覧です: 【主張】 高知県、「高知短期大学の今後の方向性」のパブリックコメント異変。:

« 二〇一二年二月十七日 金曜日 高知短期大学が、専攻科の入学試験結果を発表。 | トップページ | 二〇一二年二月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争のころの久礼へ。 »