« 【高知県知事へのメール】 二月二十一午前の高知県議会定例会での尾﨑正直知事の提案説明の高知短期大学の存廃部分についての質問。 | トップページ | 【ニュース】 高知県知事が高知短期大学廃止の方針を説明 【各社のニュースから】  »

2012.02.22

【目で見る 戦争のころ 高知の陸軍歩兵四十四連隊の「穂岐山少尉二十七人撫斬り」との報道】

 高知新聞の一九三七年(昭和十二年)九月二日付、夕刊の一面トップに「壮烈・土佐魂の発露 羅店鎮の一番乗り 我和知部隊陣中訪問 穂岐山少尉二十七人撫斬り 上海一日 宮崎本社特派員特電」という記事を載せました(記事コピーあり)。
 同紙は、一日にも、このことを報じる号外も出しています。
 この年七月、日中戦争が始まると、八月には高知の陸軍歩兵第四十四連隊も中国戦線に動員された。連隊長は陸軍参謀本部出身の和知鷹二大佐で、四十四連隊は和知部隊として出征しています。
 記事は、このときのことで、和知部隊は、八月二十三日未明、「○○鎮」に上陸し、「支那軍」を攻撃、しばらくして上海北方にむけて占拠地点を拡大、二十七日には「敵精鋭部隊の死守する難攻不落を誇る羅店鎮」を攻撃し、二十八日正午には、ここを占拠したとしています。「穂岐山少尉二十七人撫斬り」は、この間とのこととされ、和知部隊が「殊に穂岐山少尉(市商教諭)が敵陣地に躍り込み支那兵二十七名を斬つたことは土佐魂の発露である……」と、語っています。
 中国に乗り込んで中国人を二十七人斬り殺すことが「壮烈・土佐魂の発露」とされた時代を示す記事です。
 「穂岐山少尉」というのは、穂岐山拓さん(一九〇九年九月六日生まれ二十八歳)。高知県長岡郡新改(かえ)村平出出身。高知市の県立南海中学校卒業。一九三三年、東京高等師範学校体育科を卒業し、幹部候補生として陸軍徳島連隊に入隊。一九三四年、高知市立商業学校の教諭に。剣道四段。その後、高知の歩兵四十四連隊の陸軍兵として中国に出征していました。
 この夕刊の二面の関連記事には、このことを知った川淵高知市長、丁野高知市立商業学校長の「実に愉快」、「我校の名誉」という談話が掲載されています(記事のコピーあり)
 穂岐山少佐は、同月二十一日、中華民国江蘇省羅店鎮丁家宅付近の戦闘で戦死しています(戸籍簿による)。
 彼の戦死を伝える大阪毎日新聞、同月二十四日付の記事では、彼の叔父の談話が出ています。
 そこで叔父は「(穂岐山少佐からは)上陸後第二日の激戦で逃げる敵を機関銃で撃滅し機関銃やピストルなど多数戦利品を得て廿数名を斬りまくり自分ながら呆れるほど運がよく弾があたらず元気にやっているという手紙が一回来ました」と語っています。

|

« 【高知県知事へのメール】 二月二十一午前の高知県議会定例会での尾﨑正直知事の提案説明の高知短期大学の存廃部分についての質問。 | トップページ | 【ニュース】 高知県知事が高知短期大学廃止の方針を説明 【各社のニュースから】  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54047817

この記事へのトラックバック一覧です: 【目で見る 戦争のころ 高知の陸軍歩兵四十四連隊の「穂岐山少尉二十七人撫斬り」との報道】:

« 【高知県知事へのメール】 二月二十一午前の高知県議会定例会での尾﨑正直知事の提案説明の高知短期大学の存廃部分についての質問。 | トップページ | 【ニュース】 高知県知事が高知短期大学廃止の方針を説明 【各社のニュースから】  »