« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.01

二〇一二年二月二十七日 月曜日 『高知の戦争 証言と調査』の編集作業。

二〇一二年二月二十七日 月曜日  『高知の戦争 証言と調査』の編集作業。

 雲り。

 記者会見に出席する予定でしたが、起きてみるとメールで「延期」のお知らせ。

 ひたすら『高知の戦争 証言と調査』の編集作業をしました。

 土佐久礼の陸軍特攻隊、戦前の留置所で殺された二人の活動家について、二人と電話で会話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十八日 火曜日 彫刻講習会に参加。

二〇一二年二月二十八日 火曜日 彫刻講習会に参加。

 雨。

 午前中、高知県議会の様子をインターネットの中継で見ました。
 午後は、県議会を傍聴しました。

 夜、ある彫刻講習会に参加しました。全身像・抽象コースです。
 講習生は十三人。うち男性五人でした。モデルのデッサン。うーん、うまくいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年二月二十九日 水曜日 ある季刊雑誌に、高知短期大学存続運動についての原稿を送信。

二〇一二年二月二十九日 水曜日 ある季刊雑誌に、高知短期大学存続運動についての原稿を送信。

 雲り。

 ある季刊雑誌に、高知短期大学存続運動についての原稿を送りました。
 写真は、土曜日締め切りです。
 いろいろ考えています。

 新聞への意見広告の作業が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月一日 木曜日 妻は、高知市老人クラブ連合会の「大学」の「修学旅行」へ。

二〇一二年三月一日 木曜日 妻は、高知市老人クラブ連合会の「大学」の「修学旅行」へ。

 雲り。

 妻は、高知市老人クラブ連合会の「大学」の「修学旅行」ということで早朝から姿を消しました。広島方面への一泊の予定です。

 午前十時から弟の乗用車に乗せてもらって、さぬき市志度の私のアパートに行きました。
 そこで、当面、高知市での暮らしにいるものを乗用車に積み込んでもってきました。
 パソコン、プリンター、スキャナ、医療機器などです。

 帰ってから高知短期大学存続運動について電話やメール。

 アパートの引き払いについて「家主」とも二度、電話でやりとり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.03

二〇一二年三月二日 金曜日 メスのネコ、クニョの所業。

二〇一二年三月二日 金曜日 メスのネコ、クニョの所業。

 雲り。

 早朝、悪夢を見て目が覚めました。
 取材がうまくいかないのです。ポイントの所がわかりません。あと一息なのですが……。
 というところでの目覚めです。
 わが家のメスのネコ、クニョの顔が目の前にありました。
 布団の、僕の胸の所に乗っかって僕をへいげいしているのです。
 「あんたは、私は、家来なんだよ。このありさまが、その証拠だよ」
 と、いう感じです。

 洗濯をしました。

 メールで、同僚だったAさんが亡くなったというお知らせがありました。
 
 亡くなった詩人・槇村浩の会の会合に出席しました。

 高知短期大学の存続運動の打ちあわせに出席しました。

 家に帰ったら、妻が「修学旅行」から帰っていました。

 三人への手紙を出しに行きました。
 
 あすの経済学クラブのレジュメを印刷しました。
 あす午後に配布する高知短期大学存続をのビラを、印刷しました。

 玄関の ニオイツバキの 咲いた午後 友の訃報の メールを見てる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新井国夫さんの書き遺したもの

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-05-19/04_01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月三日 土曜日 妻に顔写真を撮ってもらいました。

二〇一二年三月三日 土曜日 妻に顔写真を撮ってもらいました。

 晴れ。

 妻に顔写真を撮ってもらいました。

 高知短期大学存続の署名運動に参加。
 知人からの署名、三十人分を担当者に渡しました。

 雑誌に送った記事の写真をメールで送りました。

 高知短期大学経済学クラブの勉強会に参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【主張】 尾﨑正直知事は、高知短期大学は存続してくださいの圧倒的多数の「意見書」を正直に尊重してください。

「hagaki.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.06

二〇一二年三月五日 月曜日 太宰治さんの『お伽草紙(おとぎぞうし)』の桃太郎書かざるの弁。

二〇一二年三月五日 月曜日 太宰治さんの『お伽草紙(おとぎぞうし)』の桃太郎書かざるの弁。

 雨。

 太宰治さんの作品や、彼の作品を集中的に読み続けてきたというNさんから彼の作品『お伽草紙(おとぎぞうし)』についての評価を聞きました。
 アジア太平洋戦争の時代に戦争賛美を書かなかった彼の姿を象徴する作品だというのです。
 その中の「舌切雀(したきりすずめ)」を読みました。
 彼は、この『お伽草紙』に桃太郎を「私の物語に鋳造し直すつもりでいた」といいます。しかし、その「計画を放棄した」という心の中のいきさつをしるしています。
 行間から読み取れるのは、それをすると、どうしても、侵略戦争、いけいけどんどんのようになってしまうから……ということのようです。
 『お伽草紙』は、新潮文庫でも、このタイトルのものがありますので、読んでみてください。

 彼が、本当に書きたかった桃太郎は、どんなだっただろうかと想像しました。
 以下、私の勝手な想像です。

 りりしい日本の若い兵隊・桃太郎たちは、部下をひきつれ、鬼たちの島に敵前上陸しました。
 桃太郎たちは、逃げ回る鬼たちをばっさばっさと撫で斬りにしました。
 そして、最後に残った十人ほどの鬼たちを取り囲みました。
 そのなかの長老格の鬼が桃太郎たちに向かって訴えました。
 「あなたたちは、なぜ、突然やってきて、こんな殺生をするのですか。私たちは、この島で助けあって仲良く暮らしているだけですのに。ほかの国に迷惑をかけたことは、一度もありません。もしかして、私たちの島にある燃える水(石油のこと)がほしいのですか。それなら、あり余るほどですので十分に差し上げますものを……」
 桃太郎たちは、生き残った鬼たちを檻に入れました。
 そして、燃える水をたくさん船に運び入れさせました。
 燃える水を持って凱旋した桃太郎たちを迎えて国の人々は歓迎の提灯行列をしました。
 日本一の桃太郎の、お話です。

 【参考】 「ウィキペディア」の「お伽草紙」から。

 「(中略) 太宰治が日本の昔話などを題材に執筆した『お伽草紙』という短編小説集がある。1945年刊行。太宰治が第二次世界大戦の中、防空壕の中で子どもに読んで聞かせる「ムカシムカシノオ話ヨ」という絵本を元に練り上た作品。
 日本人の誰もが知って居る民話・御伽話の中に込められた作者独特のユーモア・ウィットに富んだ解釈や語り口調が特徴。大胆で自虐的な空想が日頃の作者の深い人間洞察を反映しており、他のパロディと呼ばれる作品の中でも傑出した作品と言える。」
 「第二次世界大戦下、言論統制の厳しい、文学不毛と呼ばれた時代において、太宰は多くの作品を発表し続けた。『お伽草紙』もそのうちの一つである。」

 この日夜、私は東京から、さぬき市志度に移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月六日 火曜日 ステーキの大きさ。ガクッ! ひどすぎ。

二〇一二年三月六日 火曜日 ステーキの大きさ。ガクッ! ひどすぎ。

 晴れ。
 
 午前中、さぬき市志度で東京都在住のOさんから戦中の牟礼の話を聞きました。

 さぬき市志度から帰って高知市の彫刻講習会に。
 千葉、東京行きのため二回休んだので、追いつくのに必死。
 
 帰りに立ち寄ったレストラン「BB」で大事件発生。
 メニューを見て、ステーキを頼んだりですが、出てきたのはメニューの絵の半分以下の代物でした。
 おとなしい僕が、ひさしぶりに心の中で腹をたてました。
 「もう、二度と来るもんか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.07

二〇一二年三月四日 日曜日 新井国夫さんの通夜の祈り、葬送式。

二〇一二年三月四日 日曜日 新井国夫さんの通夜の祈り、葬送式。

 晴れ。

 夕がた、千葉県松戸市で開かれた新井国夫さんの通夜の祈り、葬送式に出席しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第四稿  侵略戦争と与謝野晶子さん

第四稿  侵略戦争と与謝野晶子さん

この原稿は、二〇〇六年八月十九日の午後六時から十一時半までに一気に書き上げたものです。
 与謝野晶子さんが、「戦争反対」という点で、ああもきっぱりしていたのに、のちに、あんなふうに転げ落ちていったのか。どうしてだろうか。これが僕の二十代からの疑問でした。
 それに一定の僕なりの答えをだしました。
 もっと豊かな論にしていきたいと思っています。ご意見をいただければ幸いです。
 (以下は、二〇〇七年二月十七日に書き直した第四稿です)

   【太平洋戦争開戦時の「…我が四郎み軍(いくさ)にゆくたけく戦へ」】

 一九四一年十二月八日、昭和天皇は「米英両国に対する宣戦の詔書」を発表しました。
 こんな内容でした。

 神々のご加護を保有し、万世一系の皇位を継ぐ大日本帝国天皇は、忠実で勇敢ななんじら臣民にはっきりと示す。
 私はここに、米国および英国にたいして宣戦を布告する。私の陸海軍将兵は、全力を奮って交戦に従事し、私のすべての政府関係者はつとめに励んで職務に身をささげ、私の国民はおのおのその本分をつくし、一億の心をひとつにして国家の総力を挙げこの戦争の目的を達成するために手ちがいのないようにせよ。
 そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与することは、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、私が常に心がけていることである。そして、各国との交流を篤(あつ)くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。今や、不幸にして、米英両国と争いを開始するにいたった。
 まことにやむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。
 中華民国政府は、以前よりわが帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。
 さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石の政権は、米英の庇護(ひご)を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。
 あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、さらに帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。
 私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによってわが国を屈服させようとしている。
 このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定にかんしてわが帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕(ひん)することになる。ことここにいたっては、わが帝国は今や、自存と自衛のために、決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない。
 皇祖皇宗の神霊をいただき、私は、なんじら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである。

 自分が各国を凶暴に侵略してきた結果、国際的な批判にあい事態がいきづまったのに、ほかの国が悪いのよ、だから宣戦を布告したのよという勝手な論理構成になっています。
 これを聞いた歌人・与謝野晶子さん(一八七八年十二月八日生まれ)は、この昭和天皇の呼びかけに「おう」とこたえた短歌を何首か詠んでいます。
 歌人の三枝昂之(さいぐさ・たかゆき)さんが愛媛新聞二〇〇六年八月十一日付に、それを紹介しています。短歌雑誌『冬柏』一九四二年一月号に載ったものだといいます。

 戦(いくさ)ある太平洋の西南を思ひてわれは寒き夜を泣く

 水軍の大尉となりて我が四郎み軍(いくさ)にゆくたけく戦へ

 子が船の黒潮越えて戦はん日も甲斐(かい)なしや病(やま)ひする母

 赤塚行雄さんの『決定版 与謝野晶子研究 明治、大正そして昭和へ』(学芸書林)によると、九四二年一月号の『短歌研究』が「宣戦の詔勅を拝して」という特集を組みました。
 与謝野晶子さんも、次の短歌を寄せているといいます。

 み戦(いくさ)の詔書の前に涙落つ代(よ)は酷寒に入る師走にて

 水軍の大尉となりて我が四郎み軍にゆくたけく戦へ

 子が船の黒潮越えて戦はん日も甲斐なしや病(やま)ひする母

 子が乗れるみ軍船(いくさぶね)のおとなひを待つにもあらず武運あれかし
 
 入江春行さんの『与謝野晶子と その時代』(新日本出版社)によると、一九四二年一月号の『短歌研究』に発表した短歌、同年四月号の『婦人公論』に発表した短歌が晶子さんの生涯最後の作品ということになっています。彼は、そこで、その中の作品として次の三首をあげています。

 水軍の大尉となりてわが四郎み軍(いくさ)に往く猛(たけ)く戦へ

 戦(いくさ)ある太平洋の西南を思ひてわれは寒き夜を泣く

 満洲の野山を開くますらをも桜咲く日は見に帰へれかし

 さらに、同年五月三十日付の東京日日新聞にはつぎの短歌が紹介されているといいます。

 日の本の大宰相も病むわれも同じ涙す大き詔書(みことのり)に

 一九〇四年、明治天皇の日露戦争に従軍の弟を思う詩「君死にたまふこと勿(なか)れ」と比べると、彼女の戦争観はどうだったんだろうと考えてしまいます。
 このころの晶子さんの様子は、どんな状態だったのでしょうか。
 三五年三月二十六日、夫・寛が死去します。
 三七年三月十二日、脳溢血(のういっけつ)で倒れました。一か月病床に。
 四〇年五月、二度目の脳溢血で倒れました。
 以後、右半身不随の病床生活となります。
 八月、二女・七瀬のすすめでカソリックの洗礼を受けます。
 そして、四一年十二月八日午前七時、晶子さんは昭和天皇の太平洋戦争開戦を告げるラジオの「臨時ニュース」で眼を覚ましました。
 ところで、「四郎」というのは晶子さんの四男・昱(いく)さん(一九一三年四月二十一日生まれ。元の名は、アウギユスト)のことで、海軍大尉でした。
 開戦の「大き詔書(みことのり)」を聞いて、侵略戦争を推進する「日の本の大宰相」と「病むわれ」が「同じ涙す」というのですから新たな侵略戦争開始万歳と興奮しきっているのでしょうか。
 日本帝国海軍大尉の、わが四男も昭和天皇の「み軍(いくさ)に往く」のだ「猛(たけ)く戦へ」。すごい檄文です。
 昭和天皇の兵士たちは息子たちは日本がかいらい国家をつくって支配している中国東北部の満洲の野山を開く「ますらを」だというのです。
 「今の戦争唱歌にあり候(そうろう)やうのこと」を詠んでいるのです(これは、以前の晶子さんの言葉です。後述)
 (この項について・いずれにしても、この三誌、東京日日新聞については、探し出して原文にあたってみなければと思っています)。

    【「旅順の攻囲軍の中に在る弟を歎きて」の詩】

 与謝野晶子さんの昭和天皇の侵略戦争後押しの短歌について考える上で、彼女が、明治天皇の侵略戦争・日露戦争のさなか、『明星』第九号(一九〇四年九月一日発行)に発表した詩についてふれておく必要があります。
 「君死にたまふこと勿(なか)れ (旅順の攻囲軍の中に在る弟を歎きて)」です。

 あヽをとうとよ君を泣く
 君死にたまふことなかれ
 末(すえ)に生れし君なれば
 親のなさけはまさりしも
 親は刄(やいば)をにぎらせて
 人を殺せとをへしや
 人を殺して死ねよとて
 二十四(にじゅうし)までをそだてしや

 堺(さかい)の街のあきびとの
 旧家(きゅうか)をほこるあるじにて
 親の名を継ぐ君なれば
 君死にたまふことなかれ
 旅順の城はほろぶとも
 ほろびずとても何事(なにごと)か
 君知るべきやあきびとの
 家(いえ)のおきてに無かりけり

 君死にたまふことなかれ
 すめらみことは戦ひに
 おほみづからは出(い)でまさね
 かたみに人の血を流し
 獣(けもの)の道(みち)に死ねよとは
 死ぬるを人のほまれとは
 大(おお)みこヽろの深ければ
 もとよりいかで思(おぼ)されむ

 あヽをとうとよ戦ひに
 君死にたまふことなかれ
 すぎにし秋を父ぎみに
 おくれたまへる母ぎみは
 なげきの中にいたましく
 わが子を召(め)され家(いえ)を守(も)り
 安(やす)しと聞ける大御代(おおみよ)も
 母のしら髪はまさりゆく

 暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
 あえかにわかき新妻(にいづま)を
 君わするるや思へるや
 十月(とつき)も添はでわかれたる
 少女(をとめ)ごころを思ひみよ
 この世ひとりの君ならで
 あヽまた誰(たれ)をたのむべき
 君死にたまふことなかれ

 日露戦争は一九〇四年二月八日に始まっています。日本が宣戦布告したのは二日後の十日です。
 与謝野晶子さんの、この作品は、この「戦争に抗議した…長詩」(作家・宮本百合子さんの「短い翼」、『文芸』一九三九年八月号)でした。
 「旅順の城はほろぶとも ほろびずとても何事(なにごと)か 君知るべきやあきびとの 家(いえ)のおきてに無かりけり」、戦争に勝とうと負けようと商人には関係ないことなのよ。すごいですねー。
 「すめらみことは戦ひに おほみづからは出(い)でまさね かたみに人の血を流し 獣(けもの)の道(みち)に死ねよとは 死ぬるを人のほまれとは…」。「すめらみこと」、つまり明治天皇を引き合いに出し、戦争を「獣(けもの)の道(みち)」ています。
 こうしたことが、この詩のインパクトを高めていました。
 「旅順の攻囲軍の中に在る弟」というのは、召集されて従軍している弟・鳳籌三郎(ほう・ちゅうさぶろう)のことです。大阪第四師団八連隊第三軍輜重兵(しちょうへい)でした。堺の菓子屋・駿河屋の当主になるべき人でした。
 彼の妻の名は、せいです。
 せいさんは、この八月中旬に夏子さんを出産しました。

   【大町桂月さんの攻撃への「引きながら」の反論】

 この与謝野晶子さんの「君死にたまふこと勿(なか)れ」の詩について、大町桂月(おおまち・けいげつ)さんが彼女を攻撃します。
 「国家観念を藐視(ないがしろ)にしたる危険なる思想の発現なり」(『太陽』一九〇四年十月号の「雑評録」)。
 大町さん人は、一八六九年三月六日生まれで、高知市出身。本名は大町芳衛。東京帝国大学国文科卒の詩人・歌人・随筆家・評論家です。
 この大町桂月さんのののしりに与謝野晶子さんは「さればとて少女と申す者誰も戦争(いくさ)ぎらひに候」「歌は歌に候。歌よみならひ候からには、私どうぞ後の人に笑はれぬ、まことの心を歌ひおきたく候。まことの心うたはぬ歌に、何のねうちか候べき。…」と、反撃しました。
 『明星』一九〇四年十一月号の「ひらきぶみ」です。
 「ひらきぶみ」は、夫への手紙という形をとっています。
 しかし、これを、よく読むと、彼女が「引きながら」反論していることがわかります。
 わざわざ日露戦争にたいする「非戦論」を展開している週刊社会主義新聞「平民新聞」の人たちとは関係ないんですよとしている点。
 「畏(おそれ)おほき教育御勅語(ごちよくご)」などと書いて、この戦争を推進している明治天皇に逆らっているわけではないのですよという点。
 「御国のために止(や)むを得ぬ事と承りて、さらばこのいくさ勝てと祈り、勝ちて早く済めと祈」っているんですよとしている点。
 これらを見ると、あれれ、あの詩とはずいぶん違う立場ですねといいたくなります。
 「ひらきぶみ」といいながら半ば屈服したものになっているのです。
 これが後々の彼女の弱点になっていきます。
 「ひらきぶみ」の論点を整理して提示します(引用です)。

 ● (息子の光と堺の実家にまいりました)こちら母思ひしよりはやつれ居給(いたま)はず、君がかく帰し給ひしみなさけを大喜び致し、皆の者に誇りをり候。おせいさんは少しならず思ひくづをれ候すがたしるく、わかき人をおきて出(い)でし旅順(りよじゆん)の弟の、たび/\帰りて慰めくれと申しこし候は、母よりも第一にこの新妻(にいづま)の上と、私見るから涙さしぐみ候。弟、私へはあのやうにしげ/\申し参りしに、宅へはこの人へも母へも余り文おくらぬ様子に候。思へば弟の心ひとしほあはれに候て。
 ● 車中にて何心なく『太陽』を読み候に、君はもう今頃御知りなされしなるべし、桂月(けいげつ)様の御評のりをり候に驚き候。私風情(ふぜい)のなま/\に作り候物にまでお眼お通し下され候こと、忝(かたじけな)きよりは先づ恥しさに顔紅(あか)くなり候。勿体(もつたい)なきことに存じ候。さはいへ出征致し候弟、一人の弟の留守見舞に百三十里を帰りて、母なだめたし弟の嫁ちからづけたしとのみに都を離れ候身には、この御評一も二もなく服しかね候。
 ● 私が弟への手紙のはしに書きつけやり候歌、なになれば悪(わ)ろく候にや。あれは歌に候。この国に生れ候私は、私らは、この国を愛(め)で候こと誰にか劣り候べき。物堅き家の両親は私に何をか教へ候ひし。堺(さかい)の街(まち)にて亡(な)き父ほど天子様を思ひ、御上(おかみ)の御用に自分を忘れし商家のあるじはなかりしに候。弟が宅(うち)へは手紙ださぬ心づよさにも、亡き父のおもかげ思はれ候。まして九つより『栄華(えいが)』や『源氏(げんじ)』手にのみ致し候少女は、大きく成りてもます/\王朝の御代(みよ)なつかしく、下様(しもざま)の下司(げす)ばり候ことのみ綴(つづ)り候今時(いまどき)の読物をあさましと思ひ候ほどなれば、『平民新聞』とやらの人たちの御議論などひと言ききて身ぶるひ致
し候。さればとて少女と申す者誰も戦争(いくさ)ぎらひに候。
 ● 御国のために止(や)むを得ぬ事と承りて、さらばこのいくさ勝てと祈り、勝ちて早く済めと祈り、はた今の久しきわびずまひに、春以来君にめりやすのしやつ一枚買ひまゐらせたきも我慢して頂きをり候ほどのなかより、私らが及ぶだけのことをこのいくさにどれほど致しをり候か、人様に申すべきに候はねど、村の者ぞ知りをり候べき。提灯(ちようちん)行列のためのみには君ことわり給ひつれど、その他のことはこの和泉(いずみ)の家の恤兵(じゆつぺい=記者注・物品または金銭を寄贈して戦地の兵士を慰めることです)の百金にも当り候はずや。馬車きらびやかに御者馬丁(ぎよしやばてい)に先き追はせて、赤十字社への路に、うちの末(すえ)が致してもよきほどの手わざ、聞(きこ)えはおどろしき繃帯巻(ほうたいまき)を、立派な令夫人がなされ候やうのおん真似(まね)は、あなかしこ私などの知らぬこと願はぬことながら、私の、私どものこの国びととしての務(つとめ)は、精一杯致しをり候つもり、先日××様仰せられ候、筆とりてひとかどのこと論ずる仲間ほど世の中の義捐(ぎえん)などいふ事に冷(ひやや)かなりと候ひし嘲(あざけ)りは、私ひそか
にわれらに係(かか)はりなきやうの心地(ここち)致しても聞きをり候ひき。
 ● 君知ろしめす如し、弟は召されて勇ましく彼地へ参り候、万一の時の後の事などもけなげに申して行き候。この頃新聞に見え候勇士々々が勇士に候はば、私のいとしき弟も疑(うたがい)なき勇士にて候べし。さりながら亡き父は、末の男の子に、なさけ知らぬけものの如き人に成れ、人を殺せ、死ぬるやうなる所へ行くを好めとは教へず候ひき。学校に入り歌俳句も作り候を許され候わが弟は、あのやうにしげ/\妻のこと母のこと身ごもり候児(こ)のこと、君と私との事ども案じこし候。かやうに人間の心もち候弟に、女の私、今の戦争唱歌にあり候やうのこと歌はれ候べきや。
 ● 私が「君死にたまふこと勿(なか)れ」と歌ひ候こと、桂月様たいさう危険なる思想と仰せられ候へど、当節のやうに死ねよ/\と申し候こと、またなにごとにも忠君愛国などの文字や、畏(おそれ)おほき教育御勅語(ごちよくご)などを引きて論ずることの流行は、この方かへつて危険と申すものに候はずや。私よくは存ぜぬことながら、私の好きな王朝の書きもの今に残りをり候なかには、かやうに人を死ねと申すことも、畏(おそれ)おほく勿体(もつたい)なきことかまはずに書きちらしたる文章も見あたらぬやう心得候。いくさのこと多く書きたる源平時代の御本にも、さやうのことはあるまじく、いかがや。
 ● 歌は歌に候。歌よみならひ候からには、私どうぞ後の人に笑はれぬ、まことの心を歌ひおきたく候。まことの心うたはぬ歌に、何のねうちか候べき。まことの歌や文や作らぬ人に、何の見どころか候べき。長き/\年月(としつき)の後まで動かぬかはらぬまことのなさけ、まことの道理に私あこがれ候心もち居るかと思ひ候。この心を歌にて述べ候ことは、桂月様お許し下されたく候。
 ● 桂月様は弟御(おとうとご)様おありなさらぬかも存ぜず候へど、弟御様はなくとも、新橋(しんばし)渋谷などの汽車の出で候ところに、軍隊の立ち候日、一時間お立ちなされ候はば、見送の親兄弟や友達親類が、行く子の手を握り候て、口々に「無事で帰れ、気を附けよ」と申し、大ごゑに「万歳」とも申し候こと、御眼と御耳とに必ずとまり給ふべく候。渋谷のステーシヨンにては、巡査も神主様も村長様も宅の光(ひかる)までもかく申し候。かく申し候は悪ろく候や。私思ひ候に、「無事で帰れ、気を附けよ、万歳」と申し候は、やがて私のつたなき歌の「君死にたまふこと勿れ」と申すことにて候はずや。彼れもまことの声、これもまことの声、私はまことの心をまことの声に出だし候とより外に、歌のよみかた心得ず候。
 ● 私十一ばかりにて鴎外(おうがい)様の『しがらみ草紙』、星川様と申す方の何やら評論など分らずながら読みならひ、十三、四にて『めざまし草(ぐさ)』、『文学界』など買はせをり候頃、兄もまだ大学を出でぬ頃にて、兄より『帝国文学』といふ雑誌新たに出でたりとて、折々送つてもらひ候うちに、雨江(うこう)様桂月様今お一人の新体詩その雑誌に出ではじめ、初めて私藤村(とうそん)様の外に詩をなされ方(かた)沢山日本におありと知りしに候。その頃からの詩人にておはし候桂月様、なにとて曾孫(ひまご)のやうなる私すらおぼろげに知り候歌と眼の前の事との区別を、桂月様どう遊ばし候にや。日頃年頃桂月様をおぢい様のやうに敬(うやま)ひ候私、これはちと不思議に存じ候。
 ● なほ桂月様私の新体詩まがひのものを、つたなし/\、柄になきことすなと御深切(しんせつ)にお叱(しか)り下され候ことかたじけなく思ひ候。これは私のとがにあらず、君のいつも/\長きもの作れと勧め給ふよりの事に候。しかしまた私考へ候に、私の作り候ものの見苦しきは仰せられずとものこと、桂月様をおぢい様、私を曾孫と致し候へば、御立派な新体詩のお出来なされ候桂月様は博士、やう/\この頃君に教へて頂きて新体詩まがひを試み候私は幼稚園の生徒にて候。幼稚園にてかたなりのままに止め候はむこと、心外なやうにも思ひ候。

 最後のほうになると、なぜ、こんなに大町さんにへつらうことがあろうかと悲しくなくなります。それが反論を効果的なものにしようという手法と解しても……。
 ちなみに、彼女が「畏(おそれ)おほき教育御勅語(ごちよくご)」という教育勅語は明治天皇が一八九〇年十月三十日発布したもので、絶対的天皇制のもとでの「皇民教育」の基本原理をしめしたものです。
 子どもたちに、いったん戦争になれば天皇を守るために命を捧げよと要求するものでした。
 与謝野晶子さんの「ひらきぶみ」を読んだ大町桂月さんは、ふたたび、彼女を攻撃します。
 「皇室中心主義の眼を以て、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり」(『太陽』一九〇五年一月号の「詩歌の真髄」)。
 それにしても大町桂月さんは、なんとまぁ情けない人でしょうか。
 「皇室中心主義の眼を以て、…検す」ること自体がおかしいのです。
 自分の眼で、ちゃんと見なくては。

   【明治維新以降の日本の侵略の過程】
 
 ここで、明治維新以降の日本の侵略の過程を見ておきましょう。
 日本は明治維新にいたる過程で、世界の列強から力をもって「不平等条約」をおしつけられて開国に踏み切ります。
 その後、日本は、アジアの弱い相手に、同じやり方で「不平等条約」を押しつけていきます。
まず、一八七六年、「日朝修好条規」を結び、朝鮮を無理やり開国させます。
 これは軍事力の威嚇のもとで結ばれたものです。
 そういう形での膨張主義が、あからさまな帝国主義・領土拡張主義にエスカレートする節目になってくるのが、日清戦争、日露戦争です。
 日清戦争(一八九四年-九五年)で、日本は、台湾と遼東半島を植民地化しました(遼東半島は「三国干渉」によって清に返還)。日本の朝鮮支配に反対する中心人物だった朝鮮の王妃・閔妃(びんひ)を、日本の公使の命令で殺害します。
 こうしたやり方で、朝鮮への干渉を広げていきます。
 日露戦争(一九〇四年-〇五年)は、韓国(朝鮮は一八九七年に国名を「大韓帝国」とあらためています)を強奪することを目的としていました。
 こうした日本の侵略戦争の進展の中でも与謝野晶子さんは屈してはいませんでした。
 「君死にたまふこと勿(なか)れ」を発表した翌年の一九〇五年一月に山川登美子さん、増田雅子さんとともに刊行した詩歌集『恋衣』にふたたび、この詩を掲載しました。
 日露戦争のあと、日本は韓国に野蛮な軍事的威嚇のもとで、「保護条約」(第二次「日韓協約」)をおしつけ(一九〇五年十一月)、韓国から外交権を剥奪(はくだつ)し、「朝鮮統監府」を設置して従属国としていきます。そして、一九一〇年の韓国併合とい名の全面的な植民地支配を開始します。

    【天皇のシベリヤ出兵に反対の声をあげています】

 日本では、一九一二年七月三十日、明治天皇が亡くなり、皇太子の嘉仁(よしひと)が天皇になります。大正と改元されます。
 いっぽう、ロシアでは、一九一七年十一月七日、社会主義をめざす革命が成功します。
 天皇は、この革命を妨害するためにロシアのシベリアに出兵しようとします。
 このとき、与謝野晶子さんは、天皇のシベリヤ出兵に反対の声をあげています。『横浜貿易新報』一九一八年三月一七日の「何故の出兵か」です。「…私は出兵に対してあくまでも反対しようと思っております」と、結論づけていました。
 ここでも「露西亜(ロシヤ)のレニン一派の政府のように極端な無抵抗主義に殉じるの愚」とわざといい、私は社会主義者ではないのですよ、間違わないでねと言い訳をしながら論じているところが、彼女のすきっとしないところです。
 以下、その引用です。 

 ● 日本人の上に今や一つの大問題が起っております。近頃の新聞を読む人の誰も気が附く通り、それは西伯利亜(シベリヤ)へ日本の大兵を出すか出さないかという問題です。
 ● 私はこの問題について自分だけの感想を述べようと思います。
 先ず私の戦争観を述べます。「兵は凶器なり」という支那の古諺(こげん)にも、戦争を以て「正義人道を亡す暴力なり」とするトルストイの抗議にも私は無条件に同意する者です。独逸(ドイツ)流の教育を受けた官僚的学者にはこれを以て空想的戦争観とする人ばかりのようですが、一人福田徳三(ふくだとくぞう)博士は「これを個人の間において言うも、相互間の親密を増進し、意志の疏通(そつう)を計るがために、先ず人を殴打するということのあるべき道理は決してない。国際間においても干戈(かんか)を以て立つということは、既に平和の破壊であって、正義人道とは全く矛盾した行動である。それ故に如何なる口実の下においても、戦争たる以上は正義人道の上から見ると変則であるといわねばならぬ。実に戦争その物が正義人道を実現するものでないことは多言するまでもない」と本月の『太陽』で述べられたのが光輝を放って私の眼に映じます。私は福田博士と全く同じ考えを戦争の上に持っております。
 ● それなら、性急に軍備の即時撤廃を望むかというと、私はそれの行われがたいことを予見します。内政のためでなくて、今日のように国際のために設けられた軍備は、露西亜(ロシヤ)のレニン一派の政府のように極端な無抵抗主義に殉じるの愚を演じない限り、一国だけが単独に撤廃されるものではありません。それは列国の合意の下で円滑に実行される日に向って期待すべきことで、今からその日の到来を早くすることに努力するのが自然の順序だと思います。
 ● 私は遺憾ながら或程度の軍備保存はやむをえないことだと思います。国内の秩序を衛(まも)るために巡査の必要があるように、国際の平和と通商上の利権とを自衛するために国家としては軍備を或程度まで必要とします。これは決して永久のことでなく、列国が同時に軍備を撤廃し得る事情に達する日までの必要において変則的に保存されるばかりです。その「或程度」というのはあくまでも「自衛」の範囲を越えないことを意味します。それを越ゆれば軍国主義や侵略主義のための軍備に堕落することになります。私は日本の軍備が夙(つと)にこの程度を甚だしく越えていることを恐ろしく思っております。
 ● さて我国は何のために出兵するのでしょうか。秘密主義の軍閥政府は出兵についてまだ今日まで一言も口外しませんから、私たちは外国電報と在野の出兵論者の議論とに由って想像する外ありませんが、政府に出兵の意志の十分にあることは、干渉好きの政府が出兵論者の極端な議論を抑制しない上に、議会において出兵の無用を少しも明言しないので解ります。
 英仏が我国に出兵を強要して、露西亜の反過激派を救援し、少くも莫斯科(モスクワ)以東の地を独逸勢力の東漸から独立させたい希望のあることは明かですが、これは日本軍が自衛の範囲を越えて露西亜の護衛兵となるのですから、名義は立派なようでも断じて応じることの出来ない問題です。露国は露人自身が衛るべきものだと思います。露人に全く、自衛の力がないとは思われません。それに果して独逸の勢力が東漸するか、露国の反過激派が日本に信頼するかも疑問です。
 ● 今一つの出兵理由は、西比利亜(シベリヤ)に独逸の勢力が及ばない先に、出兵に由って予めそれを防ぐことは、西比利亜に接近している我国が独逸から受ける脅威に対して取る積極的自衛策であるという説です。これが補説としては、西比利亜に渋滞している日本の貨物の莫大な量を独逸へ転送されない前に抑留せねばならないといい、また西比利亜にある七、八万の独逸俘虜(ふりょ)が既に武装しつつあることの危険を報じます。
 しかし私たち国民は決してこのような「積極的自衛策」の口実に眩惑(げんわく)されてはなりません。西部戦場での決戦さえまだ手を附けない独逸が、連合軍側が口穢(くちぎたな)く言い過ぎるように如何に狂暴であるにしても、その武力を割(さ)いて西比利亜に及ぼし、兼ねて日本を脅威しようとは想像されません。我国の参戦程度を手温(てぬる)しとする英仏は、種々の註文を出して日本を戦争の災禍の中心に引入れたいために、独逸勢力の東漸を法外に誇大するでしょうが、日本人はそれを軽信してはならないと思います。
 ● 西比利亜出兵は恐らく独軍と接戦することはないでしょうから、殺人行為を繁くするには到らないでしょうが、無意義な出兵のために、露人を初め米国から(後には英仏からも)日本の領土的野心を猜疑(さいぎ)され、嫉視され、その上数年にわたって撤兵することが出来ずに、戦費のために再び莫大の外債を負い、戦後にわたって今に幾倍する国内の生活難を激成するならば、積極的自衛策どころか、かえって国民を自滅の危殆(きたい)に陥らしめる結果となるでしょう。

   【「我等は陛下の赤子(せきし)」という宣言】

 日本の領土拡張主義が、つぎには中国に向けられていきます。
 「対華二十一カ条要求」(一九一五年)で中国への侵略的野望をおしつけます。それにたいして中国の民衆から激しい批判がおこります。
 こうした過程の中で、与謝野晶子さん中で一つの変化が起こっていました。
 それは、天皇崇拝への傾斜です。
 一九二六年十二月二十五日、大正天皇が亡くなります。息子の裕仁が天皇に即位し、昭和と改元します。
 このことが彼女に大きな影響を与えます。
 「無題」ですが、こんな詩をつくっています。
 一九二七年の正月をうたった詩です。

 粛として静まり、
 皎として清らかなる
 昭和二年の正月、
 門に松飾無く、
 国旗には黒き布を附く。
 人は先帝の喪に服して
 涙未(いま)だ乾かざれども、
 厚氷その片端の解くる如く
 心は既に新しき御代の春に和らぐ
 初日うららかなる下(もと)に、
 草莽の貧女われすらも
 襟正し、胸躍らせて読むは、
 今上陛下朝見第一日の御勅語。
    ×
 世は変る、変る、
 新しく健やかに変る、
 大きく光りて変る。
 世は変る、変る、
 偏すること無く変る、
 愛と正義の中に変る。
    ×
 跪づき、諸手さし延べ、我れも言祝ぐ、
 新しき御代の光は国の内外(うちと)に。
    ×
 祖宗宏遠の遺徳、
 世界博大の新智を
 御身一つに集めさせ給ひ、
 仁慈にして英明、
 威容巍巍と若やかに、
 天つ日を受けて光らせ給ふ陛下、
 ああ地は広けれども、何処(いづこ)ぞや、
 今、かゝる聖天子のましますは。
 我等幸ひに東に生れ、
 物更に改まる昭和の御代に遇ふ。
 世界は如何に動くべき、
 国民(くにたみ)は何を望める、
 畏きかな、忝なきかな、
 斯かる事、陛下ぞ先づ知ろしめす。
    ×
 我等は陛下の赤子(せきし)、
 唯だ陛下の尊を知り、
 唯だ陛下の徳を学び、
 唯だ陛下の御心(みこゝろ)に集まる。
 陛下は地上の太陽、
 唯だ光もて被(おほ)ひ給ふ、
 唯だ育み給ふ、
 唯だ我等と共に笑み給ふ。
    ×
 我等は日本人、
 国は小なれども
 自ら之れを小とせず、
 早く世界を容(い)るるに慣れたれば。
 我等は日本人、
 生生(せいせい)として常に春なり、
 まして今、
 華やかに若き陛下まします。
    ×
 争ひは無し、今日の心に、
 事に勤労(いそし)む者は
 皆自らの力を楽み、
 勝たんとしつる者は
 内なる野人の心を恥ぢ、
 物に乏しき者は
 自らの怠りを責め、
 足る者は他に分ち、
 強きは救はんことを思ふ。
 あはれ清し、正月元日、
 争ひは無し、今日の心に。
    ×
 眠りつるは覚めよ、
 怠(たゆ)みつるは引き緊まれ、
 乱れつるは正せ、
 逸(そ)れつるは本に復(かへ)れ。
 他(ひと)の国には他(ひと)の振、
 己が国には己が振。
 改まるべき日は来(きた)る、
 夜(よ)は明けんとす、東(ひんがし)に。
    ×
 我等が行くべき方(かた)は
 陛下今指さし給ふ。
 止(や)めよ、財の争ひ、
 更に高き彼方の路へ
 一体となりて行かん。

 読んでいるとぞくっとします。
 あれほど個をうたった彼女の「我等は陛下の赤子」という宣言をしたのです。
 「陛下の赤子」ということですから、昭和天皇のやることには何でも賛成ということになります。

   【満鉄の招待で夫婦で満州、モンゴルを旅行】

 日本が中国東北部の満州に決定的な支配権をうちたてようと画策していた中の一九二八年五月五日から六月十七日まで与謝野晶子さんは、夫・寛さんと満州、モンゴルを旅行します。
 中国東北部侵略の先兵の役割を果たしていた日本の国策会社・南満州鉄道株式会社(満鉄)の招待でした。
 満鉄側のねらいは、彼らを招待して、あちらこちらを案内して、日本のおかげで満州が「王道楽土」になっていくさまを見せ、そのことを日本で宣伝してもらおうということだったでしょう。
 つまり、二人は侵略戦争の宣伝マンとして招待されたのだと思います。
 前出の本で赤塚行雄さんは、こう説明しています。
 「満鉄では、毎年、学者、作家、歌人などの文化人を招待して、満州・蒙古の各地を廻ってもらい、満鉄を中心に満蒙についての一種の啓蒙・宣伝活動を続けていた。
 満鉄とは、日露戦争後のポーツマス条約で日本政府が獲得した鉄道経営の権益に基づき、明治三十九年(一九〇六年)に半官半民の国策会社として設立されたもので、旅順から長春にかけての本線および支線をふくめた鉄道だった。鉄道だけでなく鉱業、電気、通信、水運、学校経営、倉庫業などまで兼業し、日本帝国が関東軍とならんで中国東北部支配に楔(くさび)を打ちこんだような鉄道だった」
 二人が旅行している間の六月四日、満州で大事件がおきます。
 蒋介石の率いる北伐軍との決戦を断念して満州へ引き上げようとした奉天軍閥の長・張作霖(ちょうさくりん)の乗る特別列車が、奉天(瀋陽)近郊、皇姑屯(とうことん)の京奉線(けいほうせん)と満鉄線のクロス地点付近を通りかかろうとした時、線路際に仕掛けられていた黄色火薬が爆破されました。
 張作霖は胸部に重症を負い、数時間後奉天市内の病院で死亡、また警備、側近らの十七人が死亡しました。
 このテロの計画を立案したのは、関東軍参謀の河本大作大佐でした。
 爆薬の準備は、朝鮮軍から関東軍に派遣されていた桐原貞寿工兵中尉の指揮する工兵隊がおこないました。実際の爆破の指揮は、現場付近の鉄道警備を担当する独立守備隊の東宮鉄男大尉がとりました。
 河本大佐からの指示で、二人は張作霖が乗っていると思われる列車の前から八両目付近をねらって付近の小屋から爆薬を点火させました。
 河本大佐らは、あらかじめ用意しておいた中国人労働者を殺害し、現場近くにその中国人二人の遺体を放置して、この事件が蒋介石の工作隊によるものであるとの偽装工作をしました。
 日本の中国侵略は、こういう形で拡大していっていました。
 日本は、一九三一年九月十八日に「満州事変」を引き起こし、中国東北部への侵略戦争を開始し、全満州を占領します。

   【「たとへば我れの此歌も、破壊筒をば抱きながら…】

 一九三二年一月二十八日、関東軍の謀略で上海事変おこします。
 日本海軍陸戦隊の兵力は約二千人と第十九路軍とのたたかいになりました。
 与謝野晶子さんは、この数日後の二月一日付消印で香川県高松市の明善高等女学校(現・英明高校)の教諭・椎名六郎さんに、こんな手紙を出しています。

 「日支事件のため国運の未来が刻々に案ぜられ申し候。軍閥が始めしことながら、かくなれば国民全体の責任を辞し難く候。何とぞ禍(わざわい)を転じて福に致したく候」(四国新聞二〇〇七年二月十六日付)

 彼女が「国運」を論じ、「国民全体の責任」という論理で侵略戦争推進の側に立っていく姿がよくわかる文章です。

 上海事変後、日本軍は苦戦を強いられました。
 陸軍中央部は白川義則大将を司令官とする上海派遣軍を増援しました。金沢の第九師団と久留米の第十二師団より編成した混成旅団の総兵力は約一万七千人にのぼりました。

 二月二十日から二十五日まで、日本軍は上海市北郊の大場鎮、江湾鎮方面で第十九路軍に総攻撃をかけました。
 しかし、市街地に塹壕を築き、鉄条網を幾重にも張りめぐらせ自動小銃で抵抗する第十九路軍の猛攻で、日本軍は死傷者が続出しました。
 こうした背景のもと「爆弾三勇士」の物語が出現します。
 二月二十四日、日本の商業紙は、いっせいに「爆弾三勇士」の記事を掲載しました。
 東京朝日、「〝帝国万歳″を叫んで我身は木端微塵、三工兵点火せる爆弾を抱き、鉄条網に躍りこむ」。
 大阪朝日、「これぞ真の肉弾! 壮烈無比の爆死、志願して爆弾を身につけ鉄条網を破壊した三勇士」。
 大阪毎日、「肉弾で鉄条網を撃破す、点火した爆弾を身につけ、躍進した三人の一等兵、忠烈まさに粉骨破身」。
 東京日日、「世界比ありやこの気塊、点火爆弾を抱き鉄条網を爆破す、廟行鎮攻撃の三勇士」。
 国家、マスコミ一体となった「爆弾三勇士」づくりが始まりました。
 朝日、毎日は、二月二十八日、それぞれ「肉弾三勇士の歌」、「爆弾三勇士の歌」を懸賞募集する社告を出しました。
 一九三二年三月一日、日本は、日本のかいらい政権である「満州国」をつくります。
 こんな中の三月十五日、朝日、毎日に「肉弾三勇士の歌」、「爆弾三勇士の歌」の入選作が発表されました。
 毎日の「爆弾三勇士の歌」には与謝野晶子の夫、与謝野寛の作品が選ばれました。

 一、廟行鏡の敵の陣
   我れの友隊すでに攻む
   折から凍る二月の
   二十二日の午前五時
 二、命令下る、正面に
   開け、歩兵の突撃路
   装置の間なし、点火して
   破壊筒をば抱き行け
 三、答へて「はい」と工兵の
   作江、北川、江下ら
   凍たる心三人が
   思ふことこそ一つなれ
 四、我等が上に戴くは
   天皇陛下の大御稜威
   後ろに負ふは国民の
   意志に代れる重き任

 与謝野晶子さんは、以前紹介した「紅顔の死」につづく作品で「日本国民 朝の歌」(一九三二年六月『日本国民』別巻「日本女性」)で、この「爆弾三勇士」にふれています。

 ああ大御代の凜凜しさよ、
 人の心は目醒めたり。
 責任感に燃ゆる世ぞ、
 「誠」一つに励む世ぞ。

 空疎の議論こゑを絶ち、
 妥協、惰弱の夢破る。
 正しき方(かた)に行くを知り、
 百の苦難に突撃す。

 身は一兵士、しかれども、
 破壊筒をば抱く時は、
 鉄条網に躍り入り、
 実にその身を粉(こ)と成せり。

 身は一少佐、しかれども、
 敵のなさけに安んぜず、
 花より清く身を散らし、
 武士の名誉を生かせたり。

 其等の人に限らんや、
 同じ心の烈士たち、
 わが皇軍の行く所、
 北と南に奮ひ起つ。

 わづかに是れは一(いつ)の例。
 われら銃後の民もまた、
 おのおの励む業(わざ)の為め、
 自己の勇気を幾倍す。

 武人にあらぬ国民も、
 尖る心に血を流し、
 命を断えず小刻みに
 国に尽すは変り無し。

 たとへば我れの此歌も、
 破壊筒をば抱きながら
 鉄条網にわしり寄り
 投ぐる心に通へかし。

 無力の女われさへも
 かくの如くに思ふなり。
 況(いはん)やすべて秀でたる
 父祖の美風を継げる民。

 ああ大御代の凜凜しさよ、
 人の心は目醒めたり。
 責任感に燃ゆる世ぞ、
 「誠」一つに励む世ぞ。

 「たとへば我れの此歌も、 破壊筒をば抱きながら 鉄条網にわしり寄り 投ぐる心に通へかし。」ですか、うーん、ここまでいくとは…。

   【「…滿洲の荒野も今は大君の御旗のもと」】

  与謝野晶子さんは、一九三三年には「吉本米子夫人に」という詩をつくっています。

 日木は伸びたり、
 滿洲の荒野も今は
 大君の御旗のもと。

 よきかな、我友吉本夫人、
 かかる世に雄雄しくも
 海こえて行き給ふ。

 願はくは君に由りて、
 その親しさを加へよ、
 日満の民。

 夫人こそ東の
 我等女子に代る
 平和の使節。

 君の過ぎ給ふところ、
 如何に愛と微笑の
 美くしき花咲かん。

 淑(しと)やかにつつましき夫人は
 語らざれども、その徳
 おのづから人に及ばん。

 ああ旅順にして、日露の役に
 死して還らぬ夫君(ふくん)の霊、
 茲に君を招き給ふか。

 行き給へ、吉本夫人、
 生きて平和に尽すも
 偏(ひとへ)に大御代の為めなり。

 まして君は歌びと、
 新しき滿洲の感激に
 みこころ如何に躍らん。

 我れは祝ふ、吉本夫人、
 非常時は君を起たしむ、
 非常時は君を送る。

 吉本米子さんについてはよく知りませんが、この後、一九三四年にで『満洲旅行記』( 冬柏発行所)を出しています。
 「日木は伸びたり、滿洲の荒野も今は大君の御旗のもと」という嬉々とした表現が不気味です。

   【読売新聞記者の上海からの侵略の通信に感動しての詩】

 一九三七年七月七日、昭和天皇は中国にたいする全面侵略戦争を開始しました(盧溝橋事件)。
 同月十一日、近衛内閣は「重大決意をなし、北支派兵」の政府声明を発表し、新聞社、通信社、政界、財界代表に政府への国策協力を要請しました。
 商業各紙は、中国侵略を美化し、肯定的に報道しました。
 このときに与謝野晶子さんがとったのは「君死にたまう…」とは、かけ離れた態度でした。
 与謝野晶子さんは「読売新聞記者安藤覺氏の上海通信を読み感動して作る」という傍注をした「紅顔の死」という詩をつくりました。
 侵略している側を「善き隣なる日本」とし、中国を「敵」と位置づけ、その上で、昭和天皇の軍隊に殺された「学生隊」に同情するという詩になっています。 
 侵略しなければ、こんなことは起こっていないことは自明なのにです。

 江湾鎮の西の方(かた)
 かの塹壕(ざんごう)に何を見る。
 行けど行けども敵の死屍、
 折れ重なれる敵の死屍。

 中に一きは哀しきは
 学生隊の二百人。
 十七八の若さなり、
 二十歳(はたち)を出たる顔も無し。

 彼等、やさしき母あらん、
 その母如何に是れを見ん。
 支那の習ひに、美くしき
 許嫁(いひなづけ)さへあるならん。

 彼等すこしく書を読めり、
 世界の事も知りたらん。
 国の和平を希(ねが)ひたる
 孫中山(そんちゆうざん)の名も知らん。

 誰れぞ、彼等を欺きて、
 そのうら若き純情に、
 善き隣なる日本をば
 侮るべしと教へしは。

 誰れぞ、彼等を唆(そその)かし、
 筆を剣(つるぎ)に代へしめて、
 若き命を、此春の
 梅に先だち散らせるは。

 十九路軍の総司令蔡廷〔金+皆〕(さいていかい)の愚かさよ、
 今日の中(うち)にも亡ぶべき
 己れの軍を知らざりき。

 江湾鎮の西の方
 かの塹壕に何を見る。
 泥と血を浴び斃れたる
 紅顔の子の二百人。

 孫中山というのは、孫文のことです。

 何というみじめな詩でしょうか。すでに「戦争に反対する詩人としての与謝野晶子」は、昭和天皇賛美の詩を世におくった時点で滅びていたのではないでしょうか。
 中国への侵略戦争は国際社会から批判をあび、経済制裁を受けます。
 そのなかで、昭和天皇は、一九四一年、力ずくでも油や資源を強奪していこうとして太平洋戦争を始めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小説 父の左胸の鉄砲の弾

 僕が高知県伊野町の中学生だったころのことです。
 父が、夏の夕方、上半身裸で縁側で涼んでいました。
 父は、この町一番の大会社、日本紙業高知工場の営繕係でした。
 肉体労働者で引き締まった体つきですが、真っ白な肌です。
 父は、左の胸の下の小さな傷跡をしぼっていました。
 へんなことをするのだなと思いました。
 「戦争にいっていて敵に撃たれた弾が、まだ体の中に残っている。いくらしぼっても、これが出てくる」
 そういって、さびた鉄のかけらのような物を見せました。
 「へーつ。もう戦争が終わって十何年もたつのに。戦争。どこへいっちょったが」
 「南洋よね」
 そう一言いって、父は遠くを見つめるような目をして黙りこくってしまいました。
 僕は、「南洋でどうだったか」を知りたかったのですが、やめました。
 それ以上、聞いてはならないような気がしたのです。
三学年下の弟の記憶は、もっとリアルです。
小学生の時、父と一緒に、家の風呂で、二人で入っていた時のことだといいます。
 弟は、父の、左胸の上の三箇所ほどの傷口を触って、聞いたそうです。
 「これ、なんの傷跡?」
 「爆弾が破裂した破片が当たった」
 父は、こういったといいます。
 僕の記憶と共通していて、少し違います。
 父が亡くなったのは一九七〇年二月九日のことでした。
 父が生まれたのは、一九一一年十一月十八日ですから、早すぎる死でした。
 父は、前に勤めていた工場を定年退職し、近くにある関連会社・宇津野特紙という工場に勤めていました。
 工場の昼休みに、すぐ近くの自宅へ食事をとるために帰っていて、土間で倒れました。
 そして、その日の午後六時十分に息をひきとりました。
 僕は、東京で働いていて、知らせを聞いてかけつけました。
 湯かんは母、母の姉、当時、高知大学の四年生だった僕の恋人がやってくれたといいます。
 父が亡くなって数年たって、父が南洋で何をしたのかが気になってしようがなくなりました。 
 「聞いておくべきだった」
 父が自分のことを書いたものは一枚もありません。
 本籍のある県に問い合わせば軍歴がわかるのではないか。
 父は、兵隊にいく前は、兵庫県明石市の小学校を出てから地元で漁師をやっていたはずです。
 兵庫県民生部援護課に問い合わせの手紙を書きました。
 しばらくして、夜中に家に帰り着いたら、元恋人が「兵庫県庁から手紙がきてるわよ」。
 民生部援護課からのものでした。
 同封されていた軍歴を一読して「えーっ」と声が出ました。
 「南洋ではない。朝鮮、中国にいっていたんだ…」
 以下が、父の軍歴です。
 一九四三年八月二十日 輜重兵(しちょうへい)第五四連隊補充隊に応召。同日二等兵。
 【三十歳の時の徴兵です。】
 同年十月二十三日 博多出航。同日、釜山上陸。
 【たった二カ月の訓練で戦地に向かわされています。】
 同年十月二十五日 朝満国境通過。
 【「朝満」というのは日本が直接支配していた朝鮮と日本がかいらい政権をつくって支配していた中国の東北部の「満州」のことです。】 
 同年十月二十六日 満支国境通過。同日、輜重兵第一七連隊に転属。
 【「支」は中国のことです。】
 同年十月三十日 上海着。
 一九四四年二月二十日 一等兵。
 同年四月五日 上海発。
 同年四月七日 除州着。
 同年八月九日 同地発。
 同年八月十日 南京着。同日、第六一師団輜重隊に転属。
 同年十二月十一日 第六一師団水路輸送隊に転属。
 一九四五年二月一日 南京発。
 同年二月六日 上海発。
 同年八月十五日 終戦。
 同年十二月二十七日 上海出航。
 一九四六年一月一日 鹿児島上陸。同日、上等兵。

 僕は、手紙に入っていた父の軍歴の資料に見入ったまま、ずーっと座り込んでいました。
 「そうか。朝鮮、中国といったら、そこで、どんなひどいことをしたかを話さなくてはならなくなる。南洋といえば何となく『玉砕』の島とか、負け戦でひどい目にあったとい感じになるからなのか」
 子どもには、自分のした、ひどいことは話したくなかったということなのでしょうか。
 子どもに話せないほどの、ひどいことをしたということなのでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 元松山海軍航空隊飛行練習生の平和への思い。

高知市 元松山海軍航空隊飛行練習生の平和への思い。
◎ 憲法インタビュー/高知市の「介良九条の会」事務局竹村昭三さん(78)/裏山は戦場だった

 高知市の「介良(けら)九条の会」事務局担当の竹村昭三さん(78)は、戦争中、海軍の飛行練習生として飛行訓練をしていました。高知県退職教職員協議会の会長もつとめる竹村さんの日本国憲法9条への思いを聞きました。
 (藤原義一)

 自民党、公明党、民主党が戦争は絶対やらないと決めた憲法九条をなくそう、アメリカのいいなりに海外で戦争できるようにしようとしているいま、私は「ここも戦場だった」と地域の戦争の実際も示して戦争の恐ろしさを伝えていきたいと思っています。

   山は壕だらけ

 生まれたのも今の介良の家です。
 松山海軍航空隊の飛行練習生でした。復員したのが一九四五年八月三十一日でした。
 家の南の鉢伏山(はちぶせやま。標高二一二・九㍍)にはふもとから頂上近くまで横穴の壕(ごう)が掘られていました。山を切り開き、田んぼをつぶして物資を運ぶ広い道がついていました。
 本土決戦に備えて四五年四月から、高知市から春野町にかけて陸軍の約二万人の兵が展開していました。その錦兵団(第一一師団)の司令部が、この山のふもとにありました。たくさんの農家に兵隊が住んでいたといいます。
 この山の頂上からは南に太平洋を望めます。
 同年八月十五日の終戦がもっと遅れていたら、アメリカ軍が太平洋から上陸し、介良でも陸上戦がおこなわれていたかもしれないのです。

   私を最後に…

 近くに旧介良村の「忠霊塔」があります。
 ここにまつられている戦死者は日露戦争は八人、日中戦争は六人、太平洋戦争は八十三人です。
 日露戦争の時、二百三高地で戦死した祖父も入っています。私の介良国民学校の同級生も二人戦死しています。私の家の地域・藪多(やぶおおし)には八世帯ありましたが、三世帯から六人が戦死しています。
 地域の、夫が戦死した女性は「こういう私のような人は、私を最後にしてちょうだいね」といいます。本当に、そうだと思います。

   元教師として

 私は、戦後、高知師範学校を出て小学校、中学校の教師になりました。
 高知県の教師・竹本源治さんの詩「戦死せる教え児よ」に心を動かされました。
 「逝(ゆ)いて還らぬ教え児よ/私の手は血まみれだ!/君を縊(くび)つたその綱の/端を私も持つていた/しかも人の子の師の名において……『繰り返さぬぞ絶対に!』」という詩です。
 五六年からの高知県の勤務評定反対の運動の中でも「教え子を戦場に送らない」という思いでがんばってきました。
 かつて教師だったものとして恥じない運動をしていきたいと思っています。

(2007年05月12日 中四国版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記録 国民学校の音楽の時間 総集編

 二〇〇六年六月十六日午後、高知市で終戦のとき国民学校五年生だった男性の話を聞きました。
 あの「ザック ザック」という歌を覚えていてうたってくれました。
 前年、軍歌、軍国歌謡のことを勉強していて知った歌です。
 一九四一年十二月二十三日、情報局の主導で社団法人日本少国民文化協会が創立されました。
 小野俊一理事長の下に舞踊、遊具、紙芝居、童話、演劇、音楽、文学、絵画、映画、ラジオ、出版の十一部会がありました。
 同協会は機関誌『少國民文化』を毎月発行しました(四二年六月~四四年十二月)。
 同協会が制定した歌がいくつかありますが、その中に「日本のあしおと」があります。
 楽譜には「文部省検定・情報局推薦 社団法人日本少国民文化協会作詞作曲」とあります。

 日本のあしおと ザック ザック ザック ザック ザック ザック ザック
 へいたいさんの あしおとだ
 ザック ザック ザック ザック ザック ザック ザック
 つよい日本の あしおとだ

 聞いていて、なんかぞーっとしました。

 そのことがきっかけで、戦争中の国民学校では、どんな歌を教えていたのか調べてみることにしました。

   【一時間目 「僕らは 強い」】

 前から読みたいと思っていた国民学校(一九四二年四月から)の音楽の教科書を読むことができました(複製ですが)。
 まずは『ウタノホン 上』から。

 最初に天皇の歌があります。

 「キミガヨ」

 キミガヨハ、
 チヨニ ヤチヨニ、
 サザレイシノ
 イハホト ナノテ、
 コレノ ムスマデ。

 天皇の支配する世が永遠に続いてほしいということでしょうか。

 天皇と「日の丸」は、一体でした。

 「ヒノマル」

 一 アヲゾラ タカク
   ヒノマル アゲテ、
   アア、ウツクシイ、
   ニホンノ ハタハ。

 二 アサヒノ ノボル
   イキホヒ ミセテ、
   アア、 イサマシイ、
   ニホンノ ハタハ。

 天皇の戦争の最中でした。
 この旗がアジア各地で猛威をふるっていました。

 そして、子どもたちにも兵隊としてたたかうことを教えました。

 「兵タイゴッコ」

 一 カタカタ カタカタ、
   バンボン バンボン。
   兵タイゴッコ。
   カタカタ カタカタ、
   バンボン バンボン。
   ボクラハ ツヨイ。

 二 カタカタ カタカタ、
   バンボン バンボン。
   ススメヨ、 ススメ。
   カタカタ カタカタ、
   バンボン バンボン。
   テキ兵ハ ニゲル。

 「強い」子どもたちは、どんな「敵兵」とたたかっていたのでしょうか。

   【二時間目 国民学校って…】

 ここで、国民学校とは…をみておきましょう。
 「皇国ノ道ニ則(そく)リテ初等普通教育ヲ施シ国民ノ基礎的錬成ヲ為(な)スヲ以(もっ)テ日的トス」る学校だったのです。
 「皇国ノ道」というは「天皇万歳の道」ということでしょうか。

 以下、参考。

 小学校令改正(一九四二年三月一日勅令第百四十号)

 国民学校令

 第一章 目的

 第一条 国民学校ハ皇国ノ道ニ則リテ初等普通教育ヲ施シ国民ノ基礎的錬成ヲ為スヲ以テ日的トス
 第二章 課程及編制
 第二条 国民学校ニ初等科及高等科ヲ置ク但シ土地ノ情況ニ依リ初等科又ハ高等科ノミヲ置クコトヲ得
 第三条 初等科ノ修業年限ハ六年トシ高等科ノ修業年限ハ二年トス
 第四条 国民学校ノ教科ハ初等科及高等科ヲ通ジ国民科、理数科、体錬科及芸能科トシ高等科ニ在リテハ実業科ヲ加フ
 国民科ハ之ヲ分チテ修身、国語、国史及地理ノ科目トス
 理数科ハ之ヲ分チテ算数及理科ノ科目トス体錬科ハ之ヲ分チテ体操及武道ノ科目トス但シ女児ニ付テハ武道ヲ欠クコトヲ得
 芸能科ハ之ヲ分チテ音楽、習字、図画及工作ノ科目トシ初等科ノ女児ニ付テハ裁縫ノ科目ヲ、高等科ノ女児ニ付テハ家事及裁縫ノ科目ヲ加フ
 実業科ハ之ヲ分チテ農業、工業、商業又ハ水産ノ科目トス
 前五項ニ掲グル科目ノ外高等科ニ於テハ外国語其ノ他必要ナル科目ヲ設クルコトヲ得
 第五条 国民学校ニハ高等科ヲ修了シタル者ノ為ニ特修科ヲ置クコトヲ得其ノ修業年限ハ一年トス
 特修科ヲ設置シ又ハ廃止セソトスルトキハ市町村、市町村学校組合又ハ町村学校組合ニ於テ地方長官ノ認可ヲ受クベシ
 特修科ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第六条 国民学校ノ教科用図書ハ文部省ニ於テ著作権ヲ有スルモノタルベシ但シ郷士ニ関スル図書、歌詞、楽譜等ニ関シ文部大臣ニ於テ別段ノ規定ヲ設ケタル場合ハ此ノ限ニ在ラス
 第七条 国民学校ノ教則及編制ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第三章 就学
 第八条 保護者(児童ニ対シ親権ヲ行フ者、親権ヲ行フ者ナキトキハ後見人又ハ後見人ノ職務ヲ行フ者ヲ謂フ以下同ジ)ハ児童ノ満六歳ニ達シタル日ノ翌日以後ニ於ケル最初ノ学年ノ始ヨリ満十四歳ニ達シタル日ノ属スル学年ノ終迄之ヲ国民学校ニ就学セシムルノ義務ヲ負フ
 第九条 前条ノ規定ニ依リ就学セシメラルベキ児童(学齢児童ト称ス以下同ジ)ノ瘋癲白痴又ハ不具廃疾ノ為之ヲ就学セシムルコト能ハズト認ムルトキハ市町村長ハ地方長官ノ認可ヲ受ケ前条ニ規定スル保護者ノ義務ヲ免除スルコトヲ得
 学齢児童ノ病弱又ハ発育不完全其ノ地已ムヲ得ザル事由ニ依リ就学時期ニ於テ之ヲ就学セシムルコト能ハズト認ムルトキハ市町村長ハ其ノ就学ヲ猶予スルコトヲ得此ノ場合ニ於テハ直ニ其ノ旨地方長官ニ報告スベシ
 第十条 第二十八条ノ規定ニ依リ国民学校設置ノ義務ヲ免ゼラレタル区域内ノ学齢児童ノ保護者ハ第八条ニ規定スル保護者ノ義務ヲ免除セラレタルモノトス
 第十一条 学齢児童国民学校以外ノ学校ニ於テ国民学校ノ課程ト同等以上ト認ムル課程ヲ修ムルトキハ第八条ニ規定スル保護者ノ義務ノ履行ニ関シテハ其ノ期間国民学校ニ就学スルモノト看做ス
 前項ノ課程ノ認定ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第十二条 学齢児童ヲ使用スル者ハ其ノ使用ニ依リテ児童ノ就学ヲ妨グルコトヲ得ズ
 第十三条-第十四条 略
 第四章 職員
 第十五条 国民学校ニハ学校長及訓導ヲ置クベシ
 国民学校ニハ教員、養護訓導及准訓導ヲ置クコトヲ得
 第十六条 学校長及教頭ハ其ノ学校ノ訓導ノ中ヨリ之ヲ補ス
 学校長ハ地方長官ノ命ヲ承ケ校務ヲ掌理シ所属職員ヲ監督ス
 教頭ハ学校長ヲ補佐シ校務ヲ掌ル
 第十七条 訓導及養護訓導ハ判任官ノ待遇トス
 但シ学校長又ハ教頭タル訓導ハ奏任官ノ待遇ト為スコトヲ得
 訓導ハ学校長ノ命ヲ承ケ児童ノ教育ヲ掌ル養護訓導ハ学校長ノ命ヲ承ケ児童ノ養護ヲ掌ル
 准訓導ハ学校長ノ命ヲ承ケ訓導ノ職務ヲ助ク
 第十八条 訓導及准訓導ハ国民学校教員免許状ヲ有スル者タルベシ
 養護訓導ハ女子ニシテ国民学校養護訓導免許状ヲ有スルモノタルベシ
 教員免許状ハ師範学校ヲ卒業シ又ハ訓導若ハ准訓導ノ検定ニ合格シタル者ニ地方長官之ヲ授与ス
 養護訓導免許状ハ養護訓導ノ検定ニ合格シタル者ニ地方長官之ヲ授与ス
 前二項ノ検定ヲ施行スル為道府県ニ国民学校教員検定委員会ヲ置ク国民学校教員検定委員会ニ関スル規程ハ別ニ之ヲ定ム
 教員免許状及養護訓導免許状其ノ他検定ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第十九条 特別ノ事情アルトキハ地方長官ハ国民学校教員免許状ヲ有セザル者ヲシテ准訓導ノ職務ヲ行ハシムルコトヲ得
 第二十条 国民学校職員ハ教育上必要アリト認ムルトキハ児童ニ懲戒ヲ加フルコトヲ得但シ体罰ヲ加フルコトヲ得ズ
 第二十一条 国民学校教員免許状ヲ有スル者左ノ各号ノ一ニ該当スルトキハ教員免許状ハ其ノ効力ヲ失フ
 一 禁錮以上ノ刑ニ処セラレタルトキ
 二 破産ノ宣告ヲ受ケタルトキ
 教員免許状ヲ有スル者不正ノ行為其ノ他教員タルベキ体面ヲ汚辱スルノ行為アリテ其ノ情状重シト認ムルトキハ文部大臣又ハ地方長官ニ於テ其ノ教員免許状ヲ褫奪ス
 前二項ノ規定ハ国民学校養護訓導免許状ヲ有スル者ニ之ヲ準用ス
 第二十二条-第二十三条 略
 第五章 設置
 第二十四条 市町村ハ其ノ区域内ノ学齢児童ヲ就学セシムルニ必要ナル国民学校ヲ設置スベシ
 第二十五条 地方長官ハ町村ガ左ノ各号ノ一ニ該当スト認ムルトキハ国民学校設置ノ為其ノ町村ト他ノ市町村トノ学校組合ヲ設クベシ
 一 町村ノ資力ガ国民学校ノ経費ノ負担ニ堪ヘザルトキ
 二 町村ニ於テ学齢児童ノ数一国民学校ヲ構成スルニ足ラズ又ハ適度ノ通学路程内ニ於テ一国民学校ヲ構成スルニ足ルベキ数ヲ得ルコト能ハザルトキ
 地方長官ハ市町村ノ一部ニシテ前項第二号ノ事情アルモノガ其ノ市町村ノ国民学校ニ対シ適度ノ通学路程内ニ在ラズト認ムルトキ亦前項ノ例ニ依ルベシ
 前二項ノ規定ニ依リ地方長官ニ於テ市町村学校組合又ハ町村学校組合ヲ設ケントスルトキハ組合規約ヲ定メ関係市町村ノ意見ヲ聞クベシ組合規約ヲ変更シ組合市町村ノ数ヲ増減シ又ハ組合ヲ解カントスルトキ亦同ジ
 第二十六条 地方長官ハ一市町村ガ国民学校ヲ設置スルニ比シ著シク優等ナル国民学校ヲ設置シ得ベシト認ムルトキハ国民学校設置ノ為市町村学校組合又ハ町村学校組合ヲ設クルコトヲ得
 前条第三項ノ規定ハ前項ノ場合ニ之ヲ準用ス
 第二十七条-第二十九条 略
 第六章 設備
 第三十条-第三十二条 略
 第七章 経費負担及授業料
 第三十三条 国民学校ノ経費ハ特別ノ規定アル場合ヲ除クノ外市町村、市町村学校組合又ハ町村学校組合ノ負担トス児童教育事務委託ニ関スル経費ニ付亦同ジ
 第三十四条 地方長官ニ於テ左ノ各号ノ一ニ該当スト認ムルトキハ北海道地方費又ハ府県ハ町村又ハ町村学校組合ニ相当ノ補助ヲ与フベシ
 一 町村ニ付第二十五条第一項第一号ノ事情アルモ同項ノ規定ニ依ルコトヲ得ザルトキ
 二 町村学校組合ノ資力ガ国民学校ノ経費ノ負担ニ堪ヘザルトキ又ハ市町村学校組合若ハ町村学校組合ノ一部タル町村ノ資力ガ其ノ学校組合費ノ分担ニ堪ヘザルトキ
 三 町村又ハ町村学校組合ノ資力ガ児童教育事務委託ニ関スル経費ノ負担ニ堪ヘザルトキ
 地方長官前項ノ規定ニ依ル認定ヲ為サントスルトキハ北海道参事会又ハ府県参事会ノ意見ヲ聞クベシ
 第三十五条 訓導、養護訓導及准訓導ノ検定並ニ国民学校教員免許状及国民学校養護訓導免許状ニ関スル経費ハ北海道地方費又ハ府県ノ負担トス
 第三十六条 国民学校ニ於テハ授業料ヲ徴収スルコトヲ得ズ但シ特修科ニ付テハ此ノ限ニ在ラズ
 特別ノ事情アルトキハ地方長官ノ認可ヲ受ケ国民学校ニ於テ授業料ヲ徴収スルコトヲ得授業料ハ市町村、市町村学校組合又ハ町村学校組合ノ収入トス
 授業料ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第八章 管理及監督
 第三十七条 市町村長、市町村学校組合管理者又ハ町村学校組合管理者ハ市町村、市町村学校組合又ハ町村学校組合ニ属スル国ノ国民学校ニ関スル教育事務ヲ管掌シ国民学校ヲ管理ス
 第三十八条 市町村、市町村学校組合及町村学校組合ハ国民学校ニ関スル教育事務ノ為市制第八十三条若ハ町村制第六十九条ノ規定又ハ其ノ準用規定ニ依リ学務委員ヲ置クベシ此ノ場合ニ於テハ市町村会、市町村学校組合会又ハ町村学校組合会ノ議決ニ依ルコトヲ要セズ
 学務委員ニハ国民学校職員ヲ加フベシ
 委員中国民学校職員ヨリ出ヅル者ハ市町村長、市町村学校組合管理者又ハ町村学校組合管理者之ヲ任免ス
 第三十九条 学務委員ノ職務其ノ他ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第四十条 国民学校職員ノ執行スル国ノ国民学校ニ関スル教育事務ハ地方長官之ヲ監督ス
 第九章 雑則
 第四十一条 町村組合ニシテ其ノ町村ノ事務ノ全部又ハ役場事務ヲ共同処理スルモノハ之ヲ一町村、其ノ組合吏員ハ之ヲ町村吏員其ノ組合会ハ之ヲ町村会ト看做ス
 第四十二条 町村制ヲ施行セザル地域ニ於テハ本令中町村、町村組合、町村吏員、町村組合吏員、町村会及町村組合会ニ関スル規定ハ其ノ地域ニ於ケル此等ニ準ズベキモノニ之ヲ適用ス 以下略
 第四十三条 市町村ハ其ノ負担ヲ以テ国民学校ニ類スル各種学校ヲ設置スルコトヲ得
 市町村又ハ町村ハ其ノ協議ニ依リ市町村学校組合又ハ町村学校組合ヲ設ケ国民学校ニ類スル各種学校ヲ設置スルコトヲ得
 第四十四条 略
 第四十五条 国民学校ニ非ザル学校ハ国民学校ト称スルコトヲ得ズ
 但シ官立又ハ道府県立ノ学校ニ於テ国民学校ノ課程ニ相当スル課程ヲ履修セシムル部分ニ関シテハ此ノ限ニ在ラズ
 附則
 第四十六条 本令ハ昭和十六年四月一日ヨリ之ヲ施行ス但シ昭和六年四月一日以前ニ出生シタル児童ヲ就学セシムベキ期間ニ付テハ第八条ノ規定ニ拘ラズ仍従前ノ例ニ依ル
 第四十七条 市町村立小学校長及教員名称及待遇、市制町村制ヲ施行セザル地方ノ小学教育規程及明治二十七年勅令第十一号ハ之ヲ廃止ス
 第四十八条 本令施行ノ際現ニ存スル市町村立ノ尋常小学校、高等小学校及尋常高等小学校ハ夫々本令ニ依ル初等科ノミヲ置ク国民学校、高等科ノミヲ置ク国民学校並ニ初等科及高等科ヲ置ク国民学校トス
 第四十九条 本令施行ノ際現ニ存スル市町村立ノ高等小学校及尋常高等小学校高等科ノ第三学年ハ本令ニ依ル特修科トス
 第五十条 尋常小学校ヲ卒業シタル者、高等小学校第一学年ヲ修了シタル者及修業年限二箇年ノ高等小学校ヲ卒業シ又ハ修業年限三箇年ノ高等小学校第二学年ヲ修了シタル者ハ夫々之ヲ国民学校初等科ヲ修了シタル者、国民学校高等科第一学年ヲ修了シタル者及国民学校高等科ヲ修了シタル者ト看做ス
 第五十一条-第五十三条 略
 第五十四条 本令施行前ニ授与シタル小学校教員免許状ハ之ヲ第十八条第三項ノ規定ニ依リ授与シタル国民学校教員免許状ト看做ス
 第五十五条 本令施行ノ際現ニ奏任官ノ待遇ヲ受クル市町村立小学校長ヲ兼ネシメラレタル市町村立小学校訓導ノ職ニ在ル者別ニ辞令ヲ発セラレザルトキハ国民学校訓導ニ同待遇俸給ヲ以テ任ゼラレタルモノトス
 本令施行ノ際現ニ市町村立小学校訓導ノ職ニ在ル者(前項ノ規定ニ該当スル者ヲ除ク)別ニ辞令ヲ発セラレザルトキハ国民学校訓導ニ同俸給ヲ以テ任ゼラレタルモノトス

   【三時間目 「空に かがやく 日のもとの」】

 『うたのほん 下』です。

 まずは「君が代」。

 つぎは「きげん節(せつ)」です。

 一 雲に そびゆる 高ちほの
   高根おろしに、 草も、 木も、
   なびき ふしけん 大みよを
   あふぐ 今日こそ たのしけれ。 
 二 うな原 なせる はにやすの
   池の おもより なほ 広き
   めぐみの 波に あみし よを
   めふぐ 今日こそ たのしけれ。
 三 あまつひつぎの 高くらみ
   ちよ ちよろずに 動きなき
   もとゐ 定めし その かみを
   あふぐ 今日こそ たのしけれ。 
 四 空に かがやく 日のもとの
   よろずの 国に たぐひなき、
   国の みはじら たてし よを
   あふぐ 今日こそ たのしいけれ。

 「この国をつくった」天皇の祖先(朝鮮半島からきた人たちのようですが)を賛美しているようです。

   【四時間目 「行け 行け、 軍かん、…」】

 『うたのほん 下』の続きです。

 「軍かん」

 一 行け 行け、 軍かん、
    日本の
   国の まはりは、
    みんな 海。
   海の 大なみ
    こえて 行け。
 二 行け 行け、 軍かん、
    日本の
   国の 光を
    何千り、
   海の はてまで
    かがやかせ。

 小学校が国民学校になった年の十二月、昭和天皇は太平洋戦争を始めました。

   【五時間目 「おもちゃの 戦車、すすめよ、 すすめ。」】

 『うたのほん 下』の続きの続きです。

 「おもちゃの 戦車」

 一 おもちゃの 戦車、
   すすめよ、 すすめ。
   つみ木の ざんがう(塹壕)、
   ずんずん こえて、
   ごうごう がらがら、
   すすめよ、 すすめ。
 二 おもちゃの 戦車、
   走れよ、 走れ。、
   しきゐの クリーク、
   へいきで こえて、
   ごうごう がらがら
   走れよ、 走れ。

 かなりリアルな「おもちゃの 戦車」ですね。

   【六時間目 「兵たいさんは 勇ましい」】

 『うたのほん 下』の続きの続きの続きです。

 「兵たいさん」

 一 てっぽう かついだ
   兵たいさん、
   足並 そろへて
   あるいてる。
   とっとこ とっとこ
   あるいてる。
   兵たいさんは
   勇ましい。
 二 お馬に 乗った
   兵たいさん、
   砂を けたてて
   かけて 来る。
   ぱっぱか ぱっぱか
   かけて 来る。
   兵たいさんは
   勇ましい。

 この「兵たい」さんの「正義」をいつのるのが、つぎの歌です。

 「日本」

 一 日本 よい 国、
     きよい 国、
   世界に 一つの
      神の 国、
 二 日本 よい 国、
      強い 国、
   世界に かがやく
     えらい 国、

 軍隊をたばねる大元帥である天皇が支配する国が「神(=天皇)の国」になっています。

   【七時間目 「その大御心に 答へまつらん」】

 三冊目、『初等科音楽 一』です。
 最初の六曲が「天皇万歳」の歌です。
 まず、「君が代」。
 次は、これです。

 「天長節」

 今日のよき日は、大君の
 うまれたまひし よき日なり、
 さし出たまひし よき日なり。
 ひかりあまねき 君が世を
 いはへ、もろ人 もろともに。
 めぐみあまねき 君が代を
 いはへ、もろ人 もろともに

 昭和天皇は、一九〇一年四月二十九日に誕生。
 このころは四月二十九日が「天長節」だったようです。
 学校で、特定個人の誕生日を祝う歌を教えるということは、どういうことでしょうか。
 しかも、「みひかりの さし出たまひし」とか最大級に賛美して……。

 そして、三つ目が、これ。

 「勅語奉答(ちょくごほうとう)」

 あやにかしこき すめらぎの、
 あやにたふとき すめらぎの、
 あやにたふとく、かしこくも、
 下(くだ)したまへり、大みこと、
 これぞめでたき 日の本の
 国の教の もとゐなる、
 これぞめでたき 日の本の
 人の教の かがみなる。
 あやにかしこき すめらぎの
 みことのままに いそしみて、
 あやにたふとき すらぎの
 大御心に 答へまつらん。

 天皇を最大限に持ち上げ、「その大御心に 答へまつらん」という内容です。

   【八時間目 「明治節(めいじせつ)」 「神のよさせるみわざをひろめ、…」】

 『初等科音楽 一』の続きです。

 「明治節(めいじせつ)」

 明治節は、明治天皇の誕生日で十一月三日でした。一九二七年に制定されたものです。

 一 アジヤの東日出つるところ、
   ひじりの君のあらはれまして、
   古きあめつちとざせるきりを、
   大御光にくまなくはらひ、
   教(おしえ)あまねく、道明らけく、
   治めたまえる御代たふと。
 二 めぐみの波はやしま(八州)にあまり、
   みいつ(御陵威)の風はうな原こえて、
   神のよさせるみわざをひろめ、
   民のさかゆく力をのばし、
   とつ国国のふみにも、しるく
   とどめたまえる御名かしこ。
 三 秋の空すみ、菊の香高き、
   今日のよき日を皆ことほぎて、
   定めましけるみのりをあがめ、
   さとしましけるみのり(詔勅)を守り、
   代代木の森の代代とこしえに
   仰ぎまつらん、大(おお)みかど。

 まさに、音楽教科書の世界では、明治天皇は万能の神様ですね。

 この曲は、つぎのサイトで演奏を聞くことができます。
 http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/MeijiSetsu.htm

   【九時間目 元日にも… 「君がみかげに たぐ(比)えつつ 仰(あお)ぎ見るこそ たふ(尊)とけれ…」】

 『初等科音楽 一』の続きです。

 元日にも子どもたちは天皇万歳と歌わされます。

 「一月一日(いちがついちじつ)」

    第一章

 年のはじめの
    ためしとて、
 終(おわり)なき世の
    めでたさを、
 松竹(まつたけ)たてて、
    かど(門)ごとに
 いはふ(祝う)今日(きょう)こそ
    たのしけれ。

    第二章

 初日のひかり
    さしいでて、
 よも(四方)にかがやく
    今朝(けさ)のそら、
 君がみかげに
    たぐ(比)えつつ
 仰(あお)ぎ見るこそ
    たふ(尊)とけれ。

 つぎのサイトで演奏を聞くことができます。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/ichigatsu.html

   【十時間目 「紀元節(きげんせつ)」  「草も、木も なびきふしけん大御代を…」】

 『初等科音楽 一』の続きです。

 「紀元節(きげんせつ)」

    第一章
 雲にそびゆる高千穂の
 高根おろしに、草も、木も、
 なびきふしけん大御代を
 仰ぐ今日こそ楽しけれ。
   第二章
 うな原(海原)なせるはにやす(埴安)の
 池のおも(面)よりなほひろき
 めぐみの波にあ(浴)みし世を
 仰ぐ今日こそ楽しけれ。
   第三章
 あまつひつぎ(天津日嗣)の高みくら、
 千代よろづよ(万代)に動きなき
 もとゐ定めしそのかみを
 仰ぐ今日こそ楽しけれ。
   第四章
 空にかがやく日のもとの、
 よろづ(万)の国にたぐひなき
 国のみはしらたてし世を
 仰ぐ今日こそ楽しけれ。

 「草も、木も なびきふしけん大御代を…」。すごいですねえ。

 一八七二年(明治五年)十一月十五日、明治政府は「神武天皇の即位」をもって「日本紀元元年」に定めました(太政官布告第三百四十二号)。
 『日本書紀』によれば、「神武天皇」の即位の日付は「辛酉年春正月庚辰朔」で、その記念日は正月朔日(一月一日)となります。
 ところが、明治政府は翌年から新暦(太陽暦)への改暦を予定していたため、その年の旧暦一月一日に当たる新暦一月二十九日を「神武天皇の即位」の祝日に定め、例年祭典をすることとしました(太政官布告第三百四十四号)。
 翌年、この日に祭典をした後、これを「紀元節(きげんせつ)」と名付けました(一八七三年三月七日の太政官達第九十一号)。
 旧正月を「紀元節」としたため、旧正月こそが正しい正月だという解釈が広くおこなわれるようになりました。この国民の反応を見て、これでは国民が新暦を使わなくなると思った政府は「神武天皇の即位の日」を新暦に換算して、「紀元節」を新暦の特定の日付に固定しようと考えました。二月十一日という日付を文部省天文局が算出。それを受けて二月十一日に決定しました。
 一八九一年(明治二十四年)六月十七日には、小学校祝日大祭儀式規程(文部省令第四号)が定められ、天皇、皇后の写真、「御真影」にたいする最敬礼と万歳奉祝、校長による「教育勅語」の奉読などの儀式を小学校でやらせることになりました。

 演奏を聞くことができるサイト。
http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/Kigensetsu.htm

   【十一時間目 「ああ、天照大神(あまてらすおおみかみ)」】

 『初等科音楽 一』の続きです。

 天皇がらみの「神話」物の歌もあります。

 「天(あま)の岩屋」

 一 さか木の枝にかけませう。
   鏡と玉をかけませう。
    ああ、神の代の岩戸前。
 二 長鳴きどりを鳴かせませう。
   かぐらのまひをまいませう。
    ああ、おもしろい、おもしろい。
 三 岩戸がさっとあきました。
   かがやきわたるおすがたは、
    ああ、天照大神(あまてらすおおみかみ)

 『古事記』に載っていた話ですね。

 「田道間守(たぢまもり)」も神話世界の歌でしょうか。

 一 かをりも高いたちばなを、
   積んだお船がいま帰る。
   君の仰せをかしこみて、
   万里の海をまっしぐら、
   いま帰る、田道間守、田道間守。
 二 おはさぬ君のみささぎに、
   泣いて帰らぬまごころよ。
   遠い国から積んで来た
   花たちばなの香とともに、
   名はかをる、田道間守、田道間守。

 この物語は、以下のことのようです(もう少し調べてみる必要がありますが…)。
 田道間守は、垂仁天皇の命で海外に、それを食べると不老不死になるという果物「たちばな」を入手しにいきます。
 しかし、それを入手して帰ってみたら命令した垂仁天皇は亡くなっていた。
 田道間守は、「陛下の生前に持ち帰ることができず、私の罪は正に死にあたいする。先帝のあとをしたってお供しましょう」といい、陵の前に穴を掘って入り、天を仰いで忠誠を誓いみずから殉じてしまいました。
 天皇にたいする忠誠の形を説いたものでした。

 『初等科音楽 一』の柱の一つは天皇、神話。
 もう一つの柱は、天皇が統帥する軍隊、そして戦争でした。

   【十二時間目 「その身は玉と くだけても ほまれは残る」】

 前回、『初等科音楽 一』の柱の一つは「天皇が統帥する軍隊、そして戦争でした」と書きました。

 まずは「軍旗」。

 一 軍旗、軍旗、
   天皇陛下の
   おてづから、
    お授けくださる尊い軍旗、
    わが陸軍のしるしの軍旗。
 二 軍旗、軍旗、
   天皇陛下の
   おことばを、
    心にきざんでみ国を守る、
    わが陸軍のいのちの軍旗。

 その天皇にもらった軍旗をかかげてた兵士たちが戦場でのぞまれたことは…。
 たとえば、「三勇士」のようにせよということでしょうか。

 一 大君(天皇のことです)のため、
   国(天皇の国のことです)のため、
   わらってたった
   三勇士、
 二 鉄条網も、
   トーチカも、
   なんのものかは
   破壊筒(はくわいとう●)
 三 その身は玉と
   くだけても、
   ほまれは残る。
   廟巷鎮(べうかうちん)

 廟巷鎮は、中国の上海付近です。
 人様の国を侵略し、「敵陣」を突破するために自爆する……。「その身は玉と くだけても ほまれは残る」というのです。

   【十三時間目 「波の底からねらひうち」】

 『初等科音楽 一』は、続きます。

 こんどは海軍の歌です。

 「潜水(せんすゐ)艦」

 一 魚雷かかへて、
   しぶきをあげて、
   もぐる海底(かいてい)わが天下。
 二 立てて見はった
   潜望鏡(せんぼうきやう)に、
   光る黒しほ、敵のふね。
 三 海の城だと
   いばってゐても、
   波の底からねらひうち。

   【十四時間目 軍犬の歌も登場して…】

 『初等科音楽 一』は、続きます。

 この教科書には軍犬の歌も登場しています。

 「軍犬利根(とね)」

 一 行けとの命令、まっしぐら、
   かはいい軍犬、まっしぐら。
    タカタカ タカタカ タカタカ、
    ダン ダン ダン、弾の中。
 二 あの犬、うてうて、うちまくれ。
   のがすな、のがすな、うちまくれ。
    タカタカ タカタカ タカタカ、
    ダン ダン ダン、敵の弾。
 三 よし来い、よし来い、利根来い来い。
   わたしだ、わたしだ、利根来い来い。
    タカタカ タカタカ タカタカ、
    ダン ダン ダン、弾の中。

   【十五時間目 父が出征した家の子は、働いて家をささえなさい】

 『初等科音楽 一』は、父が出征した家の子は、働いて家をささえなさいとも説きました。

 「子ども八百屋(やほや)」

 一 子どもの車だ、
   八百屋の車だ、
   子どもの買出し。
    押せ、押せ、車を。
    よいしょ、よいしょ。
 二 おとうさんは出征、
   おかあさんと四人で、
   八百屋だ、毎日。
    押せ、押せ、車を。
    よいしょ、よいしょ。
 三 くに子も、ひさ子も、
   あと押し頼むぞ、
   にいさん、しっかり。
    押せ、押せ、車を。
    よいしょ、よいしょ。

   【十六時間目 天皇への「忠義のこころは 鉄より堅」い楠木正成の登場】

 『初等科音楽 一』までに、ずいぶんと特定の方向の歌をうたわされましたね。
 なんかこわいみたいです。
 それでは、『初等科音楽 二』に入ります。

 例によって最初の六曲は、別格です。
 「君が代」
 「天長節」
 「勅語奉答」
 「明治節」
 「一月一日」
 「紀元節」

 『初等科音楽 一』でも習ったのに、また載っています。

 少し進むと「千早城」という歌が載っています。

 あの楠木正成(くすのき・まさしげ。一二九四年~一三三六年七月四日)のことを歌っているようです。
 楠木正成は、河内国石川郡赤坂村(現・大阪府南河内郡千早赤阪村)に生まれます。
 河内を中心に付近一帯の流通ルートを支配する「悪党」とよばれる在地の豪族だったようです。
 一三三一年、後醍醐天皇の挙兵を聞くと傘下に入り、下赤坂城で挙兵し、湯浅定仏とたたかいます。
 後醍醐が隠岐島に流罪となっている間にも、大和国(奈良県)の吉野などでたたかった護良親王とともに、河内国の赤坂城や金剛山中腹に築いた山城、千早城に篭城してゲリラ戦法を駆使して鎌倉幕府の大軍を相手に奮戦したといいます。
 一三三三年、正成らの活躍に触発されて各地に倒幕の機運が広がり、足利尊氏や新田義貞、赤松円心らが挙兵して鎌倉幕府は滅びました(元弘の乱)。
 後醍醐天皇の建武の新政が始まると、正成は記録所寄人、雑訴決断所奉行人、河内・和泉の守護となります。

 と、いうことで天皇に味方した人としての音楽教科書への登場のようです。

 一 そびえる金剛(こんがう)、
   とりでは千早、
   寄せ来る賊軍、
     一百よ万。

 二 忠義のこころは
   鉄より堅く、
   まもるは楠木
     一千よ人。
 三 戦ふたびごと
   賊軍やぶれ、
   みついにかがやく
     菊水の旗。

 時の天皇の敵は「賊軍」とされ、時の天皇に見方した楠木の「忠義」の心が持ち上げられています。

   【十七時間目 「南へ、南へ、国威はのび行く 山田長政 日本男子」なんて】

 『初等科音楽 一』の楠木正成の次は山田長政です。

 山田長政(やまだ・ながまさ。一五九〇年~一六三〇年)は、駿河国沼津出身。通称は、仁左衛門(にざえもん)。江戸時代にシャム(現在のタイ)の日本人町を中心に東南アジアで活動しました。
 一六一二年に朱印船でシャムに渡りました。
 後に、津田又左右衛門筆頭の日本人傭兵隊に加わり、アユタヤー郊外の日本人町の頭領になりました。
 アユタヤー王朝の国王・ソンタムの信任を得、チャオプラヤー川に入る船から税を取る権利を与えられました。
 ソンタム王の死後、長政は、シーウォーラウォン(後のプラーサートトーン)と共同でチェーターティラートを王にたてました。
 しかし、チェーターティラートは、シーウォーラウォンを排除しようとして失敗し、シーウォーラウォンに処刑されました。
 その後、チェーターティラートの弟のアーティッタヤウォンが王としてたてられましたが、幼すぎるので、官吏らはそのころチャオプラヤー・カラーホームスリヤウォンに昇進していたシーウォーラウォンに王位に付くように願いました。
 長政はこれに反対したために、宮廷内で反感を買いました。
 この時、当時、長政は六昆(ナコーンシータマラート)の防衛を理由にシーウォーラウォンによって左遷されました。
 長政は、一六三〇年、パタニ軍との戦闘中に脚を負傷し、傷口に毒入りの膏薬を塗られて死亡しました。

 彼は、当時の、天皇の海外侵略戦争とイメージをダブらせた形で音楽教科書に起用されたようです。

 一 黒潮寄せ来る大うな原も、
   わたれば近し、シャムの国、
   南へ、南へ、船行く、船行く。
    山田長政 日本男子。
 二 正義のいくさに力をそへて、
   いさをは高し、ナコン王、
   南へ、南へ、国威はのび行く
    山田長政 日本男子。

   【十八時間目 「なほも南へ 気がはやる」】

 『初等科音楽 一』です。

 前回の歌のタイトルは「山田長政」でした。

 それとセットのような歌が載っています。
 「船は帆船よ」です。

 一 船は帆船よ、
   三本マスト。
   千里の海も なんのその。
 二 万里の波に
   夕日が落ちて、
   なほも南へ 気がはやる。
 三 とまり重ねて、
   心にかかる
   安南シャムは まだはるか。
 四 椰子(やし)の林に
   照る月影を、
   昔の人は どう見たか。
 五 日本町に
   ふけ行く夜の
   ゆめは故郷を かけまはる。

 天皇が、南に南に侵略しているときでした。

   【十九時間目 「靖国(やすくに)神社」 「大君に 命ささげて…」】 

 『初等科音楽 一』です。

 「靖国(やすくに)神社」という歌が出てきます。

 ところで、「高知新聞」六月二十六日付朝刊の「まことの憲法講座 6」(伊藤塾塾長、伊藤真さん)に、戦前の支配の仕組みがコンパクトに書かれてありました。
 「過去の日本では軍国主義教育が行われ、国民に対して洗脳が行われた。国の言いなりになる、喜んで死んでいく国民をつくりあげることに大成功した。…」
 「戦争は必ず戦死を伴う。戦死は嫌な、悲しい出来事。その悲しい出来事を、いや、悲しくないんだ、幸せなんだ、光栄なんだ、名誉なんだ、栄誉あることなんだと百八十度意味を変えてしまう仕組みが、戦争にはどうしても必要だった。
 仕組みの一つが教育。教育で洗脳していく。もう一つは宗教だ。靖国へいける、名誉あることだ、英雄になれるんだと教え込まれた。軍隊と教育が合体して戦争に突っ込んだ。」
 この文章を読んでから、「靖国神社」の歌詞を読むと、ゾーッとします。

 一 ああ、たふとしや、大君(注・天皇のこと)に
   命ささげて、国のため
   たてしいさをは、とこしへに
   光かがやく 靖国の神。
 二 ああ、かしこしや、桜木の
   花と散りても、忠と義の
   たけきみたまは、とこしへに
   国をまもりの 靖国の神。

   【二十時間目 「大君います 国なれば…」】

 『初等科音楽 一』です。
 こんどは「入営」の歌を教わることになります。

   大君(注・天皇のことです)います
   国なれば、
   ますらをわれは
   いでたちて、
   今日よりはかん、
   剣たち、
   ちかひもかたし、
   神のには。
 二 ますらをならば、
   勇ましく
   いでたつ君を
   送りつつ、
   門出をいはふ
   旗の波、
   万歳たかく
   どよめきて。
(なぜか、「一」の文字がありません)

   【二十一時間目 二〇〇六年六月二十八日、高知県議会の知事、教育長答弁】

 二〇〇六年六月二十八日午後の高知県議会本会議では、知事、教育長が現行の教育基本法を擁護する答弁をしました。

 すごいですね。
 いま僕が書いている国民学校の教育を否定して生まれた教育基本法。
 それを、いま、それを否定しようとしている勢力がありますが、それには組しないよということです。

   【二十二時間目 俳優の宮崎あおいさんの言葉】

 「二十時間目」で「入営」の歌を紹介しました。
 「入営」というのは「兵役義務者、志願による兵籍編入者が、軍務に服するために兵営に入ること」です(『広辞苑』)。

 このころは男性は一定の年齢になると兵隊にならざるを得ないという制度がありました。徴兵制です。国家が男性の国民に兵役義務を課し、強制的に徴収して兵役に服させる強制兵役です。
 在郷軍人を召集する命令書が、召集令状です。

 ところで、高知新聞、二〇〇六年六月二十九日付朝刊にNHK総合テレビの朝の連続ドラマ「純情きらり」(月~土曜日、午前八時十五分~)のヒロイン・桜子役の宮崎あおいさんへのインタビュー記事が載っていました。

 … 愛する人に召集令状が届くと想像するだけで恐ろしくなるという。「好きな人に召集令状が届いたら、本当は一緒にどこかに逃げたい。でも、残された家族のことを考えるとできない。笑顔を作って〝行ってらっしゃい〟なんてことも言えない。私の子供が戦地に行くことになったら、どんなことをしててでも行かせたくない。…」

 いい言葉ですね。
 国民学校時代は、そんなことを人前では非常にいいにくい時代でした。

 【参考】

 日本では、一八九〇年に施行された明治憲法でも兵役が「臣民の義務」とされ(二〇条)、国民は常備軍に強制的に編入されました。
 満二十歳以上の男性全員を対象に徴兵検査(兵役のための身体検査)を受けさせ、選抜して通常二~三年現役兵として服役させ、除隊後もしばらくは予備役などに編入し、戦時には召集令状で戦争に動員するしくみでした。
 徴兵検査を受けずに逃亡したりすれば、懲役刑に加え、優先的に徴兵されるという二重の制裁を受けました。
 このような日本でも、学生などは卒業まで兵役の徴集を延期されました。
 しかし、中国への侵略が太平洋戦争に拡大する一九四一年には、大学学部・予科、高等学校高等科、専門学校、実業専門学校などの修業年限を短縮し、卒業を繰り上げました。
 太平洋戦争の敗色が深まる四三年九月、天皇制政府は、これまで兵役を延期してきた在学中の学生も、徴兵すると決定しました。
 これは、徴集延期そのものを廃止し、在学中でも兵役年齢に達すれば徴兵できるようにしたのです。
 同年十月に東京の明治神宮外苑で東京近郊の出陣学徒の壮行会が開催され、十二月に第一回学徒兵が入営しました。
 同年十二月には、徴兵年齢を十九歳に引き下げる勅令も出されました。
 日本が植民地にしていた朝鮮や台湾でも四三年から徴兵制が適用され、四四年一月には、強制的に「志願」させられた四千人余の朝鮮学徒兵が入営しました。

   【二十三時間目 広瀬武夫たちを戦死せ、賛美の歌をつくらせ…】

 「入営」して外国の戦地にというケースがあります。
 
 『初等科音楽 二』にも戦闘の歌が出てきます。
 「広瀬中佐」です。

 主人公は、広瀬武夫(ひろせ たけお)です。一八六八年七月十九日~一九〇四年三月二十七日。
 明治の大日本帝国海軍軍人である。日露戦争でのエピソードで知られており、「軍神」として神格化されました。
 一八九四年の日清戦争に従軍し、九七年にロシアへ留学してロシア語などを学び、貴族社会と交友。その後、ロシア駐在武官となり、一九〇二年に帰国。〇四年から始まった日露戦争で旅順港閉塞作戦に従事。
 広瀬は、第二回の閉塞作戦においては閉塞船「福井丸」を指揮し、撤退時に行方不明となった部下の杉野孫七上等兵曹を探索して船内を三度探し、退却時にボート上で砲弾の直撃を受け戦死したとされました。

 一 とどろくつつ音、
   飛び来る弾丸(だんがん)。
   荒波洗ふ
   デッキの上に、
    やみ貫ぬく中佐の叫び。
   「杉野はいずこ、杉野はゐずや」
 二 船内くまなく
   たずぬる三たび、
   呼べど答へず、
   さがせど見へず、
    船はしだいに波間に沈み、
    敵弾いよいよあたりにしげし。
 三 今はとボートに
   移れる中佐、
   飛来る弾丸(たま)に
   たちまち失せて、
    旅順港外(りょじゅんこうがい)うらみぞ深き、
    軍神廣瀬とその名残れど。

 「旅順港外(りょじゅんこうがい)うらみぞ深き…」といいますが、侵略しているのは日本の天皇です。
 「敵」が抵抗するのは当然です。
 広瀬や杉野を殺したのは本当は誰なんでしょうか。

 「真犯人」たちは、広瀬を、戦死後、中佐に昇進させ、「軍神」とまつりあげました。
 そして、歌にまでして子どもたちの「教化」に利用しました。
 この歌は、一二年の『尋常小学唱歌 第四学年用』に初出しました。

   【二十四時間目 「少年戦車隊」の歌と約六百人の戦死者】

 『初等科音楽 二』です。

 君たち少年にも戦場にいく手立てがあるぞ。
 それを示したのが「少年戦車隊」の歌です。

 一九三九年、千葉にあった「陸軍戦車学校」に「生徒隊」が生まれ、一期生百五十名が入校しました。満十五歳から十八歳未満までの少年たちが訓練を受けました。「赤タン」の襟章を付けた陸軍生徒の身分でしたた。
 四〇年、公主嶺にも戦車学校が出来たので「千葉陸軍戦車学校生徒隊」となりました。
 四一年、「千戦校」内に「陸軍少年戦車兵学校」として独立、四二年にこの地に移転、二、三期生が移ってきました。
 少年戦車兵は、「若獅子」「豆タンク」のいわれました。
 敗戦までの在籍者は、四千四百二十五人。
 約六百人が戦死しました。

 一 来たぞ、少年戦車兵、
   鉄の車に、鉄かぶと。
   ごうごうごうごう、
     ごうごうごう。
 二 来たぞ、少年戦車兵、
   口はきりりりヽ 一文字。
   ごうごうごうごう、
     ごうごうごう。
 三 来たぞ、少年戦車兵、
   なんの敵陣ひとけりと、
   ごうごうごうごう、
     ごうごうごう。

   【二十五時間目 「東亜(とうあ)のまもりをになふのは、正しい日本の子どもたち」】

 『初等科音楽 二』です。

 少年たちには、兵隊になるために日常から訓練されました。
 この教科書に載っている「かぞえ歌」の「規範」を見ていましょう。

 一つとや、ひとりで早起き、身を清め、
  日の出を拝んで、庭はいて、水まいて。

 二つとや、ふだんにからだをよくきたへ、
  み国にやくだつ人となれ、民となれ。

 三つとや、身支度きちんと整へて、
  ことばは正しくはきはきと、ていねいに。

 四つとや、よしあしいはずにかんで、
  御飯をたべましよ、こころよく、行儀よく。

 五つとや、急いで行きましよ、左側、
  道草しないで学校に、お使ひに。

 六つとや、虫でも、草でも、気をつけて、
  自然の姿を調べませう、学びませう。

 七つとや、仲よくみんなでお弁当、
  ふく人、はく人、はたく人、みがく人。

 八つとや、休みの時間は、元気よく、
  まり投げ、なは飛び、鬼ごつこ、かくれんぼ。

 九つとや、心は明るく、身は軽く、
  進んで仕事の手伝ひに、朝夕に。

 十とや、東亜(とうあ)のまもりをになふのは、
  正しい日本の子どもたち、わたしたち。
  
 キーワードは、「み国(注・要するに天皇)にやくだつ人となれ」「東亜(とうあ)のまもりをになふのは、正しい日本の子どもたち」です。
 「東亜」というのはアジアの東部、中国、朝鮮、日本などの諸国のことです。
 つまり侵略と支配をになう「正しい」侵略者の子どもたちということです。

   【二十六時間目 「…をじさんが、今日は無言で帰られた…」】

 『初等科音楽 二』です。

 侵略戦争に押しやられ亡くなった男性たちを讃える歌も、この教科書に載っています。
 「無言(むごん)のがいせん」です。

 一 雲山(うんざん)萬里をかけめぐり、
   敵を破つたをじさんが、
   今日は無言で帰られた。

 二 無言の勇士のがいせんに、
   梅のかをりが身にしみる。
   みんなは無言でおじぎした。

 三 み国の使命(しめい)にぼくたちも、
   やがて働く日が来たら、
   をぢさんあなたが手本です。

 背筋が、ぞくっとする歌詞です。
 あなたは、どう思われますか。
 この「無言」の男性が、もし、あなたの息子や、兄弟や、父や、恋人だったら……。
 殺したのは、日本の軍隊の統帥権を持っていて、「いけ」と命じた人です。

   【二十七時間目 国民学校のしくみと教科】

 ここで、もう一度、国民学校についてまとめてみました。

 国民学校(こくみんがっこう)は、一九四一年の国民学校令(勅令第一四八号)にもとづいてつくられました。
 六年の初等科と二年の高等科がありました。
 初等科は、それまでの尋常小学校などを母体とし、高等科は、それまでの高等小学校などを母体としていました。
 国民学校令の施行とともに、それまでの尋常小学校、高等小学校、尋常高等小学校は、すべて国民学校とされました。
 国民学校は、子どもが鍛錬をする場と位置づけられ、国にたいする奉仕の心を持った「少国民」の育成がめざされていました。
 教科は、初等科および高等科を通じて国民科、理数科、体錬科および芸能科とされ、高等科では、実業科が加えられていました。
 各教科は、次のようにいくつかの科目に分けられていました。

   教科 科目

 初等科 高等科
 共通 国民科 修身、国語、国史および地理の科目
 理数科 算数および理科の科目
 体錬科 体操および武道の科目
 (女児については、武道を欠くことができました)
 芸能科 音楽、習字、図画および工作の科目
 (初等科の女児については、裁縫の科目が、高等科の女児については、家事および裁縫の科目が加えられました)
 高等科のみ 実業科 農業、工業、商業または水産の科目
  外国語その他必要な科目(必要に応じて学校ごとに設けます)

 国民学校令では、それまで六年間だった義務教育を八年間に延長する規定が設けられましたが、施行が延期され、国民学校令による義務教育期間の延長はおこなわれませんでした。
 国民学校は、学校教育法(四八年法律第二六号)にもとづく新制の小学校にとって変わられるまで存在しました。

   【二十八時間目 「昭憲(せうけん)皇太后御歌」】

 さあ、『初等科音楽 三』の教科書にすすみましょう。
 ここでも、まず習うのは、繰り返しの「天皇もの」です。
 「君が代」
 「勅語奉答」
 「天長節」
 「明治節」
 「一月一日」
 「紀元節」

 そして、「昭憲(せうけん)皇太后御歌」が出てきます。
 昭憲(せうけん)皇太后って??
 調べてみたら明治天皇の連れ合いのことでした。
 一八五〇年~一九一四年。

   金剛石(こんがうせき)

 金剛石もみがかずば
 珠(たま)のひかりはそはざらむ
 人もまなびてのちにこそ
 まことの徳はあらはるれ
 時計の針のたえまなく
 めぐるがごとくときのまの
 日かげをしみて励(はげ)みなば
 いかなるわざかならざらむ

   水は器

 水はうつはにしたがひて
 そのさまざまになりぬなり
 人はまじはる友により
 よきにあしきにうつるなり
 おのれにまさるよき友を
 えらびもとめてもろともに
 こころの駒(こま)にむちうちて
 まなびの道にすすめかし

 金剛石というのはダイアモンドのことです。
 「うつわ」論っていうのでしょうか。   
 僕は「上からお説教されている感じ」だと思います。

   【二十九時間目 「大いなる日本」】

 『初等科音楽 三』です。
  
 「朝礼の歌」です。

 一 朝なり 大気澄みわたり、
   ものみな清くさやかなり。
   新たなる日本 日々に生まる。
   ああ われらはげまん 今ぞ。

 二 朝なり、心さわやかに
   旭日(きょくじつ)天にかがやけり
   大いなる日本 日々にさかゆ。
   ああ われらきたへん 今ぞ。

 ポイントは「大いなる日本」という所でしょう。

   【三十時間目 「御稜威(みいつ)あまねく、大東亜(だいとうあ)」】

 『初等科音楽 三』です。

 次に「大八州(おおやしま)」。

 一 神生みませるこの国は、
   山川きよき大八州。
   海原(うなばら)遠く行くかぎり、
   御稜威(みいつ)あまねく、大東亜(だいとうあ)。

 「大八州」は、日本の古称です。多くの島からなる意です。
 島ができたのは「神生みませる」ではなくて自然現象ですね。   「御稜威」は、天皇、神などの威光です。
 「大東亜」は、東アジア、東南アジアとその周辺地域を指します。
 よく読むと、すごい膨張主義賛美の内容ですね。

 二 神しろしめすこの国は、
   豊葦原(とよあしはら)の中つ国。
   瑞穂(みずほ)のそよぎ、ゆたかなる
   恵み仰がん、大東亜。 
 
 「豊葦原の中つ国」は、日本国の美称です。

 三 神まもりますこの国は、
   きはみもあらず 浦安(うらやす)の
   大船しげきゆきかひも、
   とはに安けき大東亜。

 「浦安国」は、大和国、日本国の美称。

   【三十一時間目 「大東亜(だいとうあ)」は、どう歌われていたでしょうか】

 どうも、国民学校の音楽教科書では「大東亜(だいとうあ)」というのがキーワードの一つのようです。
 前回は、この言葉の出てくる「大八州(おおやしま)」の歌を見ましたが、今回から『初等科音楽 三』の教科書で、この言葉の出てくる歌を探してみることにしました。

 まず、「赤道越えて」。

 一 もえる光と青い波、
   波にをどるはふかの群。
   海路はるかに白銀(しろがね)なして。
   雲はむら立つ椰子(やし)の島。

 二 来たぞ、スコール瀧(たき)しぶき。
   あとは葉末●に風鳴って、
   海はびろうど、なぎさはさらさ。
   日ざしまばゆい島の昼●。

 三 いかりおろせば、寄りつどふ。
   笑顔明るい人の群。
   街(まち)にはためく日の丸見れば、
   ここの港も大東亜。

 「赤道越え」た所にも「大東亜」をつくっているのです。

   【三十二時間目 「大東亜」の歌もありました。「十億」の「盟主」たらんと…】

 『初等科音楽 三』には、ズバリ「大東亜」という題の歌もありました。

 一 椰子(やし)の葉に鳴る海の風。
   峯にきらめく山の雪。
   南十字と北斗星、
   連ねて広き大東亜。

 二 ここに生まれし十億(おく)の
   人の心はみな一つ。
   盟主(めいしゅ)日本の旗のもと、
   ちかひて守る鉄の陣。

 三 空は晴れたり あかつきの
   光あふるる四方(よも)の海
   みなはらからとむつみあひ
   こぞりて築け、大東亜。

 昭和天皇は「大東亜」の「十億」の「盟主」たらんとしていたのです。

   【三十三時間目  国民学校は、皇国民養成のための学校でした】

 二〇〇六年七月七日。休み。せっかくの休みなのに風邪気味。
 薬を飲んで寝ました。
 すこし元気になったので『日本が「神の国だった時代」 国民学校の教科書をよむ』(入江曜子さん。岩波新書)を読みました。
 国民学校の目的について、こうのべています。
 「…低学年において天皇と天皇制への賛美、忠義、愛国心などを感覚的に、つまり説明なしで刷り込むことであり、高学年においては強力な日本人としての自覚、とくに大東亜共栄圏の盟主日本の国民としての自覚をもつ『皇国民』を養成することにあった。」
 各教科の教科書が同じテーマ、材題をとりあげて、立体的に子どもたちの頭脳に刷り込んでいったということも紹介されています。

   【三十四時間目 「大君(おおきみ)の しこのみたてと出でたちて…」】

 『初等科音楽 三』には「戦友」という歌が載ってます。
 これにも「大東亜」が出てきます。

 一 草むすかばね大君(おおきみ)の
   しこのみたてと出でたちて、
   鉄火のあらし、弾の雨、
   くぐりて進むきみとわれ。

 「しこのみたて」といらは、「醜の御楯」。「天皇の楯となって外敵を防ぐ防人(さきもり)が自分を卑下していう語」(『広辞苑』)。この場合は「外敵を防ぐ」のではなく、昭和天皇の楯になって侵略していっています。

 二 死なば同じ日、同じ時、
   おくれさきだつことあらば、
   骨ひつさげて突撃と、
   ちかひかはししきみとわれ。

 三 御稜威(みいつ)あまねき大東亜、
   朝日の御旗行くところ、
   あたなす敵のあるかぎり、
   撃ちてしやまん、きみとわれ。

 「朝日の御旗」というのは陸軍の連隊の旭日旗のことだと思います。

   【三十五時間目 「死すべき時は今なるぞ」】

 『初等科音楽 三』のつづきです。

 「橘(たちばな)中佐」です。

 橘中佐は、橘周太(一八六五年十一月三日~一九〇四年八月三十一日)。庄屋城代季憐(格橘季憐とも)の二男として長崎に生まれました。勝山小学校、長崎中学舎、二松学舎を経て一八八一年、陸軍士官学校幼年生徒に合格。東宮武官、歩兵第三六連隊中隊長、名古屋陸軍地方幼年学校長を歴任し、一九〇四年の日露戦争開戦にあたっては新設の第二軍管理部長に任命されました。同年八月には歩兵第三四連隊第一大隊長に転出し首山堡の攻撃にあたり、その戦闘で死亡。

 一 かばねは積りて山を築(つ)き、
   血潮は流れて川をなす、
   修羅(しゅら)のちまた(巷)か 向陽寺(しゃおんずい)。
    雲間をもるる月青し。

 二 「みかたは大方うたれたり、
   しばらくここを。」といさむれど、
   「恥を思へや、つはものよ。
    死すべき時は今なるぞ。

 三 御国の為なり 陸軍の
   名誉(めいよ)のためぞ。」とさとしたる
   ことば半(なか)ばに散りはてし
    花橘ぞ、かぐはしき。

   【三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃】

 『初等科音楽 三』には「特別攻撃隊」の歌が載っています。

 昭和天皇の海軍は、一九四一年十二月八日、アメリカ合衆国ハワイの真珠湾のアメリカ海軍のアメリカ太平洋艦隊と航空基地に奇襲攻撃をしました。
 この時、特殊潜航艇(甲標的。二人乗り)五隻も参加しました。戦死九人。一人は捕虜になりました。
 この甲標的は、乗組員の生還を考えない特別攻撃の武器でした。

 一 一挙(いっきょ)にくだけ、主戦力。
   待ちしはこの日、この時と、
   怒涛(どとう)の底を矢のごとく、
   死地に乗り入る、艇(てい)五隻。

 二 朝風切りて友軍機。
   おそふと見るや、もろともに
   巨艦(きょかん)の列へ射て放つ
   魚雷高し、波がしら。

 三 爆音天をどよもせば、
   潮も湧(わ)けり、真珠湾(しんじゅわん)。
   火柱あげて、つぎつぎに
   敵の大艦しづみゆく。

 四 昼間はひそみ、月の出に
   ふたたびほふる敵巨艦。
   襲撃まさに成功と、
   心しつかに打つ無電。

 五 ああ、大東亜聖戦に、
   みづくかばねと誓ひつつ、
   ときがけ散りし若桜。
   仰げ、特別攻撃隊。

   【三十七時間目 「勇士らのあとをつくわれらなり…」】

 ある人が、こう教えてくれました。
 「戦前の教育は、『死ね、死ね』という教育だった」
 国民学校の音楽の教科書を読んでいると、本当にそうだなぁと思います。

 『初等科音楽 三』のつづきです。

 天皇への「忠義」のために命を捨てた者の霊魂をまつる忠霊塔が各地にできていました。
 この教科書にも「忠霊塔(ちゅうれい●●)」の歌が載っています。

 一 勇士らは、生命をささげたり。
   勇士らは、戦にうち勝てり。
   そのみたま、ほほ笑みてここにあり。
   いま仰ぐ忠霊の塔高し。

 二 勇士らのあとをつくわれらなり。
   勇士らのいさをしをしのびつつ、
   ふるひたち、戦ひに戦はん。
   いまちかふ、忠義の塔の前。

 「勇士らのあとをつくわれらなり。」がいいたい所だと思います。

   【三十八時間目 女子にも戦争にいけと…】

 『初等科音楽 三』です。

 女子にも戦争にいけと迫りました。
 従軍看護婦になれというのです。

 一 白衣の勤め、をとめにあれど
   軍(いくさ)の庭にををしく出でて、
   勇士まもらん 御国のために。

 二 御楯(みたて)とたちてたたかふ軍、
   痛まし、君が深手をみとり、
   巻くは白たへ 真心こめて。

 三 敵(かたき)にあれど、重手と見れば、
   いたはる心に二つはあらず
   見よや 日本の十字の赤さ。

 四 病院船は勇士を送り
   故国の山河、近づく日々も、
   みとる誠(まこと)のただ一すぢに。

   【三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」】

 『初等科音楽 三』です。
 
 大きくなって母になったら息子を戦場に送りなさい。「母の歌」です。「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」というのです。

 一 母こそは、命のいつみ(いずみ)。
   いとし子を胸にいだきて
   ほほ笑めり、若やかに。
    うるわしきかな、母の姿。

 二 母こそは み国の力。
   をの子らをいくさの庭に
   遠くやり 心勇む。
    をおしきかな 母の姿。

 三 母こそは 千年(ちとせ)の光。
   人の世のあらんかぎり
   地にはゆる天つ日なり。
    大いなるかな 母の姿。

 作詞・野上弥生子、作曲・下総皖一ということを知りました。
 野上弥生子は、あの野上弥生子でしょうか。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から。

 野上 弥生子(のがみ やえこ、本名:野上 ヤヱ(のがみ やゑ)、旧姓小手川、1885年5月6日 - 1985年3月30日) は、日本の小説家。大分県臼杵市生まれ。
 14歳の時に上京し、明治女学校に入学。夏目漱石門下の野上豊一郎と結婚。「ホトトギス」に『縁』を掲載してデビュー。以来、99歳で逝去するまで現役の作家として活躍する。法政大学女子高等学校名誉校長も努め、「女性である前にまず人間であれ」の言を残す。
 昭和初年のプロレタリア文学が流行した時代には、社会進歩の活動のなかにあった非人間的な行動を追及した『真知子』を発表する一方で、思想と行動について悩む青年に焦点をあてた「若い息子」「哀しき少年」などを書き、また戦争への傾斜の時期には時流を批判した『黒い行列』(戦後、大幅に加筆して長編『迷路』に発展させる)と、良識ある知識階級の立場からの批判的リアリズムの文学を多く生み出した。中条(宮本)百合子や湯浅芳子とも交友をもち、『真知子』は、百合子の『伸子』を意識して書いた作品であるといわれ、1920年代の女性の生き方を描いた作品として日本文学に大きな位置を占めている。第二次世界大戦勃発の時期にはちょうど夫とともにヨーロッパに滞在しており、その前後の紀行文『欧米の旅』は、この時期の激動の証言として価値が高い。
 ……

   【四十時間目 「汝(なれ)を股肱(ここう)とのたまひし…」】

 『初等科音楽 三』です。

 「小楠公(せうなんこう)」という歌が載っています。
 小楠公というのは、楠木正成の息子・楠木正行のことです。
 大阪の千早赤坂村に生まれ、南北朝時代、父とともに足利勢とたたかい、父は湊川のたたかいで死亡。父は、湊川への出陣の前に死を覚悟し、桜井宿において、十一歳だった正行に「父の教えを守って正統の天皇に仕えるよう」さとしたということになっています。その後、南朝の武将となった正行は、四條畷の決戦に際し、吉野の如意輪堂にいき、一族百四十三人名の名を留め鏃を用いて板壁に辞世の句、「帰らじと かねて思えば梓弓 無き数に入る名をぞ留むる」を記したといいます。正行は、四條畷の決戦で討死しました。

 この歌は、そうした話をなぞっています。

 一 梅雨(つゆ)の晴れ間の桜井に、
   別れし父の面影(おもかげ)を
   しのべば悲し、十一の
   楠(くす)の一本、なお若し。

 二 母のさとしを身にしめて、
   かをりも清き楠木(くすのき)や、
   河内(かわち)の里に十余年、
   今はこずえに風高し。

 三 汝(なれ)を股肱(ここう)とのたまひし、
   玉のみ声の身にしみて、
   覚悟は強気あづさ弓、
   生きて帰らじ、この門出(かどで)。

 「股肱」は、「ももとひじ。転じて、手足となって働く、君主が最もたよりにする家臣」(『広辞苑』)。
 「あづさ弓」は、アズサの木でつくった丸木の弓です。

 四 いくさも利あらず、矢は尽きて
   四条畷(なはて)に、ををしくも
   花とは散れど、永(なが)き世に
   光かがやく、そのいさを。

   【四十一時間目 「起(た)てば 百万海を越え…」】

 『初等科音楽 三』です。

 「桃山」という歌が載っています。

 一 麻(あさ)と乱れし戦国の
   武将をしづめ、したがへて、
   ともにことほぐ御代の春。
   聚楽(じゅらく)の第(てい)の花の宴(えん)。

 二 起(た)てば 百万海を越え、
   帰れば、文化花と咲く。
   ありし昔を今ここに、
   国威はあがる大アジヤ。

 「起(た)てば 百万海を越え」は、豊臣秀吉の朝鮮侵略のことではないでしょうか。

 「KBS WORLD Radio」から、このことを見ておきましょう。

 秀吉の朝鮮侵略、 その1

 日本が朝鮮を侵略しました。豊臣秀吉による朝鮮侵略、文禄・慶長の役です。日本は1592年、朝鮮に大々的な攻撃を加えてきました。そしてこの侵略と、それに対する朝鮮と応援の明による反撃は1598年までの7年間、中間の3年間の休戦期間を除くと4年にわたって続いたのでした。この戦争で朝鮮は人口が激減し、国土は焦土と化しました。
 16世紀は世界的に大きな変動期を迎えていました。アジアの貿易権を掌握していたポルトガルの商人たちによって貿易が活発に展開し、中国と朝鮮、日本の間でも貿易が行われました。朝鮮も中国と日本の間の仲介貿易を通じて大きな利益を上げていました。そして日本は戦国時代の真っ盛りでした。当時、日本の有力な大名たちはポルトガル商人、スペイン商人たちと貿易をすることで、経済力を築き、国力も向上していました。そしてこれらの商人を通じて、火縄銃などの火薬や武器を輸入して実際に戦闘で使用していました。
 統一を達成した秀吉は1587年、朝鮮に使臣を送ります。そして朝鮮だけでなくインドやフィリピンにも使臣を送り天下はこの手の中にあるので、降伏しなければ征伐すると通告したのでした。全く日本を注視していなかったため、日本の状況はもちろん、豊臣秀吉がどんな人間かも把握できていなかった朝鮮としては、晴天のへきれきでした。朝鮮はいったん、何の対応もせずに事態の推移を見守っていましたが、秀吉はさらに朝鮮の国王が日本にあいさつに来るようにと求めましたが、これは日本を上の国とする礼をとるようにという意味でした。
 この問題をめぐって朝鮮朝廷は論争を繰り返します。結局、宣祖は日本に通信使を送ることにします。日本の事情を偵察してくる必要性を感じたのです。通信使として日本に送られたのは黄允吉と金誠一らでした。そして黄允吉は東人と西人に分かれていた朝鮮朝廷で東人に属し、金誠一は西人派でした。このような彼等の立場の差は日本に行ってきた後、宣祖にその結果を報告する席でも如実に現れました。一緒に行ってきたにもかかわらず、二人の見解は正反対でした。

 秀吉の朝鮮侵略 その2: 民衆の抵抗

 1592年4月13日、10万人以上の秀吉軍が数千隻の船を率いて韓半島東南部に上陸しました。釜山沖に姿を表した日本軍はあっという間に釜山を陥落させると、破竹の勢いで北上を続け、5月2日には首都漢陽、今のソウルに達します。
 そして戦争開始からわずか20日で、漢陽が陥落し、当時の王、宣祖は首都を捨て避難します。宣祖は光海君を跡継ぎである皇太子に指名して後を任せると、自分は百人あまりの臣下とともにソウルを抜け出し平壤に避難しました。予想よりも日本軍の北上する速度が速く、ソウルに残っていた兵力では日本軍を防ぐことはできず、地方から援軍を呼ぶこともできず避難することにしたのです。
 宣祖が臣下とともにソウルを抜け出した後、王宮は炎に包まれます。取り残された民衆が怒って王宮に火を放ったのです。王は最初は都の四大門を内側から閉めて、民衆が外に逃げないようにして都で敵を迎え撃つと言っていました。それが急に官員たちが避難してしまったのです。
 漢陽を陥落させた日本軍は6月には朝鮮第2の都市、平壤まで占領してしまいます。そのため宣祖の一行はさらに北の国境地帯、義州にまで避難することになります。結局、宣祖は明に援軍を要請することにします。
 明は日本軍が朝鮮の北西部にまで北上していることを知ると、7月末に第1陣として、朝鮮に近い国境地域の守備隊を派遣します。しかし彼らは日本軍との戦闘経験が全くなかったため惨敗してしまいます。続いて、倭軍との戦闘経験のある新しい援軍が年末近くに投入され、翌年の正月に平壤城での戦闘で勝利を得て平壤を奪還し、ようやく情勢を逆転させるのに成功します。
 朝鮮はそれこそ、風前の灯火のように危険な状況でした。そんな国を守るために立ち上がったのは自発的に軍事集団を結成した軍人でない軍人、義兵と言われる集団でした。義兵は両班から賎民に至るまで多様な階層で構成されていましたが、そのリーダーとなる義兵長は両班の学者と官僚出身者らが大部分でした。義兵の総数はおよそ2万3千人程度と推算されますが、この数字は官軍の1/4にあたる数字です。有名な義兵長の郭再祐は赤い外套を羽織って馬に乗り、いくつもの集団が連合した義兵を率いました。彼は地形の利点を生かした遊撃戦術を繰り広げ、数的にはるかに勝る日本軍に勝利しました。
 有名な晋州城の戦いは2回にわたって行われました。1回目の戦闘は壬申倭乱の3大戦闘の1つと言われるものです。1592年10月、3800人の朝鮮軍が2万人の日本軍と6日間にわたる激戦を繰り広げ、見事日本軍を撃退します。1回目の戦闘で負け、威信に傷をつけられた豊臣秀吉は翌年の6月に小西行長に復讐戦を命じます。この2回目の戦いでも朝鮮軍は必死に戦いましたが敵軍に比べてその数が足りず、さらに梅雨のせいで城郭さえも崩壊してしまい、ついに城は陥落してしまいます。
 晋州城を占領した日本軍は祝賀の宴を開きます。その席に多くの朝鮮の女たちが連れて来られますが、その中に論介(ノンゲ)という女性がいました。着飾った論介は酒によった日本軍の武将を誘い出し、岩の上におびき寄せます。そして城の下を流れる川に向かって日本の武将を道連れに飛び降り自殺しました。彼女の勇敢な行為を讃え、今でも晋州では毎年9月9日には論介を記念する論介祭りが開かれています。
 またソウル西方の幸州(ヘンジュ)山城では、城を守っていた義兵たちが矢も銃弾もすべて尽き果ててしまうと、女性たちが城に近寄ろうとする日本軍に灰を投げつけ、その視野をふさぎました。また休みなくヘンジュチマ、前掛けに石を包んで運び、その石を武器として山城の上から投げつけました。 幸州山城の戦いでは三万の秀吉軍に一万で立ち向かい、見事に打ち勝ちました。また僧侶たちで構成された僧兵も、西山大師のような高僧を僧兵長にして活躍しました。

   【四十二時間目 『初等科音楽 四』のナンバーのない歌は七曲】

 さぁ、『初等科音楽 四』です。
 この教科書には、二十七曲載っています。
 最初のナンバーのない歌は七曲です。
 「君が代」
 「勅語奉答」
 「天長節」
 「明治節」
 「一月一日」
 「紀元節」
 そして、「明治天皇御製」です。
 
 一 さしのぼる朝日のごとく
    さわやかにもたまほしきは
    心なりけり

 二 あさみどり澄みわたりたる
    大空の広きをおのが
    心ともがな

 こうして天皇は素晴らしいということが徹底されていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青春小説 囚人バッチはいらないよ

教育って何だろう、僕らの受けてきた教育は、かなりおかしいのではないだろうか。どんな教育が正しいかは、いまいちわからないけど、とにかく、いまのはおかしい。高知県の県立高校を卒業したばかりの十八歳の男の子三人が一枚のビラで異議を申し立てました。

 ①十八歳の一週間の密議の中身は……

 一九六五年三月。
 この一週間ほど、高知市奉公人町のパン屋の裏の、母一人息子一人の部屋が僕らの密議の場になっています。
 集まっているのは、三人の十八歳の青年。高知市の高知城の近く、追手筋二丁目にある県立追手前(おおてまえ)高校を卒業し、三月三日、四日の地元の国立大学、高知大学の入試を受けて、結果待ちをしています。
 大池。
 この家の息子。一九四六年七月十八日生まれ。三歳のとき、製パン業を営んでいた父が脳いっ血で亡くなりました。母は、隣のパン屋で働いています。大柄で、快活で、頭脳明晰で、ヒゲの濃い二枚目。高校時代は山岳部。コカコーラの配達員のアルバイトなどをやりながらしのいできました。大学は、文理学部文学科史学を希望。
 林。
 四七年一月二十六日生まれ。父は、路面電車の運転手。母は、家を出ています。高校時代は、高知市旭町から路面電車で通学。小柄。いき帰りの路面電車の中で指揮の振りをしながら声をあげて歌うという熱心な音楽部員でした。テナー。数学に独特のひらめきがあります。志望は、文理学部数学科。
 僕こと、藤崎。
 四六年二月二十三日生まれ。三人のうちでは一番若い。高校時代は高知市の隣の伊野町から路面電車で通学。父は、機械すきの紙工場の営繕係。母は、手すきの紙すき。父が浮気に金をつぎ込み、家計はつねにピーピー。両親ともに「中学校を卒業したら就職しいや」。それを押し切って家庭教師や大池と一緒にコカコーラの配達員をして授業料を払ってきました。身長百七十センチメートル。体重五十五キログラム。度の強い眼鏡に陰気な性格。どちらかというと、もてないタイプ。一年生のときの体操部のとき練習中に右手を折ったのをきっかけに退部し、化学部長に。高校に入って三年間、同じ学年の片思いの君をストーカーのように目で追い続けていたせいか、通信簿の成績はがた落ち。しかし、実力試験になると、なぜか高得点をとってきました。大学は、文理学部文学科史学を希望。
 三人の共通点は、それぞれ家庭の事情で、地元の国立大学(県下で唯一つの四年制大学)を受けるしか、進学の道がないということくらいです。
 大池は、自由な雰囲気の京都市の立命館大学をあこがれていました。しかし、……。
 藤崎は、東京の私立大学に進学することになった「彼女」を追っかけて「東京の大学」にいきたかったのですが……。
 おっと、ここで、大池の母からパンの耳の差し入れがありました。
 食パンの耳だけではなくて、いろんなアンパンのくずも入っていて、けっこういい味です。
 「なにも、あんたらあが、そんなことをやらいでも…」
 大池の母は、息子たちが、ことをおこすことで不利益になりないか心配なのです。
 実は、藤崎も、内心びくびくしていました。
 高校の卒業を取り消されないだろうか、大学入試で合格圏内に入っていても、この行動が理由で不合格にならないだろうか……と。
 しかし、これはやらなければならない。
 ところで、三人の密議の内容のことです。
 その中身は、囚人バッジをやめさせようということです。

 ②「二年十一組」の悲痛な訴え

 僕たち三人が囚人バッジのことを知ったのは、大学受験が終わってすぐのことでした。
 二年生、三年生とクラスが一緒の藤崎が、大池に、こう持ちかけました。
 「面白い先生がおる。いっぺん、家にいってみんかよ。一年生のとき、僕や林が数学を習ろうた間崎英夫先生。二年生になるとき追手(おおて)をやめて別の高校へ勤めゆうけんど、やめたころから林らあ数人で週二回、数学を教わりにいきよった。二年間も、僕らあに、ただで教えてくれた」
 藤崎と林はホームは違いますが理系コースで、ほとんどの授業が一緒。藤崎と大池はホームが一緒ですが、大池は文系コースで授業は、ほかの二人とほとんど別です。
 藤崎の言葉に興味を示した大池は、藤崎と一緒に間崎先生を訪問してみることにしました。
 藤崎は、大池を林に紹介し、三人で市内万々の新興住宅街に住む間崎先生宅を訪ねました。
 春風が優しい昼下がりのことでした。
 高校から歩いて四十分ほど。田んぼもある道は、藤崎や林にとっては、通いなれた道でした。仲間と恋愛や将来を語り合ってきた道でもあります。
 いつものように着物姿の間崎先生は、いつもの落ち着いた話し振りで、三人に大変なことを話しました。
 一年後輩の、二年生たちが学校から、ひどい差別を受けているというのです。
 間崎先生の話は、こんな内容でした。
 <二年生は、一組から六組までが理科コース、七組から十一組までは文科コース、十二組と十三組は一般コースになっていて、組の数字の多いほど成績の悪い生徒がいるという仕組みになっている。そのうえ、全生徒が何年何組というバッジをつけさせてれている>
 三人にとって初めて聞く話でした。
 「見せしめバッジのようなもんやないか」
 「ひどいことを…。二年生はかわいそうや」
 「先生らあ、あんまりや」
 藤崎も、身体が熱くなるような衝撃を受けました。
 こんなことは許しておけん。
 「自由主義者」で、決して生徒を呼び捨てにしないで「君」「さん」づけで呼ぶ間崎先生を追い出した学校は、こんなことまでやるようになっていたのです。
 「校長や教頭たちが教職員に相談しないでやったようだ。化学の岡田一夫先生が、二年十一組の担任で、しばらくして、この仕組みに気づいて、悩みぬいてねー。教職員会議会議でも教職員組合でも、この仕組みの改善のためにがんばっておられる」
 間崎先生の案内で、三人は、岡田先生宅に向かいました。
  岡田先生は、二年十一組の生徒たちの苦悩をつづった小冊子を三人に見せました。
 みな、強制されたクラスのバッジを「階級章」「囚人バッジ」と呼んで非難していました。
 この日から、三人の一週間の密議が始まりました。

 ③僕たちの気持ちを伝えるビラをまこう」

 「追手前高校の門前で、僕たちの気持ちを伝えるビラをまこう」
 大池、林、藤崎は、こう決めました。
 博学の大池がビラの文案を書くことになりました。
 それをもとに三人であれやこれやと手直ししました。
 作業をしながら、大池は身の上話をしました。
 年の離れた兄がいること。
 兄も追手前高校出身だということ。
 追手前高校の屋上の時計台に戦時中のアメリカ軍の空襲の跡があること。
 姉の夫が東京大学経済学部卒業で、ものすごい秀才だということ。
 藤崎にとっても初めて聞く話でした。
 ビラの題は「卒業生の声 非民主的な追手前の現状」にしました。
 「私達が、在学中に為し得なかったこと、卒業した今になって、痛切に感じる事をここに記し、本当の意味において追手前の将来を背負っている貴方達に、この問題を考えてもらいたく、筆をとった次第です。
 私達が、追手前高校における三年間の生活をふり返ってみて、最も痛切に感じることは、年を経るごとに、追手前から民主的な空気が消えていったという事です。この事は年々ひどくなる傾向です。世界でも有数の民主国家であるはずの日本に、しかも、日本の革命と自由の発祥地、土佐に、こんな保守的、復古的な学園があろうとは! 現在の追手前の方針は、フランス革命後の宮廷貴族がとった(王制復古に際して)それにも似ているし、学力向上(過去への郷愁に由来する)にあまりにもあせりすぎるために、私達の眼には、醜悪としか映らないのです」
 追手前高校は、一八七八年(明治十一年)十一月十九日創立された高知中学校に始まります。太平洋戦争後の四八年四月、高校になります。
 自由の校風でした。校歌の一番は「あおぐは高き時計台 久遠(くおん)の時を刻みつつ 自由は若き魂(たま)に呼ぶ……」とあります。
 高知県でも四八年十月、公選制の教育委員会ができ、民主的な教育が模索されました。
 五〇年度から高知県は県立高校全員入学制を実施しました。
 しかし、五六年三月十九日、高知県は県立高校の選抜試験制を強行しました。
 同年八月十六日、県教育委員会は知事の任命制に。
 高知県の教育の体質が変わっていきます。
 五八年春、高知県の公立小、中、高校の教師たちは政府の教師にたいする勤務評定実施の政策に反対した大運動を展開します。僕たちは小学校六年生で、僕も教師たちのこの運動にエールを送っていました。
 僕たちが中学三年生だった六一年十月二十六日、全国中学校いっせい学力試験がありました。中学二年生、三年生全員に国語、社会、数学、理科、英語の試験をして成績をためそうと文部省が実施したものです。
 教師、父母から疑問が出て、試験を返上する運動がおこりました。僕も、試験の解答を白紙で提出しました。
 六二年三月九日、十日に県立高校入学試験。
 前回までは、公立高校は実質的に全員入学でしたが、今回は「八五パーセント」の制限入学制でした。
 三月十五日、合格者発表。県下の全日制公立高校を受験した八千六百八十一人のうち千人近くが不合格になりました。悲しい出来事でした。
 多くの合格者が、多かれ少なかれ他の人を押しのけることにたいする罪の意識を持ったのではないでしょうか。
 僕たちが入学した追手前高校はホームルームとほとんどの授業が別でした。数学、英語などの授業はA、B、C、Dのコース別でした。
 ホームルームが済むと、みんなかばんを持って、それぞれの次の教室に、ぞろぞろと移動しました。
 学校側の狙いの一つは、ホームルーム(クラス)が一致してことをおこすことをできにくくすることでもあったでしょう。
 一年生の終わりごろ、僕や林たちが数学を習っていた間崎英夫先生が、追手前高校を追われるというニュースが僕たちに伝わってきました。
 追手前高校は、ある程度自由でおおらかな学校から規律重視、競争重視の進学校に変貌しようとしていました。
 「自由な追手前が、これで一掃される。大変なことだ」
 教わっていた一年生たちが間崎先生送別のための桂浜遠足をくわだてました。
 その日、高校前に大型バスが到着し、総勢四十人ほどが桂浜へ繰り出しました。
 桂浜から帰って、今度は高知城へ。
 間崎先生が、石垣の上に立って「自由な追手前を守れ!」と演説しました。
 その後の追手前高校の変化は急激でした。
 毎朝、何人かの教師が校門で生徒の服装のチェックをするようになりました。
 実力試験が終わると、職員室前に点数と名前が張り出されるようになっていきました。
 ビラは、続きます。

 ④教育の真の使命は何だろう

 「学力向上という至上命令の下に、高等学校教育における人間性を生徒の人権をジューリンしているとしか考えられないような事実があまりにも多く眼につきます。
 なるほど、このような学園の雰囲気の下で、いわゆる〝学力〟は向上するかも知れません。しかし、真の学力の向上などということは、大学-有名大学に入学する生徒の数などのように、はっきりと眼に見えて表れるものではないと思います。いや、これでは言葉が不足します。有名大学への入学生の数の多少も、学力向上の結果の一面を表したものであるかもしれません。しかし、高等教育における教育の真の使命は、そればかりでは決してないと思うのです。高校は有名大学への予備校ではなく、また有名大学の卒業証書、高給会社へのパスポートではないはずなのです。
 学力向上という目標は、現在の追手前高校には、ぜひとも必要だと思います。私達は大学受験に際して、このことを痛切に感じました。しかし、この目標の為に非民主的、非人道的な手段がとられてよいはずはありません。高校教育におけれヒューマニズムの欠如、これが最も恐しく、しかも、現実に追手前高校内に見られる現象なのです」
 高知県の高校で「進学校」といわれるのは高知市の土佐高校、高知学芸高校など私立高校ばかりです。
 そのなかで、県教育委員会などは追手前高校を「進学校」として、のし上げたいと、いろいろ手を打っていたのだと思います。
 しかし、そのやり方は、学校側が勝手に作った規律を生徒たちに押し付けて学校に従順な生徒にしようと図り、競争をあおって点数のいい生徒たちを持ち上げ、点数の良くない生徒たちを切り捨てていくという、およそ教育という名に値しない行為でした。
 僕も、胸の中では、そういったやり方にムカムカしながら、それに乗っかりながら日々を暮らしていました。
 授業中は、どこか斜に構えているので通常のテストの成績はあまり良くない。しかし、家でガリガリ勉強しているので試験範囲のない実力テストでは高位の成績を上げる。そして、「ざまぁみろ、先公に頼らなくったって、いい成績は上げられるんだ」と心の中でうそぶく。それが二年生、三年生ころの僕の姿でした。
 やせて、ねじくれた気持ちで、陰気に、目だけギラギラ光らせて暮らしていました。

 ⑤このバッジは軍隊の階級章だ

 「囚人バッジの仕組みを具体的に書くと二年生がより傷つくから抽象的に書こう」
 「そうやねー」
 大池、林、藤崎の思いを伝えるビラは、さらに続きます。
 「それでは、追手前高校に見られる、非民主的で、ヒューマニズムに欠けているはなはだしい例と、それらの問題点をあげてみよう。

 一、学力(学校における成績)による、完全に学力による学級編成。

 これは英才教育-終局の目的は、有名大学への合格者数の増加である-を実行しようとするために、必然的に生まれた結果であろう。つまり、単なる学力の向上をあせるあまりにとった、本来の学校教育の使命や、人間性を全く無視した劣悪な手段なのです。この配慮の浅い手段の為に、多くの生徒の人格が傷つけられ、多くの悲劇が起ころうとしています。小のために、大犠牲とする。あまりにも、非民主的、非人道的ではないだろうか。

 一、ホーム番号を示すバッジの強制。

 学力による学級編成の劣悪さに更に輪をかけたのが、このバッジをつける事を強制したという事です。多くの生徒にとって、このバッジは病人に鞭(むち)打つと同様の仕うちであったろうし、生徒は、この重い足枷(あしかせ)のために、歩くことも出来なくなったのではないだろうか。ある生徒はこれを称していわく、「囚人番号」だと。また軍隊の「階級章」と同じ意味をもつものだと。

 以上に指摘した二つの事実の他にも、
 (1)否定しがたい生徒の教師への不信感 (2)傷つきよい生徒の心を無視したような教師の言動、といった問題が、まだまだ沢山あります。私達は、これらの事を考えるとき、追手前の将来を憂慮し、あまりにも非民主的である実例を指摘するとともに、民主主義の立場より、考えてみる必要のあるこれらの問題を提起して、貴方方にこの問題解決、追手前の民主化への第一歩を踏みだしてもらいたいと期待してやみません。
 最後に、この私達の主張に対する意見、感想をお寄せください。」
 「最後に、ちゃんと僕たちの名前を入れよう」
 「そうやねー、名前がないと無責任や」
 「昭和三十九年卒業生 大池勝夫 藤崎正義 林泉」

 ⑥「ところで、どこで印刷しょう」

 やっとビラの文章ができあがりました。
 さて、印刷です。
 林が音楽部から道具を借りてきてガリ版を切りました。林は音楽部で楽譜などを印刷していて、けっこうベテランです。
 この日も大池の家での作業です。
 謄写版という紙にキリのようなもので傷をつけていくのです。印刷のときは、その傷にインキが入っていくのです。
 数時間後にできあがりました。
 「ところで、どこで印刷しょう」
 「うーん、教組で印刷機を貸してもらおうや」
 「市教組(高知市教職員組合)は体制派やき、県教組(高知県教職員組合)で頼もう」
 「いってみようか」
 切り上がった謄写版を持って三人で、市内の丸の内の教育会館の県教組にいきました。
 おずおずと事情を話すと
 「ええよ。使いや」
 役員らしい男性は快諾してくれました。
 謄写版の印刷機をぎっこんばったんとやり、インキをにじましたローラーをぎゅーつと押し付けて何百枚かのビラが生まれました。
 大池宅で。ビラを前にした三人。
 「決行は、あすの登校時。みんなにビラまきを頼もうや」
 「間崎先生の塾にいっていたもの全員に連絡しよう」
 「僕のホームの小西の家には電話があるから連絡しよう。政治に関心はないけど、もう合格しているし、けっこういいやつだから協力してくれると思う」

 ⑦小西もビラ配りを手伝ってくれた

 決行の日は一九六五年三月十一日朝。場所は、高知県立高知追手前高校門前。
 小西も現れました。
 数人のビラまきです。
 だれもが初めてのビラまきです。
 僕も思いを込めてビラを一枚、一枚、後輩たちに差し出しました。
 登校してくる教師たちにも渡しました。
 校門で服装検査をしていた教師たちが、冷たいまなざしを向けてきました。
 「ありがとう」
 ビラを読んだ山崎が、駆け寄ってきました。
 「成績不良」で留年して二年生の友人です。
 ビラを配り終わって、大池宅でくつろいでいた三人のもとに男性の新聞記者が訪ねてきました。
 「なぜ、このビラを?」
 大池がてきぱき答えました。
 藤崎には、大柄な大池が、それまでよりずーっと大きく見えました。
 何日かあとの朝。藤崎は、「伊野」発の路面電車で高知に向かっていました。
 立っていた藤崎に、小柄な女の子が近づいてきました。
 追手前高校の制服です。この制服が、こんなに似合う子は、ほかにいないなと思いました。一年生です。つぶらな瞳のかわいい子です。
 「どうしてビラをまいたの?」
 藤崎は、彼女の瞳を見つめながら口を開きました。
 路面電車のゴトゴトという音に負けないように、いつの間にか熱弁を振るっている藤崎。
 なんか僕の中の何かが変わり始めている、藤崎は、こう思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都府中市の浅間山(せんげんやま)の太平洋戦争

 【浅間山平和ツアー(二〇〇二年七月二十日)資料】

    「街かど」 ここも戦場だった
    (「しんぶん赤旗」 二〇〇一年五月六日付)

 標高七九・六メートルの山に四季を通じて登っています。東京都府中市の浅間山(せんげんやま)です。取材で市民団体・浅間山自然保護会の人にあらためて案内してもらいました。山内哲夫会長(69)が、山のくぼんだ所を指して「あれは高射砲陣地の跡です」、地滑りのような所を指して「地下壕(ごう)の崩れた跡です」。「えーっ! そうだったんですか」
 〇…前から「変なくぼ地だなぁ」「なぜ、こんな地滑りがあるのかなぁ」と思ってきました。それが…。府中市役所にいって文献をあさりました。浅間山の近くには、一九四一年四月から陸軍燃料廠(しょう)がありました。松やにから航空機用燃料を作る作業もしました。国民学校(小学校)の児童たちも近所の人たちも、ここで働かされました。浅間山も、同燃料廠の一部になっていました。
 〇…四三年から、浅間山にいくつもの横穴式の防空壕(幅約二メートル、高さ約二メートル、奥行き約三十メートル)が掘られました。四四年、四五年のアメリカ軍機の空襲の際は、多くの人が、息せき切って、ここに逃げ込みました。ここも戦場だったのです。
 〇…いま、浅間山は、ここだけに自生しているムサシノキスゲの花の盛り。人々でにぎわっています。平和です。記者も、花を楽しみながら憲法九条に「ミサイル」を撃ち込んできている小泉内閣とどう対決するか、思いを巡らせています。(義)

 ◎都立浅間山公園の戦争と平和

 都立浅間山公園(府中市浅間山四丁目、若松町五丁目、十七・五ヘクタール)にまつわる江戸時代からの歴史を、いろんな文献をもとにまとめました。

   江戸から明治、大正、昭和へ

 昔、浅間山は人見山と呼ばれ、この周辺の地域も人見村と呼ばれていました。
 幕末のころは、百八十石の御家人だった青木シン左衛門が治めていました。
 当時、人見村は、米、麦を作っていて、幕府の禁猟地でした。
 明治になると、青木氏は、品川県(当時、このあたりは東京府下ではありませんでした)から地券をもらって人見山を私有地にしていました。
 村人たちは、元名主にたいして異議を申し立て、大騒動の末、村の共有地として山を南北に二分し、南半分をもらい受けました。
 山のこの部分は、燃料として雑木を切ったり、落ち葉を集めて畑の肥料にしたりすることに利用されました。
 その後、日清戦争(一八九四年八月一日)、日露戦争(一九〇四年二月八日)のころから養蚕が盛んになり、このあたり一帯も一面の桑畑になります。

   山全体が陸軍燃料廠用地に   

 一方、一九三八年四月一日に国家総動員法が公布され戦争に向けて国民を総動員する態勢作りが本格になってきました。そのなかで、陸軍燃料廠を作ろうということになってきました。
 一九三九年五月四日、仮称「陸軍燃料廠」の設置が軍令陸乙第十一号で発令され、その要員を陸軍兵器本廠に増置することになりました。そこで、東京・三宅坂の陸軍省内の一室に仮事務所を設置。同年七月、初代陸軍燃料廠長・長谷川基少将が着任し、西照輜重兵(しちょうへい)大佐以下七、八人の技術将校が中心になり、その編成に着手しました。
 一九四〇年二月、仮事務所は、小石川造兵廠跡に移転しました。
 同時期、陸軍航空本部(経理部)は、府中の約六十町歩の敷地を買収。いまの浅間町一丁目の航空自衛隊府中基地の場所もそうですし、神社を残して浅間山全体も買収されました。
 ところで、当時の浅間山は、いまよりずーっと大きい山でした。
 浅間山付近の一九三〇年ころの地図と七八年ころの地図を比べてみると、この間に浅間山は三分の一になっています。
 三〇年ころは、周辺は桑畑と果樹園です。七八年ころの地図では、北西の部分、東の部分が削り取られています。東の部分は三井物産のグラウンドなどになっています。
 一九四〇年五月、第一陣として約十五人の技術将校が府中に移駐。陸軍燃料廠が本格的に出発しました。
 同年五月ころ、小石川造兵廠跡の陸軍燃料廠に勤めはじめ、七月ころに府中の陸軍燃料廠勤務を言い渡されて、建設中の陸軍燃料廠を見た吉野亥之太郎さん(当時は向島、いまの江東区に在住)は『戦争体験集 戦火の回想』(府中市)に、こう書き記しています。
 「向島から京成電車、市電、省線そして京王線と乗りついで、約二時間余もかかって八幡前駅に降りることができた。桑畑が道路の両側にある旧人見街道を歩いて約十五分、そこは一面の雑木林が連なる広い草原とでも言える通称人見が原古戦場、そこに庁舎の建設が陸軍航空本部の統轄下で急ピッチで進んでいた。余りの広大な土地を造成して建設の現場を見た私は、こんな田舎町に大変なものが出来上がるのだナーと驚いたものであった」
 同年七月三十一日、勅令第四百九十三号により陸軍燃料廠令が制定され、陸軍燃料廠令が正式に発足しました。それによると「陸軍燃料廠は陸軍に必要なる燃料、脂油及び其の副生品の製造、此等製品の検査燃料の購買及貯蔵並に燃料、脂油の製造に関する調査及研究を行う所とす」となっていました。陸軍の燃料関係のセンターです。
 一九四一年四月一日、長谷川少将以下の本部機構が府中に進出しました(総勢五百余人)。
 京王線東府中駅から北に約五百メートル、イチョウ並木突き当たりに陸軍燃料廠の正門がありました。
同じく四月、近くの調布陸軍飛行場(調布市、府中市、三鷹市)も完成しました。
 同年六月二十日、陸軍燃料廠は、多数の技術将校を迎えました。このなかには、京都帝大工学部卒の福井謙一さんもいました。
 同年十二月、陸軍燃料廠の整備が完了しました。

   石油奪取の作戦にもかかわる

 同年十二月八日、日本帝国主義が太平洋戦争を開始しました。
 陸軍燃料廠は、海外侵略による石油奪取の作戦にもかかわりました。
 一九四二年二月十四日、陸軍の落下傘部隊が蘭印石油の主生産地・インドネシアのパレンバンを奇襲攻撃。オランダ系のB・P・Mの精油所をほとんど無傷で、アメリカ系のNKPMを半壊の状態で占領しました。陸軍は、引き続き、三月十一日、パレンバン北方三百キロメートルのジャンビ油田を占領しました。
 陸軍燃料廠は、同年三月中旬、研究部長・勝村福次郎少将をパレンバンに派遣し、被害状況調査をしました。その報告にもとづいて中村大佐以下基幹技術者を現地に転属し、採油、送油、製油などの諸施設の復旧にあたらせました。   
 日本軍が追い込まれ石油の入手が困難になってきた一九四四年ころからは、松根油、アルコールなどの代用燃料が必要になり、陸軍燃料廠でも、装置を改造してアルコールの製造にとりかかりました。
 陸軍燃料廠でやられた研究は、以下のようなものです。
 石炭を原料として人造石油を産出する。
 動植物油から航空潤滑油を合成する。
 松根油などからガソリンを得る。
 天然ゴムを分解してガソリンや潤滑油を合成する。
 陸軍燃料廠軍属だった小峰米蔵さんの一九四一年七月の日記によると、木炭ガス発生炉取付の貨物自動車の試運転もしていました(『戦争体験集 戦火の回想』)。

   府中には兵器工場が続々と

 「国家総動員法(一九三八年四月一日公布)の制定にはじまる戦時体制の本格化は、軍需工業の展開をさかんにした」(『府中市史』 府中市)。 
 少々の繊維産業以外に工業らしい工業を持たなかった府中町に兵器工場が進出してきました。
 【日本製鋼所武蔵製作所】 一九三八年十一月に工場建設が起工され、四〇年五月に操業開始。陸軍からの同社への、東京から三十キロメートル以内の地に戦車を作る工場を作れという指示にもとづく工場建設でした。同社の室蘭製作所でやっていた中型戦車の生産が府中に移されました。軍の管理工場として成立し、相模原陸軍造兵廠の監督下におかれました。四二年には、中型高射砲の生産に一挙に転換させられ、四三年八月から生産を開始しました。同年には工場が陸軍に買い上げられ、国有民営の工場になり、大阪陸軍造兵廠の監督下に移されました。
 【東京芝浦電気府中工場】 一九四〇年九月に建設開始、四一年四月に工場の一部が操業開始。電気機関車、電気用品、電熱装置などの生産。四三年十一月、車両製造部門が分離されて東芝車輌製造所になります。四四年、東芝は軍需会社に指定され、東芝電気府中工場、東芝車輌製造所は、ともに指定軍需工場として国家の管理下に入りました。 
 【日本小型飛行機株式会社】 一九四一年二月、いまの鶴見町に工場用地七万坪を確保し設立されました。軍から、軍隊や物資を輸送するための大型グライダーの製造を要請されて作られました。軍の管理工場として大型グライダーの生産とともに飛行機部品の試作もやりました。部品の試作は、アルミニュウムの不足から飛行機の木製化が計画されたもので、MC47輸送機の尾翼、DC8輸送機の主翼が木で試作されました。ジェット機の試作もやられました。
 近隣の町にも陸軍の巨大施設が次々と作られていきました。
 一九四二年四月には、小平市に陸軍経理学校を開設。
 同年十月には、小金井市、小平市に陸軍技術研究所を開設。
 この二つについては別項の記事を参照してください。

   浅間山に横穴式の防空壕を掘りました

 東府中駅南側、いまの清水が丘二丁目の住宅営団の木造建家屋二百二十五戸が陸軍燃料廠の管理下になりました。見習士官、職員、徴用工員が住みました。
 女子挺身隊員も陸軍燃料廠に勤務しました。
 アメリカ軍機の空襲がひどくなりました。
 浅間山にも高射砲陣地も作られました。
 陸軍燃料廠整備部作業課庶務科にいた沼尾長一さんは、ここでの防空壕作りについて書きています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 「昭和十八年(一九四三年)末期になって各部各課において廠内各所に防空壕堀りが始まった。壕の広さは三十人位収容できる広さのものであった。これと同時に、現在の浅間山地内に在(あ)る浅間山の裾に各部毎(ごと)の防空壕堀りも始まった。壕は巾二米、高さ二米、奥行は三十米ぐらいで、二カ所から同時に掘り始め奥で馬蹄形になって接続した。毎日各部から二十名程の使役が出され、交代で壕堀りを行った」」
 一九四四年四月に陸軍燃料廠経理部調達課に入った勅使河原昭二さんも、そこでの防空壕作りについて書いています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 「戦火も益々(ますます)激しくなり、防衛のため燃料廠の近くにある浅間山(今の浅間町)に防空壕を作ることになった。大がかりの作業なので、大多数の人が使役に従事した。勿論(もちろん)私もその中の一人でありました。朝早く起きて直接現場へ行き、現場から直接帰宅すると云(い)う日が何日も続いた。当時は食糧も不足して栄養も補給出来ないので、体力が待たず大変つらかった。家に帰って風呂に入り夕食をしたら死んだ様に寝てしまう毎日でありました」
 『浅間山歴史散歩 第十六回文化祭参加』(府中工業高校図書委員会)には「軍は、(浅間)山の横腹にコの字型の地下壕(ごう)を作り、ガソリン、生ゴム、砂糖などを貯蔵、保管した。壕を作る作業中にシズク貝の化石がたくさん出て、子供たちがバケツを持って拾い行ったりしたという話も残っている」と書かれています。

   米軍が浅間山に焼夷弾を落下 

 一九四二年六月に陸軍燃料廠に召集された市川忠男さんは、つぎのようにのべています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 「十九年(一九四四年)頃から特に多くなったB29による来襲の警報が鳴るたびに、調弁課内の女子従業員並びに女子挺身隊員の少数を中庭に非常呼集をかけ、集まると駆け足で東門から約五百米位あったと思われる浅間山に掘ってある数カ所の横穴式の防空壕(直径二米、延長三十米位)へ無事に引率するのが任務の一部であった」
 陸軍燃料廠の職員だった平七蔵さんは、つぎのようにのべています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 「昭和二十年に入り空襲は激しくなり、調布飛行場より連絡される米軍機(B29艦載機)の空襲のサイレンがあり、廠舎、宿舎の警備、重要書類等の持ち出し、浅間山にある防空壕への待避が日課になってしまいました。夜間の空襲時には、非番の者は宿舎の警備、自宅の防空壕への家族の待避、廠舎の警備を割り当てられている者は旧燃料廠へかけつけました。
 この頃調布飛行場では米機を迎撃する力はなく、のこされて居(い)る飛行機の待避が精一杯であったようです」
 陸軍燃料廠にいた小枝幾久雄さんは、つぎのようにのべています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 「昭和二十年(一九四五年)の初夏のある夜、(陸軍燃料廠に)かなりの数の焼夷弾が落とされたが大事に至らず消しとめ、翌朝林の中に多くの不発弾が発見された」
 この空襲については陸軍燃料廠に勤務していた小峰米蔵さんが日記に書いています(『戦争体験集 戦火の回想』)。
 五月二十四日(木曜日)の午前一時十五分に警戒警報、空襲警報発令、午前三時四十五分に警戒警報、空襲警報発令解除。「最後より二番目の機より燃料廠北側の廠内山林中に、又(また)最後の機は府中南方矢崎南方近くに各焼夷弾を落下した。燃料廠では約九十坪の山林中の倉庫一棟全焼と他の倉庫一棟を少し焼いた。四時より二時間就寝す」
  ホームページ「244戦隊」には、当時の浅間山と、その周辺の写真が二枚載って入ます。その説明には、こう書かれています。
 「多磨霊園
調布飛行場の北西に位と置する都営多磨霊園は広大な緑地であり、園内の道路も幅員が広く、飛行機の秘匿には絶好の場所だった。
当初は空襲の際、244戦隊の飛行機は誘導路で繋がった中島飛行機三鷹研究所へ待避させていたが、20年2月16および17日、ここが敵艦載機の爆撃を受けたため、これ以降は多磨霊園内とその南一帯に分散秘匿されるようになった。特に常緑の松が茂る霊園内は効果的で、敵機からはほとんど発見されなかった。
 空襲に対しては、飛行場内には身代わりのベニヤ製偽飛行機をそれらしく配置し、本物は秘匿地区に疎開させていたが、これが功を奏して、空襲による地上飛行機の損失は計3~4機程度で済んだ」
 「浅間山 (せんげんやま)
20年5~6月頃、調布飛行場から遠く離れた浅間山山中の秘匿場所へ運ばれる独飛17中隊の100偵。
 後方の丘は多磨霊園の一部(当時はまだ畑)。この場所は府中市若松町5丁目、三井物産運動場辺り。
 浅間山には当時、府中陸軍燃料廠の秘匿燃料タンクが多数設置され、大規模な地下壕も掘られていた」

   岩国の陸軍燃料廠は空襲で壊滅、

 山口県麻里布町(いまは岩国市)にも一九四一年三月、陸軍燃料廠第一製造所が設置されていました。
 一九四五年五月十日、アメリカ軍のB29約二百機は、陸軍燃料廠第一製造所を爆撃。施設は一瞬にして破壊され、二百五十四人が殺されました。   

   太平洋戦争は終わりましたが

 一九四五年八月十五日、天皇制政府、ポツダム宣言を受諾して連合国に降伏。
 アメリカ軍は、陸軍燃料廠(浅間山を含む)を接収し、空軍の司令部機能を設置しました。
 府中基地のアメリカ軍は、浅間山にたくさんあった松の大木を燃料として切ってしまいました。
 その後、一九五一年、浅間山はアメリカ軍から日本に返還されました。
 しかし、アメリカ軍の横暴はやまず、浅間山で非常演習をやりました(一九五二年四月二十八日のサンフランシスコ「平和」条約発効まで)。
 一九五四年、国は浅間山の入会権を復活させるために、浅間山の土地を浅間山周辺の農民五十六軒に払い下げました。一軒平均一反(約千平方メートル)でした。
 一方、一九五四年七月一日、自衛隊が発足し、陸軍燃料廠跡地には、自衛隊の航空総隊(戦闘部隊の司令部)も置かれました。

   都立浅間山公園ができました

 一九五八年から、殖産住宅が浅間山の土地を住宅地用地にと買収を始めました。二、三年間に約八割の家が買収に応じました。
 しかし、「浅間山のかけがいのない自然を守れという、地元をはじめ多くの人々の強い要望があり、都は昭和36年(一九六一年)3月に面積17.69ヘクタールの風致公園として都市計画決定を行い、昭和40年(一九六五年)度から用地買収を開始し」ました(『東京の公園百二十年』 東京都建設局公園緑地部)。
 浅間山の自然を保存しようという運動には日本共産党の長島種次市議、社会党のY市議、自民党のK市議も参加しました。
 そして、一九七〇年六月、都立浅間山公園として開園しました。
 アメリカ軍基地はその後、「関東計画」と呼ばれる基地の集約化が行われ、横田基地へ移転しました。
 一九七五年六月三十日、アメリカ軍府中空軍施設の内、自衛隊使用部分と通信施設を残して五十九万二千百五十八平方メートルが日本に返還されました。返還された土地は、順次、公園、中学校、道路、文化ホール、斎場などになっています。
 いまアメリカ軍の府中の基地は、府中通信施設だけになりました。
 管理部隊はアメリカ空軍第374空輸航空団。一万六千六百十八七メートルの通信鉄塔と施設1棟があり、横田飛行場、大和田通信所、上瀬谷通信施設(神奈川県)との中継通信基地となっています。
 一九八二年、市民団体「浅間山自然保護会」が結成されて、雑木林の間伐、ここだけに自生しているムラサキキスゲの保護など浅間山を守る活動を展開しています。 

    陸軍燃料廠新設 製造、貯蔵に万全 勅令きょう公布
    (読売新聞 一九四〇年七月三十一日付)

陸軍では今回陸軍燃料廠を新設することになりこれに関する勅令を一日付官報で公布することになった、燃料廠は陸軍に必要なる燃料脂油の製造貯蔵を行うと共にこれが調査研究を行うもので従来航空本部その他の分掌されていたのを統合し陸軍の燃料脂油の需給に万全を期することになったものである、この機構は陸軍少将の廠長の下に総務整備、研究、会計の四部制で廠長は大臣に隷し事務を総理するが航空燃料に関しては航空本部長の区処をうけることになっており他の製造所及貯蔵所をもち必要に応じて各地に出張所を設けることになっている、なおこの新設により航空本部令も改正された、新陸軍燃料廠令左の如し

  陸軍燃料廠令
第一条 陸軍燃料廠は陸軍に必要なる燃料、脂油及び其の副生品の製造、此等製品の検査燃料の購買及貯蔵並に燃料、脂油の製造に関する調査及研究を行う所とす
第二条 陸軍燃料廠に総務部、整備部、研究部、会計部並に所要の製造所及貯蔵所を置く、その業務の分掌は陸軍大臣之を定む
第三条 陸軍大臣は必要に応じ陸軍燃料廠の出張所を置き其の業務を分掌せしむることを得
第四条 陸軍燃料廠に左の職員を置く
廠長、部長、製造所長、貯蔵所長、廠員付、准士官、下士官及び判任文官出張所を置きたる場合に於ては出張所長は廠員を以て之に充つ
第五条 廠長は陸軍大臣を隷し陸軍燃料廠の業務を総理す、廠長は航空に関する燃料、脂油の製造調査及び研究に関し陸軍航空本部長の区処を承け
第六条 部長は廠長の命も承け部務を掌理す
第七条 製造所長及貯蔵所長は廠長の命を承け所務を掌理す
第八条 廠員及び付は上官の命を承け各担任の業務を掌る
第九条 准士官、下士官及び判任官は上官の命を承け技術又は事務に従事す
第十条 官庁または民間より燃料及び脂油に関する製造、研究または試験等は指導の依頼ありたるときは第一条の規定に依る業務に妨なき限り陸軍大臣の認可を受けこれに応ずることを得
第十一条 衛戊地外にある製造所又は貯蔵所に衛兵を置く必要あるときは製造所長又は貯蔵所長は所在地所管師団長に衛兵の派遣を請求することを得、この場合においては直ちにこれを廠長に報告すべし
【付則】 本令は昭和十五年八月一日よりこれを施行す

 ◎小平市の陸軍経理学校と小金井市、小平市に陸軍技術研究所

   62年前に見た有事法制 東京・小金井市 村越政雄さん(72)
   家がレールにのせられ畑の中を引かれていった
   (「しんぶん赤旗」 二〇〇二年四月十日付)

 「有事立法の動きを知って、戦争中、同じ地域の人が何人も陸軍に土地を強制買収されたことを思い出しました」。東京都小金井市貫井南町に住むアパート経営の村越政雄さん(72)の有事立法反対の思いは――。(藤原 義一記者)

    「戦争に必要」

 戦前の有事立法・国家総動員法下で陸軍が、小金井市、小平市にまたがる陸軍技術研究所をつくったときのことです。村越さんの住んでいた小金井町(いまの小金井市)貫井の一大事でした。
 一九四〇年二月、貫井の農民たちに軍から“軍用地として貴殿所有の土地を買収したいので、印鑑持参の上ご参集下されたい”という内容の手紙が届きました。
 会場の小金井小学校(いまの市立小金井第一小学校)に集まった農民、関係者は五十余人。買収担当の将校は「土地は元来陛下(昭和天皇)のもので、大戦遂行にぜひ必要な土地であるから、買収することになった。この承諾書に調印するように。不満の者は調印しなくてもよろしい。そのかわり即刻、強制買収の手続きをとる」といいました。
 坪(約三・三〇六平方メートル)五円、四円、三円と軍が一方的に値段を決めていました。
 この買い上げの過程は小金井市誌編さん委員会の『小金井市誌Ⅵ』にも記されています。
 村越さんは、土地を追い出された人の家、土蔵、物置が、元の場所から南東に四百メートルほどの移転先に引かれていくのを見ました。小学校四、五年生のときです。
 家ごと四万平方メートルの土地を買収された農業・荒畑藤吉さん(故人)宅のものでした。

    二度奪われた

 「家をコロ(重い物をころがすための丸い棒)とレールに乗せて、三十人ほどのおとなたちが畑の中を引いていきました。何日も何日もかかりました」
 荒畑さんは、買収の値段が安過ぎるので、何度も軍の師団司令部にいきましたが「いやならいやでよい。国家総動員法の一三条と一六条で、ただで没収することになる」といわれ、調印せざるを得なかったのです。
 村越さんは、最近、近くに住む荒畑さんの息子・文夫さん(69)=小金井市貫井北町=に聞いて、荒畑家が、四二年に、再度、同研究所用地として買収されたことを知りました。四万平方メートルの買収でした。
 そのときも、南東の次の土地へと家を引きました。
 いま、そこに住んでいる文夫さんは、そのとき引っ越した土地の代金は坪十五円だったといいます。軍の買収価格が、いかに安かったかがわかります。
 陸軍の買い上げた宅地、工場用地、畑、雑木林は、計百七十五万平方メートルに上りました。
 陸軍は、同研究所を四二年十月に設置。ここで第一、第二、第三、第五、第八の各研究所が侵略戦争推進のために兵器開発の研究をやりました。
恐ろしい軍隊
 荒畑さんの家が引かれていくのを見たとき、村越さんは、子ども心に「軍隊は恐ろしい力を持っているなぁ。ひどいことをするなぁ」と思いました。
 村越さんは、いま、その思いをよみがえらせながら地域の人々に有事立法反対の請願への署名をお願いしています。
 政府が国会に提出しようとしている有事立法は、アメリカの計画する戦争のためにアメリカ軍や自衛隊が国民を動員する、必要とあれば土地も取り上げてしまう法律だからです。

 国家総動員法 一九三八年に制定されました。一三条で、「国家総動員上必要あるときは」土地、家屋などを収用できるようになっていました。一六条では事業に属す設備や権利を移動できるようになっていました。拒んだり、妨げたり、忌避した人は、三年以下、二年以下の懲役などの刑に処せられました。

   戦争国家法案 三枚のはがきが語る土地接収
   戦中、陸軍施設の建設、拡張で反対の声も出せずに…
   東京・小平市 中島幸一さん
   (「しんぶん赤旗」 二〇〇二年四月二十三日付)

 「有事」を口実に国民の土地、建物も取り上げてしまう―政府が国会に提出している戦争国家法案です。戦前の戦時立法・国家総動員法(一九三八年四月公布)下でも同様のことがやられました。陸軍省が東京都小平市に陸軍経理学校を造るときの接収もそうでした。同市御幸町(みゆきちょう)の中島幸一さん(80)が、そのことを示すはがき三枚を保存しています。(藤原 義一記者)

 陸軍経理学校は東京・新宿の若松町にありました。太平洋戦争(四一年十二月開戦)の進展にともなって施設の本格的な充実のために四二年四月、小平市(当時は小平村)に移転しました。
 「小川新田山家(おがわしんでんさんや=いまの同市喜平町)なんか、民家の裏にあった畑が、ほとんど陸軍経理学校の用地に買収されてしまいました」
 幸一さんが当時のことを語ります。
 陸軍は、小川新田山家地域の地積約四十五万平方メートル中62・2%を接収。これは農地の80%以上に上りました。買収価格は、一律に坪(約三・三〇六平方メートル)三円だったといいます。
 「この買収は全く軍部の一方的なものであって、山家部落では以後の農業が困難になる関係上、計画案より百八十一・八メートル(百間)北に移動するように要求したが聞き入れられず、買収前にすでに工事が始まるという有様であった」(『郷土こだいら』、小平市教育委員会発行)

     陸軍から文書

 幸一さんが保存しているのは、いずれも八王子区裁判所田無出張所の一九四五年一月十二日付のはがきで、父・中島安五郎さんあてです。陸軍省が、これこれの土地を買い取って登記したということを通知する「代位登記通知書」です。
 一通は、四二年六月十二日に陸軍省が陸軍経理学校の排水溝用地として中島さん宅の、いまの同市鈴木町一丁目の桑畑約二百九十四平方メートルを強制買収したときのものです。
 「父に、陸軍から、こういう計画で買収する、実印と印鑑証明を持って小平村役場にこいという文書がきました。父が村役場にいったら、軍人がきていて、こういう計画だから売買契約を結ぶ、登記は軍が代位登記するということだったといいます」
 幸一さんは、当時から父と一緒に、いまの家に住んでいて、都内の立川陸軍航空廠(しょう)に軍属として勤めていました。
 もう二通の「代位登記通知書」は四四年九月十八日の強制買収のときのものです。
 以前に接収された土地の近くの桑畑約八百九十二平方メートルも同じ陸軍経理学校の実弾射撃場用地として買収されました。
 陸軍経理学校の土地は、いまは陸上自衛隊小平駐屯地、関東管区警察学校、国土交通大学校、国土建設学院、小平団地、武蔵野団地などになっています。

     昔と同じだな

 幸一さんは当時を振り返って語ります。
 「農民にとって畑は大事なものですが、国、軍の計画だから文句はいえません。反対なんかすると、『売国奴だ』『非国民だ』などといわれて、すぐ憲兵に連れていかれます。反対なんか、絶対にできない。当時は、そんな時代になっていました。戦争中は軍が演習にきて、どんどん民家の敷地の中に入っても文句がいえませんでした。(戦争国家法の記事の)新聞を見て、昔のあれと同じようだなぁと感じています」

   ◎府中市の米軍基地の役割

   1950年代末在日米軍が核攻撃計画
   (東奥日報 二〇〇一年一月二十七日付)

 台湾海峡で米国と中国が一触即発の状態に陥るなど、東アジアが世界戦争の瀬戸際に立たされていた一九五九(昭和三十四)年、東京都府中市に司令部を置く第五空軍は、極東ソ連、中国、北朝鮮の三十二カ所以上の軍事施設を目標とした独自の核先制攻撃を計画していたことが、東奥日報社が入手した米軍機密文書から分かった。「クイック・ストライク(即時攻撃)」と呼ばれる計画で、三沢など日本国内の基地に展開する戦闘機、爆撃機が核弾頭の出し入れが自由な韓国に移動してアラート態勢を取り、出撃することになっていた。日本最北の拠点として重要視されていた三沢の第二一戦術戦闘航空団には目標が二カ所与えられ、その数は最大十七カ所まで増える予定だった。

 当時、米空軍がEWP(緊急戦争計画)と呼ばれる世界規模の核戦争計画を用意していたことは、すでに明らかになっているが、第二の核戦争計画ともいうべき「クイック・ストライク」の存在が確認されたのは初めて。また、核攻撃に伴う具体的な出撃基地名と基地別の目標数が特定されたのも世界的に初めて。
 米国の情報公開制度によって、米空軍戦史調査局(アラバマ州)から入手した沖縄・嘉手納基地の第一八戦術戦闘航空団のコマンド・ヒストリー(部隊史)に記載されていた。
 それによると、クイック・ストライク計画は太平洋空軍司令部(ハワイ)の指示によるもので、五九年四月に攻撃態勢を完了した。第五空軍は北東アジアを作戦範囲とし、ソ連、中国、北朝鮮と直接対峙(たいじ)する前線部隊と位置付けられていた。
 攻撃目標数は指揮下にある部隊ごとに割り当てられ、三沢基地の第二一戦術戦闘航空団が二、埼玉県入間基地の第三爆撃航空団八、嘉手納基地の第一八戦術戦闘航空団十四、韓国・烏山(オサン)基地の第八戦術戦闘航空団八-の計三十二カ所。
 三沢と入間の攻撃機はソウル南方にある群山(クンサン)基地に進出し、そこから出撃することになっていた。米軍は日本国内に核弾頭を置いていなかったためで、保管・貯蔵が可能な嘉手納(当時は米軍政下)、烏山基地の部隊は、それぞれの基地から出撃する予定だった。
 その後、攻撃目標数は六〇年十月まで五回にわたり、計八十三カ所(うち三沢の第二一戦術戦闘航空団は十七カ所)まで増やす予定だったが、実際に目標割り当てが文書で確認されたのは五九年七月の三沢五、入間八、嘉手納十六、烏山十一-の計四十カ所。
 六〇年代前半に、SIOP(単一統合作戦計画)と呼ばれる米空・海・陸三軍合同の新しい核戦争計画が策定されたため、クイック・ストライク計画は途中の段階でSIOPに統合、吸収されたとみられる。
 使用する機体は当時の最新鋭で、三沢、嘉手納、烏山の部隊はF100戦闘爆撃機スーパーセーバー、入間はB57軽爆撃機キャンベラ。核爆弾は戦術用のMK7(爆発力は広島型原爆の十四倍に当たる七十キロトン)とMK28(同七十倍の一メガトン)を想定、一機が一発ずつ搭載する予定だった。
 また、当時の第五空軍が嘉手納に二百四十個の核弾頭を貯蔵していたことも文書から分かった。計画に伴い、群山、烏山、嘉手納の各出撃基地では、常時二機が実際に核爆弾を搭載し、十五分以内にいつでも飛び立てる二十四時間警戒態勢を取っていたという。

核の臨戦態勢知る貴重な資料

 核問題研究の第一人者、新原昭治氏(東京都東村山市)の話 ここまで具体的に在日米軍の核攻撃計画をつかんだのは初めて。非常に貴重な資料だ。日本人の認識は低いが、(クイック・ストライク計画が策定される前後の)一九五八-五九年はアジアが最も核戦争に近かった時期で、資料を見ると、米軍が真剣に核を使うことを考えていたことがよく分かる。現在の感覚では信じられないほどの核の臨戦態勢だ。出撃基地を日本国内に置かなかったのは、無理を押し通した場合の日本国民の反動を気にしたためだろう。

台湾危機 一九五八年七月、台湾海峡で台湾(国民党)の戦闘機二機が中国側に撃墜されたことから緊張が高まり、八月には中国軍が大陸から八キロ沖にある金門島の国民党軍を砲撃。米軍の介入によって全面戦争への拡大が懸念された。第五空軍は核弾頭が保管されていた嘉手納基地に対して、特別輸送機への核弾頭の搭載と三沢を含む指揮下全部隊に警戒態勢を指示、核ミサイル巡洋艦が台湾に急行した。事態は十月に沈静化したが、台湾海峡での米中の緊張はその後も続いた。

【解説】「次の戦いは核戦争でしかあり得ない」と、世界中のだれもが思っていた東西冷戦時代。米国は国家の生存を懸け、あらゆる事態を想定した核戦争計画の立案に迫られていた。その一つが今回、米空軍機密文書から明らかになった「クイック・ストライク」計画だ。
 当時、米空軍はすでにEWP(緊急戦争計画)と呼ばれる全面核戦争計画を用意していた。核による全世界規模の大量報復戦略で、この中で三沢と入間(埼玉県)基地は出撃拠点の一つに位置付けられ、有事には沖縄の嘉手納基地から両基地へ輸送機で運び込まれる核弾頭を搭載し、ソ連沿海州や中国東北部、北朝鮮などへ核攻撃を加えることになっていた。
 しかし、EWPは米空軍全体での運用を想定した「大計画」のため小回りが利かず、使いづらい面があった。これに対して、実用性に富み、しかも先制攻撃を可能にしたのが、在日米空軍(第五空軍)レベルでのクイック・ストライクだった。
 クイック・ストライク計画のコンセプトは、ソ連・中国などの共産圏諸国が侵攻の兆候を見せた場合、すかさず保有核兵力の三分の一で先制攻撃を加え出はなをくじく-というもの。このため、出撃基地は核弾頭を備蓄・保管し、いつでも使える状態にある韓国と沖縄の基地に限定。核弾頭を輸送機で運ぶ必要があり、出撃まで時間のかかる三沢や入間など日本国内の基地は除外した。
 核出撃基地を日本国内に置かなかった背景には、日米安保条約の改定をめぐり、騒然としていた当時の日本の世論をことさら刺激したくない-との米国側の思惑もあったとみられる。
 これまで、EWPについては研究者や本紙報道などで知られていたが、複数の核戦争計画の存在が明らかにされたのは初めて。クイック・ストライク態勢はその後、数年間にわたって維持されたが、一九六〇年代前半に米三軍(空・海・陸)が「合理的な全面核戦争の遂行」を目的に実用化したSIOP(単一統合作戦計画)へと吸収される。
 朝鮮戦争(五〇-五三年)、台湾危機(五八年)と第三次世界大戦の火種が常にくすぶり続けた東アジアの政治的不安定さを象徴するものが、まさにクイック・ストライク計画といえる。(社会部・斉藤光政)

   府中市に米軍核戦争拠点:1974年まで
   (毎日新聞 一九九九年八月五日付)

 東京都府中市に1945年から74年まであった米・第5空軍基地施設内に、67年から5年間、米太平洋軍(司令部・ハワイ)の核戦争を想定した作戦連絡事務所が設置され、日本が米国の重要な核戦略拠点になっていたことが、このほど初公開された米太平洋軍の66~72年の年次記録などで明らかになった。冷戦期、「核の傘」がどういう実態だったかが示された。【高村 洋一】

 安全保障問題などが専門の「ノーチラス研究所」(カリフォルニア州)のハンス・クリステンセン研究員が、情報公開法により入手、原文をインターネットで公開した。
 それによると、米軍の核戦略に核兵器を搭載した航空機や艦船を一体として運用する「単一統合作戦計画」(SINGLE INTEGRATED OPERATIONAL PLAN)が存在。この遂行のため、府中市に太平洋指令作戦連絡事務所(PASIFIC COMMAMD OPERATIONS LIAISON OFFICE)が67年から72年まで置かれ、作戦計画が立てられた。
 4人の将校と3人の事務員が勤務。核戦争に備える太平洋地域の「事前偵察計画」作成や核を使用した場合に敵の軍事施設などにどの程度のダメージを与えるかの分析にもあたった。
 事務所閉鎖後も「作戦計画そのものは横田基地(東京都)や嘉手納基地(沖縄県=当時は復帰前)で引き続き遂行された」と記され、75年には核戦争時に作戦を指揮する航空機「ブルー・イーグル」が両基地とフィリピン基地で10回の核戦争の「地上警戒待機」訓練を実施していた。
 さらに別の公開資料には、79年10月、韓国の朴正煕(パクチョンヒ)大統領が暗殺された直後、米国は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から攻撃があった場合に韓国を支援するため、空母キティーホークを横須賀から東シナ海に派遣したとあった。当時の「キティーホーク 西太平洋・インド洋派遣リポート」には「11月、韓国からフィリピンへ向かう途中に実施した演習は、模擬核爆弾11発を投下して終了した」と書かれていた。
 また、時期不明だが、日本近海とみられる地域での防空・空爆演習で「核戦争の伝達過程NUCLEAR BROADCAST PROCEDURES)のための訓練を実施した」との記述もあった。クリステンセン研究員によると、核兵器を装備したすべての部隊に、無線などで作戦指令を伝達する訓練という。
 これらの資料について米国の核戦略に詳しい軍縮問題専門家の梅林宏道さんは「日本国民が何も知らされないうちに、領土や領海が米国の核作戦に利用されており、『核の傘』の代償の大きさを証明している。驚いた」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍歌、戦時歌謡の研究 未完

2004年08月29日から
軍歌、戦時歌謡の研究
 
   一 はじめに
    
 大学受験勉強を始めています。
 論文の練習をしたいと思います。
 最初に手をつけるテーマは「軍歌、戦時歌謡は、日本国民をどこに導こうとしたのか」です。
 明治元年以来の、「天皇の御代」の軍歌、戦時歌謡です。
 日本は、世界の主要な独占資本主義国の一つになっていきましたが、国を統治する全権限を天皇が握る専制政治(絶対主義的天皇制)がしかれ、国民から権利と自由を奪うとともに、農村では重い小作料で耕作農民をしめつける半封建的な地主制度が支配し、独占資本主義も労働者の無権利と過酷な搾取を特徴としていました。この体制のもと、日本は、アジアで唯一の帝国主義国として、アジア諸国にたいする侵略と戦争の道を進んでいました。
 日本帝国主義は、ロシア革命と中国革命にたいする干渉戦争、中国にたいする侵略戦争にを開始しました。朝鮮、台湾を植民地にしました。
 こうした中、軍歌、戦時歌謡も明治元年以来、作り続けられ、歌い続けられてきました。
 そして、日本帝国主義の侵略の拡大とともに、その数も増え、歌われる回数も増えていきました。
 日本帝国主義は、一九三一年、中国の東北部への侵略戦争を、三七年には中国への全面侵略戦争を開始して、第二次世界大戦に道を開く最初の侵略国家となりました。
 この過程で、どのような軍歌、戦時歌謡が作られ、歌われたでしょうか。
 四〇年、ヨーロッパにおけるドイツ、イタリアのファシズム国家と軍事同盟を結成し、四一年には、中国侵略の戦争をアジア・太平洋全域に拡大して、第二次世界大戦の推進者となりました。
 この過程で、軍歌、戦時歌謡は、どうだったでしょうか。
 侵略戦争は、二千万人をこえるアジア諸国民と三百万人をこえる日本国民の生命を奪いました。
 この戦争のなかで、沖縄は地上戦の戦場となり、日本本土も全土にわたる空襲で多くの地方が焦土となりました。
 四五年八月には、アメリカ軍によって広島、長崎に世界最初の原爆が投下され、その犠牲者は二十数万人にのぼり(同年末までの人数)、日本国民は、核兵器の惨害をその歴史に刻み込んだ被爆国民となりました。
 ファシズムと軍国主義の日独伊三国同盟が世界的に敗退するなかで、四五年八月、日本帝国主義は敗北し、日本政府はポツダム宣言を受諾しました。
 軍歌、戦時歌謡と、こうした過程を重ねながら、「軍歌、戦時歌謡は、日本国民をどこに導こうとしたのか」、そして、それが、どういう結末だったかを追求します。
 以下、順不同、資料の手に入った項目から始めます。
 最終的に並べ替え、整理して、一貫した論文にしたいと思っています。
   二 「お山の杉の子」
    
 「お山の杉の子」は、一九四四年十一月制定の「国民合唱曲」です(作詞・吉田テフ子、補作詞・サトウハチロー、作曲・佐々木すぐる)。
 四四年、少国民文化協会の少国民歌の懸賞募集の一位入賞歌です。
 作詞者の吉田テフ子は二〇年、椎材の産地、徳島県宍喰町の素封家に生まれました。子どものころ、木材の供出が多く禿山が増えていったことを回想しての詞であるといわれています。
 一、
 むかしむかし そのむかし
 椎の木林の すぐそばに
 小さなお山が あったとさ あったとさ
 丸々坊主の 禿山は
 いつでもみんなの 笑いもの
 これこれ杉の子 起きなさい
 お日さまニコニコ 声かけた 声かけた
 二、
 一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いい)、六(むう)、七(な)、
 八日(ようか)九日(ここのか) 十日(とうか)たち
 ニョッキリ芽が出る 山の上 山の上
 小さな杉の子 顔出して
 はいはいお日さま 今日は
 これを眺めた 椎の木は
 アッハハのアッハハと 大笑い 大笑い
 ここまでは、かわいい歌ですが……。
 三、
 「こんなちび助 何になる」
 びっくり仰天 杉の子は
 おもわずお首を ひっこめた ひっこめた
 ひっこめながらも 考えた
 「なんの負けるか 今に見ろ」
 大きくなって 国のため
 お役に立って みせまする みせまする
 四、
 ラジオ体操 一二三
 子どもは元気で 伸びてゆく
 昔々の禿山は 禿山は
 今では立派な 杉山だ
 誉れの家の 子のように
 強く 大きく 逞(たく)ましく
 椎の木見おろす 大杉だ 大杉だ
 五、
 大きな杉は 何になる
 兵隊さんを 運ぶ船
 傷痍(しょうい)の勇士の 寝るお家 寝るお家
 本箱 お机 下駄 足駄
 おいしいお弁当 食べる箸
 鉛筆 筆入れ そのほかに
 嬉しや(楽しや) まだまだ 役に立つ 役に立つ
 六、
 さあさ負けるな 杉の木に
 勇士の遺児なら なお強い
 体を鍛え 頑張って 頑張って
 今に立派な 兵隊さん
 忠義孝行 ひとすじに
 お日さま出る国 神の国
 この日本を 守りましょう 守りましょう
 
 「誉れの家」は、戦死者の出た家のことです。戦死をした家の人には「誉れの家」という表札が配られて張ってありました。
「忠義孝行」というのは、戦争の責任者、大元帥である昭和天皇への忠義孝行です。
「神の国」は、日本で、当時は、日本は万世一系の天皇が治める神の国とされていました。
 「お山の杉の子」は、子どもたちに「体を鍛え 頑張って 頑張って 今に立派な (天皇のための)兵隊さん」になりなさいという歌でした。
 戦後は、三番以降は、()のように改作されています。
 三、
 「こんなちび助 何になる」
 びっくり仰天 杉の子は
 おもわずお首を ひっこめた ひっこめた
 ひっこめながらも 考えた
 「なんの負けるか 今に見ろ」
 大きくなって 国のため(大きくなったら 皆のため)
 お役に立って みせまする みせまする
 四、
 ラジオ体操 一二三(ほがらかに)
 子どもは元気で 伸びてゆく
 昔々の禿山は 禿山は
 今では立派な 杉山だ
 誉れの家の 子のように (誰でも感心 するような)
 強く 大きく 逞(たく)ましく
 椎の木見おろす 大杉だ 大杉だ
 五、
 大きな杉は 何になる
 兵隊さんを 運ぶ船(お船の帆柱 はしご段)
 傷痍(しょうい)の勇士の 寝るお家 寝るお家(とんとん大工さん たてる家 たてる家 )
 本箱 お机 下駄 足駄
 おいしいお弁当 食べる箸
 鉛筆 筆入れ そのほかに
 嬉しや(楽しや) まだまだ 役に立つ 役に立つ
 六、
 さあさ負けるな 杉の木に
 勇士の遺児なら なお強い(すくすく伸びよう 皆伸びよう)
 体を鍛え 頑張って 頑張って(スポーツ忘れず 頑張って 頑張って)
 今に立派な 兵隊さん(すべてに立派な 人となり)
 忠義孝行 ひとすじに(正しい生活 ひとすじに )
 お日さま出る国 神の国(明るい楽しい このお国)
 この日本を 守りましょう 守りましょう(わが日本を つくりましょう つくりましょう)
   三 「海行かば」
 
 天皇の侵略戦争のために死のうではないかと呼びかけたのは一九三七年の「海行かば」(作詞・大伴家持、作曲・信時潔)です。
 海行かば
 水漬(みづ)くかばね
 山行かば
 草むすかばね
 大君の辺(へ)にこそ死なめ
 顧みはせじ
 つぎのような意味です。
 海のたたかいでは
 水に浸ったしかばねとなり
 陸のたたかいでは
 草生すしかばねとなって
 天皇陛下のお傍で死のう
 後悔はしない 
 一九四三年十二月、文部省と大政翼賛会が、この歌を儀式に用いることに決めました。
 天皇政府の国民にたいする要求に、背筋が寒くなる思いです。
   四 子どもたちへの檄
    
 大阪府堺市の小宮征夫さんが、太平洋戦争中の経験を書いています。
 <ラジオは毎日、大本営発表の帝国陸海軍の戦果を流していた。新聞には日本軍が占領した中国や東南アジアの版図が描かれ、そこに日の丸の旗が立っていた。太平洋戦争中の一九四二年、鹿児島県の大きな川沿いのまち、川内市に住んでいた私は、五歳だった。
 菓子も配給制になり、幼稚園の遊戯にも兵隊さんが登場した。「♪兵隊さん兵隊さん旗を立てて 今日はどこへ行きますか お国のために 強い兵隊さんになれる子どもを呼びにいく」(題は不明。歌詞は、こうだったと思うが…)。私たち園児が木銃をかついで行進しながら合唱するのだった。
 「♪肩を並べて 兄さんと きょうも学校へ ゆけるのは 兵隊さんのおかげです…」(「兵隊さんよありがとう」)。そんな歌とともに川内国民学校一年生になった。
 校門をくぐると、まず、天皇の写真をまつったほこら・奉安殿に最敬礼。朝礼では直立不動の姿勢で皇居の方向にまたもや最敬礼。訓話の最中はトイレにいってはならない。何人もの児童が立ったまま「おもらし」をした。私も、その一人で上級生に付き添われ、汚れた服のままとぼとぼと家に帰った。母の顔を見るなり「わっ!」と、泣き出してしまった。
 四五年、二年生。授業そっちのけで防空壕への避難訓練だ。「♪イヤな所だよ 軍隊は 金の茶碗に 金の箸 仏さまでも あるまいに 一ぜん飯とは情けなや…」(「軍隊ストトン節」)。ひそかにはやっていた歌をうたっていたら、母がくちびるに手を当てて「しっ!」と、私をにらんだ。
 そして川内空襲。家を焼かれ、米軍機の銃爆撃にさらされて家族が逃げまどった日々。空襲で私を除く家族全員が負傷。五歳の妹は左足を切断された。
 叔父四人のうち三人は白木の箱で帰国した>(「しんぶん赤旗」日刊紙、二〇〇四年八月六日付、「終戦59年目読者の手記 いま語る平和の誓い」)。
 
 「兵隊さんよありがとう(皇軍将士に感謝の歌)」(一九三九年二月、朝日新聞社選定、作詞・橋本善三郎、作曲・佐々木すぐる)は、こんな歌詞です。
 一、肩をならべて兄さんと
   今日も学校へ 行けるのは
   兵隊さんのおかげです
   お国のために
   お国のために戦った
   兵隊さんのおかげです
 二、夕べ楽しい 御飯どき
   家内そろって 語るのも
   兵隊さんの おかげです
   お国のために
   お国のために 傷ついた
   兵隊さんの おかげです
 三、淋しいけれど 母さまと
   今日もまどかに 眠るのも
   兵隊さんの おかげです
   お国のために
   お国のために 戦死した
   兵隊さんの おかげです
 四、明日から支那の 友達と
   仲良く暮らしてゆけるのも
   兵隊さんの おかげです
   お国のために
   お国のために 尽くされた
   兵隊さんの おかげです
   兵隊さんよ ありがとう
   兵隊さんよ ありがとう
 大元帥・昭和天皇に動員されて、侵略地で中国人などにむごい仕打ちをしていた天皇の軍隊への賛歌です。
 昭和天皇の機関紙の一つ、朝日新聞の柔らかい子どもたちの頭脳を狙った攻撃です。
 朝日新聞社が、一九三九年二月に「皇軍将士に感謝の歌」に選定した歌は、もう一曲あります。「父よあなたは強かった」(作詞・福田 節、作曲・明本京静)です。
 一、父よあなたは 強かった
   兜(かぶと)も焦がす 炎熱を
   敵の屍(かばね)と ともに寝て
   泥水すすり 草を噛み
   荒れた山河を 幾千里
   よくこそ撃って 下さった
 二、夫よあなたは 強かった
   骨まで凍る 酷寒を
   背をもとどかぬ クリークに
   三日も浸(ひた)かって いたとやら
   十日も食べずに いたとやら
   よくこそ勝って 下さった
 三、兄よ弟よ ありがとう
   弾丸(たま)も機雷も 濁流も
   夜を日に進む 軍艦旗
   名も荒鷲の 羽ばたきに
   残る敵機の 影もなし
   よくこそ遂げて 下さった
 四、友よわが子よ ありがとう
   誉(ほまれ)の 傷のものがたり
   何度聞いても 目がうるむ
   あの日の戦(いくさ)に 散った子も
   今日は九段の 桜花
   よくこそ咲いて 下さった
 五、ああ御身(おんみ)らの 功(いさお)こそ
   一億民(たみ)のまごころを
   ひとつに結ぶ 大和魂(だま)
   いま大陸の 青空に
   日の丸高く 映えるとき
   泣いて拝(おがむ)む 鉄兜
 
 「強かった」と、過去形であることに注意。
 天皇の指揮下で侵略に参加した多くの日本人が侵略者として非業の死をとげました。
   五 「蛍の光」の意図
 「蛍の光」(原題は「蛍」)は、一八八一年に出された日本で最初の音楽の教科書『小学唱歌集』に収められました。作詞は、東京師範学校の稲垣千頴(いながき・ちかい)、曲はスコットランド民謡です。
 一、ほたるの光、窓(まど)の雪。
   書(ふみ)よむ月日、重ねつつ。
   いつしか年も、すぎの戸を、
   明けてぞ、けさは、別れゆく。
 ニ、とまるも行くも、限りとて、
   かたみに思う、ちよろずの、
   心のはしを、一言(ひとこと)に、
   さきくとばかり、歌うなり。
 三、筑紫(つくし)のきわみ、みちのおく、
   海山(うみやま)とおく、へだつとも、
   その真心(まごころ)は、へだてなく、
   ひとつに尽くせ、国のため。
 四、千島(ちしま)のおくも、沖縄(おきなわ)も、
   八洲(やしま)のうちの、守りなり。
   至らん国に、いさおしく。
   つとめよ わがせ、つつがなく。
 一八七二年十月十六日、琉球国王・尚泰を琉球藩主とし、華族としました。
 一八七三年一月十日、徴兵令を発布しました。
 一八七四年二月六日、閣議、台湾出兵を決定(五月二十二日、台湾上陸)。
 一八七五年五月七日、樺太・千島交換条約を締結しました。
 同年九月二十日、日本の軍艦が朝鮮の領海をおかし、江華島の守備隊が砲撃しました(江華島事件)。
 一八七六年二月二十六日、江華島事件を口実に朝鮮政府をおどして日朝修好条規を調印(江華条約)、日本は、朝鮮にたいして治外法権をおしつけました。
 一八七九年四月四日、琉球藩を廃止し沖縄県を設置しました。
 こうした他国侵略の機運のなかで、この歌は生まれました。
 一八八二年一月四日、軍人勅諭を発布し、天皇の統帥権を明示しました。
 その後、天皇制政府は、清朝中国と朝鮮の支配を争った日清戦争(一八九四年-九五年)では、中国から台湾や遼東半島を奪いとり、これを植民地としました。そして、日本の朝鮮支配に反対していた朝鮮の王妃・●「門」の中に「文」●妃(びんひ)を殺害しました。その後、帝政ロシアとのあいだで中国東北部と朝鮮の支配権を争った日露戦争(一九〇四年-〇五年)をひきおこし、一九〇五年には、「韓国保護条約」で外交権をとりあげて朝鮮を日本の「保護国」にしました。
 こうしたころには、「蛍の光」の四番の歌詞も、つぎのように変更されました。
 四、台湾のはても 樺太も
   八洲(やしま)のうちの、守りなり。
   至らん国に、いさおしく。
   つとめよ わがせ、つつがなく。
 戦後生まれの私などは、一番、二番しか知りませんでした。
 三番、四番のことを知ったのは一九八二年のことでした。
 同年三月二十四日、東京都北区の毛利順男・教育委員会指導室長が区内の四十六の小学校の校長に出した「卒業証書授与式における式歌について」という事務連絡のなかに、三番、四番のことがあったのです。
 <3月25日に行われる卒業証書授与式について、日常の指導の成果が発揮されるようお願いいたします。尚、これにつき次の二点についてご配慮くださるようお願いいたします。
   記
 1、国歌斉唱について
   式次第に「君が代斉唱」とある場合、「国歌斉唱」と呼称してください。
 1、ほたるの光について
   1、2番のみならず、3、4番についても今後ご配慮願います。>
 「参考」として「ほたるの光」の三番、四番の歌詞も印刷されていました。
 この曲そのものは小学校五年生の音楽教科書に出ていましたが、教育芸術社、東京書籍、音楽之友社、教育出版の教科書を見ても、歌詞は一番、二番しか載っていませんでした。
 なぜ、しかも、卒業式の前日に…。この事務連絡は教育現場からの強い反発を受けました。
 (この北区の経過については、「しんぶん赤旗」日刊紙、一九八三年二月十六日付、十七日付、十九日付、二十日付、二十二日付の連載「教育を考える」に載っています)
   六 「いざ来いニミッツ マッカーサー」
    
 ついに軍歌は、ここまできたかと思わせるのが「比島決戦の歌」(一九四四年三月、作詞・西條八十、作曲・古関裕而) です。
 一、決戦かがやく 亜細亜の曙
   命(いのち)惜しまぬ 若櫻
   いま咲き競う フィリッピン
   いざ来いニミッツ マッカーサー
   出て来りゃ地獄へ 逆落とし
 二、陸には猛虎(もうこ)の 山下将軍
   海に鉄血(てっけつ) 大河内(おおかはち)
   みよ頼もしの 必殺陣
   いざ来いニミッツ マッカーサー
   出て来りゃ地獄へ 逆落とし
 三、正義の雷(いかづち) 世界を震わせ
   特攻隊の 往くところ
   われら一億 共に往く
   いざ来いニミッツ マッカーサー
   出て来りゃ地獄へ 逆落とし
 四、御陵威(みいつ)に栄(さか)ゆる 同胞(はらから)十億
   興亡岐(わか)つ この一戦
   ああ血煙の フィリッピン
   いざ来いニミッツ マッカーサー
   出て来りゃ地獄へ 逆落とし
 軍部の依頼で、読売新聞社が作詞を西條八十に依頼したものです。
 当時のアメリカ軍の指揮官が、マッカーサー(陸軍総司令)、二ミッツ(海軍総司令)の両将軍でした。
 歌の目的は、フィリピン(比島)の決戦を機に、さらに国民の士気をふるいたたせ敵がい心をたかめるためです。
 歌と平行して「いざ来いニミッツ・マッカーサー、出てくりゃ地獄へさか落し」と記した大きな長い垂れ幕が、東京の丸ビルや有楽町駅の近くのビルの屋上や屋根に出されました。
 日本軍は、反抗を開始したアメリカ軍によって、一九四二年のミッドウェー海戦に敗れ、それ以後、つぎつぎと敗北と退却をつづけました。
 この歌は、こうしたなかでつくられたものです。
 アメリカ軍は、一九四四年七月から九月には、サイパン、グアム、テニアンのマリアナ諸島を占領し、ここに日本本土を爆撃する基地をつくりました。
 この年の十月二十日、アメリカ軍はフィリピンのレイテ島に上陸。同月二十四日、日本海軍は、レイテ沖海戦で敗れ、連合艦隊の主力を失いました。
 そして、一九四五年二月にはフィリピンのルソン島をアメリカ軍に奪われ、三月には硫黄島(いおうとう)の守備兵二万人が全滅します。
 中国でも、この年の春から八路軍(はちろぐん)の反抗が強まり、日本軍の退却がはじまりました。
 西條が、戦後、軍歌について書いています。
 「ぼくは流行歌、軍歌の如き歌謡は、もとから芸術品ではないと考えている。だが、芸術品でなくとも、これらには政治、産業などと同じく、百万人、千万人の人間を動かす力があるのだ。そういう点で、男子が一生を賭ける仕事として価値があると信じるのだ」(『私の履歴書 第十七集』、日本経済新聞社)
 「流行歌、軍歌の如き歌謡」と流行歌、軍歌をひとまとめにしたずるいいいかたで、軍歌をつくったことの「価値」を論じている文章です。
 西條は、同じ文章で「いざ来いニミッツ マッカーサー 出て来りゃ地獄へ 逆落とし」のところは自分の創作ではなく、レコード吹き込みに立ち会った参謀本部の軍人たちの創作だと他人の弁を借りながら弁明していますが、この部分があってもなくても、一億に必勝を呼びかけた「比島決戦の歌」の本質は変わりません。
   七 靖国神社賛歌
    
 東京の靖国神社は、“天皇のために”戦死した軍人、軍属らを「祭神」とする、特異な神社です。西南戦争の西郷隆盛ら「賊軍」や、空襲などの戦争犠牲者は祭られていません。
 天皇中心の国家体制の中で、天皇の靖国神社参拝、天皇のための死を称揚する学校教科書や軍歌や戦時歌謡などによって、靖国神社で神と祭られることが最高の名誉と教え込まれた国民を、侵略戦争にかりたてる役割を担いました。
 靖国神社の前身は、戊辰戦争の官軍戦没者をまつるため、一八六九年に創設された東京招魂社です。
 天皇制政府が全国の神社や祭神を序列化し、国家神道の体系を作り上げていく中で、一八七九年に靖国神社となり、一八八七年から、神職の任命権も含めて全面的に陸軍省・海軍省の管轄となります。
 だれを祭るかも軍が決定し天皇の裁可を仰ぐ、軍事的宗教施設として、相次ぐ侵略戦争の戦死者らを「祭神」にしてきました。
 靖国神社を讃えた歌がたくさんあります。
 「靖国神社」(一九一二年、『尋常小学校唱歌』第四学年用)は、大正元年の尋常小学校四年生用の唱歌です。
 一、花は桜木人は武士
   その桜木に囲まるゝ
   世を靖国の御社(みやしろ)よ
   御国のためにいさぎよく
   花と散りにし人々の
   魂(たま)はここにぞ鎮まれる
 二、命は軽く義は重し
   その義を践(ふ)みて大君に
   命さゝげし丈夫夫(ますらお)よ
   銅(かね)の鳥居の奥深く
   神垣(かみがき)高くまつられて
   誉は世々に残るなり
 靖国神社は「御国のためにいさぎよく/花と散りにし人々の/魂(たま)はここにぞ鎮まれる」所だよ、「命は軽く義は重し」ですよ、靖国神社は「その義を践(ふ)みて大君(天皇)に/命さゝげし丈夫夫(ますらお)」がまつられていますよ、天皇のために戦死した人々は「銅(かね)の鳥居の奥深く/神垣(かみがき)高くまつられて/誉は世々に残」りますよと歌っています。
 こういうことを尋常小学校四年生に歌という形で教え込んだのです。
 商業新聞も、侵略戦争推進の歌をつくりました。
 「父よあなたは強かった 皇軍将士に感謝の歌」(一九三九年二月、朝日新聞社選定、作詞・福田 節、作曲・明本京静)は、「あの日の戦(いくさ)に 散った子も/今日は九段の 桜花/よくこそ咲いて 下さった」と歌います。
 一、父よあなたは 強かった
   兜(かぶと)も焦がす 炎熱を
   敵の屍(かばね)と ともに寝て
   泥水すすり 草を噛み
   荒れた山河を 幾千里
   よくこそ撃って 下さった
 二、夫よあなたは 強かった
   骨まで凍る 酷寒を
   背をもとどかぬ クリークに
   三日も浸(ひた)かって いたとやら
   十日も食べずに いたとやら
   よくこそ勝って 下さった
 三、兄よ弟よ ありがとう
   弾丸(たま)も機雷も 濁流も
   夜を日に進む 軍艦旗
   名も荒鷲の 羽ばたきに
   残る敵機の 影もなし
   よくこそ遂げて 下さった
 四、友よわが子よ ありがとう
   誉(ほまれ)の 傷のものがたり
   何度聞いても 目がうるむ
   あの日の戦(いくさ)に 散った子も
   今日は九段の 桜花
   よくこそ咲いて 下さった
 五、ああ御身(おんみ)らの 功(いさお)こそ
   一億民(たみ)のまごころを
   ひとつに結ぶ 大和魂(だま)
   いま大陸の 青空に
   日の丸高く 映えるとき
   泣いて拝(おがむ)む 鉄兜
 息子を天皇の侵略戦争に奪われた母親にも靖国神社の歌が用意されました。「九段の母」(一九三九年五月、作詞・石松秋二、作曲・能代八郎)です。
 一、上野駅から 九段まで
   勝手知らない 焦(じ)れったさ
   杖を頼りに 一日がゝり
   倅(せがれ)来たや 逢(あ)いに来た
 二、空を衝くよな 大鳥居
   こんな立派な 御社(おやしろ)に
   神と祀(まつ)られ 勿体(もったい)なさよ
   母は泣けます 嬉(うれ)しさに
 三、 両掌(りょうて)合わせて ひざまづき
   拝むはずみの 御念仏
   はっと気付づいて うろたえました
   倅許せよ 田舎もの
 四、鳶(とび)が鷹の子 生んだ様で
   今じゃ果報が 身に余る
   金鵄勲章が 見せたいばかり
   逢いに来たぞや 九段坂
 「靖国神社の歌」(一九四〇年十二月、陸軍省・海軍省選定、作曲・帝国軍楽隊)は、「あゝ大君の ぬかづき給う」と靖国神社を賛美しています。
 一、日の本の光に映えて
   尽忠の雄魂祀(まつ)る
   宮柱 太く燦たり
   あゝ大君の ぬかづき給う
   栄光の宮 靖国神社 
 二、日の御旗 断乎と守り
   その命 国に捧げし
   ますらおの 御魂鎮(しず)まる
   あゝ国民(くにたみ)の 拝(おが)み称(たた)う
   いさおしの宮 靖国神社
 三、報国の血潮に燃えて
   散りせまし 大和乙女の
   清らけき 御霊安らう
   あゝ同胞(はらから)の 感謝に薫る
   桜さく宮 靖国神社
 四、幸御魂(さちみたま) 幸(さち)はえまして
   千木(ちぎ)高く 輝くところ
   皇国は永遠(とわ)に 厳たり
   あゝ一億の 畏(かしこ)み祈る
   国護る宮 靖国神社
 一九四一年四月から尋常小学校が国民学校になりました。侵略戦争要員をつくる学校になったのです。
 この年七月の「そうだその意気」(一九四一年七月、読売新聞社選・国民総意の歌)も靖国神社を歌いこんでいます。
 一、なににも言えず 靖国の
   宮のきざはし ひれ伏せば
   熱い涙が こみ上げる
   そうだ感謝の その気持ち
   揃う、揃う気持が 国護る
 二、雁(かり)鳴きわたる 月の空
   今夜いまごろ 戦地では
   弾丸を浴びてる ともがある
   そうだ済まない その気持
   闘う、闘う気持が 国護る
 三、戦に勝つにゃ お互いが
   持場職場に いのちがけ
   こんな苦労じゃ まだたりぬ
   そうだその意気 その気持
   揃う、揃う気持が 国護る
 四、かがやく勲 皇軍に
   まけず遅れず がっちりと
   共に戦う 銃後軍
   そうだ進めば 盛りあがる
   凱歌、凱歌あかるい 大アジア
   
 一九四一年十二月八日、日本軍がハワイ真珠湾を攻撃、マレー半島に上陸。昭和天皇が開戦の詔勅、アメリカ、イギリスに宣戦布告。太平洋戦争の開始です。
 翌日、政府は、日本共産党員の作家・宮本百合子ら三百九十六人を検挙、拘束しました。
 日本軍は、一九四二年一月二日、マニラを占領。二月十五日には、シンガポール占領(占領直後、五、六万人の住人を虐殺。マレーシアでも約九千人を虐殺)。三月二日、ラングーンを占領しました。三月九日には、ジャワ島のオランダ軍を降伏させました。
 こうしたなかでつくられたのが「進め一億火の玉だ」(一九四二年二月、防衛情報部選定、作詞作曲・大政翼賛会)です。
 
 一、行くぞ行こうぞ ぐわんとやるぞ
   大和魂 だてじゃない
   見たか 知ったか 底力
   こらえ こらえた一億の
   かんにん袋 をが切れた
 二、靖国神社の おんまえに
   柏手うって ぬかずけば
   親子 兄弟 夫らが
   今だたのむと 声がする
   おいらの胸にゃ ぐっときた
 三、そうだ一億 火の玉だ
   一人一人が 決死隊
   がっちりくんだ 此の腕で
   守る銃後は 鉄壁だ
   何がなんでも やりぬくぞ
   進め一億 火の玉だ
   行くぞ一億 どんと行くぞ
 明治以来の天皇の侵略戦争でたくさんの戦死者が出ていましたが、靖国神社にまつったその戦死者「親子 兄弟 夫ら」を利用して、新たな侵略戦争へ動員しようとしたのです。
 学校の子どもたちにも、新しい靖国神社の歌がつくられました。
 太平洋戦争開戦の翌年の国民学校初等科二年生の音楽の教科書に載った「靖国神社」(一九四二年、国民学校『初等科音楽 二』)です。
 一、あゝとうとしや大君に
   命さゝげて国のため
   たてしいさおきとこしえに
   光かがやく靖国の神
 二、あゝかしこしや桜木の
   花と散りても忠と義の
   たけきみたまはとこしえに
   国をまもりし靖国の神
   八 「われは海の子」と軍艦
    
 「われは海の子」(文部省唱歌)の歌詞を読んでいて驚きました。その七番に「いで軍艦に乗組みて 我は護らん海の国。」というのがあるのです。
 というより、六番までは、七番をいうための前ふりのようになっているのです。
 この歌は、一九一〇年七月の『尋常小学読本唱歌』です。
 すでに前年の七月六日、閣議で韓国併合の方針が決定されていました。
 そして、この歌ができた翌月、一九一〇年八月の二十二日、日本軍の圧力のもとで韓国併合条約が調印されました。同月二十九日には朝鮮総督府が設置されました。
 天皇制政府が海外侵略を拡大するなかで「われは海の子」も生み出されました。
 一、我(われ)は海の子白浪の
   さわぐいそべの松原に、
   煙たなびくとまやこそ
   我がなつかしき住家なれ。
 二、生まれてしおに浴(ゆあみ)して
   浪(なみ)を子守の歌と聞き、
   千里寄せくる海の気を
   吸いてわらべとなりにけり。
 三、高く鼻つくいその香(か)に
   不断の花のかおりあり。
   なぎさの松に吹く風を
   いみじき楽(がく)と我は聞く。
 四、丈余(じょうよ)のろかい操(あやつ)りて
   行手(ゆくて)定(さだ)めぬ浪まくら、
   百尋千尋(ももひろちひろ)海の底
   遊びなれたる庭広し。
 五、幾年ここにきたえたる
   鉄より堅きかいなあり。
   吹く塩風に黒みたる
   はだは赤銅(しゃくどう)さながらに。
 六、浪にただよう氷山も
   来たらば来たれ恐れんや。
   海まき上ぐるたつまきも
   起こらば起これ驚かじ。
 
 七、いで大船(おおぶね)を乗出して
   われは拾わん海の富。
   いで軍艦に乗組みて
   我は護らん海の国。
   九 「爆弾三勇士」 一
 「爆弾三勇士」(一九三二年五月、大阪毎日新聞・東京日日新聞募集当選歌、作詞・与謝野寛、作曲・辻順治)という、ひどく説明的な歌があります。
 一、廟行鎮(びょうこうちん)の敵の陣
   われの友隊(ゆうたい)すでに攻む
   折から凍る如月(きさらぎ)の
   二十二日の午前五時
 二、命令下る正面に
   開け歩兵の突撃路
   待ちかねたりと工兵の
   誰か後(おくれ)をとるべきや
 三、中にも進む一組の
   江下(えした) 北川 作江(さくえ)たち
   凛(りん)たる心かねてより
   思うことこそ一つなれ
 四、われらが上に戴(いただく)くは
   天皇陛下の大御稜威(おおみいつ)
   後(うしろ)に負うは国民(くにたみ)の
   意志に代われる重き任(にん)
 五、いざこの時ぞ堂々と
   父祖の歴史に鍛えたる
   鉄より固(かた)き忠勇の
   日本男子を顕(あら)わすは
 六、大地をけりて走りゆく
   顔に決死の微笑あり
   他の戦友に遺(のこ)せるも
   軽(かろ)く『さらば』と唯一語
 七、時なきままに点火して
   抱(いだ)き合いたる破壊筒(はかいとう)
   鉄条網に到りつき
   我が身もろとも前に投ぐ
 八、轟然おこる爆音に
   やがて開ける突撃路
   今わが隊は荒海の
   潮(うしお)のごとくに躍(おど)り入る
 九、ああ江南の梅ならで
   裂けて散る身を花となし
   仁義の軍に捧げたる
   国の精華の三勇士
 十、忠魂清き香を伝え
   永く天下を励ましむ
   壮烈無比の三勇士
   光る名誉の三勇士
 以下、この歌の背景などを探ります。
   十 「爆弾三勇士」 二
    
 一九三二年一月十八日夜、中国の上海で、日本人法華宗僧侶、信徒ら五人が中国人に襲われ、二人が死亡、三人が重傷を負うという事件が発生しました。これにたいして、二十日、日本人居留民の青年が報復し抗日運動の拠点を襲って放火、日中双方に死傷者を出しました。
 戦後になって明らかにされたことですが、この「二人死亡、三人重傷」の事件は、中国に展開していた日本軍、関東軍が仕掛けた謀略でした。
 関東軍の板垣大佐、花谷少佐が、上海駐在武官補佐官・田中隆吉に謀略の実行を命じました。
 田中は、中国人を買収し、日本人の僧侶が托鉢で回っているのを、狙撃させました。
 この事件を待ち構えていた日本青年同志会員三十余人が犯人が隠れていると主張して、ナイフと梶棒で、三友実業社を襲って放火し、帰路、警官隊と衝突して、死傷者を出しました。
 この事件を口実に、関東軍は中国で軍事行動をおこします。
 一月二十八日からの上海事変です。
 日本海軍陸戦隊の兵力は約二千人。相手の第十九路軍は、抗日意識に燃えておて、日本軍は苦戦しました。
 あわてた陸軍中央部は白川義則大将を司令官とする上海派遣軍を急きょ、増援しました。金沢の第九師団と久留米の第十二師団より編成した混成旅団の総兵力は約一万七千人にのぼりました。
 二月二十日から、日本軍は上海市北郊の廟行鎮の第十九路軍の陣地に攻撃をかけました。しかし、戦死者二百二十四人を出し、廟行鎮の陣地を攻めあぐねていました。
 二月二十二日の明け方、二四旅団の小隊長が強行破壊を命令し、伍長が部下三十五人に事前に爆破筒(竹で造られた即製のもの)を点火して持っていき、それを鉄条網の下へ突っ込んでくるよう命令しました。工兵である江下武二一等兵、北川丞一等兵、作江伊之助一等兵も、爆破筒を抱いて、第十九路軍の陣地の前に敷設されている鉄条網へ突入して突撃路を開きましたが、三人とも爆死。江下は塹壕内まで吹き飛ばされ、虫の息でしたが、兵士に抱かれて死にました。北川は身体が真二つにされ土の上に坐りました。この作戦で、ほかに四人の兵が戦死しています。この突撃路を確保した日本軍は一挙に攻勢に出て、第十九路軍の陣地の占拠に成功しました。
 なぜ、江下、北川、作江が爆死しのでしょう。
 三人が持っていた爆破筒の導火線は、通常のものより短かいものでした。途中で引き返そうとした三人を上官が怒鳴りつけて、仕方なく突入した三人は鉄条網の破壊には成功したものの、離脱が遅れて爆死しました。予定より早い爆発による事故死の原因は、上官が計算を間違え導火線の長さを半分にしてしまったためでした。
 日本軍は、この江下、北川、作江の事故死を「美談」にしたてあげていきます。
   十一 「爆弾三勇士」 三
    
 こうした背景の中で、爆弾三勇士は出現します。
 三勇士の記事は、二月二十四日にいっせいに掲載されました。
 「大阪朝日」は、第一面に四段で「これぞ真の肉弾! 壮烈無比の爆死、志願して爆弾を身につけ鉄条網を破壊した三勇士」の見出し。
 <〔上海特電二十三日発〕二十三日午後四時〇〇団司令部発表=二十二日〇〇団は独立で廟行鎮の敵陣地を突破し友軍の戦闘を有利に導いたが、その際、自己の身体に点火せる爆弾を結びつけ身をもって深さ四メートルにわたり鉄条網中に投じ、自己もろ共にこれを粉砕して、勇壮なる爆死を遂げ歩兵の突撃路をきり開いた三名の勇士がある。
 廟行鎮の防御陣地には鉄条網を頑丈に張りめぐらし、塹壕深く後にひかえて、さすがのわが軍もその突破に悩んでいた際、わが〇兵隊の〇兵三名は鉄条網を破壊して敵陣の一角を突き崩すため自ら爆死して皇軍のため、御国のために報ずべく自ら死を志願し出たので、〇兵隊長もその悲壮なる忠心を涙ながらに『では国のため死んでくれ』 と許したので右三人は今生の別れを隊長はじめ戦友らに告げ身体一杯に爆弾を捲付けて帝国万歳を叫びつつ飛出して行き、鉄条網に向って飛込んで真に壮烈なる戦死を遂げた。
 これがため鉄条網は破れ、大きな穴が出来、敵の陣地の一部が放れ、これによってわが軍は、ここより敵陣に突入するを得、廟行鎮に攻め寄せてまんまとその翌朝陥れることが出来たもので、これを聞いた〇団長、はじめ戦友らは涙を流して、その最後を弔った。満州事変以来第一の軍事美談とし聞くものをして感泣せしめている。>
 「東京朝日」は、「 帝国万歳 を叫んで我身は木端微塵、三工兵点火せる爆弾を抱き、鉄条網に躍りこむ」の見出し。
 「東京日日」は、「世界比ありやこの気塊、点火爆弾を抱き鉄条網を爆破す、廟行鎮攻撃の三勇士」の見出し。
 「大阪毎日」は、「肉弾で鉄条網を撃破す、点火した爆弾を身につけ、躍進した三人の一等兵、忠烈まさに粉骨破身」の見出し。
 各新聞は、これ以降、爆弾三勇士キャンペーンを始めます。
 このキャンペーンのなかで各新聞社は「三勇士の歌」を懸賞募集しました。
 二月二十八日、「朝日」、「毎日」は、に懸賞募集をする一面に社告を出しました。「朝日」は「世界歴史上に類い稀なる三勇士の悲壮なる殉国の精神を一層深く国民に印象せしめ、かつこれを永久に記念するため」とし、「毎日」は「本社はこの忠烈な犠牲的行動を永く後世に伝うべく広く募集する」としました。
 「朝日」は「肉弾三勇士の歌」、「毎日」は「爆弾三勇士の歌」です。賞金はいずれも一等五百円。
 「報知」、「国民」も懸賞慕集しました。
 三勇士の歌は、三月十五日に「朝日」、「毎日」とも入選作を発表しました。
 この「毎日」の懸賞募集に当選したのが冒頭の与謝野寛(鉄幹)の歌です。「あの」与謝野晶子の夫です。
 「爆弾三勇士の歌」は同月十七日夜、大阪中央公会堂で発表演奏会が開かれました。
 この発表に先立って、「大阪毎日」本社前から、正午にスタートし、大阪駅前、阪急前、天満橋、大阪城内師団司令部などを戸山学校軍楽隊がパレード。会場の中央公会堂は約六千人が殺到し、超満員で、入り切れなかった人もいました。
 (この原稿の資料は、おもにサイト上の静岡県立大学国際関係学部教授・前坂俊之さんの『兵は凶器なり』 11 15年戦争と新聞メディア-1926-1935- 爆弾三勇士の真実=軍国美談はこうして作られた!>を利用させていいただきました)
   十二  「どうせ生かして還さぬ積り」
    
 一八九四年、日本、清に宣戦布告(日清戦争)。
 一八九五年四月十七日、日清講和条約調印(下関条約)。遼東半島、台湾、澎湖列島(ほうこれっとう。台湾海峡の台湾寄りに位置する島嶼群)の日本への割譲という内容です。
 この日清戦争の最中の一八九五年、「雪の進軍」という軍歌が生まれています。
 作詞・作曲は、永井建子(ながい けんし)です。
 この歌の中に「義理にからめた恤兵真綿(じゅうぺいまわた)/そろりそろりと頸締(くびし)めかかる/どうせ生かして還さぬ積り」という所があります。
 恤兵は、兵士の苦労をねぎらって物品を贈ること、慰問袋です。
 「義理にからめた慰問袋が真綿のようにそろりそろりと兵士の首をしめにかかる。どうせ国家は、われわれを生かして帰さぬつもりだろう」ということでしょうか。
 だとすれば、すごいことを歌いこんでいることになります。
 一九三七年七月、日中戦争が始まると「どうせ生かして還さぬ積り」が軍部の命令で「どうせ生きては還さぬ積り」と直されました(『軍歌と日本人』、加太こうじ、徳間書店)。だれか自分とは別のものの意思が、自分に意思に変えられたわけです。
 一、雪の進軍氷をふんで
   どれが河やら道やら知れず
   馬は斃(たお)れる捨ててもおけず
   此処(ここ)は何処(いずこ)ぞ皆敵の国
   ままよ大胆(だいたん)一服やれば
   頼みすくなや煙草が二本
 二、焼かぬ乾物(ひもの)に半煮え飯(めし)に
   なまじ生命のある其のうちは
   こらえ切れない寒さの焚火(たきび)
   煙(けむ)いはずだよ生木が燻(いぶ)る
   渋い顔して功名談(ばなし)
   すいというのは梅干し一つ
 三、着の身着のまま気楽なふしど
   背嚢(はいのう)枕に外套かぶりゃ
   背の温(ぬく)みで雪解けかかる
   夜具の黍殻(きびがら)シッポリ濡(ぬ)れて
   結びかねたる露営の夢を
   月は冷たく顔覗き込む
 四、命捧げて出てきた身ゆえ
   死ぬる覚悟で突喊(とっかん)すれど
   武運拙(つた)なく討死せねば
   義理にからめた恤兵真綿(じゅうぺいまわた)
   そろりそろりと頸締(くびしめ)めかかる
   どうせ生かして還さぬ積り
 永井建子(一八六五年ー一九四〇年)は、日清戦争のさい、大山巌が司令官である第二軍の軍楽隊に属して従軍しました。この歌は、みずからの軍隊生活をもとに作詞・作曲した、リアルな記録的軍歌です。当時駐屯していた清国山東省の冬季の戦闘の模様を歌ったものだといわれています。
 メロディーは明るく愉快であるのにたい、歌詞は、軍隊生活の皮肉めいたものをありのままに歌いあげています。
 永井建子は、軍楽家・作曲家。広島県(現・広島市佐伯区五日市町)生まれ。一八七八年、上京。陸軍軍楽隊幼年軍楽生となり、一八八〇年、首席で卒業。同軍楽隊に勤めてルルーの指導を受けました。
 永井建子は、一八九二年に「元寇(げんこう)」という軍歌を作詞・作曲していますが、従軍の体験を踏まえた「雪の進軍」は、これとはずいぶん違う感じのものになっています。
 「元寇」
  
 一、四百余州(しひゃくよしゅう)をこぞる
   十万余騎(よき)の敵
   国難(こくなん)ここにみる
   弘安(こうあん)四年夏の頃
   なんぞ怖(おそ)れんわれに
   鎌倉男児(だんじ)あり
   正義武断(ぶだん)の名
   一喝(いっかつ)して世に示(しめ)す
 二、多多良浜辺(たたらはまべ)の戎夷(えみし)
   そはなに蒙古勢(もうこぜい)
   傲慢無礼(ごうまんぶれい)もの
   ともに天を戴(いただ)かず
   いでや進みて忠義に
   鍛(きた)えしわがかいな
   ここぞ国のため
   日本刀(にほんとう)を試(ため)し見ん
 三、こころ筑紫(つくし)の海に
   波おしわけて往(ゆ)く
   ますら猛夫(たけお)の身
   仇(あだ)を討(う)ち還(かえ)らずば
   死して護国(ごこく)の鬼と
   誓(ちか)いし箱崎(はこざき)の
   神ぞ知(し)ろし召(め)す
   大和魂(やまとだましい)いさぎよし
 四、天は怒(いか)りて海は
   逆巻(さかま)く大浪(おおなみ)に
   国に仇(あだ)をなす
   十余(よ)万の蒙古勢は
   底の藻屑(もくず)と消えて
   残るは唯(ただ)三人(みたり)
   いつしか雲はれて
   玄界灘(げんかいなだ)月清し
   十三 「我等がいのち 捨つるとも」
    
 一九三一年九月十八日夜、中国東北部の奉天(現在の瀋陽)近郊の柳条湖(りゅうじょうこ)付近で鉄道爆破事件が発生しました。日本の陸軍部隊・関東軍が、南満州鉄道(満鉄)線路上で自分で爆薬を爆発させながら、これを中国軍のしわざだとして、近くの中国軍兵営を攻撃し、中国侵略を拡大しました(「満州事変」)。
 軍の指揮・命令権を持つ昭和天皇は、「満州事変」に際して、関東軍の軍事行動を容認し、翌三二年一月には同軍将兵を最大限にたたえる勅語を発表。天皇制政府は特別な戦費も支出しています。
 当時の日本で、この侵略戦争に反対した政党は日本共産党だけでした。
 翌一九三二年一月四日の東京大阪朝日新聞紙上に「満州行進曲」(作詞・大江素天、作曲・堀内敬三)が発表されました。この歌は、朝日新聞社が「皇軍慰問」のため作ったものです。
 同年二月十五日、ビクターからレコードが発売されました。
 そして、同年三月十日公開された映画「満州行進曲」(製作=松竹キネマ 蒲田撮影所)の主題歌になりました。
 実際は、「皇軍慰問」というよりは、「我等がいのち 捨つるとも
 なにか惜しまん」と、兵士に死を求める内容でした。
 一、過ぎし日露の 戦いに
   勇士の骨を 埋めたる
   忠霊塔を 仰ぎ見よ
   赤き血潮に 色染めし
   夕日を浴びて 空高く
   千里曠野に 聳えたり
 二、酷寒零下 三十度
   銃も剣も 砲身も
   駒のひずめも 凍る時
   すわや近づく 敵の影
   防寒服が 重いぞと
   互いに顔を 見合せる
 三、しっかり被る 鉄かぶと
   たちまち造る 散兵壕
   わが連隊旗 ひらひらと
   見あげる空に 日の丸の
   銀翼光る 爆撃機
   弾に舞い立つ 伝書鳩
 四、戦いやんで 陣営の
   かがやきさえる 星の下
   黄色い泥靴 くみとって
   かしぐ飯ごうに 立つ湯気の
   ぬくみに探る はだ守り
   故郷いかにと 語り合う
 五、面影さらぬ 戦友の
   遺髪の前に いまひらく
   慰問袋の キャラメルを
   ささげる心 君知るや
   背嚢(はいのう)枕に よもすがら
   ねむれる朝の 大ふぶき
 六、東洋平和の ためならば
   我等がいのち 捨つるとも
   なにか惜しまん 日本の
   生命線は ここにあり
   九千万の はらからと
   ともに守らん 満州を
 この歌は、当時の国策をたくみに歌詞に取り入れています。
 「一」を読んでください。
 中国東北部・満州における日本の権益(満鉄など)は、日露戦争の日本兵の尊い血潮によってあがなわれたものであるというものです。
 「六」を読んでください。
 日本の、この権益を守ることが「日本の生命線」を守ることで、「東洋平和」を守ることです。そのために「我等がいのち 捨つるとも
 なにか惜しまん」というのです。
 勝手に他国に押し入って戦争をしかけ、そこを「日本の生命線」と呼んで戦争を拡大していく、その無法は、いまのアメリカのブッシュ大統領並みの愚劣さです。
   十四  「百舌(もず)よ泣くな」
    
 「百舌(もず)よ泣くな(「もずが枯木で」)」(作詞・サトウハチロー、作曲・徳富繁)をCDで聞いています。
 一、もずが枯木で 鳴いている
   おいらは藁(わら)を たたいてる
   綿びき車は おばあさん
   コットン水車も まわってる
 二、みんな去年と 同じだよ
   けんども足(た)んねえ ものがある
   兄(あん)さの薪(まき)割る 音がねえ
   バッサリ薪割る 音がねえ
 三、兄さは満州へ いっただよ
   鉄砲(てっぽ)が涙で 光っただ
   もずよと寒くも 鳴くでねえ
   兄(あん)さはもっと 寒いだぞ
 何もかも去年と同じ冬の風景なのだが、一つだけ足りないものがある。兄が薪を割る音がしない。兄は兵隊にとられ今、満州(中国東北部)にいる。ということでしょうか。
 『CDブック 戦争と流行歌 君死にたまふことなかれ』(矢沢寛、社会思想社)に、解説がありました。以下、大要です。
 <この詩は、一九三五年十月、講談社から発刊されたサトウハチローの『僕等の詩集』に「百舌よ泣くな」の題名で発表されました。この詩集は、サトウが、講談社発行の『少年倶楽部』に一九二六年九月号から三五年まで書いた詩を集めたものです。
 三一年九月八日に満州事変が起こっているので、そんな時代を反映して、この詩は生まれました。
 作曲者の徳富繁は、武蔵野音楽学校を卒業直後、作曲の習作のため、あれこれの詩に曲をつけていましたが、『僕等の詩集』の中の「百舌よ泣くな」を見つけ、感動して付曲したといいます。
 渋谷区代々木の山谷小学校の教員になって、ここで「百舌よ泣くな」の譜面をガリ版刷りして子どもに教えました>
 徳富繁さんは、茨城県の出身。同県牛久市在住で亡くなられといいます。
   十五 「ほんとにほんとに御苦労ね」
    
 一九三九年二月、日本軍は、海南島を占領しました。
 このあとにつくられたのが、「ほんとにほんとに御苦労ね」(一九三九年四月、ポリドール、作詞・野村俊夫、作曲・倉若晴生)です。
 一、楊柳(やなぎ)芽をふく クリ-クで
   泥にまみれた 軍服を
   洗う姿の 夢をみた
   お国のためとは 言いながら
   ほんとにほんとに ご苦労ね
 二、来る日来る日を 乾麺麹(かんぱん)で
   護る前線 弾丸の中
   ニュース映画を 見るにつけ
   熱い涙が 先に立つ
   ほんとにほんとに ご苦労ね
 三、今日もまた降る 雨の中
   どこが道やら 畑やら
   見わけもつかぬ 泥濘で
   愛馬いたわる あの姿
   ほんとにほんとに ご苦労ね
 四、妻よ戦地の ことなどは
   なにも心配 するじゃない
   老いた両親(ふたおや) 頼むぞと
   書いた勇士の あの音信(たより)
   ほんとにほんとに ご苦労ね
 この歌が発売された翌月の一九三九年五月十二、ノモンハンで日本の関東軍とソ連軍が国境紛争。関東軍は、近代的装備を誇るソ連機械化部隊のため惨敗しました(同年九月十五日に停戦協定)。
 このノモンハン事件直後から、この歌がうたいつがれていくなかで、この歌のメロディーを借りて替え歌が生まれました。
 「軍隊小唄」です。
 いやじゃありませんか 軍隊は
 カネのおわんに カネ(?)のはし
 仏(ほとけ)さまでも あるまいし
 一ぜん飯とは 情なや
 ほんとにほんとに ご苦労さん
 同年七月八日、国民徴用令公布。
 同年七月二十八日、朝鮮人労働者の日本への強制連行がはじまりました。
   十六 日露戦争と反戦歌
    
 日露戦争の終わった直後から「母ちゃんごらんよ」(節は第一高等学校の寮歌「春爛漫」)という反戦歌がうたわれました(『新版 日本流行歌史 上』、古茂田信男、島田芳文、矢沢寛、横澤千秋、社会思想社)。
 母ちゃん御覧よ 向うから
 サーベル下(さ)げて 帽子着て
 父(とう)ちゃんによう似た 小父(おじ)さんが
 沢山たくさん やってくる
 もしや坊やの 父ちゃんが
 帰還(かえ)って来たのじゃ あるまいか
 昨夜(ゆうべ)も言うて 聞かせたに
 はや お忘れか 父ちゃんは
 あんなところに 居やしない
 あのお座敷の 仏壇に
 お祀(まつ)りしてある あの位牌(いはい)
 あれが坊やの 父ちゃんさ
 だって お座敷のお位牌は
 何にも物を 言わないし
 坊やを抱いても くれないの
 ほんとに おうちの父ちゃんを
 連れて帰って 頂だいな
 よってばよってば 母ちゃんよ
 また母ちゃんを 泣かすのか
 坊やは嫌よ イヤ イヤよ
 坊やのだいじな 父ちゃんは
 泣いても待っても 帰らない
 過ぎし日露の 戦いで
 お戦死なされた 父ちゃんさ
 ……………………………(以下、不詳)
 
 演歌師の添田唖然坊(そえだ・あぜんぼう、添田平吉)は、日露戦争のころ、盛んに戦意昂揚の歌を作っていました。
 しかし、一九〇五年、平民社の反戦運動に合流していきます。
 そして、こんな反戦的な「ラッパ節」を作るようになります。
 一、今なる時計は 八時半
   あれにおくれりゃ 重営倉
   今度の休みが ないじゃなし
   はなせ軍刀に 錆がつく
   トコトットットット
 二、大臣大将の 胸先に
   ピカピカ光るは 何ですえ
   金鵄勲章(きんしくんしょう)か 違います
   可愛い兵士の しゃれこうべ
   トコトットットット
 三、名誉名誉と おだてあげ
   大事な倅(せがれ)を むざむざと
   砲の餌食(えじき)に 誰がした
   もとの倅に して返せ
   トコトットットット
 四、子供の玩具じゃ あるまいし
   金鵄勲章や 金平糖(コンペートー)
   胸につるして 得意顔
   およし男が さがります
   トコトットットット
 五、倒れし戦友 抱き起こし
   耳に口あて 名を呼べば
   にっこり笑って 目に涙
   バンザイとなうのも口のうち
   トコトットットット
   十七  「名残りつきない はてしない」
    
 一九四〇年、国内では、偽りの「史実」にもとづいて「紀元二千六百年」の祭典がもようされました。
 同年二月、奉祝国民歌「紀元二千六百年」(内閣奉祝会選定、紀元二千六百年奉祝会・日本放送協会制定、作詞・増田好生、作曲・森義八郎)のレコードが発売されました。
 一、金鵄(きんし)輝く日本の
   榮(はえ)ある光 身にうけて
   いまこそ祝へ この朝(あした)
   紀元は 二千六百年
   あゝ 一億の胸はなる
 二、歡喜あふるる この土を
   しつかと我等 ふみしめて
   はるかに仰ぐ 大御言(おほみこと)
   紀元は 二千六百年
   あゝ肇國(ちょうこく)の 雲青し
 三、荒(すさ)ぶ世界に 唯一つ
   ゆるがぬ御代に 生い立ちし
   感謝は清き 火と燃えて
   紀元は 二千六百年
   あゝ報國の 血は勇む
 四、潮ゆたけき 海原に
   櫻と富士の 影織りて
   世紀の文化 また新(あらた)
   紀元は 二千六百年
   あゝ燦爛(さんらん)の この國威
 
 五、正義凛(りん)たる 旗の下(もと)
   明朗アジヤ うち建てん
   力と意氣を 示せ今
   紀元は 二千六百年
   あゝ彌榮(いやさか)の 日はのぼる
 
 「金鵄」とは『古事記』、『日本書紀』に出てくる「金色のトビ」のことで、神武天皇の東征に際し、敵の眼をくらませ勝利に導いたという伝説の鳥です。
 その年の六月、「別れ船」(作詩・清水みのる、作曲・倉若晴生)が発表されました。最愛の夫を戦地に送り出す妻の気持ちを、しっとりと歌ったものでした。
 一、名残りつきない はてしない
   別れ出船の かねがなる
   思いなおして あきらめて
   夢は潮路に 捨ててゆく
 二、さようならよと 一言は
   男なりゃこそ 強く云う
   肩を叩いて ニッコリと
   泣くのじゃないよは 胸のうち
 三、望み遥かな 波の背に
   誓う心も 君ゆえさ
   せめて時節の 来るまでは
   故郷(くに)で便りを 待つがよい
 陸軍省は、作詞者の清水みのるに威勢のいい軍国歌謡を委嘱しました。
 清水は、報道班員として中国に従軍しました。
 中国に向かう波止場で見た、出征兵士の見送り風景から、この歌は生まれました。
 軍当局は、要求したものとかけ離れているので、「これは厭戦的な亡国歌だ」といい、清水は大目玉をくらいました。
 年末の東京・浅草国際劇場の「田端義夫ショー」では、歌唱禁止の処分を受けました。
 清水みのるは、一九〇三年九月十一日、静岡県浜名郡伊佐見村(現浜松市伊左地町)生まれ。本名・實。一九七九年十二月十日、七十六歳でに亡くなっています。一九二四年、浜松一中(現浜松北高)を卒業し立教大学入学。佐藤惣之助に師事、詩を書く。一九三一年、 ポリドール蓄音機会社に入社しました。
 一九四二年九月に発売された「森の水車」(作曲・米山正夫)の作詞者でもあります。
 一、緑の森の 彼方から
   陽気な唄が 聞こえましょう
   あれは水車の 廻る音
   耳を澄まして お聞きなさい
  (*)コトコトコットン
     コトコトコットン
     ファミレド シドレミファ
     コトコトコットン
     コトコトコットン
     仕事に励みましょう
     コトコトコットン
     コトコトコットン
     いつの日か
     楽しい春が やって来る
 二、雨の降る日も 風の夜も
   森の水車は 休みなく
   粉挽(こなひ)き臼(うす)の 拍子取り
   愉快に唄を 続けます
   (* 繰り返し)
 三、もしもあなたが 怠けたり
   遊んでいたく なった時
   森の水車の 歌声を
   独り静かに お聞きなさい
   (* 繰り返し)
 戦後、一九四六年に「かえり船」(作曲・倉若晴生)を作詞しています。
 一、波の背の背に ゆられてゆれて
   月の潮路の かえり船
   霞(かす)む故国(ここく)よ 小島の沖じゃ
   夢もわびしく よみがえる
 二、捨てた未練が 未練となって
   今も昔の 切なさよ
   瞼(まぶた)合わせりゃ 瞼にしみる
   霧の波止場の 銅鑼(どら)の音
 三、熱い涙も 故国に着けば
   嬉し涙と 変るだろ
   鴎(かもめ)ゆくなら 男のこころ
   せめてあの娘(こ)に 伝えてよ
   十八 中間のまとめ
      
 しばらく明治以来の軍歌、戦時歌謡と付き合ってみて軍歌についてわかったことがあります。
 軍歌の基本は「天皇のために」ということです。
 時代によって天皇の軍事的な課題は変化していきますが、軍歌は、その課題を的確に歌詞にうたいこみ、国民に流布していったということです。いくつかの時期にわかれます。
 一 国内の敵を鎮圧せよ。
 二 国を守る気概を持て。
 三 命をかけて領土を拡大せよ。
 四 敵の侵攻から天皇を守るために命をかけよ。
 「一」の時期に属するものに「抜刀隊の歌」(一八八五年七月発表、作詞・外山正一、作曲・シャルル・ルルー)があります。
 一、吾は官軍我が敵は
   天地容(い)れざる朝敵(ちょうてき)ぞ
   敵の大将たる者は
   古今無双(ここんむそう)の英雄で
   これに従うつわものは
   共に慄悍(ひょうかん)決死の士
   鬼神(きじん)に恥(は)じぬ勇(ゆう)あるも
   天の許(ゆる)さぬ反逆を
   起こせし者は昔より
   栄えしためし有(あ)らざるぞ
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 二、御国(みくに)の風(ふう)ともののふは
   その身を護る魂の
   維新(いしん)このかた廃(すた)れたる
   日本刀(やまとがたな)の今更に
   また世に出ずる身のほまれ
   敵も味方も諸共に
   刃(やいば)の下に死ぬべきぞ
   大和魂(やまとだましい)あるものの
   死すべき時は今なるぞ
   人に後(おく)れて恥かくな
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 三、前を望めば剣なり
   右も左もみな剣
   剣の山に登らんは
   未来のことと聞きつるに
   この世に於(お)いて目(ま)のあたり
   剣の山に登るのも
   我が身のなせる罪業(ざいごう)を
   滅(ほろ)ぼすために非(あら)ずして
   賊を征伐するがため
   剣の山もなんのその
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 四、剣(つるぎ)の光ひらめくは
   雲間に見ゆる稲妻か
   四方(よも)に打ち出す砲声は
   天にとどろく雷(いかずち)か
   敵の刃(やいば)に伏す者や
   弾に砕けて玉の緒の
   絶えて果敢(はか)なく失(う)する身の
   屍(かばね)は積みて山をなし
   その血は流れて川をなす
   死地に入るのも君のため
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 五、弾丸雨飛(うひ)の間にも
   二つなき身を惜しまずに
   進む我が身は野嵐に
   吹かれて消ゆる白露の
   果敢(はか)なき最期を遂ぐるとも
   忠義のために死する身の
   死して甲斐(かい)あるものなれば
   死ぬるも更にうらみなし
   われと思わん人たちは
   一歩もあとへ引くなかれ
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 六、吾今ここに死なん身は
   国のためなり君のため
   捨つべきものは命なり
   たとえ屍は朽(く)ちるとも
   忠義のために死する身の
   名は芳しく後の世に
   永く伝えて残るらん
   武士と生まれし甲斐もなく
   義のなき犬と言わるるな
   卑怯者とな謗(そし)られそ
   敵の亡(ほろ)ぶるそれ迄は
   進めや進め諸共に
   玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
   死する覚悟で進むべし
 一八七八年一月三十日から九月二十四日までの内戦、西南戦争の時の天皇制政府の側の部隊、「抜刀隊」をうたっています。
 歌詞の「敵の大将」は西郷隆盛のことです。
 この歌が生まれたのは、西南戦争から、かなり後のことです。
 一八七八年八月二十三日、二十四日には天皇の軍隊の一部が暴動を起こしました。近衛砲兵隊兵士が減給などの不満で暴動を起こしたのです(竹橋事件)。
 一八八四年十月三十一日から十一月まで、秩父事件が起きました。自由党員、農民ら数千人が負債延納、徴兵令改正、減税などを要求して決起したのです。
 そして、一八八五年七月、この歌が、鹿鳴館で発表されました。
 作詞者の外山正一は、東京帝国大学教授です。「抜刀隊の歌」として『新体詩抄』に発表した詩に、フランス人の陸軍軍楽隊教師・シャルル・ルルーが作曲したといわれています。
 天皇制政府は、内戦を鎮圧しながら、一八七四年二月以来、海外侵略を開始していました。
   十九 「死んで還れと励まされ」
    
 日中戦争の開戦後、一九三八年、東京日日新聞、大阪毎日新聞は新しい軍歌を公募しました。
 第一席は本多信寿の作品で、「進軍の歌」として陸軍戸山学校音楽隊が作曲しました。
 第二席は、薮内喜一郎の作品で、「露営の歌」として古関裕而が作曲しました。
 「進軍の歌」
 一、雲わきあがる この朝(あした)
   旭日の下 敢然と
   正義に起てり 大日本
   執れ、庸懲(ようちょう)の 銃と剣
 二、祖国の護り 道の為
   大君(きみ)の御勅(みこと)を 畏(かしこ)みて
   山河に興る 胆と熱
   鳴れ、進軍の 旗の風
 三、広漠の土 咆(ほ)ゆる海
   越えゆくところ 厳然と
   天に光れり 日章旗
   撃て、暴虐(ぼうぎゃく)の 世々の敵
 四、巌と固き 軍律に
   轟く正義 その力
   千万年も 敢て往く
   これ、神州の 大和魂
 五、すでに聖戦 幾そ度
   凱歌は常に 我とあり
   貫く赤誠(まこと) ただ一つ
   知れ、万世の 大日本
 六、水漬き草むす 洵忠の
   屍にかおる 桜花
   光と仰ぐ 皇軍の
   聴け、堂々の 進軍歌
 「露営の歌」
 一、勝って来るぞと 勇ましく
   誓って故郷(くに)を 出たからは
   手柄立てずに 死なりょうか
   進軍ラッパ 聴くたびに
   まぶたに浮かぶ 旗の波
 二、土も草木も 火と燃える
   果てなき曠野 踏み分けて
   進む日の丸 鉄兜(てつかぶと)
   馬のたてがみ なでながら
   明日(あす)の命を 誰か知る
 三、弾丸(たま)もタンクも 銃剣も
   暫(しば)し露営の 草枕
   夢にでてきた 父上に
   死んで還れと 励まされ
   さめて睨むは 敵の空
 四、思えば今日の 戦闘(たたかい)に
   朱(あけ)に染まって にっこりと
   笑って死んだ 戦友が
   天皇陛下 万歳と
   残した声が 忘らりょか
 五、戦争(いくさ)する身は かねてから
   捨てる覚悟で いるものを
   鳴いてくれるな 草の虫
   東洋平和の ためならば
   なんの命が 惜しいかろう
 同年九月、この二つの歌は、表面「進軍の歌」、裏面「露営の歌」でコロムビアから発売されました。
 当時の様子を、『露営の歌』の作曲者、当時、コロムビアの専属作曲家だった古関裕而(一八九九年八月十一日生まれ)が戦後に書いています(『人間の記録 18 古関裕而 鐘よ鳴り響け』、日本図書センター)。
 <発売後、約二か月たったある日、東京日日新聞の夕刊に、「前線の勇士『露営の歌』を大合唱す」との見出しで、上海戦線で兵士たちが、ポータブル蓄音器を囲んで手を振りながら合唱している写真が載っていた。そして従軍記者は次のように記していた。
 「最前線の勇士たちは『進軍の歌』が届くとさっそく、ポータブルにかけて聞いた。兵士たちは、『進軍の歌』よりも『露営の歌』を好み、何回もかけてついに聞いている兵士が全員合唱した」
 私は、その大きな写真を見、この記事を読み、この歌によって兵士が戦いの疲れをいやし、気持ちが和み励まされていることを知り、作曲した甲斐があった、としみじみ感じた>
 <それから間もなく会社では文芸部長が、
 「昨日は何百枚。一昨日も何万枚出荷。これは、レコード界未曾有のヒットになりますよ」
 と私の手を振りながら喜んでくれた。
 事実、東京市内レコード店でも、私が乗り換える新宿駅でも歓送風景には“勝って来るぞと勇ましく――”
 の合唱が渦となって私の耳に入ってきた>
 <この昭和十二年十二月十二日、ついに南京は陥落。軍部の勝報に日本中は湧きかえり、東京でも大堤燈行列が行われた。
 コロムビアからも社員も芸術家も参加し、私も堤燈行列に加わった。
 宮城前は火の海。“勝って来るぞと勇ましく”は、勝利の歌にふさわしく、どの行進にも合唱となり歩調をとった。>
 <…「露営の歌」の作詞者、薮内喜一郎は……「進軍の歌」に応募した当時は、京都市役所土木部右京区出張所に勤務していた。しかし、当選、ヒットとなると出張所から市役所土木部に栄転した。>
 むけむけの天皇の宣伝歌では国民の心はつかめませんでしたが、実情、人情を加えた歌なら受け入れらました。
 同じように天皇のために死ねというテーマをうたっているのですが……(特に「露営の歌」は、より露骨に)。
   二十 「紅の火玉と燃えて体当たり」
    
 古関裕而は、一九四五年も「大活躍」しました。
 特別攻撃隊の歌を三曲作っています。
 日本軍の飛行機が「敵」艦隊に体当たりしていく、そのことを賛美したものです。体当たりすれば、もちろん乗員は死んでしまいます。
 三曲の歌詞をじっくり読んでください。
 大元帥・昭和天皇の、そして、この歌の罪深さがわかると思います。
 「台湾沖の凱歌」(日本放送協会制定、一九四五年二月、コロムビア、作詞・サトウ・ハチロー、作曲・古関裕而)。
 一、その日は 来たれり
   その日は 遂に来た
   傲慢無礼(ごうまんぶれい)なる 敵艦隊とらえ
   待ってたぞ 今日の日を
   拳を振り上げ 攻撃だ
   台湾東沖 時十月十二日
 二、海鷲 陸鷲
   捨身の 追撃線
   あわてゝ逃げゆく 敵艦めがけ
   撃たずば かえらじと
   体当りの 突撃
   わが翼の 凱歌
 三、闘魂燃え立ち
   勝ち抜く この力
   昼から夜中へと 轟沈轟沈
   今こそ 荒鷲は
   神鷲とも 言うべきぞ
   薫るぞその誉れ 我等涙の感激
 四、沈みし 敵艦
   その数 かぞえてみよ
   五十八機動部隊 殲滅(せんめつ)だよみや
   この眼にこの耳に 報(しらせ)をうけ一億が
   兜の緒を締めて なおひたすら誓う
 五、秋空 晴れわたり
   心も 晴れ渡る
   諸人(もろびと)忘るゝな 心に刻めよ
   決戦の第一歩 輝かしき大戦果
   応えて皆励まん ただ皇国の為に
 「雷撃隊出動の歌」(一九四五年二月、コロムビア、作詞・米山忠雄、作曲・古関裕而) 。
 一、母艦よさらば 撃滅の
   翼に映える 茜雲
   かえりみすれば 遠ざかる
   蓋(まぶた)に残る 菊の花
 二、炸弾の雨 突抜けて
   雷撃針路 ひた進む
   まなじりたかし 必殺の
   翼にかゝる 潮しぶき
 三、天皇陛下 万歳と
   最後の息に 振る翼
   おゝその翼 紅の
   火玉と燃えて 体当たり
 四、雲染む屍 つぎつぎて
   撃ちてし止まん 幾潮路
   決死の翼 征くところ
   雄叫び高し 雷撃隊
 「嗚呼神風特別攻撃隊」(一九四五年三月、コロムビア、作詞・野村俊夫、作曲・古関裕而)。
 一、無念の歯がみこらえつゝ
   待ちに待ちたる決戦ぞ
   今こそ敵を 屠(ほふ)らんと
   奮い起ちたる 若桜
 二、この一戦に 勝たざれば
   祖国のゆくて いかならん
   撃滅せよの 命うけし
   神風特別 攻撃隊
 三、送るも往くも 今生の
   別れと知れど ほゝえみて
   爆音高く 基地をける
   あゝ神鷲の 肉弾行
 四、大義の血潮 雲そめて
   必死必中 体当り
   敵艦などて 逃すべき
   見よや不滅の 大戦果
 五、凱歌はたかく 轟けど
   今はかえらぬ 丈夫(ますらお)よ
   千尋(ちひろ)の海に 沈みつゝ
   なおも皇国(みくに)の 護り神
 六、熱涙(おつるい)伝う 顔あげて
   勲をしのぶ 国の民
   永久(とわ)に忘れじ その名こそ
   神風特別攻撃隊
   神風特別攻撃隊
   二十一 太平洋戦争開戦のその夜に
    
 一九四一年七月、日本軍は、南部仏印(いまのベトナム)に進駐しました。
 同一年十二月八日。
 午前二時十五分、日本軍は、イギリス英領マレー半島のコタバルに敵前上陸、午前三時十九分、日本海軍航空隊は、アメリカのハワイに奇襲し、真珠湾に結集していたアメリカ太平洋艦隊を攻撃しました。
 同日午前七時、ラジオが臨時ニュースを流しました。
 「大本営陸海軍部発表、帝国陸海軍は本八日未明西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり。繰り返します。大本営陸海軍部発表、帝国陸海軍は……」
 やがてラジオは昭和天皇の「米英両国に対スル宣戦の詔書」を流しました。
 「天佑(てんゆう)を保有し、万世一系の皇祚(こうそ)を践(ふ)める大日本帝国天皇は、昭(あきらか)に忠誠勇武なる汝、有衆(ゆうしゅう)に示す。
 朕(ちん)、茲(ここ)に米国及び英国に対して戦(たたかい)を宣す。朕が陸海将兵は、全力を奮って交戦に従事し、朕が百僚有司(ひゃくりょうゆうし)は、励精職務を奉行(ほうこう)し、朕が衆庶(しゅうしょ)は、各々(おのおの)其(そ)の本分を尽し、億兆一心にして国家の総力を挙げて、征戦の目的を達成するに遺算(いさん)なからむことを期せよ。
 抑々(そもそも)、東亜の安定を確保し、以って世界の平和に寄与するは、丕顕(ひけん)なる皇祖考(こうそこう)、丕承(ひしょう)なる皇考(こうこう)の作述(さくじゅつ)せる遠猷(えんゆう)にして、朕が拳々(きょきょ)措(お)かざる所。
 而(しか)して列国との交誼(こうぎ)を篤くし、万邦共栄の楽(たのしみ)を偕(とも)にするは、之亦(これまた)、帝国が、常に国交の要義と為す所なり。今や、不幸にして米英両国と釁端(きんたん)を開くに至る。洵(まこと)に已(や)むを得ざるものあり。豈(あに)、朕が志(こころざし)ならんや。
 中華民国政府、曩(さき)に帝国の真意を解せず、濫(みだり)に事を構えて東亜の平和を攪乱(こうらん)し、遂(つい)に帝国をして干戈(かんか)を執(と)るに至らしめ、茲(ここ)に四年有余を経たり。幸(さいわい)に、国民政府、更新するあり。帝国は之(これ)と善隣の誼(よしみ)を結び、相(あい)提携するに至れるも、重慶に残存する政権は、米英の庇蔭(ひいん)を恃(たの)みて、兄弟(けいてい)尚(なお)未(いま)だ牆(かき)に相鬩(あいせめ)ぐを悛(あらた)めず。
 米英両国は、残存政権を支援して、東亜の禍乱を助長し、平和の美名に匿(かく)れて、東洋制覇の非望(ひぼう)を逞(たくまし)うせんとす。剰(あまつさ)え与国を誘い、帝国の周辺に於(おい)て、武備を増強して我に挑戦し、更に帝国の平和的通商に有(あ)らゆる妨害を与へ、遂に経済断交を敢(あえ)てし、帝国の生存に重大なる脅威を加う。
 朕は、政府をして事態を平和の裡(うち)に回復せしめんとし、隠忍(いんにん)久しきに弥(わた)りたるも、彼は毫(ごう)も交譲(こうじょう)の精神なく、徒(いたづら)に時局の解決を遷延(せんえん)せしめて、此(こ)の間、却(かえ)って益々(ますます)経済上、軍事上の脅威を増大し、以って我を屈従せしめんとす。
 斯(かく)の如くにして、推移せんか。東亜安定に関する帝国積年の努力は、悉(ことごと)く水泡に帰し、帝国の存立、亦(またこ)正に危殆(きたい)に瀕せり。事既(ことすで)に此(ここ)に至る帝国は、今や自存自衛の為、蹶然(けつぜん)起(た)って、一切の障礙(しょうがい)を破砕するの外(ほか)なきなり。
 皇祖皇宗の神霊、上(かみ)に在(あ)り、朕は、汝、有衆の忠誠勇武に信倚(しんい)し、祖宗の遺業を恢弘(かいこう)し、速(すみやか)に禍根を芟除(せんじょ)して、東亜永遠の平和を確立し、以って帝国の光栄を保全せんことを期す。
(御名御璽)」
 以下、現代語訳です。
 「天の神々のご助力を保有し、万世一系の皇位を継ぐ大日本帝国天皇は、はっきりと忠誠にして武勇ある汝ら国民に示す。
 余はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。余の陸海軍の将兵は、全力を奮って交戦に従事し、余の政府関係者・官僚・役人のすべては、つとめ励んで職務に身をささげ、余の国民は、おのおのその本分をつくし、億兆の心をひとつにして、国家の総力を挙げ、攻め戦う目的を達成するために、手ちがいのないように心がけよ。
 そもそも、東アジアの安定を確保し、それをもって世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その大いさを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、余も日頃、かたときも忘れずに心がけている事である。
 そういう理由であるから、各国との交流を篤くおこない、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要諦とするところである。今や、不幸にして、米英両国との争いを開始するにいたった。まことに、やむをえない事態である。どうして、これが余の本意であろうか(このような事態は、余の本意ではない。)
 中華民国政府は、以前より帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を攪乱(かくらん)し、遂(つい)に帝国に武器をとらせる事態(慮溝橋事件)にいたり、現在まで四年が過ぎた。さいわいに、国民政府は、汪清衛・南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するに至ったが、重慶に残存する蒋介石政権は、米英の庇護を当てにし、兄弟であるはずの南京政府と、いまだに相互の境をはさんでせめぎあう姿勢を改めない。
 米英両国は、蒋介石政権を支援し、東アジアの戦禍と混乱を助長し、平和の美名に匿(かく)れて、東洋を征服する非道なる野望をたくましくしている。あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには禁輸措置を意図的におこなって、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。
 余は、政府をして、そのような事態を平和の裡(うち)に解決させようと、長い間、隠忍(いんにん)したのだが、米英は、寸毫も譲り合いの精神を持たず、むやみに事態の解決を遅らせ先延ばしにし、その間にもますます、英米による経済上・軍事上の脅威は増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。
 このような事態が、そのまま推移したならば、東アジアの安定に関して、帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、文字通り危機に瀕することになる。ことここに至っては、帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、英米による一切の障礙(しょうがい)を破砕する以外に道はない。
 皇祖皇宗の神霊は、天にましまし、余は、汝ら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに英米による禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである。
(御名御璽)」
 同日午後八時二十分、ラジオはニュース歌謡と称して「宣戦布告」(作詞・野村俊夫、作曲・古関裕而)、「太平洋の凱歌」(作詞・日本詩曲連盟、作曲・伊藤昇)を放送しました。
 「宣戦布告」
 敵は米英 宣戦の 大君の詔勅 今下る 五千浬の太平洋 我等制さむ大進軍……
 「太平洋の凱歌」
 さかまく怒濤 颶風を衝いて 見よ見よ進む この電撃は アジヤがアジヤをうち建てる 太平洋の朝焼けだ 屠れ砕け米英を われらが敵を打ち砕け
 翌九日には「皇国の戦果輝く」(作詞・野村俊夫、作曲・古関裕而)、「泰国進駐」(作詩・島田磐也、作曲・山田栄一)が放送されました。
 「皇軍の戦果輝く」
 握る拳が感激に 燃えてふるえた大号令 臨時ニュースを聴いたとき胸が血潮がたぎったぞ
 翌々日十日は「英国東洋艦隊壊滅」(作詞・高橋鞠太郎、作曲・古関裕而)、「長崎丸の凱歌」(島田磐也、作曲・細川潤一)、「フィリピン進撃」(作詞・勝承夫、作曲・山田栄一)が放送されました。
 「英国東洋艦隊壊滅」
 一、ほろびたり ほろびたり
   敵 東洋艦隊は
   マレー半島 グヮンタン沖に
   いまぞ沈みゆきぬ
   勲し赫たり 海の荒鷲よ
   沈むレパルス沈むプリンス・オブ・ウェルズ
 二、戦えり 戦えり
   わが つわものは
   皇国の 興廃を
   いまぞ 身に負いぬ
   おごれるイギリス東洋艦隊も
   すさぶ波に 沈め去りぬ
   (以下、略) 
 この「英国東洋艦隊壊滅」の生い立ちについて古関裕而が戦後に書いています(『人間の記録 18 古関裕而 鐘よ鳴り響け』、日本図書センター)。
   二十二 ニュース歌謡は、こうしてつくられた
    
 古関裕而は、こう書いています。
 <開戦三日後(記者注・一九四一年十二月十日)の午後、私はコロムビアにいた。午後三時、廊下に急設されたラジオのスピーカーから、軍艦マーチのオープニングと共に大本営海軍部発表の臨時ニュースがあった(記者注・「午後四時二十分」という説もあります)。
 「シンガポール軍港を出発、北上中の英国の誇る不沈戦艦プリンス・オブ・ウェルズとレパルスを、マレー半島東岸クワンタン沖で発見。我が海軍航空攻撃隊は、これに雷撃と爆撃の波状攻撃を行い、ついに二艦を撃沈せり」
 我々は思わず拍手し昂奮、感激した。始まった以上、勝たねばならぬからである。
 その直後、放送局の歌謡曲、軽音楽の担当者、丸山鉄雄氏からの電話がかかった。
 「今の臨時ニュースを聞きましたか。すぐ歌を作って今夜七時のニュースで放送しますが、誰か、そこに詩人がいますか? 高橋鞠太郎さん? ええ結構ですよ。歌手は藤山一郎君と東京放送合唱団。オーケストラは放送管弦楽団。曲ができ次第、スタジオに持って来てください」
 丸山君は早口で要領よく話すとガチャンと電話を切った。
 さあ、それから大変であった。まずメロディーを作ってから高橋さんに渡し、すぐに私は編曲にかかった。当然艦の名が入るが、それは最後に入れることにした。レパルスは四つの音でよいが、プリンス・オブ・ウェルズを巧くはめ込むのは難しかった。だが、歌手の藤山一郎さんは発音の明瞭な人だから、少々難しくても十分歌えると思い、三音にまとめた。高橋さんは楽譜を見ながら詞を当てはめていく。
 普通なら、オーケストラのスコアを書き、それを写譜させるという順序だが、何しろ放送局に持参する時間も必要だから、約三時間、作曲時間があるのみ。私は頭の中でスコアを構想し、いきなりパートの楽譜を書きおろしていった。最初はハーモニーの基になるピアノから書いた。前奏は短く二小節。歌詞は四番まであるから間奏は三回、新しく書くより軍艦マーチを二分して効果的に挿入した。
 弦、木管、サックス系、ブラス等、次から次へ書いている間も、傍らの高橋さんから「この字脚は合うかな? この言葉は歌えるかしら?」などしきりに質問が入る。それに一つ一つ答えながら、ようやく全パートを書き終えた頃高橋さんも四番の歌詞を完成。
 一応歌ってみて訂正したり、歌手用の楽譜も書き上げ、内幸町のコロムビアと放送局が近かったのが幸い、すぐかけつけた。
 待機していた藤山一郎君に楽譜を渡し、合唱団には一枚の楽譜から手分けして写してもらった。……
 一度練習したきりで数分後には、ぶっつけ本番のようにして放送した>
 日本軍は、翌四二年一月二日、フィリピンのマニラを占領。
 同月十四日にはビルマに進撃しました。
 マレー半島を南下中の日本軍の一部では自転車部隊が生まれ、ジャングルを走りぬけシンガポールの対岸ジョホール・バルに到達しました。
 この時、ニュース歌謡として「ジョホール・バルの歌」(作詞・サトウハチロー、作曲・古関裕而)がつくられています。
 二月五日、シンガポールを陥落させました。
 三月一日、日本軍はジャワ島に上陸、オランダ軍は降伏しました。
 同月八日、ビルマのラングーンを陥落させました。
 ラジオは、以後、三月末まで、マレー半島、香港、マニラ、シンガポール、蘭印と、陥落したり制圧したりするたびにニュース歌謡を流しました。
   二十三  「夜のプラットホーム」
    
 「夜のプラットホーム」(作詞・奥野椰子夫、作曲・服部良一)も、戦争の最中に生まれた歌です。
 一、星はまたたき 夜ふかく
   なりわたる なりわたる
   プラットホームの 別れのベルよ
   さよなら さよなら
   君いつ帰る
 二、ひとはちりて ただひとり
   いつまでも いつまでも
   柱によりそい たたずむわたし
   さよなら さよなら
   君いつ帰る
 三、窓に残した あのことば
   泣かないで 泣かないで
   瞼(ひとみ)にやきつく さみしい笑顔
   さよなら さよなら
   君いつ帰る
 次回は、この歌について書きます。
   二十四 プラットホームの柱のかげで
    
 一九四二年、コロムビアは「夜のプラットホーム」を吹き込みました。
 戦後、淡谷のり子(あわや・のりこ、一九〇七年ー九九年)が、その時のことを書いています(『ブルースのこころ』、新日本出版)。
 <これはコロムビア専属になった詩人の奥野椰子夫さんの第一作であった。奥野さんは新橋駅で出征兵士を見送る万歳と歓呼の旗の波のなかに、プラットフォームの柱のかげで人目をしのんで泣いている若妻の姿をみて、万感の想いをこの詩にこめられたということである。
 曲もすばらしく、私は久しぶりに歌らしい歌をうたった気持になった。軍国調の流行歌が何十曲作られたか知らないが、これはそれらが束になってもかなわない……と私は思った>
 <だが「夜のプラットフォーム」はいつまでたっても発表されなかった。私がコロムビアに問い合わせてみると「出征兵士を送る歌にしては悲しすぎるし、反戦的な歌として検閲が通らず、陽の目をみないでおクラ入りになってしまった」という返事だった>
   二十五 「北原白秋よ。お前もか」
    
 北原白秋(きたはら・はくしゅう、一八八五年一月二十五日ー一九四二年十一月二日)という名前を聞けば、福岡県柳川の生まれで、詩人で、「城ケ島の雨」、「砂山」、「この道」、「赤い鳥小鳥」、「あわて床屋」の作詞家、詩人で「赤い鳥小鳥」、「あわて床屋」の作詞家……というのが、僕のイメージです。
 その白秋が軍歌、戦時歌謡の選考をしたり、作詞をしたりしていたというのは驚きでした。「北原白秋よ。お前もか」という感じです。
 一九四二年三年の「ハワイ大海戦」(ビクター、作詞・北原白秋、作曲・海軍軍楽隊)も、その一つです。
 一、天に二つの日は照らず
   しのぐは何ぞ 星条旗
   大詔(たいしょう)降(くだ)る 時まさに
   この一戦と 衝き進む
   疾風万里 太平洋
   目指すはハワイ 真珠湾
 二、たれか思わん 暁の
   夢おどろかす 爆撃を
   つんざく雲の 切れ間より
   見よ轟々と 攻め襲う
   必殺の雷 海の鷲
   しんしん迫る 潜航艇(せんこうてい)
 三、神か人かも 身を棄てて
   千古に徹(とお)る その命
   何をか哭(な)かん 尽忠の
   ああ荒み霊(たま) 火の柱
   地軸も裂(さ)けよ 艦(ふね)ともに
   たちまち砕く 敵主力
 ここで「潜航艇」というのは「特殊潜航艇」ともいい、一九四一年十二月八日、日本軍の真珠湾攻撃の時に使われた二人乗りの潜水艦のことです。母艦から発射され、自力で潜航し、装備した魚雷二本を「敵艦船」撃ち込むという兵器でした。
 搭乗員は、以下の十人でした。
 岩佐直治大尉。
 吉野繁実中尉。
 横山正治中尉。
 広尾章少尉。
 酒巻和男少尉。
 横山薫範兵曹。
 上田定兵曹。
 片山義雄兵曹。
 稲垣清兵曹。
 佐々木直吉兵曹。
 十人の搭乗員は五隻の特殊潜航艇に一艇二人で分乗しました。
 真珠湾口付近で、十二月八日午前三時から三分間隔で、母艦の伊号潜水艦から順次に湾口へと発進されました。
 湾内に潜入後、海底で待機、航空隊の空襲に合わせて攻撃開始、その後で、夜間を選び、ラナイ島西方7カイリに浮上し、待機している母艦の潜水艦にたどりつく計画でした。
 出撃後、日本軍に帰還した艇はありませんでした。
 うち酒巻少尉は生き残り、捕虜らなりました。
 一九四二年三月六日の大本営発表で「特殊潜航艇をもって編成せるわが特別攻撃隊は……」と、真珠湾攻撃に特殊潜航艇が使われたことが発表されました。
 そして、戦死者は「殉忠特別攻撃隊九軍神」とされ、美化のキャンペーンがされました。
 白秋の歌は、この発表を受けたキャンペーンの一環でした。
 太平洋戦争開始の当日から、こうした「必死作戦」がとられていたこと、それを軍部が推奨したことは太平洋戦争の性格を考える上でも大事だと思います。
 そして童謡などをつくっていた作詞家の無残な歌も記憶にとどめておく必要があると思います。
 この特殊潜航艇による特別攻撃隊は、続いて、翌年五月三十日のイギリス占領下のマダガスカル島ジゴスワレス港攻撃、翌日のオーストラリアのシドニー港攻撃で編成されました。前者は二隻が参加し四人が戦死。後者は三隻が参加し六人が戦死。
   二十六 小学校の教科書に載った「守るも攻むるも」
 「軍艦行進曲(軍艦マーチ)」のもとになった「軍艦」(作詞・鳥山啓、作曲・山田源一郎)は、一八九三年発行の『小学校唱歌』で発表された「軍艦」という唱歌でした。
 こんな歌を小学校で教えていたのです。 
 一、守るも攻むるも 黒鉄(くろがね)の
   浮かべる城ぞ 頼みなる
   浮かべるその城 日の本の
   皇国(みくに)の四方(よも)を 守るべし
   真鉄(まがね)のその艦(ふね) 日の本に
   仇なす国を せめよかし
 二、岩炭(いわき)の煙は 大洋(わだつみ)の
   竜(たき)かとばかり 靡(なび)くなり
   弾丸(たま)撃(う)つひびきは 雷(いかづち)の
   声かとばかり どよむなり
   万里(ばんり)の波涛(はとう)を 乗り越えて
   皇国(みくに)の光(ひかり)輝(かがや)かせ
 作詞の鳥山啓(とりやま・ひらく、一八三七年八月二十五日ー一九一四年)は、田辺藩(現和歌山県田辺市)に生まれの教育者でした。
 一八六八年、藩校で英語を教え廃藩置県の後、田辺学校教師になりました。
 一八七六年、和歌山師範学校教師に。
 一八七九年、和歌山中等学校教師、県勧業御用係に。
 一八八六年、東京華族女学校教授に。
 彼の「軍艦」に、軍楽師の瀬戸口藤吉が、一八九七年、新しい曲をつけたのが「軍艦行進曲」です。
   二十七 「殉忠特別攻撃隊九軍神」
    
 「殉忠特別攻撃隊九軍神」の歌の続きです。
 北原白秋の歌のほかにも、「殉忠特別攻撃隊九軍神」を歌ったものが生まれました。
 「嗚呼特別攻撃隊」(一九四二年五月、ポリドール、作詞・米山 忠雄、作曲・若松 巌)
 一、祖国をあとに はるばると
   太平洋の 波まくら
   幾夜仰いだ 星月夜
   ああ故郷の 山や河
 二、許して下さい お母さん
   だまって別れた あの夜の
   せつない思い 必勝を
   固く誓った 僕でした
 三、我儘(わがまま)言った 僕ですが
   今こそやります 参ります
   さらば母さん お達者で
 四、師走(しわす)八日の 朝まだき
   僕は特別 攻撃隊
   男子の本懐(ほんかい) 今日の日よ
   待っていました お母さん
 五、天皇陛下 万歳と
   叫んだはるか 海の底
   聞いて下さい お母さん
   遠いハワイの 真珠湾
 「天皇陛下 万歳と 叫んだはるか 海の底」。君には海の底で死んだ人の声が聞こえたのか!!! 
 「壮烈特別攻撃隊」(一九四七年五月、コロムビア、作曲・西條八十、作詞・山田耕筰)
 一、別れの酒は 汲(く)まねども
   覚悟に胸は 火と燃えて
   乗り組む艇(ふね)に 月おぼろ
   ああ 壮烈の真珠湾
 二、指折りかぞえ 武士(もののふ)が
   待ちにし晴れの 秋(とき)は来ぬ
   光栄(はえ)ある死もて 皇恩に
   報(むく)いまつらん 嬉しさよ
 三、見よ美(うるわ)しの この艇(ふね)を
   心血籠(こ)めし 歩器にして
   誉を飾る 我が棺(ひつぎ)
   花散るごとく 波を蹴る
 四、ああ なつかしの 故郷よ
   かの森かげの 孤家(ひとつや)の
   おん父母も 見そなわせ
   わが手が砕く 敵艦を
 五、風粛々(しょうしょう)の 真珠湾
   九人の勇士 還らねど
   黒潮染めて ゆるぎなき
   亜細亜の朝日 いま昇る
 まさに、特殊潜航艇は海に潜る二人乗りの「棺」でした。
 この項は、続きます。
   二十八 「殉忠特別攻撃隊九軍神」 つづき
 「殉忠特別攻撃隊九軍神」の歌のつづきの、つづきです。
 「殉忠特別攻撃隊九軍神」の歌は、ほかにもあります。
 「真珠湾の華」(一九四二年六月、キング、作詞・南条歌美、作曲・細川潤一)
 一、七生報国 殉忠(じゅんちゅう)の
   大和魂 浄火(ひ)と燃えて
   黙々はげむ 大覚悟
   果さむ時は 遂に来ぬ
 二、決意を秘めた 九勇士
   「只今より ゆきますと」
   従容(しょうよう)笑みて 往(い)でてゆく
   嵐は叫ぶ 真珠湾
  朗詠ζいざゆかむ 網も機雷も乗り越えて
     撃ちて 真珠の玉と砕(くだ)けむ  
   
 三、大君のため 大洋に
   散りて悔(くい)なき 若ざくら
   護国の神と 仰がれる
   その名は 特別攻撃隊
 「特別攻撃隊」(一九四七年六月、コロムビア、選詞・読売新聞社、作詞・東京音楽学校)
 一、撃ちてしやまむ ますらをに
   なんの機雷ぞ 防潜網(ぼうせんもう)
   あゝこの八日 待ちわびて
   鍛(きた)えぬきたる 晴の技(わざ)
   示すは今ぞ 真珠湾
 二、神なりすでに 九つの
   生死越えたる 荒御魂(あらみたま)
   いざ皇国の 荒廃と
   史上例なき 肉薄に
   必殺ちかう 海の底
 三、轟沈(ごうちん)撃破 ときの間に
   屠(ほう)る戦艦 巡洋艦
   みよ友軍の 爆撃に
   あがる火柱 水柱
   天誅(てんちゅう)くだる 米主力
 四、襲撃まさに 成功と
   月の出潮に 打つ無電
   おゝその無電 打ち終えて
   遂に還らず 艇(てい)五隻
   還らず遂に 九勇士
 五、一億あおげ 尽忠の
   天地つらぬく その誠
   げに大東亜 聖戦の
   基(もとい)かためし 軍神(いくさがみ)
   燦たり特別 攻撃隊
   二十九 「とんとんとんからりと隣組」
    
 侵略戦争を遂行するために天皇制政府は、国民の一人ひとりを動員しようとしました。
 その機構の一つが隣組でした。
 中国侵略戦争が泥沼化した一九四〇年九月、戦争用の雑務がふえたのにともなって内務省は市区町村の補助的下部組織として農村では部落会、都市では町内会をつくることを指示し、その下部組織として十戸単位程度の隣組をつくるよう指導しました。
 日本放送協会は、国民歌謡として「隣組」(一九四〇年十月、ビクター、作詞・岡本一平、作曲・飯田信夫)を作ってラジオで流しました。
 一、とんとんとんからりと 隣組
   格子を開ければ 顔なじみ
   廻して頂戴 回覧板
   知らせられたり 知らせたり
 二、とんとんとんからりと 隣組
   あれこれ面倒 味噌醤油
   ご飯の炊き方 垣根越し
   教へられたり 教へたり
 三、とんとんとんからりと 隣組
   地震や雷 火事どろぼう
   互ひに役立つ 用心棒
   助けられたり 助けたり
 四、とんとんとんからりと 隣組
   何軒あらうと 一所帯
   こゝろは一つの 屋根の月
   纏(まと)められたり 纏めたり
 陽気なメロディーでした。
   三十 配給、貯蓄、空襲
 隣組は、生活必需品の配給ルートの役割も持つことになりました。
 報国債権の割り当も隣組の仕事でした。
 隣組を抜ければ配給を受けることができませんので、抜けることはできませんでした。
 その様子を「愉快な組長さん」(一九四一年九月、キング、作詞・清水操六、作曲・細川潤一)が歌っています。
 一、卵をかぞえて 計器(はかり)にのせて
   目盛りみながら それ百匁(ひゃくもんめ)
   くばる両手に 朝日がはずむ
   向こう三軒 両隣
   元気で明るい 組長さん
   とってもほがらか 愉快だな
 二、玉ねぎ抱(かか)えりゃ 心に浮かぶ
   生まれ故郷の 裏畠
   日本よい国 いっちょやいっちょや
   唄で近所に 割り当てる
   元気で明るい 組長さん
   とってもほがらか 愉快だな
 三、先日ジャガ芋(いも) 今日さつま芋
   受けた配給 どっこいしょ
   わける苦労も 消しとぶものは
   ふかす香りに 焼く匂い
   元気で明るい 組長さん
   とってもほがらか 愉快だな
 四、貯金をすゝめて しっかりためて
   いつもお役に たつこゝろ
   報国債権 国債買うも
   どこの誰より まっさきに
   元気で明るい 組長さん
   とってもほがらか 愉快だな
 物資の極端な不足で、こんな不自由な配給の状態になっているのに「日本よい国」もないものです。
 アメリカ軍機の空襲でも、隣組は「活躍」しました。
 「花の隣組」(一九四二年九月、コロムビア、作詞・西条八十、作曲・服部良一)は、空襲下の隣組の「活躍」を歌っています。
 一、「来たぞ」といえば
   「よいしょ」と並んだ
   モンペ姿の たくましさ
   靡(なび)く黒髪 大空にらみ
   あなたは会社で 働きなさい
   楽しい我が家は 女で護ろう
 二、「落ちた」とえば
   「それ」と駆る
   バケツ火たゝき 濡れむしろ
   意気で消せ消せ 燃えたつ焼夷弾(しょういだん)
   男は男で 働きなさい
   花の都は 女で護ろう
 三、「おいで」と言えば
   ニコリと集まる
   仲の良い良い 隣組
   夢は楽しい 共栄圏よ
   男に負けたら 昔の女
   今じゃ日本 女で護ろう
 四、「解除」と聞けば
   朗らに輝く
   空は青空 日本晴れ
   留守のお役目 立派に果たし
   モンペを脱いだら 優しい女
   坊やだっこで ねんころり
 空襲に備えての防火訓練には、一戸に一人はかならず出なければ「国賊」といわれるので、妊婦でも病人でもバケツや火たたき棒をもって出ました。
 隣組は物資の配給を武器にして住民を強制的に戦争に総動員する組織で、住民同士を相互監視させる機能も持ってていました。
   三十一 「台湾沖の凱歌」
    
 一九四四年十月から十六日まで、台湾方面に来襲したアメリカ軍のハルゼー大将隷下の部隊の空母搭載機群を日本海軍が台湾沖で捕捉して、これに痛打を与えたとする戦闘が台湾沖航空戦と呼ばれるものです。
 このアメリカ軍の部隊の空母搭載機群の空母諸隊は、四群に分かれ、正規空母九隻、軽空母八隻、戦艦六隻、巡洋艦十四隻、駆逐艦五十八隻という部隊で、支援部隊だけでも予備機を搭載した護衛空母十一隻、給油艦三隻がひかえていました。
 大本営は、次々と勝利の発表をしました。
 ○十月十二日午後五時二十分、アメリカ機動部隊台湾来襲。
 ○十月十三日午後三時三十分、台湾沖航空戦第一日目戦果。
 ○十月十四日午後六時三十分、台湾沖航空戦第二日目戦果。
 ○同月十五日午後三時、台湾沖航空戦第三日目戦果。
 ○同月十七日午後四時、台湾沖航空戦追撃戦戦果。
 ○同月十九日午後六時、台湾沖航空戦総合戦果。
 ○同月二十一日午後七時、台湾沖航空戦勅語煥発。
 十月十九日午後六時の台湾沖航空戦総合戦果は、次のような内容です。
 <我が部隊は十月十二日以降連日連夜台湾及(および)「ルソン」東方海面の新機動部隊を猛攻し其(そ)の過半の兵力を壊滅して之(これ)を遁走せしめたり
 (一) 我が方の収めたる綜合戦果次の如し
 轟撃沈 航空母艦十一隻、戦艦二隻、巡洋艦三隻、巡洋艦若(もしく)は駆逐艦一隻
 撃破 航空母艦八隻、戦艦二隻、巡洋艦四隻、巡洋艦若は駆逐艦一
隻、艦種不詳十三隻、其の他火焔火柱を認めたるもの十二を下らず
 撃墜 百十二機(基地に於(お)ける撃墜を含まず)
 (二) 我が方の損害 飛行機未帰還三百十二機
 〔註〕本戦闘を台湾沖航空戦と呼称す>
 ○同日午後七時、台湾沖航空戦勅語煥発。
 ○同日午後六時、台湾沖航空戦総合戦果。
 <我が部隊は十月十二日以降連日連夜台湾及(および)「ルソン」東方海面の新機動部隊を猛攻し其(そ)の過半の兵力を壊滅して之(これ)を遁走せしめたり
 (一) 我が方の収めたる綜合戦果次の如し
 轟撃沈 航空母艦十一隻、戦艦二隻、巡洋艦三隻、巡洋艦若(もしく)は駆逐艦一隻
 撃破 航空母艦八隻、戦艦二隻、巡洋艦四隻、巡洋艦若は駆逐艦一
隻、艦種不詳十三隻、其の他火焔火柱を認めたるもの十二を下らず
 撃墜 百十二機(基地に於(お)ける撃墜を含まず)
 (二) 我が方の損害 飛行機未帰還三百十二機
 〔註〕本戦闘を台湾沖航空戦と呼称す>
 十月二十一日午後七時、大本営発表の昭和天皇の勅語の内容は次の通りです。
 <大元帥陛下(記者注・昭和天皇のことです)には本日大本営両幕僚長を召されられ南方方面陸軍最高司令官、連合艦隊司令長官、台湾軍司令官に対し左の勅語を賜(たま)はりたり
   勅語
 朕カ陸海軍部隊ハ緊密ナル協同ノ下敵艦隊ヲ邀撃(ようげき)シ奮戦大(おおい)ニ之(これ)ヲ撃破セリ 朕(ちん)深ク之ヲ嘉尚ス
 惟(おも)フニ戦局ハ日ニ日ニ急迫ヲ加フ汝等(なんじら)愈(いよいよ)協力戮力(りくりょく)以テ朕カ信●(かたわら)ニ副(そ)ハムコトヲ期セヨ>
 大本営の発表では、第三八任務部隊は、ほぼ壊滅でした。
 「台湾沖の凱歌」(一九四五年二月、コロムビア、日本放送協会制定、作詞・サトウ・ハチロー、作曲・古関裕而)がつくられました。
 一、その日は 来たれり
   その日は 遂に来た
   傲慢無礼(ごうまんぶれい)なる 敵艦隊とらえ
   待ってたぞ 今日の日を
   拳を振り上げ 攻撃だ
   台湾東沖 時十月十二日
 二、海鷲 陸鷲
   捨身の 追撃戦
   あわてゝ逃げゆく 敵艦めがけて
   撃たずば かえらじと
   体当りの 突撃
   たちまち沈みゆく
   わが翼の 凱歌
 三、闘魂燃え立ち
   勝ち抜く この力
   昼から夜中へと 轟沈撃沈
   今こそ 荒鷲は
   神鷲とも 言うべきぞ
   薫るぞその勲 我等涙の感激
 四、沈みし 敵艦
   その数 かぞえみよ
   五十八機動部隊 殲滅(せんめつ)だみよや
   この眼にこの耳に 報(しらせ)をうけ一億が
   兜(かぶと)の緒を締めて なおひたすら誓う
 五、秋空 晴れたり
   心も 晴れ渡る
   諸人(もろびと)忘るゝな 心に刻めよ
   決戦の第一歩 輝かしき大戦果
   応えて皆励まん ただ皇国の為に
 しかし、台湾沖航空戦についての大本営の発表は、でっち上げでした。
 実際のアメリカ艦隊の損害は、飛行機八十九機、重巡キャンベラと軽巡ヒューストンを大破。航空母艦は一隻も損害なしでした。
 「台湾沖の凱歌」は、でっち上げの大本営発表を増幅して、国民を誤り導きました。
   三十二 「同期の桜」の絶望感
    
 西條八十は、一九三八年二月号の『少女倶楽部』に詩「二輪の桜ー戦友の歌」を発表しました。
 これがもとになって生まれたのが「戦友の唄」(一九三九年七月、キング、作詞・西條八十、作曲・大村能章)です。
 海軍兵学校の生徒だった帖佐裕が、日曜下宿(民間の家に日曜昼間、ホームステイ)で、このレコードを聞き、歌詞の一部を変えてつくったのが「同期の桜」です。
 一、貴様と俺とは同期の桜
   同じ航空隊の庭に咲く
   咲いた花なら散るのは覚悟
   みごと散りましょ国のため
 二、貴様と俺とは同期の桜
   同じ航空隊の庭に咲く
   血肉分けたる仲ではないが
   なぜか気が合うて別れられぬ
 三、貴様と俺とは同期の桜
   同じ航空隊の庭に咲く
   仰いだ夕焼け南の空に
   未だ還らぬ一番機
 四、貴様と俺とは同期の桜
   同じ航空隊の庭に咲く
   あれほど誓ったその日も待たず
   なぜに死んだか散ったのか
 五、貴様と俺とは同期の桜
   離れ離れに散ろうとも
   花の都の靖国神社
   春の梢に咲いて会おう
 海軍兵学校は、海軍の将校を養成するための学校です。当時は、広島県の江田島にありました。
 ここを卒業して、「同じ航空隊」に同期で入った者同士思いを歌っています。
 「咲いた花なら散るのは覚悟 みごと散りましょ国のため」「離れ離れに散ろうとも 花の都の靖国神社 春の梢に咲いて会おう」がポイントです。
 ここで国というのは昭和天皇といいかえても可だと思います。
 一見ヒロイズム、昭和天皇への忠誠をうたっていますが、こういうところまで追い詰められた当時の海軍将校希望者の絶望感をも、はからずも伝えています。
  三十三 「わが皇軍は 天降る」
    
 太平洋戦争開始の翌年、一九四二年一月、二月、日本軍は、セレベス、スマトラに落下傘部隊を降下させました。
 空からの奇襲で、油田地帯を無傷のまま占領しょうという作戦でした。
 この作戦の「電撃的成功」と新登場の落下傘部隊のシーンを新聞は書きたてました。
 その記事に感動した梅木三郎が詩をつくり、それを青砥ディレクターに持ち込みました。
 青砥が作曲を高木東六に依頼して、ビクターが吹き込んで同年四月に発売しました。
 それが、「空の神兵」です。
 一、藍(あい)より蒼(あお)き 大空に 大空に
   忽(たちま)ち開く 百千の
   真白き薔薇(ばら)の 花模様
   見よ落下傘 空に降(ふ)り
   見よ落下傘 空を征(ゆ)く
   見よ落下傘 空を征く
 
 二、世紀の華よ 落下傘 落下傘
   その純白に 赤き血を
   捧げて悔(く)いぬ 奇襲隊
   この青空も 敵の空
   この山河(やまかわ)も 敵の陣
   この山河も 敵の陣
 
 三、敵撃砕(●げきさい)と 舞い降(くだ)る 舞い降る
   まなじり高き つわものゝ
   いずくか見ゆる おさな顔
   あゝ純白の 花負いて
   あゝ青雲に 花負いて
   あゝ青雲に 花負いて
 
 四、讃えよ空の 神兵(しんぺい)を 神兵を
   肉弾粉(こな)と 砕くとも
   撃ちてしやまぬ 大和魂(やまとだま)
   わが丈夫(ますらお)は 天降(あまくだ)る
   わが皇軍は 天降る
   わが皇軍は 天降る
 この歌は落下傘部隊の記録映画「空の神兵」の中で流れました。
 凶暴な侵略軍を神の兵とうたいあげています。
   三十四 ペンを奪われて
    
 一八九〇年施行の明治憲法で兵役が「臣民の義務」とされ(二〇条)、国民は常備軍に強制的に編入されました。満二十歳以上の男性全員を対象に徴兵検査(兵役のための身体検査)を受けさせ、選抜して通常二~三年現役兵として服役させ、除隊後もしばらくは予備役などに編入し、戦時には召集令状で戦争に動員するしくみでした。
 徴兵検査を受けずに逃亡したりすれば、懲役刑に加え、優先的に徴兵されるという二重の制裁を受けました。
 このような日本でも、学生などは卒業まで兵役の徴集を延期されました。
 しかし、一九四一年には、大学学部・予科、高等学校高等科、専門学校、実業専門学校などの修業年限を短縮し、卒業を繰り上げました。
 そして、一九四三年九月の閣議決定は、このような徴集延期そのものを廃止し、在学中でも兵役年齢に達すれば徴兵できるようにしたのです。
 同年十月二十一日、小雨の降る東京の明治神宮外苑で、出陣学徒壮行会がおこなわれました。
 出陣学徒の代表は「生等(せいら)もとより生還を期せず」とのべました。
 こうしたなかで、同年十一月、コロムビアは「学徒は今ぞ空へ往く」(作詞・西條八十、作曲・竹岡信幸)を発売しました。
 一、さらば別れぞ なつかしの
   母校の森よ 時計台
   決戦つづく 東亜の朝
   学徒は今ぞ空へ往く
 二、若き生命も 花の頬(ほほ)も
   ただ大君に 捧げなん
   ペン●(なげう)ちて 蒼空(おおぞら)翔(か)ける
   炎の意気を 君見ずや
 三、祖国敗れて 学理なし
   正義ほろびて 智育なし
   いま米英を 撃滅せずば
   学徒の栄与(ほまれ) いづこぞや
 四、科学の叡智(えいち) 発揮して
   醜慮に下す 必中弾
   栄光(はえ)ある学徒 あゝ高らかに
   凱歌(がいか)うたわん 大東亜
 ここでも「若き生命も 花の頬(ほほ)も」ただ、昭和天皇に捧げようというのです。
 作詞の西條八十は、当時、早稲田大学の教師で、出征する早稲田大学の学生たちを出陣学徒壮行会の会場まで引率しています。国防服といわれるカーキ色の国民服にゲートルを巻き、つばの広い帽子をかぶった姿でした。その後ろから「学徒出陣」と書いた白布のタスキをかけて行進しました。(この項、『流行歌(はやりうた) 西條八十物語』、吉川潮、新潮社)
 翌十二月に第一回学徒兵が入営しました。
 同月には、徴兵年齢を十九歳に引き下げる勅令も出されました。
 学徒出陣で、法文系などを中心に多くの学生が学業を途中で打ち切られ、二十万人近い学生が出陣したといわれます。
 「あたら青春をわれわれは何故、このようなみじめな思いをして暮らさなければならないのでしょうか。若い有為の人々が次々と戦死していくことは堪(たま)らないことです。中村屋の羊羹(ようかん)を食べたいとふっと思い出しました」
 戦後、戦没学生の手紙などを集めた『きけわだつみのこえ』には、死に直面した学生たちのさまざまな心情がしるされています。
 日本が植民地にしていた朝鮮や台湾でも一九四三年から徴兵制が適用され、一九四四年一月には、強制的に“志願”させられた四千人余の朝鮮学徒兵が入営しました。
   三十五 「かくて神風は吹く」
    
 天皇制政府は、侵略戦争に打ち勝つには「神風」に頼るしかないと思ってきたのでしょうか。それとも、国民を「日本は勝つ」と思わせておきたかったのでしょうか。「神風」頼りの歌が生まれました。
 その一つが、「神風節」(一九四五年一月、キング、日本音楽文化協会・日本音盤協会制定)です。
 一、吹けよ吹け吹け メリケン嵐
   どうせ浮き雲 迷い風
   大和島根は ゆるがぬ島根
   吹くぞ神風 敵を呑む 敵を呑む
   エイエイ エイ
 二、響け響け 癇癪弾丸奴(かんしゃくだまめ)
   どうせ外(そ)れ弾丸(だま) 迷い弾丸
   もぐらちょいと出て ちょい首かしげ
   雨が降るよな 星かいな 星かいな
   エイエイ エイ
 三、敵の自慢の へなへな蜻蛉(とんぼ)
   叩(たた)き落として 粉微塵(みじん)
   親子三代 念願賭けて
   入れつぶすぞ 鬼の面 鬼の面
   エイエイ エイ
 四、眉も動かぬ びくともせぬぞ
   何のこれしき 朝嵐
   肝の太さを 見て肝つぶせ
   昇る朝日を 見て拝め 見て拝め
   エイエイ エイ
 なんというから元気!!
 もう一つ、「かくて神風は吹く」(一九四五年二月、コロムビア、作詞・高橋鞠太郎、作曲・竹岡信幸)です。
 一、海を圧して 寄せ来る敵を
   なんで遁(の)がして なるものか
   今だ討ち取れ 力を一(いつ)に
   かくて吹くのだ 神風が
 二、敵は鬼畜だ 幼い子まで
   なぶり殺しに する奴だ
   みんな起て起て 日本男児
   かくて吹くのだ 神風が
 三、皇土日本 一足たりと
   敵の土足に 踏まさりょか
   なんの討死 死んでも護れ
   かくて吹くのだ 神風が
 四、相模太郎は 勇猛果敢
   西を睨(にら)んで 一喝(いっかつ)すれば
   老若男女もみな 起こった
   かくて吹くのだ 神風が
 五、撃てよ沈めよ 海底深く
   憎いこの敵 この寇(あだ)を
   燃ゆる闘魂 火花と散って
   かくて吹くのだ 神風は
 「敵は鬼畜だ 幼い子まで なぶり殺しに する奴だ」と国民を脅しつけ、「なんの討死 死んでも護れ」と追い詰めていきます。そのくらいにすれば「かくて吹くのだ 神風は」というのです。
 「討死」した後に吹く「神風」は、誰のための「神風」でしょうか。
   三十六 子どもたちが狙われました
    
 一九四一年十二月二十三日、情報局の主導で社団法人日本少国民文化協会が創立されました。児童文化人を総動員した団体です。
 定款には「本会は皇国の道に則(のっと)り国民文化の基礎たる日本少国民文化を確立して以(も)って皇国民の練成に資するを目的とす」(第三条。原文はカタカナまじりです)とうたっていてました。
 理事長は、小野俊一。理事には、高村光太郎、山田耕筰ら。顧問には、柳田国男、作家の吉川英治ら。
 舞踊、遊具、紙芝居、童話、演劇、音楽、文学、絵画、映画、ラジオ、出版の十一部会がありました。
 翌一九四二年二月十一日午後一時から、東京・日比谷の情報局講堂(帝劇)で同協会は発会式を開きました。
 総理大臣陸軍大将の東条英機が、祝辞をのべました。
 この発会式で「日本のあしおと」が、京橋区の昭和国民学校児童の唱歌、石井漠門下の舞踊で発表されました。
 文部省検定・情報局推薦、作詞・作曲・社団法人日本少国民文化協会の歌です。
 一、ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   へいたいさんの あしおと だ
   ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   つよい日本の あしおと だ
 ニ、ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   わたしたちの あしおと だ
   ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   そろふ みんなの あしおと だ
 三、ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   せかいにひびく あしおと だ
   ザック ザック ザック ザック
   ザック ザック ザック
   すすむ アジヤの あしおと だ
    
 この年の十月三日から八日まで、「軍人援護強化週間」が軍事保護院の主催で実施されました。
 その六日夜、東京の日比谷公会堂で、日本少国民文化協会と軍事保護院、軍人援護会の主催で軍人援護少国民文化大会が開かれました。
 ここで、「少国民進軍歌」が発表されました。
 この歌の歌詞は、日本少国民文化協会と陸軍省、軍事保護院と共催で公募した歌で、応募一万七千四百二十八篇の中から東京府西多摩郡大木野国民学校訓導(教師)の長坂徳治(二十二歳)の作品が選ばれました。
 そして、作曲を佐々木すぐるが担当しました。
 一、轟く 轟く 足音は
   お国の為に 傷ついた
   勇士を守り 僕達が
   共栄圏の 友と行く
   揃う歩調だ 足音だ
 ニ、響く 響く 歌声は
   戦死をされた丈夫(ますらお)の
   忠義の心 受けついで
   感謝で進む 僕達が
   歌う国歌だ 君が代だ
 三、ひらめく ひらめく あの旗は
   戦地の苦労 想うとき
   小さいながら 僕達も
   負けてなるかと 胸張って
   仰ぐ国旗だ 日の丸だ
 四、呼んでる 呼んでる あの声は
   誉(ほまれ)の遺児(いじ)と 諸共(もろとも)に
   未来を担(にな)う 僕達が
   雄飛(ゆうひ)の時を 待っている
   七つの海だ 大陸だ
 一九四二年十一月七日、日本少国民文化協会は、日本放送協会と共催で全国少国民「ミンナウタヘ」大会を開催しました。
 「放送により全国の少国民をして同一歌曲を同一時に唱和せしめ音楽を通して少国民の団結を強化し大東亜建設推進の意気を旺盛ならしめ併せて歌唱力の向上に資せんとす」(趣旨)ということでした。
 全国の各所で開催されました。東京では神田の共立講堂が会場でした。
 課題曲は「日本のあしおと」、「きたえる足」(一九四二年『初等科音楽 ニ』。作詞・片桐顕智、作曲・成田為三)、「進め少国民」(日本放送協会選定歌。作詞・園英ニ、作曲・渡辺浦人)、「朝日は昇りぬ」(文部省唱歌)、「愛国行進曲」の五曲でした。
 こうして天皇制政府と、それに追随する人々は、音楽を使って子どもたちを侵略戦争に動員していきました。
   三十七 命を奪われた少年兵たち
    
 一九四四年三月には、キングが「少年兵を送る歌」(作詞・松村又一、作曲・林伊佐緒)を発売しました。
 今こそわれら 国のため
 命捧げる 時ぞ来ぬ
 往けや 皇国(みくに)の少年兵
 特別攻撃の歌でした。
 少年も兵士として戦場に動員されていました。
 ●少年通信兵
 一九三三年十二月から陸軍通信学校で教育。一九四〇年十二月から陸軍少年通信兵学校で。一九四一年十二月から東京陸軍少年通信兵学校で。一九四三年十二月から東京陸軍少年通信兵学校、村松陸軍少年通信兵学校で。一九四五年四月から村松陸軍少年通信兵学校で。
 ●少年飛行兵
 一九三四年二月から所沢飛行学校(埼玉県所沢)で教育。一九三六年二月から熊谷陸軍飛行学校、陸軍航空技術学校で。一九三八年二月から東京陸軍航空学校で。一九四三年四月から東京陸軍航空学校、大津少年飛行兵学校で。一九四四年四月から東京陸軍航空学校、大津少年飛行兵学校、大分少年飛行兵学校で。
 ●少年戦車隊
 一九三九年十二月から千葉陸軍戦車学校で教育を開始。一九四一年十二月から陸軍少年戦車兵学校(静岡県富士郡上井出村。現・富士古市)で教育。 
 ●少年工科兵
 一九四〇年十二月から陸軍兵器学校で教育。
 ●少年野砲兵
 一九四二年十二月から陸軍野戦砲兵学校で教育。
 ●少年重砲隊
 一九四二年十二月から陸軍重砲兵学校で教育。
 ●少年高射兵
 一九四二年十二月から陸軍防空学校で教育。一九四四年六月から千葉陸軍高射学校で。
 ●船舶特別幹部候補生
 一九四四年四月から暁第二九四〇連隊。
 教育を終えた少年たちは戦場に駆り出されていきました。
 たとえば、船舶特別幹部候補生の多くが搭乗したのは水上肉迫攻撃艇です。
 一人乗り。材質はベニヤ合板。全長五・六メートル。速力二十五ノット。二百五十キロ爆雷を二個搭載しました。
 この水上肉迫攻撃艇で「敵」にぶつかっていくのです。
 (この項は、毎日新聞社の『別冊一億人の昭和史 陸軍少年兵 日本の戦史別巻七』などを参考にさせていただきました)。
   三十八 「玉砕」を、どう歌ったか
    
 「玉砕(ぎょくさい)」という言葉は、つまり「ほぼ全滅」という意味で使われていたと思います。
 フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』によると<玉砕(ぎょくさい)は、太平洋戦争において、外地において日本軍守備隊が全滅した場合、大本営が発表する際にしばしば用いた語である。出典は北斉書元景安伝の「大丈夫寧可玉砕何能瓦全(人間は潔く死ぬべきであり、瓦として無事に生き延びるより砕けても玉のほうがよい)」><最初に使われたのは、1943年5月29日、アリューシャン列島アッツ島の日本軍守備隊約2600名が全滅した時である。「全滅」という言葉が国民に与える動揺を少しでも軽くしようと、大本営によって生み出された。>
 年表をつくってみました。
 一九四三年二月一日       日本軍、ガダルカナル島から撤退開始(二月七日、撤退完了)。
 一九四三年四月十八日      連合艦隊司令官・山本五十六(いそろく)大将が戦死。
 一九四三年五月二十九日     アリューシャン列島アッツ島の日本軍全滅。
 一九四三年五月         中国人労働者の日本への強制連行開始。
 一九四三年十月二日       学生、生徒の徴兵猶予を停止(学徒出陣)。
 一九四四年二月十七日      アメリカ機動部隊、トラック島を空襲。
 一九四四年三月八日       インパール作戦を(七月九日まで)
 一九四四年三月三十一日     連合艦隊司令長官古賀峯一「殉職」(四月五日発表)。
 一九四四年六月十五日      アメリカ軍、サイパン島に上陸。
 一九四四年六月十九日から二十日 マリアナの海戦で空母、航空機の大半を失う。
 一九四四年七月七日       サイパン島守備隊三万人が全滅。
 一九四四年七月十八日      東條内閣総辞職。
 一九四四年七月二十一日     アメリカ軍、グアム島上陸(八月十日、守備隊全滅)。
 一九四四年七月二十二日     小磯国昭内閣成立。
 一九四四年七月二十四日     アメリカ軍、テニヤン島上陸 (八月三日、守備隊全滅)。
 一九四四年八月二十三日     政府、学徒動員令、女子挺身勤労動員令を公示。
 一九四四年九月十五日      アメリカ軍、ペリリュー島に上陸。
 一九四四年十月十二日      台湾沖航空戦(大本営、大戦果を発表)。
 一九四四年十月二十日      アメリカ軍がレイテ島(フィリピン)に上陸。
 一九四四年十月二十四日     日本軍、フィリピン・レイテ沖海戦で敗れ、陸・海連合艦隊の主力を失う。
 一九四四年十月二十五日     特攻開始(関大尉ら敷島隊)。
 一九四四年十一月二十四日    サイパンを基地とするアメリカ軍爆撃機B29による東京初爆撃。
 一九四五年一月九日       アメリカ軍がルソン島(フィリピン)上陸。
 一九四五年二月         日本軍、一万人を超えるマニラ住民を虐殺。
 一九四五年三月九日から十日   B29が東京を大空襲(約二十三万戸焼失、死傷者十二万人)。
 一九四五年三月十四日      大阪空襲(十三万戸焼失)。
 一九四五年三月十七日      硫黄島守備隊が全滅。
 一九四五年四月一日       アメリカ軍が沖縄本島に上陸(六月、県民二十数万人死亡)。
 たくさんの「玉砕」がありました。
 そして、その「玉砕」が歌になりました。
 一九四三年五月二十九日のアッツ島の日本軍全滅は「アッツ島血戦勇士顕彰国民歌」(一九四三年十月、コロムビア、朝日新聞社選定、作詞・真巽久信、作曲・山田耕筰)で、つぎのように歌われました。
 一、刃(やいば)も凍る 北海の
   御盾(みたて)と立ちて 二千余士
   精鋭こぞる アッツ島
   山崎大佐 指揮を執(と)る
   山崎大佐 指揮を執る
 二、時これ 五月十二日
   暁こむる 霧深く
   突如と襲う 敵二万
   南に邀(むか)え 北に撃つ
   南に邀え北に撃つ
 三、陸海敵の 猛攻に
   わが反撃は 火を吐(ふ)けど
   巨弾は落ちて 地を抉(えぐ)り
   山容ために 改まる
   山容ために 改まる
 四、血戦死闘 十八夜
   烈々の士気 天を衝(つ)き
   敵六千は 屠れども
   吾(われ)また多く 喪(うしな)えり
   吾また多く 喪えり
 五、火砲はすべて 摧(くだ)け飛び
   僅(わず)かに銃剣 手榴弾(しゅりゅうだん)
   寄せ来る敵と 相撃ちて
   血汐(ちしお)は花と 雪を染む
   血汐は花と 雪を染む
 六、一兵の援(えん) 一弾の
   補給を乞わず 敵情を
   電波に託す 二千粁(キロ)
   波濤に映る 星寒し
   波濤に映る 星寒し
 七、折柄拝す 大御言(おおみこと)
   生死(いきしに)問わぬ 益良雄(ますらお)が
   ただ感激の 涙呑む
   降りしく敵の 弾丸の中
   降りしく敵の 弾丸の中
 八、他に策なきに あらねども
   武名はやわか 穢(けが)すべき
   傷病兵は 自決して
   魂魄(こんぱく)ともに 戦えり
   魂魄ともに 戦えり
 九、残れる勇士 百有余
   遥かに皇居 伏し拝み
   敢然鬨(とき)と 諸共に
   敵主力へと 玉砕す
 十、あゝ皇軍の 真髄に
   久遠の大義 生かしたる
   忠魂の跡 うけ継ぎて
   撃ちてし止まん 醜(しこ)の仇
   撃ちてし止まん 醜の仇
 「遥かに皇居 伏し拝み」全滅するのが「皇軍の真髄」だといい、「撃ちてし止まん」と全国民が後に続くことを呼びかけた歌です。
 この歌を作曲した山田耕筰(一八八六-一九六五年)は、「からたちの花」(北原白秋・詩、一九二五年)、「この道」(北原白秋・詩、一九二七年)などを作曲した人です。
 彼は、日本の侵略政策のためにつくした人でもあります。
 ●一九三二年の日本のかいらい政権「満州国」建国の際には「大満州国国歌」を作曲。
 ●一九三八年、陸軍報道部の嘱託として漢口攻略戦に従軍。
 ●一九四〇年七月、警視庁と密接な関係を持つ演奏家協会を設立、会長に収まる。
 ●一九四一年九月の社団法人日本音楽文化協会創立総会で副会長に指名されます。同協会は、全日本の音楽関係者が「欧米模倣の域」を脱却して「一元的組織の下に皇道翼賛の至誠を尽すべき決心」を固めて結成されたものです(著者注・引用文の原文はカタカナまじりの文です)。
 ●一九四一年九月、社団法人日本音楽文化協会創立総会の数日後に、ナチスのKDFに範を取った演奏家協会音楽挺身隊を結成、みずから隊長になりました。この挺身隊は、銃後国民の慰安と鼓舞激励のために演奏家協会全会員を動員して作られたもので、三千の隊員を傘下に、市民慰安会、農村漁村への音楽慰安隊、産業戦士の慰労演奏などをやろうという趣旨です。
 ●『音楽之友』の一九四三年七月号には「音楽の総てを戦いに捧げん」という文章を寄せています。
 <山本元帥の壮烈なる戦死、アッツ島将士の勇敢なる玉砕、一億国民は感奮し魂の底から憤怒に燃えて必勝の誓いを固めている。
 楽壇諸君の努力については私もよく認めているけれども此の峻烈な戦局の下にあってはなお一層の反省を加え、勇猛心を振るい起こさねばならぬと信じる。楽壇から平時的な生活態度や微温的な思想傾向を除き去り、楽壇を全く戦争目的のために統一し、心を一にして邁進することが急務であると痛感するのである。
 音楽は戦力増強の糧である。今は音楽を消閑消費の面に用いてはならない。国民をして皇国に生まれた光栄を自覚せしめ、勇気を振るい起こし、協力団結の精神を培い、耐乏の意志を強め、戦いのために、戦時産業のために、不撓不屈の気力を養うことが、音楽に課せられた重要な任務である。平時的な音楽は葬られるのが当然である。
 顧みて楽壇人の生活態度はどうであろう。戦いをよそに芸術を弄ぶような考えがまだ残っているのではないか。産業戦士の中に飛び込んで真の戦時音楽を産業戦士とともに体験するというような烈しい気迫は欠けてはいないか。おさらい的な演奏会や社交的な演奏会や皇民的意識のはっきりしない演奏会が今なお街頭の立て看板に見られるのではないか。勿論楽壇の大勢は決戦意識の昂揚と戦力増強の面に向かって動いている。しかしたとえ少数でもまだ呑気な者や利己的な者が存在していることは楽壇の恥辱である。
 戦争の役に立たぬ音楽は今は要らぬと思う。皇国の光となるような永久的な文化の建設が必要なことはいうまでもないが、目前の戦争に勝ち抜いてこそ永久的な文化も考えられる。「国破れて文化あり」では仕様がない。いや国が破れたら文化も一緒に潰れてしまう。古代ギリシャの文化は古代ギリシャと共に滅び、古代ローマの文化は古代ローマと共に滅びた。日本が世界無比の古代文化を今日に伝えているのは、畏くも万世一系の皇室のこと、国家の尊厳が一ごうもおかされることなく三千年の光輝ある歴史を重ね来ったからである。日本の文化は皇国と共に栄えたのであって、皇国と切り離したら日本の文化が有るべき筈は無いのだ。今我々は此の大戦争を通じ曠古の天業を翼賛史奉っている。此の大戦争にかちぬかなければ日本の文化はない。
 我々が今日まで築き上げて来た日本の音楽は今日の戦局にこそ其の全力を捧げ、以て皇国の光輝を発揮しなければならないのだ。
 連合艦隊司令長官は最前線に進まれ御楯となって散り給うた。山崎部隊長以下二千数百の勇士は北海の絶島に十倍の敵と奮戦し全員国に殉じられた。楽壇の一人一人は山本元帥の心を心とし、一命を国に捧げる覚悟を示さねばならぬ。その覚悟を音楽の実践によって現わさねばならぬ。個人の生活などに何の思慮を費やす事があろうか。我々は戦時下の正しき皇民道に向かって誠心誠意邁進し、皇民たるに恥づる所なき力強い音楽活動を必死の努力で展開して報国の誠を効したいと思う。>
   三十九 「婦人従軍歌」とパラオの老婦人
    
 東京新聞、二〇〇四年十一月二十一日付朝刊の「特報」に西太平洋のパラオ共和国(五百八十六島からなる群島国)のことが載っていました(蒲敏哉記者)。
 <パラオの首都コロール。小高い丘の中腹に住むイバウ・オイテロンさん(87)はとつとつとながら、きれいな日本語で語りだした。
 日本は一九一四年の第一次世界大戦で、ドイツからパラオを含む独領ミクロネシア(南洋群島)を奪い、占領。二〇年に国際連盟から委任統治を認められ、第二次世界大戦中、米軍に占領されるまで約三十年間にわたり、この地域を支配した。パラオには、ミクロネシア最大の空港や南洋群島全域を管轄する南洋庁本庁が設置された。
 イバウさんは「大正六(一九一七)年、コロールで生まれ、日本政府が島民のために設けた公学校で五年間学びました」と日本語を学んだいきさつを話しながら、手を高く挙げた。
 「一つ、私どもは天皇陛下の赤子(せきし)であります。一つ、私どもは日本人になります。一つ、私どもは忠義を尽くします」
 さらに満州事変(三一年)当時、はやった軍歌(婦人従軍歌)を「ほづつの響き 遠ざかる 跡にも虫も声たてず 吹き立つ風はなまぐさく」と調子を付けて歌った。>
 「婦人従軍歌」(一八九四年、作詞・加藤義清、作曲・奥好義)は、次のような歌詞です。
 一、火筒(ほづつ)の響き遠ざかる
   跡には虫も声たてず
   吹きたつ風はなまぐさく
   くれない染めし草の色
 二、わきて凄きは敵味方
   帽子飛び去り袖ちぎれ
   斃(たお)れし人の顔色は
   野辺の草葉にさもにたり
 三、やがて十字の旗を立て
   天幕(てんと)をさして荷(にな)い行(ゆ)く
   天幕に待つは日の本(ひのもと)の
   仁と愛とに富む婦人
 四、真白に細き手をのべて
   流るゝ血しお洗い去り
   まくや繃帯白妙(ほうたいしろたえ)の
   衣の袖はあけにそみ
 五、味方の兵の上のみか
   言(こと)も通わぬあた迄も
   いとねんごろに看護する
   心のいろは赤十字
 六、あないさましや文明の
   母という名を負(お)い持ちて
   いとねんごろに看護する
   こころの色は赤十字
 近衛師団軍楽隊の楽手だった加藤義清(一八六四年━一九四一年)が、日清戦争(一八九四年八月一日、日本が清に宣戦布告)に出征する友人を見送りに新橋駅へ出かけた時、同じように戦地へ赴く看護婦たちに心を動かされて書いた作品といわれています。これに宮内省の楽師兼華族女学校の教官だった奥好義が曲をつけました。
 日清戦争では、日本赤十字社の三個班の救護班が中国大陸に派遣されました(『日赤百年』、サンケイ新聞社)。
 日本の支配地で、これほどまでの「日本人化」教育がなされていたのです。
 一九一四年、第一次世界大戦が始まると同年八月二十三日、日本もドイツに宣戦を布告、太平洋のドイツ領を目指して南進を開始しました。日本軍は、ミクロネシアを占領し、パラオは日本海軍の重要拠点となります。
 一九一八年十一月十一日、第一次世界戦争は終了し、国連によってパラオは戦勝国の一つである日本の委任統治領とされました。
ドイツ統治時代から貿易や経済活動でパラオに進出していた日本は、移住者を多数パラオに送り込む植民地政策をとりました。
 水産業、農業、鉱業などの研究所を設置、医療施設、学校なども建設しました。
 日本文化や日本語を学習させパラオ人を日本人として教育しました。
一九二二年、ミクロネシア日本領全体を統治する南洋庁がパラオに設置され、二万五千人の日本人が暮らす状況になりました。
 <「大東亜戦争前、コロールにはパラオ人約七千人に対し二万人以上の日本人が住み、ミクロネシア一の繁華街“リトル東京”と呼ばれました。多くの商店が軒を連ね、日本の商社ナンボウ(南洋貿易株式会社)がさまざまな商品を輸入して売っていた。私も天皇陛下の弟君(高松宮)がお見えになるというので、真新しい洋服を買ってもらった覚えがある。南洋神社のお祭りではパラオ人もみこしを担いだ。日本人と島民は仲が良かった」
 イバウさんは、日本人の巡査のもとで「巡警」を勤めるパラオ人のデンジャニンさんと結婚。「地元の治安を担う係で、島民がなれる最高の職。誇らしかった」と懐かしがる。>
 <イバウさんのように、戦前の日本統治時代を生きた七十-八十代のパラオ人は約二百人。次第に少なくなっているが「ご存命のうちにパラオと日本の生きた歴史を記したい」と活動する日本人女性がいる。
 愛媛県松山市出身の山本悠子さん(64)。日本カトリック信徒宣教者会(東京都港区)から派遣され、二〇〇〇年からパラオ在住のパラオ人や日本人のお年寄りから聞き取り調査をしている。「挺身(ていしん)隊」としてニューギニア戦線に送り込まれた混血の日系二世のインタビューなども紹介してきた。
 山本さんは「日本は統治下、島民に日本語を公用語として学ばせ、子どもがパラオ語を話した場合は『島語』と呼んで指を定規でたたくなどの体罰を行った。皆同じ天皇陛下の子どもだと呼びかけながら、日本人とパラオ人の通う学校も区別し、政治経済的な知識を与えないような差別的行為もあった」と指摘する。
 その一方で「優秀な子どもたちは日本の実家に招いたり、船大工などの技術で地元にとけ込んだ。後に子弟が大統領や閣僚になった日系人もいる。それぞれの実体験を紹介することで、パラオと日本の関係の光と影をあぶり出したい」と調査活動の抱負を話す。>
 <やがて真珠湾攻撃(四一年)。「日本はすごい。アメリカに勝つに違いないとみんな大喜びだったが、四四年の三月、まだ水くみにも出かけない明け方に突然、米軍機が四十-五十機来襲し、空港や基地を爆撃した。日本の兵隊さんたちに『危ないから本島のバベルダオブ島に疎開しろ』と言われ、ジャングルの中に命からがら逃げ込んだ」
 「ジャングルでは、持っていた食べ物はすぐなくなり、ペルロイと呼ばれる芋を煮て、水であく抜きして食べた。パラオ人はペルロイの食べ方を知っていたけど、日本兵は調理の仕方を十分知らなかったのでおなかを壊していた。ヘビやトカゲばかり食べ、衰弱して亡くなった方は多い」
 当時、夫はコロールの守備に残ったまま。イバウさんは二歳の長女を背負い、四カ月の二女を抱え谷間に隠れた。「忘れもしない八月八日の朝。畑仕事をしていたら米軍機が飛んできて機銃掃射を浴びた。バナナの葉っぱが飛び散りパタタタと目の前を弾が飛び跳ねた。身動き一つできなかったが、なぜか当たらなかった。私にとってアメリカ軍とはこの恐ろしい思い出でしかない」
 やがて八月十五日、日本軍とパラオ人との連絡係をしていた弟が「姉さん、天皇陛下が降参した。戦争が終わったよ」と伝えた。ジャングルから「終わった、終わった」と言いながら皆出てきたという。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都 兵器工場・中島飛行機武蔵製作所の西工場で。

2002年4月12日(金)「しんぶん赤旗」

有事立法 よみがえる戦争体験

学徒動員先の工場で爆撃や事故で仲間が…

さいたま市 細沼務さん(74)


 「有事立法と聞いただけで、いやな思い、つらい思い、涙が流れる思いがよみがえってきます」。政府が国会に提出しようとしている有事立法案について、さいたま市の細沼務さん(74)は、こう語ります。(藤原 義一記者)

 太平洋戦争のときのことです。

 細沼さんたち早稲田実業学校(東京・新宿)の五年生二百五人は、一九四四年四月八日から、現在の武蔵野市にあった兵器工場・中島飛行機武蔵製作所の西工場に動員されました。細沼さんは十六歳でした。

勉学奪われ

 同年三月七日に閣議決定された「決戦非常措置に基づく学徒動員実施要綱」にもとづくものでした。有事=戦争体制の一環でした。

 同製作所の敷地は、五十六万平方メートルという広大なもの。従来の従業員に、徴用工、男女の動員学徒、軍人などを加え五万人が働いていました。

 海軍機のエンジンを製作する西工場は地下一階、地上三階。細沼さんは、シリンダーのピストンの三本の溝を研磨する仕事を担当しました。立ったままの作業でした。

 始めは朝から夕方までの仕事でしたが、六月末ころからは二十四時間稼働の三部制勤務になりました。一週間交代で、一部=午前七時半~午後三時半、二部=午後三時半~午後十一時半、三部=午後十一時半~午前七時半の勤務でした。二部の勤務のときは製作所の宿舎に泊まり込みました。

 後に十二時間労働の二部制になりました。

軍人が監視

 海軍の軍人が二人、後ろに回した両手に「海軍精神棒」と書いた一メートルほどの木のバットのような物を持って、それをずるずると引きずりながら、体をゆすって歩き回っていました。

 「軍人がくると隣の工員がひじで、つんつんとつつき、『しゃべったら、やられるぞ』とささやいて知らせてくれました」と、細沼さん。

 午前零時の食事の後、仲間と工場の屋上で仰向けに寝そべって星を仰ぎながら「おれたちは、何のために生まれたんだろうなぁ」「おれらは、あの星くずだよ」「このまま死んでしまうのか」と小声で語り合いました。

 同製作所も戦場でした。米軍機の空襲が同製作所を襲いました。十一月二十四日、十二月三日、同二十七日、翌年一月九日、二月十六日……。

忘れない音

 「近くの棟の屋上に二百五十ポンド爆弾が落ちました。かけつけて、その棟の三階から下を見ると、地下まで大きな穴が開いていました。二階の電線に飛び散った腕や下半身が引っかかっていました。見かねて、それを棒で落としましたが、そのときのピシャァーという音が忘れられません」

 細沼さんは涙ぐんで振り返ります。

 同製作所は、壊滅状態になりましたが、東京・八王子の高尾山のふもとに地下工場をつくって移転する計画があり、細沼さんたちも、三月二十三日から、その作業に動員されます。

 八人ほどで、木のコロ(丸太)を使って旋盤を壕に入れていたときでした。学生の一人が、片ひざをついて、終わったコロを前に入れようとして、左手を旋盤の下にまき込まれてしまったのです。ロープで引っ張っていた細沼さんが「止まれ、止まれ!」と叫びましたが、間に合いませんでした。

 当時のことが書かれた同窓会の本を示しながら話す細沼さん。

 「アメリカの指揮下の戦争の準備をし、それに国民を動員する有事立法を作らせてはいけません。戦争ほど悲惨で、みじめなことはありません。戦争は二度としたくありません。これからの人に、私たちのような思いをさせたくありません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。

◎ 憲法インタビュー/高知市の「朝倉九条の会」事務局責任者窪田一郎さん(74)/9条賛同者過半数に

 高知市朝倉の窪田一郎さん(74)は、文部省が1947年8月に発行した『あたらしい憲法のはなし』で日本国憲法を学んだ世代です。高知市の「朝倉九条の会」の事務局責任者をつとめる窪田さんに、憲法九条への思いを聞きました。 (藤原義一)

 交戦権を放棄した憲法九条を自民党などがなくそうとしていますが、もし国民投票がやられても有権者の過半数が九条に賛成する状況を、ここ朝倉の地域でもつくっていかないといけないと思っています。
 戦争といえば、朝倉のいまの高知大学、養護学校、印刷局は陸軍歩兵第四四連隊の兵舎でした。
 私の家は、兵舎のすぐ近くでした。家の前を朝、夕、兵隊が隊歌を歌いながら行進していきました。近辺には、あらゆる戦争訓練をする練兵場、実弾訓練をする射的場、塹壕戦(ざんごうせん)の訓練をする作業地、陸軍病院、陸軍墓地(現存)の陸軍施設がありました。
 一九四五年四月、満州(中国東北部)にいた四四連隊が本土決戦に備えるということで高知に帰ってきました。

   山で横穴掘り

 私たち朝倉在住の中学生(一年―三年)は、五月ころから朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴を掘りました(この十四日にいったら、横穴が三つ残っていました)。
 戦争が終わったのが、その年の八月十五日。その翌年二月に朝倉の部隊長の息子だった級友が「(アメリカが日本に落とした)原子爆弾に勝る新兵器を発明してアメリカ、イギリスに報復する」という作文を書いた時のことを覚えています。

   報復はいかんと

 国語の時間に教師がこの作文を読み上げ「日本の軍国主義は間違っていた。こういうことをやってはいかんのや」と平和の日本の道を説きました。
 その教師の思いが同年十一月三日に公布された憲法の交戦権を否定した九条に実っていました。
 憲法ができてから学校で黄色い表紙の『あたらしい憲法のはなし』を学びました。教師は熱心に解説してくれました。
 「みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう」と書いてありました。
 「戦争を二度とおこさないように」。その思いを持ち寄って「朝倉九条の会」が二〇〇五年三月に結成されました。
 勉強会、高知空襲体験者や近くの高蓮寺の住職を迎えた戦争を語る会も開いてきました。
 「乗用車につけて走ってください」と自作の「憲法九条を かえたら いかんぞね」のワッペン(縦二十二㌢、横十六㌢、実費)を普及している夫妻もいます。
 四六年十二月に結成された憲法普及会がつくった「憲法音頭」を踊って九条を守ろうと訴えている人たちもいます。
 これからは地区ごとに戦争と平和と憲法九条を語り合う小集会をもっていくつもりです。

(2007年05月17日 中四国版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。

◎ 憲法インタビュー/高知市の「戦争はいや!三里(みさと)九条の会」呼びかけ人茂松延章さん(74)

   地域ごと特攻態勢に

 高知市の「戦争はいや! 三里(みさと)九条の会」の呼びかけ人の一人、茂松延章(しげまつ・えんしょう)さん(74)は、地域での戦争の実際を目撃してきました。いま「戦争はいや」「憲法九条を守れ」の思いを語ります。 (藤原義一)

 三里九条の会は、地域の人たちに会員にと呼びかけたり、憲法九条守れの署名活動にとりくんだりしています。近々、憲法をテーマにした映画の上映会をやろうと話し合っているところです。
 三里地域は太平洋戦争の時、本土決戦の準備で地域ごと特攻態勢に巻き込まれました。
 海軍が、畑をつぶし松林の墓地を共同墓地に移して浦戸海軍航空隊を開隊しました。一九四四年十一月一日のことです。

   水際の訓練も

 しかし、私が飛行場から飛んだ練習機を見たのは一回だけです。翼を布で張った飛行機でした。
 いまその跡にある碑には、四五年五月に入り、ここの練習生は「敵を水際に撃破すべく日夜陸戦特攻訓練に終始し」たとあります。
 そこの兵隊だったかどうかわかりませんが、三里国民学校に十代らしい海軍兵たちが二十人くらい駐屯していました。
 毎日のように私の家の畑などに国民学校から浜に移動するための散兵壕(さんぺいごう)を掘っていました。
 浜の松林で特攻訓練もしていました。
 四人が木でつくったアメリカの戦車を持ってかけました。松の木の根っこにつくったタコツボに潜んでいた一人が木でつくった爆弾を持って、その戦車に飛び込んでいくのです。
 私は海南中学校の一年生で、三里国民学校のすぐ近くに住んでいました。兵隊たちは、昼すぎには私の家にきて「おばちゃん。何か食べる物ちょうだい」といっていました。
 兵たちの姿を見て私も四年生になったら海軍兵学校に入って後に続こうと思っていました。

   毎日声出して

 四五年八月十五日に終戦。その後、しばらくして私も軍国主義の考え方から解放されました。
 東京の大学にいっていたころ人形劇団プークに出合い、それ以降、人形劇など子どもの文化にかかわってきました。
 高知放送のアナウンサーの時も保育園、幼稚園の子どもたちに将来の希望を聞く「なれるかな? なりたいな」のラジオ番組を担当しました。
 いまは、人形劇団「かがし座」の座員で、子どもたちに人形劇を楽しんでもらっています。
 子どもたちが自由を奪われたり、知らないうちに軍国少年にされている時代にしてはいけないと思います。
 二〇〇五年に大きな病気で入院しましたが、その後、リハビリもかねて毎日、憲法の前文、戦争放棄の九条、生存権の二五条を声を出して読んでいます。
 この素晴らしい宝物を子どもたちに伝えるためです。

(2007年05月19日 中四国版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ「記録 戦争に反対した人々」をつくりました。お立ち寄りいたただせければ幸いです。

 本日、二〇一二年三月七日、ブログ「記録 戦争に反対した人々」をつくりました。お立ち寄りいたただせければ幸いです。

 「記録 戦争に反対した人々 日本の侵略戦争に命をかけて反対した人々、いま、戦争に反対する人々のこと。 【 投稿募集中 bqv01222@nifty.comhttp://fujihara.cocolog-nifty.com/akiko/ 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.08

二〇一二年三月七日 水曜日 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞に「夜間に学べる2年制の高知短大の存続・充実を求めます!!」の意見広告。【写真一枚】

ココログ二〇一二年三月七日 水曜日 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞に「夜間に学べる2年制の高知短大の存続・充実を求めます!!」の意見広告。

 晴れ。

 高知新聞、朝日新聞、毎日新聞に「夜間に学べる2年制の高知短大の存続・充実を求めます!!」の意見広告が掲載されました。
 賛同者には高知大学で一緒だった森尚水さん、馴田正満さんなどの名前もありました。私や妻の名前も……。 

Dsc_0109

 午前中、以前に注文していたディスクトップパソコンが届きました。
 それの設定などで、かなりの時間をとられました。

 夕方から、「国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ」を書き始めました。

 夜、高知短期大学存続運動についての文書を書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の好きな歌たち。

北帰行
http://www.youtube.com/watch?v=WY45dJ_t9CQ

ギターを持った渡り鳥
http://www.youtube.com/watch?v=u6pkHw7Butw

北上夜曲
http://www.youtube.com/watch?v=SR6x27OnFxA&feature=related

寒い朝
http://www.youtube.com/watch?v=NKNg-18a4P0

青い果実
http://www.youtube.com/watch?v=AXUSKgwk_ro&list=PL8ED0DE69C5D073EF&index=2&feature=plpp_video

ヨコハマ
http://www.youtube.com/watch?v=9937QHFA29k

ダイアモンド
http://www.youtube.com/watch?v=2D8Uyj67wY8
(歌詞)
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36171

草の想い
http://www.youtube.com/watch?v=oxoJETmyRpQ&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義勇兵役法の公布・施行は、いつ?

 義勇兵役法の公布・施行は、いつなんだろう?
 いろんな本には、一九四五年六月二十三日となっています。
 しかし、アジア歴史資料センターのホームページで、その原文を見ると同年六月二十二日の公布となっているのです。
 原文が間違いということもあり得ますが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ① はじめに

 大東亜戦争(以下、アジア太平洋戦争)のとき、国民義勇隊、国民義勇戦闘隊ができといいます。三月七日から、それが、どのようなものだったかを調べ始めました。これまでわかったことを、ご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ② 国民義勇隊とは、どのようなものだったのでょうか。

 国民義勇隊とは、どのようなものだったのでょうか。
 一九四五年三月二十三日、政府は閣議で「国民義勇隊組織ニ関スル件」(注)を決定しました。

 国民義勇隊は、当面は生産と防衛の一体的強化をにない、情勢が差し迫った場合には武器をとって決起する態勢に移行するものでした。
 病弱者や妊産婦を除き、国民学校初等科修了以上の男子六十五歳、女子四十五歳までのすべての国民が編成の対象とされました。
 若い男性は軍隊に召集されていたため、国民義勇隊は、その多くが四十代以上の男性や、女性によって組織されることになりました。

 (注) 「国民義勇隊組織ニ関スル件」以下のようなものです。
 「現下ノ事態ニ即シ本土防衛態勢ノ完備ヲ目標トシ当面喫緊ノ防衛及生産ノ一体的飛躍強化ニ資スルト共ニ状勢急迫セル場合ハ武器ヲ執ツテ蹶起スルノ態勢ヘ移行セシメンガ為左記ニ依リ全国民ヲ挙ゲテ国民義勇隊ヲ組織セシメ其ノ挺身総出動ヲ強力ニ指導実施スルモノトス
 尚之ガ円滑適正ナル実行ヲ期スル為地方行政協議会長ヲシテ関係軍管区司令官及鎮守府司令長官、警備府司令長官等ト緊密ニ連繋シ夫々事態ノ推移ト管内ノ実情ニ即スル如ク措置セシムルモノトス
  記
 一、目的
 国民義勇隊ハ隊員各自ヲシテ旺盛ナル皇国護持ノ精神ノ下其ノ職任ヲ完遂セシメツツ戦局ノ要請ニ応ジ左ノ如キ業務ニ対シ活発ニ出動スルモノトス
(一)防空及防衛、空襲被害ノ復旧、都市及工場ノ疎開重要物資ノ輸送、食糧増産(林業ヲ含ム)等ニ関スル工事又ハ作業ニシテ臨時緊急ヲ要スルモノ
(二)陣地構築、兵器弾薬糧秣ノ補給輸送等陸海軍部隊ノ作戦行動ニ対スル補助
(三)防空、水火消防其ノ他ノ警防活動ニ対スル補助
尚状勢急迫セル場合ニ応ズル武装隊組織及其ノ出動ニ関シテハ特別ノ措置ヲ講ズルモノトス
 二、組織
(一)国民義勇隊ハ官公署、会社、工場事業場等相当多数ノ人員ヲ擁スルモノニ付テハ当該職域毎ニ其ノ他ノモノニ付テハ一定ノ地域毎ニ之ヲ組織セシムルモノトス
 尚学校ニ付テハ別ニ定ムル学徒隊ノ組織ニ依ルモ前項ノ業務ニ付テハ国民義勇隊トシテ出動スルモノトス
(二)国民義勇隊ニ参加セシムベキ者ハ老幼者、病弱者姙産婦等ヲ除クノ外可及的広汎ニ包含セシムルモノトス
 註一、右ノ範囲ハ国民学校初等科修了以上ノ者ニシテ男子ニ在リテハ六十五歳以下女子ニ在リテハ四十五歳以下ノモノトス但シ右ノ年齢以上ノ者ニ在リテモ志願ニ依リ参加セシム
 二、家庭生活ノ根軸タル女子ニ付テハ組織及運用ニ付特別ノ考慮ヲ払フモノトス
(三)国民義勇隊ハ一般ニ職域毎ニ組織スルモノハ職場、地域毎ニ組織スルモノハ一定ノ地域ニ依リ夫々一定ノ基準ニ従ヒ男女別ニ之ヲ編成セシムルモノトス
尚出動業務ノ必要ニ応ジ最モ有効適切ニ活動シ得ル如ク隊員ノ年齢、体力、職種等ヲ標準トシテ特別ノ出動編成ヲモ併セ考慮セシムルモノトス
(四)都道府県毎ニ国民義勇隊本部ヲ設ケ当該区域内国民義勇隊ヲ統轄セシム
本部長ハ地方長官トス
市区町村隊ノ隊長ハ市区町村長トス
 三、運用
(一)国民義勇隊ノ出動ハ本部長又ハ其ノ定ムル所ニ従ヒ各隊長ニ於テ其ノ必要アリト認メテ自ラ之ヲ為ス場合ノ外出動要請ニ基キ之ヲ行フモノトス
(二)原則トシテ国民義勇隊ノ出動要請ハ地方長官ニ対シテ之ヲ為シ地方長官之ガ出動指令ヲ発スルモノトス
(三)国民義勇隊ハ軍部隊ノ補助ノ為出動スル場合ハ当該陸海軍部隊長ノ指揮ヲ受ケ警防活動ノ補助ノ為出動スル場合ハ当該官署長ノ指揮ヲ受クルモノトス
 其ノ他ノ業務ノ為出動スル場合ハ当該工事又ハ作業ノ施行者ノ要請ニ従ヒ行動スルモノトス
 四、其ノ他
(一)国民義勇隊ノ出動ニ要スル経費ハ其ノ目的ニ応ジ軍、政府、公共団体又ハ其ノ出動ノ受益者ニ於テ負担スルヲ原則トス
(二)国民義勇隊ノ組織運用等ニ関シテハ在郷軍人会、警防団等ト互ニ齟齬スル所ナカラシメ彼此両全ヲ期スル如ク配意スルモノトス
(三)農山漁村ニ在リテハ食糧増産等ニ関スル農林水産業者ノ活動ヲ徹底セシムルヲ旨トシ国民義勇隊ノ組織運用等ニ当リテハ之ト齟齬セザル様特ニ配意スルモノトス
(四)本組識ノ指導的要員ニ付テハ官民有識者ノ挺身協力ヲ予定ス
 備考
 一、本件ト表裏シテ軍隊ニ於テモ警防、建設、生産、輸送等ニ対シ積極的ニ応援協力スルモノトス
 二、国民義勇隊員タル農林水産業者ノ目的第一項中ノ食糧増産等ニ対スル出動ハ現行制度ニ依ルモノトス
 三、本件ニ関スル運用上必要ナル細目ハ別ニ之ヲ定ム」(ウエブサイト「リサーチ・ナビ 国会図書館」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ③ 政府・行政は、国民義勇隊づくりを、どう促進したのでしょうか

 陸軍は、首相官邸で、国民義勇隊に持たせる武器の陳列会をやっています。
 昭和天皇の重臣だった岡田啓介さんは、つぎのように回顧しています。
 「(前略)いったい義勇隊にどんな武器を持たせるつもりか、ひとつ見せてくれ、いうんで、陸軍がいろいろなものを首相官邸に持ち込んで陳列会を開いたが、これが大変な逆効果を生んだ。
 まず鉄砲、それが先ごめのやつなんだ。鉄砲のつつさきから小さい袋に包んだ火薬をいれる。つぎに鉛か鉄の棒をアメみたいにぶつ切りにした一片を詰める。それをドカンとやる仕掛けだ。それから竹ヤリ、さすまた、弓……。その弓の説明には『射程距離おおむね三十メートル。的中率は中等射手ににおいて六割』と書いてあったんだそうだ。ほかに手榴弾(しゅりゅうだん)といったものもあつたようだが、閣僚一同はこの品々をみて、ただ唖然(あぜん)となった。」( 『岡田啓介回顧録』(岡田貞寛編。中公文庫。一九八七年)。

  広島県は、一九四五年五月七日付で、各市町村長あてに「国民義勇隊ノ組織運用ニ関スル件依命通牒(いめいつうちょう)」を発し、同月二十日日までに国民義勇隊を組織するよう指示しています(ウエブサイト・広島平和記念資料館の「企画展を見よう」)。
 五月十三日、千葉県では県下市町村に国民義勇隊の編成を指示しています(「柏市富勢地域ふるさと協議会ホームページ」の「みんなの富勢百科47」)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ④ 国民義勇隊は、どうたたかったか

 国民義勇隊は、どんなふうに組織され、どうたたかったのでしょうか。

 【福井県】
 一九四五年五月二十二日、福井県では国民義勇隊組織運用の要綱が決められ、県に宮田笑内知事を長とする義勇隊本部がつくられ、市町村には市町村長を長とする義勇隊が編成されることとなりました。市町村国民義勇隊は町内会・部落会を、職域国民義勇隊は官公署・工場・会社などを、それぞれ単位小隊とし、その上に地方事務所ごとの前記二つの義勇隊を合体した連合国民義勇隊がありました。国民義勇隊の要綱では県や市町村の義勇隊の幹部の委嘱や任命は県本部長や市町村隊長の判断にまかされていましたが、実際に義勇隊が編成されていく過程で、幹部には多くの場合在郷軍人が委嘱・任命されていきました。たとえば県本部では予備役の森永武雄陸軍少将(吉田郡岡保村)が副本部長に、福井連隊区司令官儀峨徹二中将が顧問にあてられ、福井市では村野二三男陸軍少将が、敦賀市では木下一英郷軍連合分会長がそれぞれ副隊長に選ばれていました(福井新聞、一九四五年五月二十三日付、六月十九日付、六月二十日付)。県義勇隊の副本部長に就任した森永少将は、就任の決意のなかで「一度び情勢が急迫すれば直ちに戦闘隊に転移し軍の作戦が求むる各種の兵站的業務に服することが任務である」とのべています(福井新聞、一九四五年五月二十四日付)。福井県下における国民義勇隊の結成は順調に進み、六月二十二日現在で八連合隊ならびに百七十八市町村隊の結成を終え、一部残った連合隊も七月八日までに結成される見通しであることが新聞に報道されています(福井新聞、一九四五年六月二十三日付)=(ウエブサイト=『福井県史』通史編6 近現代二 第二章 日中戦争から太平洋戦争へ」)。
 【東京都】

 内務省国民義勇軍ができていました。七月八日現在の編成表(国立公文書館所蔵)によると、名誉隊長、隊長、副隊長、顧問、幕僚、本部のもとに第一中隊、第二中隊、第三中隊、第四中隊、第五中隊、第六中隊、独立小隊、があり、中隊、独立小隊のもとに小隊があります。

 【千葉県】
 一九四五年五月十九日、千葉県国民義勇隊が結成されました。市域の自治体もこれにならい、二十七日に田中村国民義勇隊が、三十日に柏町国民義勇隊が結成された。六月には職場の義勇隊である東京機器工業柏工場国民義勇隊が結成されました(「柏市富勢地域ふるさと協議会ホームページ」の「みんなの富勢百科47」)。
 【兵庫県】
 兵庫県尼崎市では、同年五月末、市長を市隊長として以下中隊長(連合町内会長)、小隊長(町内会長)、分隊長(組長)、班長(隣保代表)という軍隊的編成の尼崎市国民義勇隊が、また官庁・工場・会社などには、それぞれ職域義勇隊が組織されました(「 Web版尼崎地域史事典『apedia』」)。
【和歌山県】
 ウエブサイト「高野山麓 橋本新聞」の「国民義勇隊の組織図発見~『一億玉砕』を彷彿」(二〇一一年六月二十三日)には、一九四五年五月の「橋本町(現・橋本市)国民義勇隊」の組織図と「小隊長委嘱書」のことが書かれています。
「橋本町国民義勇隊」の組織図には「昭和二十年五月二十七日結成」とあり、隊長・平野熊太郎のほか、副隊長三人(うち一人は女性)、幕僚(ばくりょう)九人、挺身員二十六人、中隊長十一人(うち女性五人)、小隊長四十五人、女子隊顧問十三人の姓名がガリ版刷りで書かれているます。
「小隊長委嘱書」は、「昭和二十年五月二十一日」の日付で「委嘱書 市村伎志枝 橋本町国民義勇隊小隊長ヲ委嘱ス 和歌山県伊都郡 橋本町国民義勇隊長 平野熊太郎」とあり、押印されています。
 このニ枚の資料の日付によると、先に委嘱者を選び、委嘱書を渡して、六日後に「橋本町国民義勇隊」が組織されたことになります。
 【広島県】
 ウエブサイト・広島平和記念資料館の「企画展を見よう」に、広島県の場合を見ましょう。
 広島県では県に国民義勇隊本部がおかれ、県知事が本部長となり、出動指令を発しました。
 市町村ごとに、地域国民義勇隊が編成され、各市町村長が隊長となりました。
 職域ごとに、職域国民義勇隊が編成され、職場の長または責任者が隊長とされました。
 地域・職域の各国民義勇隊ごとに隊則を定め、組織や指揮系統の徹底が図られました。
 広島市では、連合町内会ごとに大隊が、町内会ごとに中隊が、その下部に小隊、さらに分隊が編成されていました。
 広島市内の草津地区(くさつちく)の連合町内会からなる広島市国民義勇隊草津大隊は、草津東町(くさつひがしちょう)、草津本町(くさつほんまち)、草津南町、草津浜町(くさつはまちょう)、庚午南町(こうごみなみまち)、庚午町(こうごまち)の六つの中隊で編成されていました
 【高知県】
 「(前略)内務省は義勇隊の編成を進め、5月末組織完了を目指した。そうして義勇隊は、敵が四国に上陸した時、小銃等の武器はなくても、竹槍、鎌等を持って戦う気概を養う為、海岸や河原において銃剣術と同じような竹槍訓練を行なった。宿毛町においては押ノ川出身の押川光俊中尉を隊長とし、軍隊経験者10名が指導者となり、100名位の男子が橋上小学校で合宿して竹槍訓練を受けていた。三八式歩兵銃は少しはあったがほとんど竹槍で、食糧はニノ宮地区の奉仕があり、終戦迄訓練が続いた。(宇須々木 松岡長吉氏談)=(ウエブサイト「宿毛市史【近代、現代編-軍事-宿毛湾の防備】)。
 【熊本県】
 熊本日日新聞、二〇一一年八月十九日付の「菊池恵楓園にも『国民義勇隊』 隔離の壁の中、苦難と戦う 菊池恵楓園の入所者自治会が保存している国民義勇隊関連資料」(本田清悟)に、国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(合志市)にも入所者らによって組織された義勇隊があったことが書かれています。
 「(前略)自治会機関誌『菊池野』8月号が、国民義勇隊に関する資料を掲載。今まで一般に知られていなかった歴史に光を当てている。
 菊池恵楓園は黒石原、花房の軍用飛行場に囲まれ、戦時中は米軍の爆撃の危険にさらされた。1945年5月13日の爆撃では防空壕[ごう]に退避中の8人が生き埋めになり、2人が犠牲になった。
 国民義勇隊は翌6月、園長を隊長として結成。職員による第一中隊と、入所者の第二中隊があった。
 第二中隊は青年団や婦人会、軍友会などから選抜され、隊長には患者総代(現在の入所者自治会長)が就任した。第1小隊から第10小隊まであり、このうち第8~10隊は女性で組織。各小隊は23~49人で構成され、小隊ごとに2、3の分隊が置かれた。隊員を補充する予備隊員も決められていた。
 『菊池恵楓園国民義勇隊内規』には『戦列』にある一員としての自覚の下に、恵楓園の防空防衛、食糧増産、空襲被害の復旧、物資輸送などに従事する」とうたわれている。隊員らは空襲警報下の警戒や、不自由者の退避誘導などに当たった。
 青年団員で第1小隊に所属した男性(83)は、情報伝達のラッパ吹きとしても活躍。『戦地に行けなくても腐ることなく、今を耐えれば日本は必ず勝つと信じていた』と振り返る。(後略)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ⑤ 国民義勇隊とは、どのようなものだったのでょうか

 この国民義勇隊が国民義勇戦闘隊に戦闘部隊に改編されました。
 一九四五年五月二十五日、義勇戦闘隊創設にかんする陸海軍協定が成立しています。
 六月二十二日に「義勇兵役法」(注)、「国民義勇戦闘隊ニ関スル陸軍刑法、海軍刑法、陸軍軍法会議法及海軍軍法会議法ノ適用ニ関スル法律」(注)が公布され、即日施行されました。
 「義勇兵役法」には、十五歳から六十歳までの男子、十七歳から四十歳までの女子が義勇兵役に服し、必要に応じて招集され、国民義勇戦闘隊に編入されることが定められていました。
  東京毎日新聞の「義勇兵役法公布さる」(一九四五年六月二十四日付)は、つぎのように伝えました 。
 「沖縄の戦闘は陸海軍将兵の鬼神をも哭かしめしる勇戦敢闘にも拘らず、趨勢は我に不利にして、敵米軍はいよいよ本土上陸の野望を逞しうしてゐる。政府はこの戦局の重要性並に沖縄本島における戦闘の体験に鑑み国民の戦闘組織を確立して、皇土防衛の万全を期するため去る八十七臨時議会に『義勇兵役法』を提出、協賛を経たが二十二日上諭を仰ぎ同日同法施行令、施行規則並に国民義勇隊統率令を公布即日実施した。」

 (注)「義勇兵役法」。
 「上諭
 朕ハ曠古ノ難局二際会シ忠良ナル臣民等勇奮挺身皇土ヲ防衛シテ国威ヲ発揚セムトスルヲ嘉シ帝国議会ノ協賛ヲ経タル義勇兵役法ヲ裁可シ茲二之ヲ公布セシム

 第一条 大東亜戦争ニ際シ帝国臣民ハ兵役法ノ定ムル所ニ依ルノ外本法ノ定ムル所ニ依リ兵役ニ服ス
 2 本法ニ依ル兵役ハ之ヲ義勇兵役ト称ス
 3 本法ハ兵役法ノ適用ヲ妨グルコトナシ
 第二条 義勇兵役ハ男子ニ在リテハ年齢十五年ニ達スル年ノ一月一日ヨリ年齢六十年ニ達スル年ノ十二月三十一日迄ノ者(勅令ヲ以テ定ムル者ヲ除ク)、女子ニ在リテハ年齢十七年ニ達スル年ノ一月一日ヨリ年齢四十年ニ達スル年ノ十二月三十一日迄ノ者之ニ服ス
 2 前項ニ規定スル服役ノ期間ハ勅令ノ定ムル所ニ依リ必要ニ応ジ之ヲ変更スルコトヲ得
 第三条 前条ニ掲グル者ヲ除クノ外義勇兵役ニ服スルコトヲ志願スル者ハ勅令ノ定ムル所ニ依リ之ヲ義勇兵ニ採用スルコトヲ得
 2 前項ノ規定ニ係ル義勇兵ノ服役ニ関シテハ勅令ノ定ムル所ニ依ル
 第四条 六年ノ懲役又ハ禁錮以上ノ刑ニ処セラレタル者ハ義勇兵役ニ服スルコトヲ得ズ但シ刑ノ執行ヲ終リ又ハ執行ヲ受クルコトナキニ至リタル者ニシテ勅令ヲ以テ定ムルモノハ此ノ限ニ在ラズ
 第五条 義勇兵ハ必要ニ応ジ勅令ノ定ムル所ニ依リ之ヲ召集シ国民義勇戦闘隊ニ編入ス
 2 本法ニ依ル召集ハ之ヲ義勇召集ト称ス
 第六条 義勇兵役ニ関シ必要ナル調査及届出ニ付テハ命令ノ定ムル所ニ依ル
 第七条 義勇召集ヲ免ルル為逃亡シ若ハ潜匿シ又ハ身体ヲ毀傷シ若ハ疾病ヲ作為シ其ノ他詐偽ノ行為ヲ為シタル者ハ二年以下ノ懲役ニ処ス
 2 故ナク義勇召集ノ期限ニ後レタル者ハ一年以下ノ禁錮ニ処ス
 第八条 前条ノ規定ハ何人ヲ問ハズ帝国外ニ於テ其ノ罪ヲ犯シタル者ニモ亦之ヲ適用ス
 第九条 国家総動員法第四条但書中兵役法トアルハ義勇兵役法ヲ含ムモノトス

  附 則
 本法ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス」

 (注)「国民義勇戦闘隊ニ関スル陸軍刑法、海軍刑法、陸軍軍法会議法及海軍軍法会議法ノ適用ニ関スル法律」。
 「第一条 国民義勇戦闘隊員ハ其ノ属スル国民義勇戦闘隊ノ所属ノ区分ニ従ヒ陸軍刑法第八条第二号又ハ海軍刑法第八条第二号ニ掲グル者ト看做ス
 第二条 前条ニ規定スル者ニ関シ陸軍刑法及陸軍軍法会議法又ハ海軍刑法及海軍軍法会議法ヲ適用スル場合ニ於ケル特例ハ第三条乃至第十条ノ定ムル所ニ依ル
 第三条 陸軍刑法第十六条第二項又ハ海軍刑法第十二条第二項ノ規定ハ国民義勇戦闘隊員ニ付テハ之ヲ適用セズ
 第四条 国民義勇戦闘隊員ニシテ陸軍刑法ノ司令官又ハ海軍刑法ノ指揮官タルハ国民義勇戦闘隊ノ司令ニ任ジ又ハ之ヲ指揮スルモノニ限ル
 第五条 陸軍刑法ノ罪(同法第二条ニ掲グル罪ヲ除ク)又ハ海軍刑法ノ罪(同法第二条ニ掲グル罪ヲ除ク)ヲ犯シタル国民義勇戦闘隊員ニ対シテハ其ノ刑ヲ減軽スルコトヲ得
 第六条 国民義勇戦闘隊員ニ対シ陸軍刑法第七十五条及第七十六条又ハ海軍刑法第七十三条及第七十四条ノ規定ヲ適用スル場合ニ於テハ此等ノ規定中三日トアルハ六日トシ六日トアルハ十二日トス
 第七条 国民義勇戦闘隊員ニ対スル被告事件ニ付テハ陸軍軍法会議法第四十四条、第四十九条ノ二、第六十三条及第七十条又ハ海軍軍法会議法第四十四条、第五十条、第六十三条及第七十条ノ規定ニ依ルノ外陸軍又ハ海軍ノ常設軍法会議(高等軍法会議及海軍ノ東京軍法会議ヲ除ク)及臨時軍法会議ノ長官ハ当該軍法会議ノ設置セラレタル部隊ノ作戦地域、管轄地域若ハ守備地域又ハ艦隊ノ警備区内ニ在ル高等文官ニシテ判事又ハ検事タルノ資格ヲ有スルモノヲシテ法務官ニ代リ裁判官、予審官又ハ検察官ノ職務ヲ行ハシメ又ハ此等ノ地域内ニ在ル判任文官ヲシテ録事ノ職務ヲ行ハシムルコトヲ得
 2 前項ノ規定ニ依リ裁判官、予審官若ハ検察官又ハ録事ノ職務ヲ行フ者ハ陸軍大臣又ハ海軍大臣ニ於テ所管ノ大臣ト協議シテ之ヲ指定ス
 第八条 国民義勇戦闘隊員ニ対スル被告事件ノ審判ニ付テハ裁判官中判士一人ヲ減ジ法務官一人ヲ増スコトヲ得
 第九条 判士一人及法務官二人ヲ以テ裁判官ト為ス場合ヲ除クノ外国民義勇戦闘隊員ニ対スル被告事件ニ付テハ国民義勇戦闘隊ノ職員中中隊ニ準ズル隊以上ノ隊ノ隊長又ハ副隊長タル者ヲシテ判士ノ中一人ニ代リ裁判官ノ職務ヲ行ハシムルコトヲ得
 2 被告人国民義勇戦闘隊ノ職員タル場合ニ於テハ前項ノ規定ニ依リ裁判官ノ職務ヲ行フ者ハ被告人ヨリ下位ノ職ニ在ル者タルコトヲ得ズ
 3 第一項ノ場合ニ於テハ陸軍ノ兵科将校又ハ海軍ノ将校ヲ以テ上席判士トス
 第十条 前条ニ規定スル隊長ハ其ノ部下ニ属スル者ノ犯罪ニ付陸軍司法警察官又ハ海軍司法警察官ノ職務ヲ行フ

  附 則
 本法ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ⑥ 政府・行政は、国民義勇隊づくりを、どう促進したのでしょうか

 情報局は「国民義勇隊の歌」(作詞・堀内敬三、作曲・橋本国彦)もつくりました。

 一 意気壮(さかん)なり 大八洲
   陛下の赤子挙り起つ
   見よ悠久の富士潔く
   断乎と護る父祖の土
   我等は国民義勇隊

 二 神在(おは)します大八洲
   戦列ここに整えり
   聞け颯々の旗風に
   忠誠固き生産陣
   我等は国民義勇隊

 三 命降りたり第八洲
   屍越えて我征かん
   撃て襲い来る宿敵を
   怒りに冴ゆる日本刀
   我等は国民義勇隊

 ウィキペディアの「国民義勇隊」は、国民義勇戦闘隊について、つぎのようにのべています。
 「武器などの装備品は、基本的に隊員各自が用意することになっていた(徴兵の際に銃が支給され予備役となってからも本人が預かれる諸外国との最大の違いである)。隊員は旧式銃や手榴弾を装備できれば御の字であった。実際には村田銃などの旧式銃すらあまり行き渡らず、銃を入手できなかった隊員は弓矢・刀剣・銃剣付き訓練用木銃などを装備した他、鎌などの農具や、刺又・突棒のような捕物道具を備え、果ては陸軍が発行したマニュアルに基づいて自作した竹槍や火縄銃などにおよぶ劣悪なものだった。服装は正規軍人や民間人と区別できて身軽なものでありさえすれば良いとされ、戦時国際法上の戦闘員資格を確保するため、隊員は布製徽章(きしょう)を身に付け、指揮をとる職員は腕章により標識するものとされた。
 陸軍刑法・海軍刑法などの各種規律が適用または準用されたが、刑罰の適用対象や科刑範囲が限定されるなどの取り扱いになっていた。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ⑦ 国民義勇戦闘隊は、どうたたかったか

 実際に国民義勇戦闘隊は、どう組織され、どうたたかったのでしょうか。
 【中央】

 鉄道義勇戦闘隊(7月23日発令、8月1日編成完結)と船舶義勇戦闘隊(8月1日発令、8月5日編成完結)、船舶救難戦闘隊(8月5日発令)ができました(ウィキペディアの「国民義勇隊」)。
 【樺太】
 「(前略)樺太では広く国民義勇戦闘隊が編成され、1945年8月9日のソ連対日参戦により侵攻してきたソ連軍を迎撃するため、正規の陸海軍部隊とともに停戦命令(18日発令)受領まで実戦に参加している。樺太では8月1日に樺太鉄道連合義勇戦闘隊が編成されたのを最初に、8月13日には全地区に対し義勇召集と義勇戦闘隊の編成が発令されており、第88師団の指揮下に編入されて警戒や陣地構築、避難誘導などを行った。恵須取支庁では直接の戦闘任務にも参加し、劣悪な装備状況にもかかわらず善戦している。なお、樺太では、国民義勇戦闘隊以外の民兵組織として在郷軍人などを中心とした地区特設警備隊も編成され、猟銃などで武装のうえ実戦投入されている。」(ウィキペディアの「国民義勇隊」)。
 【福井県】
 一九四五年六月二十二日、国民を戦闘組織に編入するため「義勇兵役法」が制定、公布され、ほとんどの国民を兵役に服させる道が開かれました。翌日に「国民義勇戦闘隊統率令」も制定され、義勇戦闘隊は完全に軍の統率下に組み入れられることとなりました。義勇兵役法実施に関する近畿、東海、北陸地区軍官関係者打合せ会では、義勇戦闘隊の敢闘目標として、最少限「一人一殺」が指示され、訓練が求められました(福井新聞、一九四五年六月三十日付)。しかし、県民の戦意の燃えあがりはほとんどみられませんでした。それは戦局の悪化もさることながら、生活そのものが崩壊に瀕していたことが大きな原因でした。国民義勇隊の編成は「一億玉砕」のスローガンどおり、国民を皆殺しにする国民動員体制の極限の形態でした(ウエブサイト=『福井県史』通史編6 近現代二 第二章 日中戦争から太平洋戦争へ」)。
 【千葉県】
 千葉県では、一九四五年八月四日、田中村国民義勇隊が、より軍事色の強い国民義勇戦闘隊へと組織変更をしています(「柏市富勢地域ふるさと協議会ホームページ」の「みんなの富勢百科47」)。
 【兵庫県】
  国民義勇隊兵役法が施行され全国民が軍事動員されうることになり、尼崎市では七月二十六日、市内を八区十一班に分け、市会議員を中心として各区三~四人の軍事委員が委嘱されました( Web版尼崎地域史事典『apedia』)。
【沖縄県】
 「敗戦直前の七月八日、沖縄師範学校と沖縄県立一中の学徒隊が、東京で文部大臣の表彰を受けている。[沖縄戦で]一二〇〇人以上の学徒隊が死に、沖縄守備軍は壊滅していた。本来の受取人のいない表彰式であった。大田耕三文部大臣は次のように挨拶し、全国に大号令を発している(朝日新聞・一九四五年七月八日付)。
 『今や敵の本土上陸は殆ど必至の情勢にあり已(すで)に義勇兵役法も制定せられ国民義勇戦闘隊も結成せられました。学徒としましては学徒隊を組織し夫々(それぞれ)戦時に緊切なる要務に挺身しつつ愈々(いよいよ)事態が切迫致しまするならば義勇戦闘隊員として最前線に立つべき秋(とき)に当り魁(さきが)けて学徒の本分を竭(つく)し皇国護持の大任に殉じた鉄血勤皇隊、殊に右二校の如きがあります事は全国の教職員および学徒の重大なる覚悟を促すものと謂(い)はねばなりませぬ、全国学徒は愈々(いよいよ)平素の錬成に筋金を入れて醜敵撃滅の一途に邁進(まいしん)するばかりであります』。((ウエブサイト『読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争』)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民義勇隊から国民義勇戦闘隊へ ⑧ 国民義勇隊編成に反対した人

 調べていてびっくりしたのは、あの時代に国民義勇隊編成に反対した人がいたということです。

 ウエブサイト「日本掃苔録」に、そのことが載っていました。

 大石大 おおいし まさる
 生没年 明治11年(1878)~昭和41年(1966) 分類 政治家・農民運動家
  略歴  長岡郡長岡村に生まれる。小学校を3年で退学し夜学会をおこして学習する。明治28年以降、長岡村役場書記を始めに仕事を転々としたが、明治37年4月京都に出、関西法律学校(関西大学)に入る。翌38年から大阪府警部、天王寺俘虜収容所長となどをつとめ、大正元年実業界に転進。愛媛鉄道、大分国東鉄道等の重役、社長をつとめる。大正9年5月第14回総選挙に政友会から立候補し当選(以後当選5回)、のち政友本党にうつる。昭和4年土佐農民総組合を結成し、組合長として反対運動を指導しこれを撤回させた。戦中は反翼賛の立場にたち斎藤隆夫の除名に反対するなど野党的立ち場に終始した。時局批判演説で国賊扱いをうけ、国民義勇隊編成に反対するなどしたが、戦後、昭和21年6月公職追放にかかり、政治活動を封じられた。追放解除後、憲法援護、日中、日ソ国交回復などの民主運動に大御所として活躍した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本共産党の未来社会論。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-08/2012030809_01_0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 花開く春へ 

 仲間往き 葬儀につどう 仲間たち 短い明日を どう生き抜くか

 十年の やまいのなかの 年下が 非戦つらぬく 太宰治(だざい)を語る

 何々を 「しなさい」ばかりの 妻がいる 僕だからこそ 我慢している

 ネコのエサ 朝のドラマに 中国語 「さぁ、つくろうか」 夫のエサも

 良三つ 優四十の 成績簿 わが「保護者」なる 妻に手渡す

 「あと一年 夜の学びに 入りたい」 「私は保護者 もうやめたから」

 わが番号 五〇一も そこにある ホームページで 合格を知る

 軍事史の 年表にある 「義勇隊」 調べぬきたい 書き始めたい

 目を合わせ 「お読みください」 ビラ渡す 守りたい 夜の学びや 

 夜学ぶ 短大を出る 「中高年」 祝いの品の わがミニ歌集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.09

【ニュース】 沢田研二さんが「バイバイ原発!」のCD発売へ。 

 毎日新聞 2012年3月8日 東京朝刊

  ザ・特集:沢田研二さんに会いに行く 「震災」「脱原発」への思い 自分の言葉で歌いたい

 (前略)あるコンサートに足を運んでから、歌手のジュリー、沢田研二さん(63)に聞いてみたくなった。今、何を考えていますか。【太田阿利佐】

 舞台には、黒いタキシードのジュリーが汗を光らせて立っていた。昨年12月23日、パシフィコ横浜・国立大ホールでのコンサート。ザ・タイガースのメンバー、瞳みのるさん、森本太郎さん、岸部一徳さんが加わったツアーで、若い頃より太ったジュリーは、おなかの肉をつまんで「あげるよー」とメンバーに投げつけるふりをしたりしながら、「僕のマリー」など代表曲を次々披露。(中略)
 一方、ロビーでは「さようなら原発1000万人署名」が行われていた。作家・大江健三郎さんらによる脱原発を求める活動だ。女性たちが次々に署名していく。(中略)
 15日から4月半ばまで、東京、大阪、名古屋で上演される音楽劇「お嬢さんお手上げだ」。その稽古(けいこ)場を訪ねた。ジュリーは素顔のまま、アロハシャツ姿で、首にタオルを巻いて現れた。
 「ま、歌の仕事もそうなんですけど、僕は大体が積極的にやるっていうたちじゃないんです。でも脱原発は賛成なので、自分なりに何ができるかな、と。それも会場に来た人に『署名を』とお願いするのではなく、気が付いて賛同する人は署名すればいいし、そうでない人はやらなくていい。いろんな人がいていいんじゃないの、というのが僕のスタンスだから」
 淡々としている。でもこれだけではない。11日発売のCD「3月8日の雲」は、4曲すべて東日本大震災がテーマだ。
 こんな目に遭うなんて情けない、胸がしぼむ、と歌うタイトル曲。みんな流されて君ひとりが残った……と始まる「恨まないよ」。頑張らなくていい、泣いていい、でも笑って生きていくしかないという「カガヤケイノチ」。そして、大ヒット「TOKIO」以上にポップなリズムで、この国は一体何を護(まも)るのか、バイバイ原発!と繰り返す「F・A・P・P」(フクシマ・アトミック・パワー・プラント、福島原発の意味)。すべてジュリーの作詞だ。(中略)
 「テレビや新聞には、元気で、前向きな被災地の方々が出てくるでしょう。けなげだし立派だけれど、一人になったら泣いているんじゃないかな、と思う。立ち直っていない人の方がきっと多い。でも立ち直れないまま、自分のやるべきことを黙々とやっている、そういう人も多いでしょう。だって、昔から人間はそうやって生きてきたから」
 だから「頑張ろう」ではなく、被災した人もそうでない人も「きっと大丈夫」「こういう気持ちだよね」と言い合えるような曲を作りたかった。(後略)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.03.10

二〇一二年三月八日 木曜日 夜間の二年制の残せと新提案。 

二〇一二年三月八日 木曜日 夜間の二年制の残せと新提案。 

 曇り。

 午後一時、高知県庁の記者クラブで高知短期大学の存続を求める会、同学生の会が記者会見。十二人が出席しました。
 

 【追伸】

 記者会見をNHK総合テレビ、高知新聞、毎日新聞などが報じました。

 高知短大:県立大に短大部を 存続求める会が提言 /高知

 高知短大卒業生らでつくる「高知短期大学存続を求める会」は8日、廃止される方針の短大を、県立大(高知市池)内に短期大学部として残すよう求める提言書を尾崎正直知事に提出した。
 短大と県立大を運営する県公立大学法人(南裕子理事長)は昨年12月、県立大の文化学部を拡充して、短大を「発展的解消」させる考えを県に提示。尾崎知事は2月県議会で「夜間や土、日曜に講義を受けられるようにし、4年間で学士の資格を取得する仕組みを県立大につくる」と、短大廃止の方向を打ち出している。
 卒業生らは「経済的理由から4年間大学に通えない学生がたくさんいる」「2年で短大卒の学位が取得できることが重要」と訴え、「短大が吸収される学部内に2年間で卒業できる夜間コースをつくれば、教員や施設を共有でき、余計なコストはかからない」と提案した。【黄在龍】

 毎日新聞 2012年3月9日 地方版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月九日 金曜日 「うちんく(私の家)にある戦争」を受け取りに行きました。 

二〇一二年三月九日 金曜日 「うちんく(私の家)にある戦争」を受け取りに行きました。 

 雨。

 午後一時、高知市内のあるお宅に「うちんく(私の家)にある戦争」を受け取りに行きました。

 平和資料館・草の家に行って「うちんくにある戦争」の企画の準備をしました。

 短歌五首を『高知歌人』誌に投稿しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月十日 土曜日 「ありがとう!」 ハンドマイクの 声弾む 夜の学びや 守れの署名。 

二〇一二年三月十日 土曜日 「ありがとう!」 ハンドマイクの 声弾む 夜の学びや 守れの署名。 

 晴れ。

 高知短期大学存続のための街頭署名運動に参加しました。ハンドマイクで話しました。

 平和資料館・草の家に行って、Nさんと一緒に詩人・槇村浩のブックレット編集の作業をしました。

 午後六時から彫刻講習会を受講。三日目ですが、やっとモデルの輪郭を粘土に写し取ることができました。

 
 【短歌】

 「ありがとう!」 ハンドマイクの 声弾む 夜の学びや 守れの署名

 

 八時間 モデル見続け ああ、やっと 輪郭だけは 粘土に写す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.11

【花の写真】 高知市の中央公園のツバキ

Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月十一日 日曜日 「なくそう原発3・11高知集会」。

二〇一二年三月十一日 日曜日 「なくそう原発3・11高知集会」。

 晴れ。

 高知短期大学存続のための街頭署名運動に参加しました。ビラを配布し、ハンドマイクで話しました。

 高知市で開かれた「なくそう原発3・11高知集会」に参加。千人以上の参加。

 ライブを聴きに行きました。

 午後六時から彫刻講習会を受講。

 「なくそう原発3・11高知集会」の写真を「ブログ高知」にアップしました。

 ここです。

 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanoshi/2012/03/post-86f7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.13

二〇一二年三月十二日 月曜日 日本共産党の細木良議員の代表質問を聞きました。

二〇一二年三月十二日 月曜日 日本共産党の細木良議員の代表質問を聞きました。

 晴れ。

 高知県母親運動実行委員会は、三月十二日、尾﨑正直高知県知事と、すべての高知県議会議員に「高知短期大学の存続を求める要請書」を提出しました。

 午後一時から高知市議会本会議を傍聴。
 日本共産党の細木良議員の代表質問を聞きました。
 「高知市のアジア太平洋中の戦争遺跡を文化財として位置付けて保存をの」部分はブログ高知にアップさせていただきしました。

 ここです。

 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanoshi/2012/03/post-9522.html

 【参考】

 高知県知事 尾﨑正直様

 高知短期大学の存続を求める要請書

                       2012年3月12日

 高知県母親運動連絡会は「生命を生みだす母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」を合言葉に、「ひとりぼっちのお母さんをなくしましょう」とよびかけ、県下で57年間、母親運動を進めてきました。生命とくらし、平和とこども、民主主義を守る明るい社会をめざし、女性の人権を守る団体です。
 昨年秋から、高知短期大学の廃止への動きが急浮上して県民は大変驚いています。2月県議会では尾﨑県知事は、高知短期大学を廃止し、そのかわりに県立大学の文化学部に年間授業料約27万円の4年制の「夜間主コース」(定員30人程度)を設置すると発表しました。大学廃止の理由として、入学者に占める正規雇用者の減少、4年制大学への編入希望者の増加などをあげています。
高知短期大学は、教育の機会均等を求める県民が生み出した、夜間・2年制の大学です。高校卒業程度の学力を持つ、すべての世代に開かれた大学です。現に3人の子を持つ、働く母親も通っています。
 しかし、高知短期大学には、正規雇用者の学生の比率や、4年制大学への編入希望者数の制限はいっさいありません。正規雇用者が少ないのは政治の問題であり、県政も反省しなければなりません。編入については、学生たちの心の中の希望であり、何の問題もありません。また、中高年の学生は減少しているのに、県議会では理事者側が「高知短期大学は中高年の学生が増えている」と答弁し、短期大学の欠点にしようとしています。
高知県は県民所得が全国最下位であり、大学の数が極端に少なくて若者は県外の大学に進学せざるを得ず、保護者にとってはその学費は重い負担となっています。夜間の2年間で、比較的少ない学費で学べる教育の場は、むしろ増やしていたただきたいと思います。
 知事のいう4年制の夜間主コースでは、試験制度や学費問題のカベが立ちふさがり、2年制だから大学に進学できる、あるいは2年制しか進学できない人たちの勉学の機会を切り捨てることになります。決して今の高知短期大学の機能と役割を継承することはできません。
先に実施された短大に関するパブリックコメントは113件、うち高知短期大学存続の意見が106件。高知短期大学廃止に積極的に賛同する意見書は、わずか2件でした。この間の、私たちも協力した「高知短期大学存続を」の署名数は27,000人を超えました。県民の多くの声は、短大の存続をこそ願っています。
 これまで数千人にのぼる卒業生は、高知県と地域を担う役割を果たしてきました。この間、高知新聞の「声ひろば」欄には年齢を問わず学ぶ喜び、人生観を変えたことなど、県民の知識のオアシスとなっていることが続々と紹介されました。「学びたい時、そこに学べる場所がある」このことは大切なことです。
 高知短期大学を存続し、さらに充実させてください。
 高知短期大学の学生、卒業生たちが、8日に、県が高知短期大学として存続をしない場合でも、夜間の2年制の大学を高知県立大学文化学部の短期大学部として残してほしいと提案しましたが、これも一考に値すると思います。
 県民の切実な要望を、ぜひ聞きいれていただきたく、実行委員会の総意として強く要請いたします。
 
 

  高知県母親運動実行委員会(高知県母親運動連絡会総会)
 

  実行委員長 畑山佳代/

  高知市丸ノ内2-1-10 ℡088-873-9066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月十三日 火曜日 やっと『高知の戦争 証言と調査』十六号の編集を終えました。 

二〇一二年三月十三日 火曜日 やっと『高知の戦争 証言と調査』十六号の編集を終えました。 

 晴れ。

 やっと『高知の戦争 証言と調査』十六号の編集を終えました。
 データを印刷、製本の担当者に送りました。
 月末にはできあがる予定です。
 
 夜、高知短期大学存続のことでの打ち合わせに参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 虹に見とれて……

 青空を 背景にした ツバキ撮る にぎやかイベント 公園の隅

 「花よ咲け!」 水やるたびに 生まれくる 小さな虹に 見とれてるとき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 「私って 追い立てられてる」 六十四の 妻の日常……。

 「私って 追い立てられてる」 六十四の 妻の日常 僕と同じ

 「大丈夫?」  心配顔が うれしくて 心がホッコリ あたたかくなる

 会うたびに にこっと笑って 斬りにくる この若い娘(こ)の 愛らしいこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花咲く春に。 藤原義一ミニ歌集

Ill_sakura13

 夜学ぶ 短大を出る 老若へ
 祝いの品の 
 わが花歌集

 

 二〇一二年三月二十日に高知短期大学を卒業する仲間たちへ贈る僕の短歌集です。
 僕と一緒に入学して「四年の長期履修」で、卒業する人もいますね。
 よく学びましたね。尊敬しています。

 この短歌の花束を贈ります。
 学び続ける仲間の一人として。
 
     

夜の二年制の大学の灯

「この学校 解消します」
理事長の 理由は一つ 
「時代にあわぬ」

「学校を みんなで守ろう」 
学内に 手書きポスター 
はられていったよ

人生を 良心貫き 生きようと 
女性が歌う 
研修のバス

受験生 横浜から来た 六十四 
「第三の人生」 
始めるという

つぎつぎと 
「存続させよう」 メール来る 
ぽかぽか陽気の 冬の日のこと

目を合わせ
「お読みください」 ビラ渡す 
守りたいです 夜の学びや 

「残そうよ。夜の短大」 
わが「保護者」 
街頭に立ち 署名すすめる

「ありがとう!」 
ハンドマイクの 声弾む 
夜の学びや 守れの署名

わが大学の最後の後期試験

雲のこと 「クルン」というのか
いい響き
ハングル受講 一年になる

一日を
五十四もの ハングル文 暗記にあてて 
明日に持ち越す

「チュワヨ(いいですよ)」まで 忘れはててる 
その前夜 
ハングル試験 前途は多難

先生の 「すれすれですね」の 判定で
ハングルテスト
「うわーっ、合格!」

懸案の 「ゴッホと浮世絵」 まとめてる 
美術の試験 
三日後にある

浮気して 
戦跡調査も 進めてる 
「五日後、行く」と 約束したよ 

「わからない」 友にメールを 送ったら 
「それは、こうよ」と 
教えてくれた

「抜頭の 読み方書け?」に
つまづいて
「伝統文化」 上着脱いでる

七問の 江戸の文書を
解いている
「あと十分」に 追いつめられてる

六十五歳の誕生日を前に

「『要するに』 何ていいなや。生意気な」
六十四に
妻の説教

役所から
「前期高齢者」の 認定証
届いていたよ 誕生日前

誕生の 祝いケーキ ついている
メールがきたよ
うれしくってさー

高知短期大学専攻科

あと一年
夜の学びに 入りたい
「私は保護者 もうやめたから」

専攻科 願書出したよ
決断し
六十五歳で また一年生

わが番号
五〇一も そこにある 
ホームページで 合格を知る

わが家の花たち

いただいた サクラサウ花
窓際で
あったかそうに 咲いている朝

「花よ咲け!」 
水やるたびに 生まれくる 
小さな虹に 見とれてるとき

入口の
ニオイツバキが 咲き始め
客くるその日 待ちわびている

青空を 背景にした ツバキ撮る 
にぎやかイベント 
公園の隅

いま、やりたいこと

「彫塑やる」 メールの返事
「作品で おどろかしてね」  
うん、そうしたい

軍事史の 年表にある 「義勇隊」
調べぬきたい 
書き始めたい

いただいた
「わが家の戦争」 整理する
企画展は もうすぐ始まる

さよなら原子力発電所

同年輩 沢田研二も
「バイバイ」と
原発ノーを 歌うこのごろ

繁華街
一千人の デモのなか
太鼓たたいて 原発なくせ

やっぱりね パレードの輪から 飛び出して
写真撮ってる
ブログに載せたい

若い友たちのこと

「ああ、君は あの娘(こ)が好きか」
率直な アクションを見て
僕もわかった

「大丈夫?」 
心配顔が うれしくて 
心がホッコリ あたたかくなる
 

会うたびに にこっと笑って 斬りにくる
娘の世代の 
愛らしいこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.15

二〇一二年三月十四日 水曜日 伊野中学校の同学年の同窓会に参加しました。 

二〇一二年三月十四日 水曜日 伊野中学校の同学年の同窓会に参加しました。 

 晴れ。

 高知短期大学存続のための打ち合わせ。

 午後三時、いの町の伊野中学校の同学年の同窓会に参加。
 同学年で、すでに約三十人が亡くなっているという話に愕然としました。
 夜、打ち合わせがあるのでアルコールは、ごはっと。
 いやーっ、みんなが陽気に飲んでいるのに。
 浮いてしまいました。

 夜、高知短期大学存続のための打ち合わせ。
 Uさんの情熱に、あらためて感動しました。
 
 仲間と、ひろめ市場でワイワイ。
 少し気が晴れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月十五日 木曜日 ちゃんと整理して、しかるべき所に置てあったのに……。 

二〇一二年三月十五日 木曜日 ちゃんと整理して、しかるべき所に置いてあったのに……。 

 晴れ。

  高知短期大学の存続を求める会、同学生の会が知事などに「高知短期大学のあり方に関する意見-県議会における議論に関連して-」の要望書を提出。

 二団体は、高知短期大学存続を求める署名の追加分も知事に提出。
 計二万七千八百六十一人の署名があったとのことです。

 平和資料館・草の家でMさんと二人で企画展「うちんくにあった戦争」のビラづくり、そして、説明版づくり。

 
 家に帰ったら、四月の日程表ノート、僕の当面必要な書類が行方不明。
 いろいろ探した結果、ちゃんと整理したうえで本箱の資料のためのスペースに入っていました。

 手紙を二通、書きました。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.16

二〇一二年三月十六日 金曜日 高知県議会の二月議会の最終日。。 

二〇一二年三月十六日 金曜日 高知県議会の二月議会の最終日。。 

 曇り。

 企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」のお知らせを「ブログ高知」にアップしました。

 

 高知県議会の二月議会の最終日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花】 わが庭の小花。

Photo_8

 この何週間か、ずっと見入っています。

 実は名前も知りません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.03.18

【三月十八日に見た花】 高松市国分寺 モモの花

Photo

Photo_2

 空洞の できた体を 運んでる 卒業明けの 帰郷のバイク

 

 雨たたえ モモの花たち 「来てごらん」 香りの中で 心休める

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三月十八日に見た花】 高知県の山道のナノハナ

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三月十八日に見た花】 南国市のスイセン

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三月十八日に見た花】 高知市のハクモクレン

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.19

【エッセイ】 一九三七年夏の高知の陸軍歩兵第四十四連隊。

 一九三七年(昭和十二年)七月、日中戦争が始まると、八月には高知の陸軍歩兵第四十四連隊も中国戦線に動員されました。
 連隊長は陸軍参謀本部出身の和知鷹二大佐で、四十四連隊は和知部隊として出征しています。
 和知部隊は、当時の新聞報道によると多くを殺し、多くの戦死者を出しています。
 戦後、和知鷹二さんは、戦死者の多かった「遠因」を、つぎのように語っています。
 「参謀本部は、戦線に歩兵部隊を投入する際には『県民性』を重視した。高知の県民性は『短気』。将棋の駒に例えると香車。ブレーキもバックギアもない自動車同様で、これほど突撃と敵前上陸に適した県民性はない。日露戦争から第二次大戦まで四十四連隊は常に最前線、激戦地に投入された。高知の消耗率の遠因は県民性による。」(依光裕『一所懸命 土佐に生きて』。高知新聞社。二〇〇七年九月二十日)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.22

二〇一二年三月十九日 月曜日 高知短期大学のK君を囲む会。 

二〇一二年三月十九日 月曜日 高知短期大学のK君を囲む会。 

 晴れ。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。

 夜六時から、高知短期大学のK君を囲む会。
 計八人の参加。
 彼の先輩のUさん、在校生のKO君がK君の話をよく聞いているのを見て感激しました。
  
 Uさん、Hさんと三人で二次会。

 K君が、みんなに「演説」できるようになってほしい。
 KO君の、勉学への希望がかないますように。
 Uさんが、元気で、いっそう朗らかに学び、羽ばたいてほしい。

 【追伸】
 
 この日、ある人に無理なことをお願いしてパシッと断られました。
 あとで「そりゃーそうだよね」と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十日 火曜日 高知短期大学の卒業式。 

二〇一二年三月二十日 火曜日 高知短期大学の卒業式。 

 曇り。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。
 
 高知短期大学の卒業式です。
 まず、午後二時から同大学で「高知短期大学学歌」の練習。
 午後三時から卒業式。
 専攻科の僕より年上の女性・Мさんが学長賞を受賞しました。
 在校生、卒業生十数人で学歌を歌いました。
 K君と少し話すことができました。

 午前六時前、彫塑の講習会に。六時開始なのにほとんどの人が作品に向かって完成を目指していました。
 すごく熱心な集団です。
 若い女性で、見事な作品をつくっている人がいます。
 その人の作品の胸がチャーミングです。
 「どういうふうにつくればいいんですか?」
 「モデルをよく見ればいいんですよ」
 「家で奥さんにモデルをしてもらったらいいですよ」
 完璧な回答ですが、「うーん……」。
 彫塑のサークルに入ることにしました。五月から作品づくりがあるそうです。

 午後九時、家に帰ってから午後九時半から別の彫塑の作品をつくり始めました。
 彫塑の講習会でつくっているのとは別のポーズです。
 午前一時前、だいたいの輪郭ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十一日 水曜日 オートバイの免許の更新。 【写真、ナノハナ】

二〇一二年三月二十一日 水曜日 オートバイの免許の更新。 

 晴れ

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。計三人で打ち合わせ。
 
 オートバイの免許の更新に行きました。

 彫塑の講習会の先生から「土曜日、日曜日は午後一時から午後八時半まで制作ができますから、どうぞ」と、いう電話がありました。
 この講習は日曜日でおしまいです。

 免許の更新の帰りに高知市朝倉でナノハナの写真を撮りました。

Photo_2

 
 また、平和資料館・草の家にいって企画展の展示づくり。

 夜、家に帰ってから午前一時半まで彫塑の続き。ようやく輪郭ができました。
 胸がいい感じにできました。顔は、メルヘン調になりました。

 【追伸】

 来月から妻が超忙しくなりそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十二日 木曜日 『高知の戦争 証言と調査』十七号の原稿。 

二〇一二年三月二十二日 木曜日 『高知の戦争 証言と調査』十七号の原稿。 

 晴れ

 『高知の戦争 証言と調査』十七号の原稿のことで、いの町のIさんと電話で打ち合わせ。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。計五人参加。
 高知新聞に行って戦中の記事のコピーをしてもらいました。

 夜、スーパーで徘徊しました。

 家に帰ってから彫塑の続き。腰を削りました。まだ、手足が変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 あののころ、トンボ鉛筆も「着剣」していました。

Photo

 『アサヒグラフ』 1943/7/21号 広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【エッセイ】 これが僕の妻の日常。

 妻は、朝、いつものとおり僕より早くでかける用意をしていました。

 夜七時からも会議があるそうです。

 「帰るのは十時ごろね」

 「がんばってきなさい」

 「止めないの。世間にこんな夫っているかしら」

 「やめたら」といっても聞かないくせに……。

 夜、僕が家で彫塑に熱中したら帰ってきてパッパと僕の買い物の点検、コーヒータイム、ふろ……。

 「ちょっと話をしようか」

 と、いうと、

 「もう寝る。またにしましょう。邪魔しないで」

 これが僕の妻の日常です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 わが食生活。

 冷蔵庫 ひょいとのぞいて 干からびた ハム二きれを 夕食とする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.23

二〇一二年三月二十三日 金曜日 最後は「うたごえ」。 

二〇一二年三月二十三日 金曜日 最後は「うたごえ」。 

 雨。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。計六人参加。

 夜、夏の平和の行動のための打ち合わせに参加。

 そのあと、飲み会に参加しました。
 さいたま市在住の男優、和歌山県の槇村浩を研究している男性も参加しました。
 最後は「うたごえ」。
 いい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

二〇一二年三月二十四日 土曜日 四月二日午後六時から、高知市の、ひろめ市場で、僕の大学卒業祝いの飲み会。 

二〇一二年三月二十四日 土曜日 四月二日午後六時から、高知市の、ひろめ市場で、僕の大学卒業祝いの飲み会。 

 雨。

 平和資料館・草の家へ。

 病院へ。定期の受診。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の展示づくり。計四人参加。
 草の家を訪れたHさん親子と懇談しました。

 
 午後五時過ぎから八時半まで彫塑の講座に参加しました。この日は午後一時から制作をしていた人もいます。あすが講座の最終日です。

 夜、四月二日午後六時から、高知市の、ひろめ市場で、僕の大学卒業祝いの飲み会ということが決定。
 いまのところ参加者はSさんだけ。
 Sさんの希望で「飲める人だけをさそう」。
 これから参加者を募ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.25

【エッセイ】 橋下徹大阪市長と「かつてのドイツの独裁者」との関係 瀬戸内寂聴さんの文章に思う。

  二十四日夜、さて高知新聞の夕刊を見るかと手をとろうとすると、それは哀れな姿。
 大きく二か所が切り取られているのです。
 「切り抜いたのも見せてや」
 と、妻に懇願しました。
 その記事の一つは、作家・瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)さんの「灯点(ひともし)」。
 橋下徹大阪市長の政治が文楽三百年の危機をつくりだしているとのべたうえで、つぎのようにいっています。
 「最近の自信満々の橋下さんの言動に、かつてのドイツの独裁者の姿が重なって見えるのは、超老人の私の目だけだろうか。」
 瀬戸内さんは一九二二年五月十五日生まれです。
 「ドイツの独裁者」は、一時は大きな力を持ち、おぞましいことのかずかずをやりましたが、やがて滅びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花の写真】 うちんくのスモモの花

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【写真】 彫塑の作品 微笑む

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ「そらとあずきのうち」さんへ

 ブログ「そらとあずきのうち」さんへ

 ブログ見させていただきました。

 メールでお便りしようと思いましたがメールアドレスがわかりません。

 ひまにとき僕にメールをいたただければうれしい。

 

 

 僕のアドレスです。

 bqv01222@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十五日 日曜日 彫塑の作品完成。 

二〇一二年三月二十五日 日曜日 彫塑の作品完成。 

 晴れ。

 平和資料館・草の家に行って企画展「うちんく(わが家)にあった戦争」の、ある展示物を運び入れ。

 午後一時半から午後八時半まで、彫塑の講習。
 ついに作品を完成させました。

 五月一日に焼く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.28

二〇一二年三月二十七日 火曜日 「うちんくの戦争」が始まりました。【写真あり】 

Photo

二〇一二年三月二十七日 火曜日 「うちんくの戦争」が始まりました。【写真あり】 

 晴れ。

 いま、高知市升形九の一一の平和資料館・草の家の学芸員です。
 ここで、本日から企画展「うちんくにあった戦争」をやっています。
 この日、僕は午前九時十分前に草の家に着きましたが、テレビ局の人が二人、入口の前に来ていて恐縮しました。
 テレビ高知、NHKテレビ、読売新聞、朝日新聞が取材してくれました(NHKテレビは、昼と夜九時ころに放送してくれたようです)。
 昨年十月から十人のスタッフが資料をいただきにあがったり、整理したり、説明板をつくったりと情熱をかたむけてつくりあげた企画展です。
 僕は、この企画の提案者です。学芸員として初めての仕事です。
 四十人のかたがたが資料を寄せてくださいました。
 本日も二件の寄贈がありました。
 あすも「戦死した兄の供養に」と寄贈してくださる人があります。

 『季刊 戦争責任研究』第七十五号が届きました。私の書いた「 【資料紹介】 ダバオ、バリックパパン海軍航空基地第二設営隊の資料」が掲載されています。

 家に帰ったら妻、娘からの誕生日および卒業、入学のプレゼントがありました。一万六千円のシャツでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十六日 水曜日 わが家のオス猫・サランの受難。 

二〇一二年三月二十六日 水曜日 わが家のオス猫・サランの受難。 

 晴れ。

 平和資料館・草の家の企画展「うちんくにあった戦争」の準備が午後九時に終了。
 家に帰ってくると娘と、その娘二人がやってきていました。
 どうもわが家のオス猫・サランの様子が変です。
 小さくなって布団にもぐりこんでいます。
 この猫が布団にもぐりこむのははじめてです。
 聞いてみると孫娘二人が「サラーーーン」と叫んで追っかけまわしたとのことです。

 【追加】

 一晩を布団の中で過ごしたクニョは、朝になるとすごすごと外出。
 その後も、ずーっと二人を避けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.30

【短歌】 孫娘は、もうすぐ六年生

 歯をみがき あいた片手で 漫画持つ この孫娘(こ)も、きっと 読書家になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.31

二〇一二年三月二十八日 水曜日 地域での女性たちの軍事訓練の写真。 

二〇一二年三月二十八日 水曜日 地域での女性たちの軍事訓練の写真。 

 晴れ。

 山北へ。
 戦前の防弾チョッキの木型、軍事用のランプを見せてもらいました。
 近くの山二か所に戦争中の交通壕が残っているという話を聞きました。
 日清戦争の碑、日露戦争の碑を見ました。
 ある夫婦に戦争体験を聞きました。
 妻の父は日中戦争で戦死していました。
 夫の父はアジア太平洋戦争で戦死していました。
 夫の母は、地域の軍事訓練に参加していました。その写真をいたただきました。
 妻の住んでいた所の近くにはトーチカが残っています。

 トーチカ情報をFさんに電話で知らせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月二十九日 木曜日 引越しの作業。 

二〇一二年三月二十九日 木曜日 引越しの作業。 

 晴れ。

 妻と二人で、さぬき市志度の僕のアパートへ。
 引越しの荷物をまとめるためです。
 夜遅くまで作業をしました。
 やっと先が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一二年三月三十日 金曜日 やっと引越しの荷物を運び出しました。 

二〇一二年三月三十日 金曜日 やっと引越しの荷物を運び出しました。 

 晴れ。

 起きたら、腰が痛い。
 引き続き、さぬき市志度の僕のアパートで妻と二人で引越しの準備。
 午後三時、高知市から弟も助っ人に。
 午後四時過ぎ、引越し荷物を運搬してくれる車が来ました。
 けっきょく、単身者用車三台分になりました。
 午後六時十五分、三人で志度を後にしました。

 昼間、Fさんからトーチカが見つかったという電話がありました。

 高知市で朝日新聞を買いました。
 平和資料館・草の家の「うちんくにあった戦争」展の記事が大きく掲載されていました。
 ありがとう。

 家で彫塑。輪郭ができてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和資料館・草の家の「うちんく(わが家)にあったの戦争」 四月七日までです。

 平和資料館・草の家の「うちんく(わが家)にあったの戦争」、順調な出だしです。
 あなたも、どうぞ。四月七日までです。

 NHKテレビ、テレビ高知が取材してくれました。読売新聞が聞いてくれました。

 以下は朝日新聞の記事のありかです。

http://mytown.asahi.com/kochi/news.php?k_id=40000001203300002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »