« 二〇一二年三月二十七日 火曜日 「うちんくの戦争」が始まりました。【写真あり】  | トップページ | 【短歌】 孫娘は、もうすぐ六年生 »

2012.03.28

二〇一二年三月二十六日 水曜日 わが家のオス猫・サランの受難。 

二〇一二年三月二十六日 水曜日 わが家のオス猫・サランの受難。 

 晴れ。

 平和資料館・草の家の企画展「うちんくにあった戦争」の準備が午後九時に終了。
 家に帰ってくると娘と、その娘二人がやってきていました。
 どうもわが家のオス猫・サランの様子が変です。
 小さくなって布団にもぐりこんでいます。
 この猫が布団にもぐりこむのははじめてです。
 聞いてみると孫娘二人が「サラーーーン」と叫んで追っかけまわしたとのことです。

 【追加】

 一晩を布団の中で過ごしたクニョは、朝になるとすごすごと外出。
 その後も、ずーっと二人を避けています。

|

« 二〇一二年三月二十七日 火曜日 「うちんくの戦争」が始まりました。【写真あり】  | トップページ | 【短歌】 孫娘は、もうすぐ六年生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54328478

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年三月二十六日 水曜日 わが家のオス猫・サランの受難。 :

« 二〇一二年三月二十七日 火曜日 「うちんくの戦争」が始まりました。【写真あり】  | トップページ | 【短歌】 孫娘は、もうすぐ六年生 »