« 高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。 | トップページ | ブログ「記録 戦争に反対した人々」をつくりました。お立ち寄りいたただせければ幸いです。 »

2012.03.07

高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。

◎ 憲法インタビュー/高知市の「戦争はいや!三里(みさと)九条の会」呼びかけ人茂松延章さん(74)

   地域ごと特攻態勢に

 高知市の「戦争はいや! 三里(みさと)九条の会」の呼びかけ人の一人、茂松延章(しげまつ・えんしょう)さん(74)は、地域での戦争の実際を目撃してきました。いま「戦争はいや」「憲法九条を守れ」の思いを語ります。 (藤原義一)

 三里九条の会は、地域の人たちに会員にと呼びかけたり、憲法九条守れの署名活動にとりくんだりしています。近々、憲法をテーマにした映画の上映会をやろうと話し合っているところです。
 三里地域は太平洋戦争の時、本土決戦の準備で地域ごと特攻態勢に巻き込まれました。
 海軍が、畑をつぶし松林の墓地を共同墓地に移して浦戸海軍航空隊を開隊しました。一九四四年十一月一日のことです。

   水際の訓練も

 しかし、私が飛行場から飛んだ練習機を見たのは一回だけです。翼を布で張った飛行機でした。
 いまその跡にある碑には、四五年五月に入り、ここの練習生は「敵を水際に撃破すべく日夜陸戦特攻訓練に終始し」たとあります。
 そこの兵隊だったかどうかわかりませんが、三里国民学校に十代らしい海軍兵たちが二十人くらい駐屯していました。
 毎日のように私の家の畑などに国民学校から浜に移動するための散兵壕(さんぺいごう)を掘っていました。
 浜の松林で特攻訓練もしていました。
 四人が木でつくったアメリカの戦車を持ってかけました。松の木の根っこにつくったタコツボに潜んでいた一人が木でつくった爆弾を持って、その戦車に飛び込んでいくのです。
 私は海南中学校の一年生で、三里国民学校のすぐ近くに住んでいました。兵隊たちは、昼すぎには私の家にきて「おばちゃん。何か食べる物ちょうだい」といっていました。
 兵たちの姿を見て私も四年生になったら海軍兵学校に入って後に続こうと思っていました。

   毎日声出して

 四五年八月十五日に終戦。その後、しばらくして私も軍国主義の考え方から解放されました。
 東京の大学にいっていたころ人形劇団プークに出合い、それ以降、人形劇など子どもの文化にかかわってきました。
 高知放送のアナウンサーの時も保育園、幼稚園の子どもたちに将来の希望を聞く「なれるかな? なりたいな」のラジオ番組を担当しました。
 いまは、人形劇団「かがし座」の座員で、子どもたちに人形劇を楽しんでもらっています。
 子どもたちが自由を奪われたり、知らないうちに軍国少年にされている時代にしてはいけないと思います。
 二〇〇五年に大きな病気で入院しましたが、その後、リハビリもかねて毎日、憲法の前文、戦争放棄の九条、生存権の二五条を声を出して読んでいます。
 この素晴らしい宝物を子どもたちに伝えるためです。

(2007年05月19日 中四国版)

|

« 高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。 | トップページ | ブログ「記録 戦争に反対した人々」をつくりました。お立ち寄りいたただせければ幸いです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54161873

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。:

« 高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。 | トップページ | ブログ「記録 戦争に反対した人々」をつくりました。お立ち寄りいたただせければ幸いです。 »