« 東京都 兵器工場・中島飛行機武蔵製作所の西工場で。 | トップページ | 高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。 »

2012.03.07

高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。

◎ 憲法インタビュー/高知市の「朝倉九条の会」事務局責任者窪田一郎さん(74)/9条賛同者過半数に

 高知市朝倉の窪田一郎さん(74)は、文部省が1947年8月に発行した『あたらしい憲法のはなし』で日本国憲法を学んだ世代です。高知市の「朝倉九条の会」の事務局責任者をつとめる窪田さんに、憲法九条への思いを聞きました。 (藤原義一)

 交戦権を放棄した憲法九条を自民党などがなくそうとしていますが、もし国民投票がやられても有権者の過半数が九条に賛成する状況を、ここ朝倉の地域でもつくっていかないといけないと思っています。
 戦争といえば、朝倉のいまの高知大学、養護学校、印刷局は陸軍歩兵第四四連隊の兵舎でした。
 私の家は、兵舎のすぐ近くでした。家の前を朝、夕、兵隊が隊歌を歌いながら行進していきました。近辺には、あらゆる戦争訓練をする練兵場、実弾訓練をする射的場、塹壕戦(ざんごうせん)の訓練をする作業地、陸軍病院、陸軍墓地(現存)の陸軍施設がありました。
 一九四五年四月、満州(中国東北部)にいた四四連隊が本土決戦に備えるということで高知に帰ってきました。

   山で横穴掘り

 私たち朝倉在住の中学生(一年―三年)は、五月ころから朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴を掘りました(この十四日にいったら、横穴が三つ残っていました)。
 戦争が終わったのが、その年の八月十五日。その翌年二月に朝倉の部隊長の息子だった級友が「(アメリカが日本に落とした)原子爆弾に勝る新兵器を発明してアメリカ、イギリスに報復する」という作文を書いた時のことを覚えています。

   報復はいかんと

 国語の時間に教師がこの作文を読み上げ「日本の軍国主義は間違っていた。こういうことをやってはいかんのや」と平和の日本の道を説きました。
 その教師の思いが同年十一月三日に公布された憲法の交戦権を否定した九条に実っていました。
 憲法ができてから学校で黄色い表紙の『あたらしい憲法のはなし』を学びました。教師は熱心に解説してくれました。
 「みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう」と書いてありました。
 「戦争を二度とおこさないように」。その思いを持ち寄って「朝倉九条の会」が二〇〇五年三月に結成されました。
 勉強会、高知空襲体験者や近くの高蓮寺の住職を迎えた戦争を語る会も開いてきました。
 「乗用車につけて走ってください」と自作の「憲法九条を かえたら いかんぞね」のワッペン(縦二十二㌢、横十六㌢、実費)を普及している夫妻もいます。
 四六年十二月に結成された憲法普及会がつくった「憲法音頭」を踊って九条を守ろうと訴えている人たちもいます。
 これからは地区ごとに戦争と平和と憲法九条を語り合う小集会をもっていくつもりです。

(2007年05月17日 中四国版)

|

« 東京都 兵器工場・中島飛行機武蔵製作所の西工場で。 | トップページ | 高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54161854

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴。:

« 東京都 兵器工場・中島飛行機武蔵製作所の西工場で。 | トップページ | 高知市 三里国民学校にいた十代の兵隊のこと。 »