« 【高知へのアメリカ軍機の空襲の記録】 アメリカの空襲下で焼け残った高知市本町のビル。 | トップページ | 【短歌】  メスネコが 甘え上手で 妻といて…… 【写真一枚】 »

2012.05.24

二〇一二年五月二十四日 木曜日 高知城の防空壕 知っている人がいました。

二〇一二年五月二十四日 木曜日 高知城の防空壕 知っている人がいました。

 晴れ。

 とにかく、できるだけ寝たい。
 でも、起きなくては。

  この間から読んでいるアテルイの小説の下巻を終わらせました。すさまじい結末でしたが、古代の外国からの勢力の支配・暴圧に屈しない人々の気概が伝わってきました。

 一階に行くと、妻は、すでに外出していました。
 ご飯はありました。
 おかずは……。
 見つけ出せず、また、どんぶりめしにシーチキンの缶詰をかけて、ぱくぱく。

 ある新聞に投書した文書について、新聞社の担当者と電話で会話(計二回)。
 載ればハッピーなのですが……。

 午後、妻と一緒の会議に参加しました。

 終わってから急いで高知県立図書館に。
 資料あさりの途中、ある新聞社の記者から反戦詩人・槇村浩についてインタビューしたいとの電話。あすの午後にお会いすることにしました。
 引き続き同図書館の高知新聞のデーターベースで検索。
 検索の言葉は「戦争 石碑」、「高知城 防空壕」、「槇村浩」など。
 どんどん紙面を印刷しました。
 小銭だけはたっぷり持っています。一枚十円です。

 作業が終了したころには、すでに高知短期大学の授業は始まっていました。
 「ままよ」とカバンを買いに行きました。カメラも入るようなやつです。

 で、大学に行ってからも作業の続き。
 高知新聞に出ていた高知城の防空壕のことを知っている人と、あす午前中、会うことができることになりました。
 高知新聞に出ていた記事から、当時の高知城を知っている人の手記があることがわかりました。親しい知り合いが編集した印刷物に載っていることがわかりました。その人に電話して「あす、それを、持ってきて」。ずいぶん横着な取材ですが……。

 放課後、DAさんと、KIさんの歩行訓練。
 
 家に帰り着いたら妻が入口のドアを開けている所でした。
 おつかれさん。
 お互いに定年後もけっこう忙しい。これも一つの幸せでしょうか。

 あすのインタビューの準備をしました。

|

« 【高知へのアメリカ軍機の空襲の記録】 アメリカの空襲下で焼け残った高知市本町のビル。 | トップページ | 【短歌】  メスネコが 甘え上手で 妻といて…… 【写真一枚】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

朝食はごはんに前の晩の味噌汁をぶっかけていわゆる「猫マンマ」というのはよく聞きますが、シーチキンの缶詰、しかも醤油かけて
はいただけませんね。野菜ジュースでも常備しておいては?
 食生活はやはり基本ですよ!!

投稿: ひがとよ | 2012.05.27 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54791741

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年五月二十四日 木曜日 高知城の防空壕 知っている人がいました。:

« 【高知へのアメリカ軍機の空襲の記録】 アメリカの空襲下で焼け残った高知市本町のビル。 | トップページ | 【短歌】  メスネコが 甘え上手で 妻といて…… 【写真一枚】 »