« 二〇一二年五月十五日 火曜日 「日本の将来」についての講演。 | トップページ | 【写真】 この間、黒潮町でつくったガラスのグラス。 »

2012.05.16

二〇一二年五月十四日 月曜日 愛媛県にある日露戦争を経たあとに反戦の思いを刻み込んだ石碑の拓本。

二〇一二年五月十四日 月曜日 愛媛県にある日露戦争を経たあとに反戦の思いを刻み込んだ石碑の拓本。

 曇り、雨。

 郵便物を三つつくって発送しました。

 高知城の防空壕のことについて高知県の担当課に問い合わせ。てがかりはありませんでした。

 平和資料館・草の家にいって資料の整理。
 すごい拓本があることがわかりました。
 愛媛県にある日露戦争を経たあとに反戦の思いを刻み込んだものです。

 高知短期大学へ。
 ある女性と話していたら、高知市中の橋の空襲下で残った三階建ての鉄筋の倉庫は、彼女の夫の父母のものだったということでした。
 二科目を受講しました。
 授業後、サークルのあつまり。

 ビデオ「お米が食べられなくなる日」を見ました。

|

« 二〇一二年五月十五日 火曜日 「日本の将来」についての講演。 | トップページ | 【写真】 この間、黒潮町でつくったガラスのグラス。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/54728244

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年五月十四日 月曜日 愛媛県にある日露戦争を経たあとに反戦の思いを刻み込んだ石碑の拓本。:

« 二〇一二年五月十五日 火曜日 「日本の将来」についての講演。 | トップページ | 【写真】 この間、黒潮町でつくったガラスのグラス。 »