« 二〇一二年七月二日 月曜日 日清戦争のときの「忠烈 川崎伊勢雄」の石碑。 | トップページ | 【ニュース】 高知新聞に「高知城に新たな防空壕跡」の記事が載りました。 »

2012.07.04

【ニュース】高知新聞に、一九四五年七月四日付のアメリカ軍の高知市空襲のときの話、「火逃れたミシン台今も 高知市」の記事が掲載されました。

  七月四日付の高知新聞朝刊に「火逃れたミシン台今も 高知市」の記事が掲載されました。一九四五年七月四日付のアメリカ軍の高知市空襲のときの話です。

 この記事に出てくる浜田幸雄さんが、このとき、高知城の山の横穴壕に逃げ込んだ話が、高知市立自由民権記念館で開かれている「戦争と平和を考える資料展」で展示されています。

 以下のページで読むことができます。

  http://www.kochinews.co.jp/Voice?&nwSrl=290442&nwIW=1&nwVt=knd


 火逃れたミシン台今も 高知市

 2012年07月04日08時59分

 1945年7月4日未明、高知市の市街地を襲った高知大空襲。その燃え盛る炎の海を逃れたミシン台1 件が残っている。同市本町5丁目で仕立ての洋服店を営んでいた西本遊亀子さん(95)宅の1台。長年、家族の暮らしを支えてきたミシン台は所々傷付いてはいるものの、重厚な木板を鉄製の脚がしっかりと支え、まだまだ現役だ。

 遊亀子さんは洋裁学校で学んだ後、22歳の時に本町のお堀端にあった紳士服店「西本洋服店」に嫁いだ。夫の正男さんは2代目。正男さんとその父、倉次さんを中心に、職人たちが米国シンガー社製の足踏みミシンを操って、スーツを仕立てていた。場所柄、「一番のお得意さんは県庁の人」。遊亀子さんは洋服店と道一本挟んだ向かいで西本家が経営していたたばこ店の店番などをしながら、仕立ての仕事を覚えた。
 第2次大戦開戦後、43年5月に正男さんが召集された。45年7月4日未明、遊亀子さんは疎開先の同市円行寺から、南の空が真っ赤に染まるのを見た。大空襲だった。
 この時、遊亀子さんは臨月。激しい空襲が終わって間もない明け方、陣痛が始まった。三女の悦子さんはこの朝、疎開先の納屋で産声を上げた。
 本町の家が焼けたことはその日のうちに知った。ある日のこと、焼けて、もうなくなったと思っていたミシンの機械と丈夫な台が変わらぬ姿で疎開先に運ばれてきた。「無事でよかった」と思った。
 ミシンを救ったのは夫の2人の弟、三男さん(83)と幸雄さん(81)=現姓・浜田=だった。幸雄さんは当時14歳。「ミシンは洋服屋の命。これだけは焼かれたら困る」と思い、三男さんと2人で向かいの高知地方裁判所に運んでいたのだという。裁判所は空襲を逃れ、ミシンは守られた。
 戦後、正男さんが復員。焼け残った貴重なミシンを頼みにして数年後、同じ場所で店を再開した。疎開させていたラシャを使って服を縫い、お得意さんに支えられながら、店を軌道に乗せた。紳士服は主に正男さん、遊亀子さんは子育てをしながら婦人服を縫った。
 「女性の服は流行が早くて」と遊亀子さん。一世を風靡(ふうび)したミニスカート、晴れ着のワンピース…。お得意さんに頼まれて黒のコートを作った時もとても喜ばれた。
 「なんでこんなに縫うのが好きなのか、自分でも分からん。とにかく、人に喜ばれるのがうれしくて」
 ミシンの機械部分は後に新調したが、台は残した。35年ほど前に店を畳んだ後も、遊亀子さんは家族や友人の洋服を縫い続けた。
 「縫ってばかりの人生だった」と遊亀子さん。「やっぱり、戦争は絶対いかん」とあの時代を振り返り、今を見つめる。
 1年半ほど前、足を痛め、それ以来、ミシン台1 件に座ることから少し遠のいている。
 「足がもうちょっと良くなったら、また縫いたい」
 激動の時代を一緒に生きた〝相棒〟にいとおしそうに触れた。

  【写真】70年以上使ってきたミシン台1 件に優しく手を置く西本遊亀子さん。着ている服も自分で作った(高知市本町5丁目の自宅)

|

« 二〇一二年七月二日 月曜日 日清戦争のときの「忠烈 川崎伊勢雄」の石碑。 | トップページ | 【ニュース】 高知新聞に「高知城に新たな防空壕跡」の記事が載りました。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55118606

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】高知新聞に、一九四五年七月四日付のアメリカ軍の高知市空襲のときの話、「火逃れたミシン台今も 高知市」の記事が掲載されました。:

« 二〇一二年七月二日 月曜日 日清戦争のときの「忠烈 川崎伊勢雄」の石碑。 | トップページ | 【ニュース】 高知新聞に「高知城に新たな防空壕跡」の記事が載りました。 »