« 二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。 | トップページ | 【短歌】 歌会での思い。 »

2012.08.09

【短歌】 やっぱり要るよね夜の短大

毎回が 一番前の 女子学生 たぶん食い入る 目をしているよ 

まっすぐに 前を見つめて 聞いている 盲目の君 夜の学びや

ゴマシオも 「うん、うん、うん」と 体(たい)ゆすり 聞き入ってるよ 学びの授業

半年の 授業の最後 パチ、パチが まきおこってる 夜の学び舎

高知には やっぱりいるよね 二年制 夜学ぶ群れ 若きも老いも

存続の ニュースの写真 青空で 県民の会 準備伝える

十九本 レポートなどを 書き上げて 前期の授業 今夜終わった 

「あじさい」を 作曲した人 呼びかけ人 夜の短大 守れのアピール

「県民の 会に参加を」 暑中見舞いは 守れ学び舎

恒例の花火の音を 遠く聞き 「なすべきこと」と 向かい合ってる

|

« 二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。 | トップページ | 【短歌】 歌会での思い。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55387382

この記事へのトラックバック一覧です: 【短歌】 やっぱり要るよね夜の短大:

« 二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。 | トップページ | 【短歌】 歌会での思い。 »