« 二〇一二年八月二十二日 水曜日 社会教育全国集会(高知集会)へのリポート案をつくりました。 | トップページ | 【ニュース】 高知空襲 焼け残った高知市本町のビル 福井康人さんのブログです。 »

2012.08.23

二〇一二年八月二十三日 木曜日 「だぐだぐ踊りの歌」と「酋長の娘」。

二〇一二年八月二十三日 木曜日 「だぐだぐ踊りの歌」と「酋長の娘」。

 晴れ。

 高知新聞に森小弁(もり・こべん)のことが載っていました。

 「酋長の娘」(しゅうちょうのむすめ)のモチーフになった人です。

 わたしのラバさん 酋長の娘 色は黒いが 南洋じゃ美人

 赤道直下 マーシャル群島 ヤシの木陰で テクテク踊る

 踊れ踊れ どぶろくのんで 明日は嬉しい 首の祭り

 踊れ踊れ 踊らぬものに 誰がお嫁に 行くものか

 昨日浜で見た 酋長の娘 今日はバナナの 木陰で眠る

 森は、高知市出身。一八九二年にミクロネシアのチューク諸島(トラック島)に移住し、島の酋長(首長)の娘と結婚しました。
 この歌は、演歌師・石田一松の作詞・作曲・歌唱による歌謡曲。一九三〇年八月発売、ポリドール。
 作品発表当時、ミクロネシアは国際連盟委任統治領として大日本帝国の支配下にあり「南洋群島」と呼ばれていました。
 この歌は、南進ムードをもりあげる役割を果たしたことでしょう。

 石田一松の歌の前に、高知高等学校(今の高知大学)の学生だった余田弦彦(よでんつるひこ。一九〇二年~一九二七年)がつくった「だぐだぐ踊りの歌」があります。
 
 赤道直下のマーシャル群島  
 椰子の葉陰でだぐだぐ踊る
 踊り踊って夜を明かしゃ  
 明日はバナナの下で寝る

 昨日山で見た酋長の娘  
 今日はいずこでだぐだぐ踊る
 踊り知らない人はいや  
 誰が踊りにゆくものか

 ユーカリ茂れるインダス河で  
 椰子の葉陰でバナナが実りゃ
 娘踊れやだぐだぐ踊れ  
 明日は天気か夕日が赤い

 http://ryuujinn.vis.ne.jp/Ryoukasyuu/Kouti-K/023003.htm

 で、聴くことができます。

 余田弦彦は、高知高等学校の寮歌「豪気節」の作者でもあります。

|

« 二〇一二年八月二十二日 水曜日 社会教育全国集会(高知集会)へのリポート案をつくりました。 | トップページ | 【ニュース】 高知空襲 焼け残った高知市本町のビル 福井康人さんのブログです。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55488288

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年八月二十三日 木曜日 「だぐだぐ踊りの歌」と「酋長の娘」。:

« 二〇一二年八月二十二日 水曜日 社会教育全国集会(高知集会)へのリポート案をつくりました。 | トップページ | 【ニュース】 高知空襲 焼け残った高知市本町のビル 福井康人さんのブログです。 »