« 【調査リポート】 高知城の山の斜面にあった十の戦争壕 その五 「戦争と平和を考える資料展」で紹介 | トップページ | 高知県安芸郡も戦場でした その一 大日本帝国の時代 »

2012.08.17

【調査リポート】 高知城の山の斜面にあった十の戦争壕 その六 テレビ局が全国の番組でも放送

 「戦争と平和を考える資料展」の期間中にも、「私も、そこに入った」というかたから、はがきや電話で連絡がありました。
 そうしたかたがたの証言で高知城の山には、少なくても横穴壕が十か所あったことがわかりました。
 このことを八月十五日夕六時十分からのNHK総合テレビの「こうち情報いちばん」が「高知城と戦争」という特集で放送してくれました。
 番組は、高知城の山にはアジア太平洋戦争中に十か所の横穴壕があったことが平和資料館・草の家の調査でわかったことから始まりました。調査したメンバー、アメリカ軍の空襲のとき高知城の壕に逃げ込んだ梶田順子さん、松本節さん、山下晃さん、坂本昌三郎さんが出演しました。
 夜八時四十五分からの「ニュース845」でも、その一部が放送されました。
 八月十七日朝のNHK総合テレビの「おはよう日本」でも「〝お城〟が見つめた戦争と戦後復興」と題して和歌山城のこととセットで放送されました。

 これらの横穴壕は、防空壕、物資を入れる壕、天皇・皇后の写真を避難させる壕、アメリカ軍が上陸してきたさいの戦闘のための壕とさまざまなようです。今後は、一つひとつの壕の様子、用途などをつまびらかにしていきたいと思っています。

|

« 【調査リポート】 高知城の山の斜面にあった十の戦争壕 その五 「戦争と平和を考える資料展」で紹介 | トップページ | 高知県安芸郡も戦場でした その一 大日本帝国の時代 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55441827

この記事へのトラックバック一覧です: 【調査リポート】 高知城の山の斜面にあった十の戦争壕 その六 テレビ局が全国の番組でも放送:

« 【調査リポート】 高知城の山の斜面にあった十の戦争壕 その五 「戦争と平和を考える資料展」で紹介 | トップページ | 高知県安芸郡も戦場でした その一 大日本帝国の時代 »