« 二〇一二年八月六日 月曜日 刻まれた文字を、すべてぬりつぶした「国旗掲揚台」。 | トップページ | 【短歌】 やっぱり要るよね夜の短大 »

2012.08.09

二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。

二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。

 晴れ、雨、晴れ。

 午前十一時半、韓国の女性がJR高知駅に到着。 太田さんと二人で出迎え。
 平和資料館・草の家で岡村館長、西森事務局長、西村常任理事とともに懇談。テーマは、岡山市の私立関西(かんぜい)中学校のときにつきあいがあったらしい朝鮮人学生についての調査です。
 北海道にも行ってきた、兵庫の昔行っていた大学にも行ってきたという彼女は、高知駅前の石川啄木父子の歌碑を見たあと、大杉の美空ひばりさんの碑を見たいといって大杉へ。きょう中に九州に行くとのことでした。

 午後、高知短期大学存続運動のための打ち合わせに参加。

 午後三時、妻の父の所に香川県の新聞記者が来訪。

|

« 二〇一二年八月六日 月曜日 刻まれた文字を、すべてぬりつぶした「国旗掲揚台」。 | トップページ | 【短歌】 やっぱり要るよね夜の短大 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55386608

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年八月五日 日曜日 韓国人の女性の来訪。:

« 二〇一二年八月六日 月曜日 刻まれた文字を、すべてぬりつぶした「国旗掲揚台」。 | トップページ | 【短歌】 やっぱり要るよね夜の短大 »