« 【歴史の自習の時間】 異国船打払令(いこくせんうちはらいれい)って、どんな内容? | トップページ | 【歴史の自習の時間】 大詔奉戴日(たいしょうほうたいび)って、何ですか? »

2012.09.22

【歴史の自習の時間】 徳富蘇峰(とくとみそほう)と大東亜戦争との関係。

 徳富蘇峰(とくとみ そほう)さん(一八六三年三月十四日~一九五七年十一月二日)は、ジャーナリスト、思想家、歴史家、評論家、政治家。本名、徳富猪一郎(とくとみいいちろう)。
 一九四〇年九月、日独伊三国軍事同盟締結の建白を近衛文麿首相に提出しました。
 東條英機首相に頼まれ、大東亜戦争開戦の詔書を添削しています。
 一九四二年五月、日本文学報国会を設立してみずから会長に就任、同年12月には内閣情報局指導のもと大日本言論報国会が設立されて、やはり会長に選ばれました。
 一九四四年二月、『必勝国民読本』を刊行しました。
 一九四五年七月、ポツダム宣言が発せられましたが、蘇峰は無条件降伏の受諾に反対。昭和天皇の非常大権の発動を画策しましたが実現しませんでした。

 ・データーは、ウィキペディアなど。

|

« 【歴史の自習の時間】 異国船打払令(いこくせんうちはらいれい)って、どんな内容? | トップページ | 【歴史の自習の時間】 大詔奉戴日(たいしょうほうたいび)って、何ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55719403

この記事へのトラックバック一覧です: 【歴史の自習の時間】 徳富蘇峰(とくとみそほう)と大東亜戦争との関係。:

« 【歴史の自習の時間】 異国船打払令(いこくせんうちはらいれい)って、どんな内容? | トップページ | 【歴史の自習の時間】 大詔奉戴日(たいしょうほうたいび)って、何ですか? »