« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十 詩人・尹東柱(ユンドンジュ)さんの詩「序詩」の石碑。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十二 “五卅暴動”指揮部址を見ました。 »

2012.09.08

槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十一 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」。

 二〇一二年九月四日、火曜日。晴れ、雨。

 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」(龍井市三・一三殉難義士悼念整備委員会。一九九〇年五月十九日 立)。
 裏側につぎのような文章が刻み込まれ、犠牲者十七人の名前が続いていました。
 「一九一九年三月十三日、延辺地区の朝鮮人民が、日本帝国主義の朝鮮、中国への侵略政策に抵抗して反日デモに立ちあがった。民族独立の民衆の最初の革命闘争である。」 
 三・一三運動によって武装闘争をしなければならないという機運がたかまりました。 それ以前は武器は持つな、まず抗議の声をあげよう、電話線を切る、電気をとめるといった行動を続けてきました。
 三・一三運動と、それへの弾圧をきっかけに、間島で武装闘争で日本帝国軍隊を追い出そうという運動が始まりました。
 一九一九年に、そういう動きが起こって一九二〇年代にそうした動きがたかまりました。

|

« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十 詩人・尹東柱(ユンドンジュ)さんの詩「序詩」の石碑。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十二 “五卅暴動”指揮部址を見ました。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55607085

この記事へのトラックバック一覧です: 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十一 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」。:

« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十 詩人・尹東柱(ユンドンジュ)さんの詩「序詩」の石碑。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十二 “五卅暴動”指揮部址を見ました。 »