« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十一 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十三 延辺大学の先生、学生との交流会。 »

2012.09.08

槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十二 “五卅暴動”指揮部址を見ました。

二〇一二年九月四日、火曜日。晴れ、雨。

 「“五卅暴動”指揮部址」(龍井市人民政府建立。二〇一〇年五月三十日)を見ました。五卅は、五月三十日です。

 「中國網 china.com.cn」に、こんな解説が出ていました。

 延邊北韓族五卅暴動是延邊北韓族人民反帝反封建的鬥爭。1930年5月30日,中共延邊黨組織發動延邊的龍井,頭道溝、大拉子、南陽坪、湖泉街、開山屯、石建坪、延吉、老頭溝等地群眾舉行了暴動,以圖搗毀當地反動機關。一夜間,炸毀龍井發電所,燒燬東洋拓殖會社間島出張所,襲擊日本領事館,破壞天圖鐵路的橋梁等,並打死許多日本警察。同時,襲擊軍閥政府機關和地主宅院,燒燬債契,沒收地主糧食,沉重打擊了日本帝國主義和反動軍閥的統治。

 つぎのような意味だと思います。

 延辺の朝鮮族の五・三〇暴動は、延辺の朝鮮族人民の反帝反封建的闘争です。
 一九三〇年五月三十日、中共延辺党組織は延辺の龍井、頭道溝、大拉子、南陽坪、湖泉街、開山屯、石建坪、延吉、老頭溝などの地でたちあがり暴動をおこしました。
 当地の反動機関を狙ったものでした。
 ある夜、龍井発電所を爆破し、東洋拓殖会社間島出張所を焼きうちし、日本領事館を襲撃し、天圖鉄道の橋梁などを破壊し、多くの日本の警察官を殺しました。
 同時に、軍閥政府機関と地主の家を襲い、借用書を焼き、地主の糧食を没収し、日本帝国主義と反動軍閥の統治に大きな打撃を与えました。

 この記事に出てくる東洋拓殖というのは、一九〇八年十二月十八日に設立された大日本帝国の特殊会社、東洋拓殖株式会社のことです。南満州鉄道株式会社(満鉄)とならぶ二大国策会社です。

|

« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十一 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十三 延辺大学の先生、学生との交流会。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55607093

この記事へのトラックバック一覧です: 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十二 “五卅暴動”指揮部址を見ました。:

« 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十一 龍井(りゅうせい)市の「三・一三反日義士陵」。 | トップページ | 槇村浩生誕百周年「間島(かんとう)」を訪ねる旅 その十三 延辺大学の先生、学生との交流会。 »