« 「高知には夜間の2年制大学が必要です」の二百字メッセージについてのお願い。【藤原 義一】 | トップページ | アジア太平洋戦争下の高知県 戦跡ツアーのコース例 二、南国市の片山の中腹の陸軍陣地 »

2012.10.19

アジア太平洋戦争下の高知県 戦跡ツアーのコース例 一、高知市の愛宕神社の大東亜戦争戦勝の石碑

 このところ、タイ映画「少年義勇兵」(二〇〇〇年制作)のDVDを何回か見ています。タイ南部の田舎の町・チュンポーンは、雨でした。一九四一年十二月八日午前二時四十分、一群の艦船が、ここに迫っていました。戦闘機が侵入しました。大日本帝国のタイ上陸です。この町の少年義勇兵たちも銃を取りました。彼らを包囲する侵略軍。銃剣での死闘が始まります。つぎからつぎへと侵略軍は上陸してきます……。やがてタイは降伏。この戦闘での日本側死傷者は二百人、タイ側は十人、少年義勇兵の死傷者ありませんでした。
 大日本帝国の軍隊は、その日、まずタイに侵攻、そして、アメリカ領ハワイのオアフ島にあるアメリカ軍基地を攻撃しました。
その後、天皇がアメリカ、イギリスへの宣戦を布告しました。大東亜戦争(アジア太平洋戦争)の開始です。
 ところで、いま私が通っている高知市永国寺町の高知短期大学(専攻科の学生です)の近く、愛宕山(あたごやま)に愛宕神社があります。
 愛宕神社の二百八段の石段を一気に登ります。
 上がりきった所の左右に向かい合った二本の石柱があります。
 左手の物には「皇威万邦輝」(大日本帝国の天皇の威光は世界に輝く)、「皇紀二千六百一年十二月八日/大東亜戦々捷記念」と彫り込まれています。
 左手の碑には、「神徳八紘洽(しんとくはっこうにあまねし。神である大日本国の天皇の徳は世界にゆきわたっている)」と、刻まれています。その裏には「高知市愛宕町二丁目/階段施工 畠中正夫」とあります。
 皇紀二千六百一年十二月八日は、一九四一年のことです。「大東亜戦々捷」とは大東亜戦争戦勝のことです。
 それにしても気が早い。天皇がアメリカ、イギリスに大東亜戦争(アジア太平洋戦争)の宣戦布告をした日付の碑です。確かに、この戦争は、不意打ちで一時は圧倒していましたが、すぐに敗北に向かいます。
 この碑の「々捷」の所が何かで塗りつぶされているのが奇妙です。

|

« 「高知には夜間の2年制大学が必要です」の二百字メッセージについてのお願い。【藤原 義一】 | トップページ | アジア太平洋戦争下の高知県 戦跡ツアーのコース例 二、南国市の片山の中腹の陸軍陣地 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55927011

この記事へのトラックバック一覧です: アジア太平洋戦争下の高知県 戦跡ツアーのコース例 一、高知市の愛宕神社の大東亜戦争戦勝の石碑:

« 「高知には夜間の2年制大学が必要です」の二百字メッセージについてのお願い。【藤原 義一】 | トップページ | アジア太平洋戦争下の高知県 戦跡ツアーのコース例 二、南国市の片山の中腹の陸軍陣地 »