« 六十六歳で大学院生になります。高知新聞が、僕の投書を載せてくれました。 | トップページ | 二〇一二年十月十一日 木曜日 うん十数年目の結婚記念日用の妻のメッセージ。「私は、あんたのために、おりゆうわけやないきね」。迷言です。 »

2012.10.11

二〇一二年十月十一日 水曜日 「いま、どこ?」、「高松市のホテル」。結婚●年目の、すごーい現実。

二〇一二年十月十一日 水曜日 「いま、どこ?」、「高松市のホテル」。結婚●年目の、すごーい現実。

 晴れ、雨。

 妻は、「きょうは高松市に行く」。
 「へー、そうなの」。

 僕は、ある博物館へ行って資料の撮影。午前十時から午後四時までぶっとおし。
 つづきは、あす。

 激しい雨に濡れながらのオートバイで帰宅の途中、思い出しました。
 「きょうの二時間は、論文の目次を提出することになっていた」
 帰ってから急いで目次づくりの作業。
 夕飯をつくって、それを、かきこんで高知短期大学専攻科の授業へ。

 途中、大学院入学の手続きのための郵便を送りました(妻が保証人二人のうちの一人になってくれて、入学金の一部を負担してくれたことに感謝。)

 授業では論文の脚注のつけかたなどが勉強になりました。先生によって、いろいろと、やりかたが違います。「来週は、一章分を書いてくること」。

 授業終了後、「K君と共に学ぶ会」の集まり。OKIさんが、僕に「おめでとうと、いってくれました」。

 家に帰ってからテレビで娘が「逃げた父」を追っかけるドラマを見ました。つづきもののようです。なかなか、いい感じ。

 妻の所在が不明で、ケータイで電話。
 聞けば、高松のホテルに泊まっているそうです。
 「普通の」夫婦なら離婚騒ぎになるところですよね。そう思いませんか。

 妻は、夫を信頼しきっている(「私のものだから、適当でいいのよ」と思っている)せいか、やりたい放題です。

 あすは結婚記念日です。 

|

« 六十六歳で大学院生になります。高知新聞が、僕の投書を載せてくれました。 | トップページ | 二〇一二年十月十一日 木曜日 うん十数年目の結婚記念日用の妻のメッセージ。「私は、あんたのために、おりゆうわけやないきね」。迷言です。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55863293

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年十月十一日 水曜日 「いま、どこ?」、「高松市のホテル」。結婚●年目の、すごーい現実。:

« 六十六歳で大学院生になります。高知新聞が、僕の投書を載せてくれました。 | トップページ | 二〇一二年十月十一日 木曜日 うん十数年目の結婚記念日用の妻のメッセージ。「私は、あんたのために、おりゆうわけやないきね」。迷言です。 »