« 二〇一二年十月一日 月曜日 「こんにちは。平和資料館・草の家です」。 | トップページ | 二〇一二年十月三日 水曜日 「65歳以上は何もしなくても生活できる収入がほしいですね」。本当にねー。 »

2012.10.03

【歴史の自習の時間】 朝鮮の皇后・閔妃殺害事件 日本政府高官の手紙

  http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200806280106.html

 朝鮮の皇后・閔妃殺害事件 日本政府高官の手紙見つかる アサヒ・コム 2008年6月28日10時45分

 日清戦争直後の1895年秋、ソウルの王宮に押し入った日本人らによって朝鮮王朝の皇后閔妃(ミンビ)が殺害された事件で、新史料が見つかった。日本政府高官の間で交わされた手紙。日本では駐韓公使三浦梧楼の独断的犯行とされてきたが、三浦の赴任以前に、資金提供などの懐柔策から「強硬策」に転換することで高官の間で合意が形成されていたと示唆する内容だ。(中略)
 日清戦争の結果、朝鮮からは中国の影響が一掃された。しかし、ロシアなどの三国干渉になすすべもなかった日本に対し、朝鮮王朝ではロシアを味方につけようという動きが出てきた。閔妃はその代表的存在で、日本は駐韓公使の井上馨が中心となり懐柔しようとしていた。朝鮮に300万円を貸与、さらに300万円贈与する計画もあったことが知られている。日清戦争前の日本の国家予算は8千万円で、かなりの巨額だ。
 手紙は韓国のドキュメンタリー映画監督で閔妃暗殺事件を調べていた鄭秀雄(チョン・スウン)さんが東京の国会図書館憲政資料室で探し出した。事件前に交わされたもので12通。鄭さんの依頼で熊本大の小松裕教授(日本近代史)が読み解いた。
 95年8月2日付で野村靖内相が井上公使に出した手紙は、反閔妃クーデターを企てたとして追放され日本に亡命した朴泳孝(パク・ヨンヒョ)内相に、次期駐韓公使に内定していた三浦梧楼陸軍中将と熊本国権党の代表が「ひそかに会った」様子を伝える。日本からの資金は閔妃にも配分すると朴が伝えたが、「貰らはナイ」「コハイ事」と閔妃に拒否された様子も生々しく記されていた。
 芳川顕正法相が陸奥宗光外相と山県有朋前陸相にあてた手紙は6月20日付。一時帰国した井上公使と会った様子を伝える。「弥縫(びほう)策ハ断然放棄シ決行之方針ヲ採ラル」よう伊藤博文首相を説得してほしいと芳川が井上に依頼。長州出身の井上と伊藤は一緒に英国留学した親しい関係。この方針は芳川、陸奥、山県の3人の「合同の意見」だと芳川が説明すると、井上は了承したと書かれている。
 王宮を襲う実行部隊には陸軍の600人などのほか「壮士」と呼ばれる民間人47人が参加した。うち21人を熊本の関係者が占めていた。その背景が浮かび上がる手紙もある。
 奈良県知事などをつとめる官僚が井上に出したもので8月3日付。熊本勢の多くがかかわっていた熊本国権党に強い影響力を持つ国民協会代表の品川弥二郎が抱えた膨大な借金を、井上が立て替え完済したことを知らせるもの。「熊本国権党のメンバーは近年そろって井上に心服している」との内容だ。
 井上の後任公使として三浦は9月1日に赴任。外出もせずに読経に明け暮れていたという。そして閔妃は10月8日に殺害される。三浦は、国王の父が首謀者で実行犯は日本人を装った朝鮮人だと主張したが、欧米外交団の強い抗議で、日本政府は三浦を解任。さらに関係者を召喚し、広島で裁判にかけたが民間人は三浦を含め全員が証拠不十分で免訴、軍人も無罪となった。一方、現地では朝鮮人3人が死刑になった。(後略)(渡辺延志)

|

« 二〇一二年十月一日 月曜日 「こんにちは。平和資料館・草の家です」。 | トップページ | 二〇一二年十月三日 水曜日 「65歳以上は何もしなくても生活できる収入がほしいですね」。本当にねー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/55807484

この記事へのトラックバック一覧です: 【歴史の自習の時間】 朝鮮の皇后・閔妃殺害事件 日本政府高官の手紙:

« 二〇一二年十月一日 月曜日 「こんにちは。平和資料館・草の家です」。 | トップページ | 二〇一二年十月三日 水曜日 「65歳以上は何もしなくても生活できる収入がほしいですね」。本当にねー。 »