« 高知県南国市の明見(みょうけん)の山の戦争遺跡 入山六回目【写真三枚】。四本のビールビンは戦前につくられたものでした。 | トップページ | 二〇一二年十一月二十一日 水曜日 南国市明見の戦争遺跡余話。高知海軍の隊員で高知市介良にいたNAさんの話 隊員たちが住んでいた明見のMUさん宅のことなど。【写真・民家の壕】 »

2012.11.20

高知県南国市の明見(みょうけん)の戦争遺跡調査 余話。ヤリをかついで明見にやってきた台湾の飛行予科練習生たち。

 二十日午前十時から午後一時まで、高知県南国市の明見(みょうけん)にいた高知海軍航空隊のKIさんにインタビュー(もうしわけないことに昼食までいただきました)。

 KIさんによると、明見の山の北面に向かって右手の兵舎には台湾からの国民学校を卒業したばかりのような飛行予科練習生たち五十人ほどがいたそうです。

 彼らが明見にやってきたときには、国防色の帽子と国防色の七つボタンの制服を着て、右肩にヤリを担いでいたといいます。ヤリは木製の柄に金属製の三角系の切っ先。切っ先には竹のおおいをつけていたといいます。

 KIさんたちは、彼らにアメリカ軍の戦車に爆弾を持って突っ込む訓練をさせたといいます。戦闘壕づくりのためのトロッコを戦車に見立て……。

 夕方、高知短期大学へ。そこで女子学生のHAとおしゃべリ。彼女は、このあいだ、僕が明見で会った当時のことを知っている女性の親せきでした。平和資料館・草の家の女性の役員の一人も、親せきだといいます。高知はせまい。取材のいとぐちができました。

|

« 高知県南国市の明見(みょうけん)の山の戦争遺跡 入山六回目【写真三枚】。四本のビールビンは戦前につくられたものでした。 | トップページ | 二〇一二年十一月二十一日 水曜日 南国市明見の戦争遺跡余話。高知海軍の隊員で高知市介良にいたNAさんの話 隊員たちが住んでいた明見のMUさん宅のことなど。【写真・民家の壕】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56156670

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県南国市の明見(みょうけん)の戦争遺跡調査 余話。ヤリをかついで明見にやってきた台湾の飛行予科練習生たち。:

« 高知県南国市の明見(みょうけん)の山の戦争遺跡 入山六回目【写真三枚】。四本のビールビンは戦前につくられたものでした。 | トップページ | 二〇一二年十一月二十一日 水曜日 南国市明見の戦争遺跡余話。高知海軍の隊員で高知市介良にいたNAさんの話 隊員たちが住んでいた明見のMUさん宅のことなど。【写真・民家の壕】 »