« 石に刻まれた高知の戦争 高知市柳原の「忠霊塔」わきの二つの石碑に書いてあること。日露戦争のものは、あの西森真太郎さんの文章でした。 | トップページ | 二〇一二年十二月二十一日 金曜日 高知県立高知追手前高校の同学年生・前田美枝さんが亡くなりました。「ギイチ君、大丈夫?」の声が……。 »

2012.12.20

二〇一二年十二月二十日 木曜日 きょうも、「ご飯は、ありますが、おかずはありません」状態。

二〇一二年十二月二十日 木曜日 きょうも、「ご飯は、ありますが、おかずはありません」状態。

 晴れ。

  「あるかえ?」と妻に聞きました。

 「ご飯は、ありますが、おかずはありません」

 僕の朝食は、朝食を食べてから四種類の薬をのむという作業があるため、かかすことができません。

 で、うどん屋に走りました。ぜいたくをして計六百余円なり。

 平和資料館・草の家の企画展のための調査で法務局へ。うーん。うまくいかない。

 草の家に行って「草の家だより」の発送作業の末席に。女性ばかり四人でやっていたところに遅れて参入しました。お茶、カキ、ぼたもちを、ごちそうになりました。

 DAさんと近くの忠霊塔を見に行きました。西森真太郎さんの書いた日露戦争の石碑があって「わおーっ」という感じでした。何度も行っているのに見過ごしていました。

 草の家で、MAさんと二人で企画展のための作業。

 ●企画展の、お知らせのビラ

 ●報道機関へのお知らせの文書

 ●企画展のタイトル。

 ●企画展のための絵図の案つくり

 家に帰りましたが、また「食べるものはなし」。くすん。飢えています。

 「お願いごと」をしていた妻が帰り着いて、いろいろ教えてくれました。

 そして、妻は、いまテレビの前……。

 やっぱり、自分で食材を買い込み、自分でつくって食べるというシステムにしないとだめですね。いそがしすぎる外食派の妻に、うっかり頼ってしまうと、僕は餓死してしまいそうです。とほほ……の、ほ。

 妻と僕の勉強部屋は二階です。

 少しの時間二階にいた妻。

 一階に降りると、妻はテレビに魂を奪われていました。妻は人生をおおらかに楽しむ(楽しみたい)タイプです。「せかせか派」の僕とはあいません。三匹のネコたちはクーラーの「熱気」の下で、たゆたっていました。おい、おい……。

 本日の、まともな食事、うどんのみ。

 これからつくるか。といっても、もう夜中なんだけど……。

|

« 石に刻まれた高知の戦争 高知市柳原の「忠霊塔」わきの二つの石碑に書いてあること。日露戦争のものは、あの西森真太郎さんの文章でした。 | トップページ | 二〇一二年十二月二十一日 金曜日 高知県立高知追手前高校の同学年生・前田美枝さんが亡くなりました。「ギイチ君、大丈夫?」の声が……。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本の妻の、これぞ良妻賢母ですね、

貴方の好きな事の熱中には邪魔しません、

家だけは、私、妻がちゃんと守ってます。

これって最高に、亭主関白が出来ますね。

好きな事に時間も忘れ、、、

投稿: 夢太郎 | 2012.12.21 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56359455

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年十二月二十日 木曜日 きょうも、「ご飯は、ありますが、おかずはありません」状態。:

« 石に刻まれた高知の戦争 高知市柳原の「忠霊塔」わきの二つの石碑に書いてあること。日露戦争のものは、あの西森真太郎さんの文章でした。 | トップページ | 二〇一二年十二月二十一日 金曜日 高知県立高知追手前高校の同学年生・前田美枝さんが亡くなりました。「ギイチ君、大丈夫?」の声が……。 »