« 二〇一二年十二月十日 月曜日 うーん、短歌が、短歌が……。 | トップページ | 二〇一二年十二月十二日 水曜日 短歌の選評は原稿用紙で三枚半、しかし……。 »

2012.12.14

二〇一二年十二月十一日 火曜日 「香南市議会で議員が戦争遺跡保存を、市側も前向き」との報。

二〇一二年十二月十一日 火曜日 「香南市議会で議員が戦争遺跡保存を、市側も前向き」との報。

 晴れ。

 ある男性からの電話で、香南市議会で戦争遺跡保存をとの発言があったことを知りました。
 八月と九月の香南市議会で日本共産党の議員、無所属の議員が市内の砲台跡などの戦争遺跡を保存しようと提案し、市側も前向きの答弁をしているということのようです。
 うれしーーっ。

 午後一時から月刊の短歌雑誌一月号の編集実務に参加。この日は計五人で。
 急に、一月号の選評の執筆を引き受けることになりました。
 うーん。
 
 夜は高知短期大学専攻科の授業。
 一時間目に、千島問題のリポートをしました。
 しかし、おおかたの納得は得られなかったようです。
 いつしかテーマは従軍慰安婦の問題に。
 この問題、僕は勉強不足です。

|

« 二〇一二年十二月十日 月曜日 うーん、短歌が、短歌が……。 | トップページ | 二〇一二年十二月十二日 水曜日 短歌の選評は原稿用紙で三枚半、しかし……。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56318492

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一二年十二月十一日 火曜日 「香南市議会で議員が戦争遺跡保存を、市側も前向き」との報。:

« 二〇一二年十二月十日 月曜日 うーん、短歌が、短歌が……。 | トップページ | 二〇一二年十二月十二日 水曜日 短歌の選評は原稿用紙で三枚半、しかし……。 »