« 二〇一三年一月四日 金曜日 高天ケ原山(高知市、南国市)の高天ヶ原古墳群に行く途中の左手の斜面の二つの「サークル」。    | トップページ | 二〇一三年一月五日 土曜日 高天ケ原山の戦争遺跡の価値を認めていただいて感激。 »

2013.01.04

二〇一三年一月四日 つづき やっぱり、これ。百四十八ミリ×二百十ミリの大きさで百枚のノート。

二〇一三年一月四日 つづき やっぱり、これ。百四十八ミリ×二百十ミリの大きさで百枚のノート。

 夕方、高知市葛島のグランフジの二階のキタムラに写真の焼きだしにいったついでに、その階の本屋に寄りました。

 ところが、本屋がなくなって文房具屋になっていました。

 うーんと思いつつも「今年のノート」を探しました。

 やっぱり、ぴったりなのは一種類だけでした。

 百四十八ミリ×二百十ミリの大きさで百枚あるものです。

 十冊買いました。

 「2013 ①」という感じで、どの分野のことも一冊に書いていこうと思っています。

 ところで、妻と話していたら、そこの一階にブックオフが進出しているそうです。

 この街区、目まぐるしく変わっています。

|

« 二〇一三年一月四日 金曜日 高天ケ原山(高知市、南国市)の高天ヶ原古墳群に行く途中の左手の斜面の二つの「サークル」。    | トップページ | 二〇一三年一月五日 土曜日 高天ケ原山の戦争遺跡の価値を認めていただいて感激。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56468348

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一三年一月四日 つづき やっぱり、これ。百四十八ミリ×二百十ミリの大きさで百枚のノート。:

« 二〇一三年一月四日 金曜日 高天ケ原山(高知市、南国市)の高天ヶ原古墳群に行く途中の左手の斜面の二つの「サークル」。    | トップページ | 二〇一三年一月五日 土曜日 高天ケ原山の戦争遺跡の価値を認めていただいて感激。 »