« 【ニュース】 あの藤原尋子さん(旧姓・矢野)のブログ「ヒロちゃんと3匹のネコ」ができました。高知、広島、高知、東京で住まい、いまは高知で定住しています。 | トップページ | 二〇一三年一月二十八日 月曜日 戦前の平和のための運動にかかわる資料。 »

2013.01.28

高知海軍航空隊明見派遣隊の航空兵だった大石巖さんのこと。山腹で伐採作業を指揮監督中の事故で……。十九歳の戦病死。

 高知海軍航空隊明見派遣隊の航空兵だった大石巖さんのことをメモしておきたいと思います。
 出典は、広井一夫『甲飛十三期生 大石巖の生涯』(一九八九年)です。筆者は巖さんの実の兄。戦後、高知市の、わが妻の実家の隣に住んでいましたが亡くなっています。

 ● 一九二七年四月二十二日午前六時生まれ。高知市廿代筋七百十三番地(いまは廿代町三番二十四号)で指物師を営む大石秋仲、貞猪の五子、三男。
 ● 一九三四年四月、高知市立第二尋常小学校(跡地の一画・高知病院)に入学。
 ● 一九四〇年三月二十三日、高知市立第二尋常小学校を卒業。
 ● 同年四月、高知市立男子高等小学校に入学。
 ● 一九四一年四月、高知県立高知工業学校土木科に入学。当時の同校は、いまの永国寺の高知県立大学の所。
 ● 一九四三年四月、三年生に進級。
 ● 同年、甲種飛行予科練習生に応募。一次試験は高知、二次試験は鹿児島で。
 ● 同年、甲種飛行予科練習生に合格。
 ● 同年十二月一日、松山海軍航空隊に入隊。第三十二分隊第七班。
 ● その後、二十六分隊を経て、四十一分隊へ。
 ● 一九四四年七月十三日付の高知新聞に高知地方海軍人事部長・伴大佐の対談記事が掲載されました。
 ● 同年九月一日、高知海軍航空隊(偵察教程練習航空団)へ転属。第二十二分隊第四班。
 ● 一九四五年五月十日、陣地構築用の木材切り出しに隊員三十人を引率し、高知県長岡郡久礼田村植田ムカゼ峰に行っていた大石巖二等飛行兵曹は、山腹で伐採作業を指揮監督中、切り倒された松材が一気に急斜面を落下してくるのを認め、直面する部下を突き飛ばし救助した瞬間、その木口が左大腿部に激突、気絶状態に陥りました。
 ● 同年五睦月二十七日、第四十回目の海軍記念日にあたり、明見(いまの高知県南国市明見)の神社で相撲大会と演芸会が開催されました。東方大関の大石巖二等飛行兵曹も相撲大会に出場、一勝しました。「誰っちゃあに負きゃせんがじゃんけど、足が痛うて大腰が掛けれざった」。
 ● 隊付軍医少佐の指示にしたがい民家に滞在して養生していましたが、患部の腫れが増してきました。
 ● 終戦後の一九四五年八月二十一日、海軍病院に指定されていた高知赤十字病院に転送。
 ● 一九四六年四月十二日午後四時二十二分、死去。享年十九歳。戦病死。

|

« 【ニュース】 あの藤原尋子さん(旧姓・矢野)のブログ「ヒロちゃんと3匹のネコ」ができました。高知、広島、高知、東京で住まい、いまは高知で定住しています。 | トップページ | 二〇一三年一月二十八日 月曜日 戦前の平和のための運動にかかわる資料。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56648770

この記事へのトラックバック一覧です: 高知海軍航空隊明見派遣隊の航空兵だった大石巖さんのこと。山腹で伐採作業を指揮監督中の事故で……。十九歳の戦病死。:

« 【ニュース】 あの藤原尋子さん(旧姓・矢野)のブログ「ヒロちゃんと3匹のネコ」ができました。高知、広島、高知、東京で住まい、いまは高知で定住しています。 | トップページ | 二〇一三年一月二十八日 月曜日 戦前の平和のための運動にかかわる資料。 »