« 二〇一三年一月二十日 日曜日 窓辺からじっと外見る冬のネコ 哲学してるの「ひやい(つめたい)」だけなの | トップページ | 二〇一三年一月二十一日 月曜日 乙種飛行予科練習生二十一期の人のお話。 »

2013.01.22

【ニュース】 終末期の医療についての発言 麻生太郎副総理兼財務大臣=いいかげん死にたいと思っても「生きられますから」と生かされたらかなわない。しかも政府の金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとかいろいろ考えないと、この種の話は解決しない。

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2101P_R20C13A1PP8000/

 麻生氏「私はさっさと死ねるように」 終末医療で発言
 2013/1/21 19:30

 麻生太郎副総理兼財務相は21日の社会保障制度改革国民会議で、終末期医療について「私は少なくともそういう必要はないと遺書を書いているが、いいかげんに死にたいと思っても『生きられますから』と生かされたらかなわない。さっさと死ねるようにしてもらわないと」などと語った。
 「政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うとますます寝覚めが悪い」とも述べた。(中略)

 ■麻生氏の発言要旨 (終末期の高額医療について)私は少なくとも遺書を書いて、そういうことをしてもらう必要ない、さっさと死ぬからと書いて渡しているが、そういうことができないと死ねない。死にたいときに死なせてもらわないと困ってしまう。
 いいかげん死にたいと思っても「生きられますから」と生かされたらかなわない。しかも政府の金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとかいろいろ考えないと、この種の話は解決しない。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130121/k10014949511000.html

 麻生氏 終末期医療巡る発言で釈明
 1月21日 18時12分 K10049495111_1301211821_1301211833.mp4

 21日に開かれた「社会保障制度改革国民会議」で、麻生副総理兼財務大臣が終末期の医療について、「『生きられるから』といって生かされちゃかなわない。それを政府のお金でやってもらうと思ったら、ますます寝覚めが悪い」などと述べました。(中略)
 「社会保障制度改革国民会議」で、最後に発言を求められた麻生副総理兼財務大臣は、終末期の医療について言及し、「私は遺書に『さっさと死ぬからその必要はない』と書いてあるが、そういうことをしておかないと死ぬことができない。『いい加減、死にたいな』と思っても、とにかく『生きられるから』といって生かされちゃかなわない」と述べました。
 そして、「それを政府のお金でやってもらうと思ったら、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとか、いろいろ考えないと、この種の話は解決しない」と述べました。(後略)

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130121/trd13012113100011-n1.htm

 麻生副総理「さっさと死ねるように」 高齢者高額医療で発言
 2013.1.21 13:08 [社会保障]

 麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。(後略)

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130121-OYT1T01077.htm

 さっさと死ねるよう…麻生氏、終末医療巡り発言

 麻生副総理は21日、首相官邸で開かれた社会保障制度改革国民会議で、終末期医療の患者を「チューブの人間」と表現し、「私はそういう必要はない、さっさと死ぬんだからと(遺書を)書いて渡してある」と語った。
 その上で、「死にたいなと思って、生かされるのはかなわない。政府の金で(延命治療を)やってもらうなんてますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと解決しない」と述べた。(後略)

(2013年1月22日07時31分  読売新聞)

 社会保障制度改革国民会議での、公式の場での発言です。自民党、公明党の安倍内閣の本質を示す発言だと受け取りました。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-22/2013012202_01_1.html

 

 2013年1月22日(火)

 風邪薬を保険から外す 介護利用料引き上げ… 社会保障の歳出削減策 財政審分科会 さらなる改悪要求

|

« 二〇一三年一月二十日 日曜日 窓辺からじっと外見る冬のネコ 哲学してるの「ひやい(つめたい)」だけなの | トップページ | 二〇一三年一月二十一日 月曜日 乙種飛行予科練習生二十一期の人のお話。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

確かに言い方は誤解を招くかもしれないが、彼の言ってることはしごくまっとうなことだと思う。彼のように誤解を恐れず物事の本質を伝えるのが政治家の役目。それが今ではすぐ言葉尻を捕まえてすぐ問責だとか何とかいう政治化のほうが問題だ。

投稿: 吉田きみ | 2013.01.22 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56598140

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 終末期の医療についての発言 麻生太郎副総理兼財務大臣=いいかげん死にたいと思っても「生きられますから」と生かされたらかなわない。しかも政府の金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとかいろいろ考えないと、この種の話は解決しない。:

« 二〇一三年一月二十日 日曜日 窓辺からじっと外見る冬のネコ 哲学してるの「ひやい(つめたい)」だけなの | トップページ | 二〇一三年一月二十一日 月曜日 乙種飛行予科練習生二十一期の人のお話。 »