« 二〇一三年二月十一日 月曜日 土佐清水市の女城(めじろ)神社むかって左の大日本帝国陸軍特設警備隊の監視哨(かんししょう)跡。 | トップページ | 【短歌】 五千四百人の餓死兵 »

2013.02.11

二〇一三年二月九日 土曜日 「女郷土史家になりたい」。

二〇一三年二月九日 土曜日 「女郷土史家になりたい」。

 晴れ。

 夜間の二年制大学存続の運動の打ちあわせに参加。

 古本屋へ。

 平和資料館・草の家へ。

 高知短期大学の経済学クラブの新年会に参加。
 三十数人来ていました。うち先生も三人。
 参加していた、こんど卒業する女性は「女郷土史家になりたい」とのこと。
 おっ、すごい。
 DOさんに車で送っていただきました。

|

« 二〇一三年二月十一日 月曜日 土佐清水市の女城(めじろ)神社むかって左の大日本帝国陸軍特設警備隊の監視哨(かんししょう)跡。 | トップページ | 【短歌】 五千四百人の餓死兵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56746901

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一三年二月九日 土曜日 「女郷土史家になりたい」。:

« 二〇一三年二月十一日 月曜日 土佐清水市の女城(めじろ)神社むかって左の大日本帝国陸軍特設警備隊の監視哨(かんししょう)跡。 | トップページ | 【短歌】 五千四百人の餓死兵 »