« 二〇一三年二月一日 金曜日 高知短期大学専攻科の「特別研究」の論文書き。一日目。 | トップページ | 【ニュース】 日本共産党・志位委員長代表質問 日本軍「慰安婦」問題  “文書がないから強制ない” 成り立たない議論 安倍首相否定できず »

2013.02.02

【ニュース】 安倍首相 “改憲まずは96条” 発議要件緩和 国会で明言。

 http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-02-01_44718

 沖縄タイムス 2013年2月1日 09時40分

 社説[首相改憲表明]「まず96条」は危うい

 安倍晋三首相が[1月]30日の衆院本会議で、憲法96条の改正に取り組むと明言した。現職の首相が、国会答弁で具体的に改憲を口にするのは極めて異例だ。衆院事務局も「これだけ明確な改憲の意思表示」は初耳だという。
 改憲表明は維新の会の代表質問に答える形で飛び出した。「96条改正が憲法改正の要だと言われているが…」と維新の平沼赳夫氏が質問、安倍首相は「まずは多くの党派が主張する憲法96条の改正に取り組む」と応じている。
 まるで96条改正ありきの質疑応答で、国会に改憲案を出せる賛成議員数を衆参各3分2以上から過半数にするのが狙いだ。「改憲」「創憲」「加憲」と党派で異なる議論の中身よりも、手続きを先に改め、改憲の環境を整える考である。(中略)
 平沼氏との質疑応答で安倍首相は、集団的自衛権の行使について積極的に検討する考えも示している。改憲の流れの先に軍備へ偏重した動きも想定され、強い危機感を覚えざるを得ない。(後略)

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-01/2013020101_04_1.html

 しんぶん赤旗 2013年2月1日(金)

 首相 “改憲まずは96条” 発議要件緩和 国会で明言

 安倍晋三首相は[1月]31日の参院本会議で、改憲について「まずは憲法第96条の改正に取り組んでいく」と述べ、発議要件の緩和を突破口にして改憲に突き進む考えを、30日の衆院本会議に続いて、表明しました。自民党の中曽根弘文参院議員会長への答弁。
 首相は、9条改悪や国防軍設置などを盛り込んだ自民党の改憲草案について問われ、「21世紀にふさわしい、あるべき憲法の姿を示したもの」と強調しました。
 首相は、第1次安倍内閣時の所信表明では、改憲について「国民の期待に応える議論を希望する」(2007年9月10日)と述べるにとどまっていました。(後略)

|

« 二〇一三年二月一日 金曜日 高知短期大学専攻科の「特別研究」の論文書き。一日目。 | トップページ | 【ニュース】 日本共産党・志位委員長代表質問 日本軍「慰安婦」問題  “文書がないから強制ない” 成り立たない議論 安倍首相否定できず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56676785

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 安倍首相 “改憲まずは96条” 発議要件緩和 国会で明言。:

« 二〇一三年二月一日 金曜日 高知短期大学専攻科の「特別研究」の論文書き。一日目。 | トップページ | 【ニュース】 日本共産党・志位委員長代表質問 日本軍「慰安婦」問題  “文書がないから強制ない” 成り立たない議論 安倍首相否定できず »