« 二〇一三年三月四日 月曜日 平和資料館・草の家の図書室の本の整理。 | トップページ | 【ニュース】 「高知県立のいち動物公園わきの日本軍陣地跡を3月11日(月)に調査します。ご参加を」。平和資料館・草の家が呼びかけ。 »

2013.03.05

二〇一三年三月五日 高知県立のいち動物公園わきに日本軍陣地跡。オオーッ! トーチカも。

二〇一三年三月五日 高知県立のいち動物公園わきに日本軍陣地跡。オオーッ! トーチカも。

 晴れ。

 この間知り合ったイノシシやシカの猟師さん、彼の知り合いの地元の男性の案内で日本軍の交通壕が残っているという所へ向かいました。息子の年齢の男性の看護師・FUさんと二人です。

 現場に行ってびっくりしました。
 それは、高知県立のいち動物公園わきでした。
 その陣地は、山の斜面にありました。
 のいち動物公園から数十メートルのトンネルがのびています(トンネルは、山を貫通していることは確認しましたが、途中で崩れています。また、水がたまっている所があります)。
 それを抜けると行方は二方向に分かれていす。
 一方は、別のトンネルを抜けてコンクリート製のトーチカ(内部から機銃などで攻撃する施設)へ向かいます。トーチカの銃眼は斜め下に向いています。銃眼の上に円形の掘りこみ、四角の掘りこみが二つずつあるものです。

  https://twitter.com/bqv01222/status/308909579486523392/photo/1

 もう一方は、兵士が行き来できるように掘り下げた道・交通壕に向かいます。これは数百メートル以上あるもので、ふもとに向かっています。トーチカなどに弾丸を運ぶためのものでしょうか。

 この陣地の周辺、山道のわきに、あとひとつトーチカがありました。

 いち動物公園側も調査させていたただきました。こちらにも交通壕が縦横に走っていました。

 それにしてもFUさんは、すごい。俊敏に、走るように山の斜面を行き来し、がけを登り下りします。

 「藤原さん、大丈夫ですか?」。こういわれるたびに、「大丈夫です」と力んで登っていく僕はエライ(体が動きにくくてつらいという意味です。なにせ百七十センチで、八十五キロです)。

 ところで、この陣地は、アジア太平洋戦争のときのアメリカ軍との本土決戦の準備のためのものだと思われます。

 調査は朝九時ころから午後二時半ころまで。

 帰りに、のいち図書館、高知県立図書館で調べた文献によると、この地域には、一九四五年春から第五十五軍第百五十五師団歩兵四百四十九連隊が駐屯していたことになっています。

 家に帰ってから、案内してくれた地元の男性に電話したら、「私の家の近くに、もう一つトーチカがありました」。

 四月からの大学院の入学式などの行事日程がメールで届きました。よーーっし、がんばって勉強しなくては。 

|

« 二〇一三年三月四日 月曜日 平和資料館・草の家の図書室の本の整理。 | トップページ | 【ニュース】 「高知県立のいち動物公園わきの日本軍陣地跡を3月11日(月)に調査します。ご参加を」。平和資料館・草の家が呼びかけ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56894443

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一三年三月五日 高知県立のいち動物公園わきに日本軍陣地跡。オオーッ! トーチカも。:

« 二〇一三年三月四日 月曜日 平和資料館・草の家の図書室の本の整理。 | トップページ | 【ニュース】 「高知県立のいち動物公園わきの日本軍陣地跡を3月11日(月)に調査します。ご参加を」。平和資料館・草の家が呼びかけ。 »