« 【ニュース】高知県香南市夜須町の槇カ谷の砲台の建設当時のことを知っている人がいました。 | トップページ | 二〇一三年三月十八日 月曜日 「背中に模擬爆弾を背負った兵隊が竹でつくった戦車の下にほふく前進でもぐりこむ訓練をしていた」。 »

2013.03.17

【ニュース】高知県の龍河洞は三人の歩哨にさえぎられ…(一九四五年のことです)。

 きょうの高知県立図書館での資料調べの成果のひとつは高知県香美市の龍河洞にいた軍隊のことについての記事を見つけたことです。

 高知新聞、一九四七年六月二十一日付の「名所今昔物語④ 龍河洞」です。
 「[香美郡佐古村竜河洞は]終戦の年師団司令部を保存会事務所に置いてからは三人の歩哨にさえぎられ観覧者は皆無となり、また近隣の山から竹、ヒノキがでたらめに伐られて洞前に兵舎がならび、洞そのものは村民の防空壕化したのである」

 同図書館にある逆川部落史編集委員会『部落史 逆川』(逆川部落。一九八七年十二月)にも、その様子が書かれています。
 「昭和20年[1945年] 戦局不利となり当部落にも一箇師団が駐屯し、保存会事務所も師団司令部に徴用され、軍人以外の入洞は殆[ほとん]どなかった。……」
 同年度の「部落活動の記録」では六月二十二日、分教場で国民義勇隊を結成したとの記述があります。義勇隊長は原主計さん。
 また、八月四日には「海岸地非常措置、地上部隊砲撃実施スルニ付注意スル様報告ヲナス」の記述もあります。

 これも同図書館にある『米軍上陸迎撃のための陸軍部隊配置要図 元第五十五軍第百五十五師団歩兵四百五十二聯隊(護土第六部隊)長山本孝男氏書』の「高知地区(55A主力)配置要図」のわきには「師団司令部が龍河洞付近にあった時の図」と書き込まれています。
 師団司令部というのは大日本帝国第五十五軍第百五十五師団(護土)司令部のことでしょうか。

 高知県の山北にいた「丸亀中部一四九部隊護土二二七六部隊浅野隊本部幹部候補生隊」の兵隊が龍河洞の軍隊に伝令に行ったという話を聞いたことがあります。

 【百五十五師団】
 創設は一九四五年二月二十八日。
 歩兵師団。人員約一万人。
 編成地・善通寺。
 最終位置=高知県香美郡・安芸郡。
 歴代師団長、岩永汪中将。
 最終所属部隊
 歩兵第449連隊(丸亀):青山熊吉大佐
 歩兵第450連隊(徳島):下村肇大佐
 歩兵第451連隊(高知):森田豊秋大佐
 歩兵第452連隊(丸亀):山本孝男中佐
 第155師団速射砲隊
 第155師団砲兵隊
 第155師団輜重隊
 第155師団通信隊
 第155師団兵器勤務隊

 この司令部のことかどうか不明ですが、いま香美市土佐山田町逆川の龍河洞の駐車場の所に楷第六四八二部隊の石碑龍河洞の石碑があります。本土決戦の時期に、ここに駐屯していた部隊の碑です。
 以下、刻まれている内容を紹介します。

 土佐の国は雄々しきくに
 垂乳根(たらちね)の心深き処なり
 詔(みことのり)承(う)けし日の思ひ語り継
 ぐべき術(すべ)のあらむや
 遠き海鳴りは健依別(たけよりわけ)の呻
 きと聴きし
 秋葉の山竝(やまなみ)は白日のもと不徳
 かなしきは武士の道
 かそけくぞ活きむ

   昭和□年二月十五日
   楷第六四八二部隊長内
          壱百九拾五名

 楷第六四八二部隊   部隊 々長  長宗我部 勝

    香川出    三七
    徳島出    四八
    高知出    二七     
    愛媛出    六五
    兵庫出    一八
        計一九五名

       協賛龍河洞保存会
       会長 岡村隆夫

 発企人  佐藤 新平  上田 照馬  井関 一之  西岡 一樹 西岡 常雄  岡林 貞夫  福留 義信  舛谷 豊
 世話人   千頭 寅安  青木輝夫   今岡 与平  新谷 敦夫  大畑 元吉  石本 恒美  浜川 年信  筒井 庄一 山崎  耕作   相原 政夫   二神   満   清水  聖   松井 龍一 村上  輝雄    青木 絹一   倉岡栄太郎   福島 俊雄  岡崎 信快

|

« 【ニュース】高知県香南市夜須町の槇カ谷の砲台の建設当時のことを知っている人がいました。 | トップページ | 二〇一三年三月十八日 月曜日 「背中に模擬爆弾を背負った兵隊が竹でつくった戦車の下にほふく前進でもぐりこむ訓練をしていた」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

大正14年1月5日生まれ。昭和20年1月4日岡山48部隊森下隊入営。暦年齢の数え方によれば、生年月日の前日をもって満とすとあり、奇しくも満20歳で兵役の義務に服した。学友西田安雄君も同じ隊の同じ内務班である。3ヶ月の教育を受け、転属となることになった。中隊長に2人で同じ所へ転属を乞い願いが叶った。南方か大陸がと疑心暗鬼していたが、四国善通寺を経て丸亀で高知と決まった。連隊本部は龍河洞であった。転属先は高知の後免だ。毎日肉弾一勇士の訓練である。先ず「たこ壷」堀りである。
 飯あげは龍河洞まで行った様に思う。腹を減らして「山桃」の大きいのをよく食った。
一応甲種候補生となっていて、それでもやっと兵長で8月24日に岡山の故郷に生きて帰った。庭で裸にされDDPをふりかけられた。後
風呂に入った。同じ学友が同じ内務班で同じ転属先で同じ日に復員したし同じく復学というのも珍しいことと後思う。
 このブログに辿り着き色々なことが判明したのは嬉しい。一度は高知後免を訪ねたが起居先などはわからない。高知県庁にも行き色々と調べたがわからぬ事が多い。畏友はもう鬼会である。以って冥すべし。呵呵!

投稿: 原田康正 | 2013.08.04 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/56978304

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】高知県の龍河洞は三人の歩哨にさえぎられ…(一九四五年のことです)。:

« 【ニュース】高知県香南市夜須町の槇カ谷の砲台の建設当時のことを知っている人がいました。 | トップページ | 二〇一三年三月十八日 月曜日 「背中に模擬爆弾を背負った兵隊が竹でつくった戦車の下にほふく前進でもぐりこむ訓練をしていた」。 »