« 【短歌】 新しい年度の始まり 藤原 義一 | トップページ | 二〇一三年四月十一日 木曜日 住吉の震洋隊についての文献。 »

2013.04.11

二〇一三年四月十日 水曜日 香南市の三宝山の長い交通壕。

二〇一三年四月十日 水曜日 香南市の三宝山の長い交通壕。

 曇り。

 四時間しか眠っていません。やはり調子がでません。

 午前九時から正午まで、FUさんと香南市の三宝山へ。

 ロープのついている岩がありました。FUさんは、するすると登りました。「僕は無理……」。しかし、FUさんの励ましでやっと登りきりました。

 タコツボのようなもの、砲をおいたような壕の跡、交通壕のついて壕の跡……。この地域も陣地だったようです。

 下りは幅一メートル以内の山道を下りました。

 途中から交通壕になります。私の背丈ほども掘り込んだものです。これがふもとまでずっと続いていました。

  https://twitter.com/bqv01222/status/322175768794918914/photo/1

 行き止まりになった所の石垣をよじ登ると、作業場があり男性が二人いました。

 「ここはどこですか?」

 「○○寺の境内だよ」

 近くに「防空壕」や終戦の時、兵隊が銃をたくさん埋めたという場所もあると教えてくれました。

 

 高知県立図書館にいって資料探し。

 いくつかの成果がありました。

 夜は短歌関係の原稿を二本書き上げました。

 あした見直して提出することとしましょう。

|

« 【短歌】 新しい年度の始まり 藤原 義一 | トップページ | 二〇一三年四月十一日 木曜日 住吉の震洋隊についての文献。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57149719

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一三年四月十日 水曜日 香南市の三宝山の長い交通壕。:

« 【短歌】 新しい年度の始まり 藤原 義一 | トップページ | 二〇一三年四月十一日 木曜日 住吉の震洋隊についての文献。 »