« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二○二〇一三年五月十九日 日曜日 起きたら無事でした。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】二〇一三年五月二十一日 火曜日 「歩いても よくなりました」。 »

2013.05.30

【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十日 月曜日 「薬が効いていないので変えます」。

【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十日 月曜日 「薬が効いていないので変えます」。

 晴れ。

 午前五時四十五分、起床。

 連続で 七時間も 寝れました  やまいの床での 一つの前進

 これまでは二、三時間ごとに目が覚めていました。

 抗凝固剤のバーファリンを飲んでいました。朝食後。二くらいの値にならないといけませんが、しばらくは一くらいでした。
 今回の入院時に検査したら〇・九でした。
 本日、医師が来て、こういいました。
 「入院後も、バーファリンを続けていましたが、値は一ほどで効いていません。抗凝固剤には新しいものではプラザキサとイグザレルトがあります。これらはナットウを食べてもいいものです。今晩からプラザキサに変えます。これは朝二錠、夜二錠です」

 妻が来ました。
 大阪市の息子が来ました。
 大阪の息子に電話したのが午前十一時。やってきたのが暗くなる前。

 Iさんが来てくれました。

|

« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二○二〇一三年五月十九日 日曜日 起きたら無事でした。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】二〇一三年五月二十一日 火曜日 「歩いても よくなりました」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57490869

この記事へのトラックバック一覧です: 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十日 月曜日 「薬が効いていないので変えます」。:

« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二○二〇一三年五月十九日 日曜日 起きたら無事でした。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】二〇一三年五月二十一日 火曜日 「歩いても よくなりました」。 »