« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十八日 妻に手紙を代筆してもらいました。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌 最終回】 二〇一三年五月三十日 木曜日 退院しました。しかし、……。 »

2013.05.30

【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十九日 小学校時代の台風のこと。

【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十九日 小学校時代の台風のこと。

 雨。

 最近の政治文書を、ようやく読み終えました。
 インターネットでは聴いていたのですが、やっぱり活字のほうが理解できます。

 妻が来てくれました。
 TAさんが来てくれました。
 回復したら南国市の、ある遺跡を調査してほしいとのことでした。
 MA夫妻が、自著(二人の自分史)を持ってきてくれました。
 奥さんは、小中学校で僕と二年下。
 この本を読んで小学校時代の台風のことを思い出しました。

 イギリスの小説『嵐が丘』を読みはじめました。

|

« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十八日 妻に手紙を代筆してもらいました。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌 最終回】 二〇一三年五月三十日 木曜日 退院しました。しかし、……。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57491519

この記事へのトラックバック一覧です: 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十九日 小学校時代の台風のこと。 :

« 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌】 二〇一三年五月二十八日 妻に手紙を代筆してもらいました。 | トップページ | 【右の手足がうごかん、言葉が出ん闘病日誌 最終回】 二〇一三年五月三十日 木曜日 退院しました。しかし、……。 »