« 二〇一三年六月十一日 火曜日  | トップページ | 【こんな論文がありました】 The Japanese communist party: Organization and resilience in the midst of adversity false Er, Lam Peng. Pacific Affairs69. 3 (Fall 1996): 361. »

2013.06.13

 二〇一二年六月十二日 水曜日 「昼寝屋」さん。

 二〇一二年六月十二日 水曜日  「昼寝屋」さん。

 晴れ。

 朝七時、はいてしまいました。
 原因不明。
 一日、飲み物だけで過ごしました。
 午後になって市の中心部へ。
 枡形の公園のベンチに寝転んで空を仰いで少し寝ました。
 どこかに「昼寝屋」さんでもできないことがと思いました。
 ベッドがずらーっと並んでいて、天井はガラス張り、くたびれて昼寝をしたい人が集まってきて十五分、三十分と、そのベッドで昼寝をして帰っていくみたいな。
 城西公園に行くとヤマモモが実っていました。
 しかし、とる人もないようでぼとぼと落ちています。
 「ヤマモモがり 高知の公園ツアー」というイベントでもできないものかと思いました。
 午後五時半から青年のインタビューにこたえました。
 帰り着いたら、ベッドへ。
 気がついたら夜中の一時でした。
 なかなか調子がもどりません。歩く時も「こんちきしょう、こんちきしょう」といいながらの日々です。

|

« 二〇一三年六月十一日 火曜日  | トップページ | 【こんな論文がありました】 The Japanese communist party: Organization and resilience in the midst of adversity false Er, Lam Peng. Pacific Affairs69. 3 (Fall 1996): 361. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57581312

この記事へのトラックバック一覧です:  二〇一二年六月十二日 水曜日 「昼寝屋」さん。:

« 二〇一三年六月十一日 火曜日  | トップページ | 【こんな論文がありました】 The Japanese communist party: Organization and resilience in the midst of adversity false Er, Lam Peng. Pacific Affairs69. 3 (Fall 1996): 361. »