« 【反戦詩】上野荘夫の「戦争へ!」。 | トップページ | 【反戦詩】上野荘夫の「兵士の歌」。 »

2013.06.27

【反戦詩】上野荘夫の「一兵卒の俺を」。

  上野荘夫は「一兵卒の俺を」という詩を書いています(一九二九年一月三十日発行の『新興文学全集 第十巻 日本編X』、平凡社)。「射撃を拒否した」「下士の命令に従はなかつた」戦友を撃ち、そして、「子供の血で、女の血で、年寄の血で、仲間の血で、血だらけ」になった侵略軍の兵士の苦悩を伝えました。

 みんな、撲りつけてくれ!
 この泣きつ面の恥知らずのでくのぼうを!
 みんな、嘲笑つてくれ!
 この人殺しの酒呑みの女好きの莫迦野郎を!

 おれはみんなの様な労働者だつたんだ
 おれはみんなの様な若い元気な百姓だつたんだ
 そいつが
 みんな、見てくれ!
 おれは手と足と頭に武装された一兵卒だ
 おれは手と足と頭を×られたでくのぼうなんだ

 おれは仲間の胸を×ち抜いた
 あいつは射撃を拒否したのだ
 あいつは下士の命令に従はなかつた
 あいつは戦争を嘲笑した
 そしておれを憐れむやうに見つめやがつた
 ところでおれはあいつの鼻を×り、眼球を××××、手足を××××たんだ

 おれは畑の中で鉄砲をうつた
 おれは塹壕の中で鉄砲をうつた
 おれは白昼、誰かの家に押し入つて女房を×めた
 おれは白昼、誰かの家に這入りこんで子供の首を×めた
 ――そいつを奴等が要求したんだ
 ――そいつを奴等が命令したんだ

 見てくれ、みんな!
 おれの手は血だらけだ
 子供の血で、女の血で、年寄の血で、仲間の血で、血だらけだ
 見てくれ、兄弟!
 おれはおれの手で仲間を殺しちまつたんだ

 みんな、撲りつけてくれ!
 この人殺しで裏切り者のぬすつと面をしたでくのぼうを!
 兄弟、ぶち殺してくれ
 奴等の手先で機械で犬畜生の一兵卒を!
 この頭のてつぺんから足の先まで武装されたおれを!
 この泣きつ面をした太々しい臆病の腰抜けを!

|

« 【反戦詩】上野荘夫の「戦争へ!」。 | トップページ | 【反戦詩】上野荘夫の「兵士の歌」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57672423

この記事へのトラックバック一覧です: 【反戦詩】上野荘夫の「一兵卒の俺を」。:

« 【反戦詩】上野荘夫の「戦争へ!」。 | トップページ | 【反戦詩】上野荘夫の「兵士の歌」。 »