« 【ニュース】 橋下・維新さんは、日本国中をアメリカ軍のオスプレイの訓練場に差し出すことを提案しているようですね。 | トップページ | 二〇一三年六月八日 土曜日 DVDで映画「ジェーン・エア」を見ました。 »

2013.06.08

見舞っていただいたHAさんへ。ありがとうございました。

 入院中は、お見舞いいただきありがとうございました。

 ごおいさつがおくれましたが、五月三十日夕、退院いたしました。

 おかげさまで後遺症ありません。

 しかし、五月十四日夕から、ずーっとベットのうえでの暮らしでしたので足腰が弱くなっています。

 いま平常の生活をしながら、もっとシャカシャカ動けるようにと訓練をしています。

 院にも通い始めました。

 課題リポートがたまっていましたので、仲間に助けてもらって一つひとつ仕上げていっています。

 なお、退院の翌日から別の病院に通っています。再発を防ぐための根本的な治療をするためです。

 しばらく、用心しながら暮らすことになりそうです。

 六十歳で退職してから「休日なし」で、ずーっと突っ走ってきましたが、そうもいかない年齢になっていたことに、いまさらながら気づきました。

 おたがいに、体をきたえ、いたわりながら前へ進んでいきたいものです。

 【追伸 以下、今回の件から学んだことです。】

 最初の兆候は正午過ぎにありました。歩いていたらふわふわ宇宙遊泳をしているような感じがしました。「ちょっと変だな」と思いましたが、でやりすごしました。

 二回目の兆候は英作文をしていたときです。やさしい単語のスペルが出てきません。「勉強不足だからなあ……」。

 三回目の兆候もありました。メモをしながら話を聞いているうちにボールペンをポトッと落してしまいました。それも二回も。それでも対処しませんでした。

 午後五時ころになりました。机に向かって発表を聴いていたら、「なんか、このままでいたら倒れそうだ」という感じが襲ってきました。手をあげて「中座させてください」と言おうと思ったら、口がきけなくなっていました。右足、右手もしびれていて立ち上がることもできません。身振りで「救急車を」。まわりのかたが呼んでくれました。

 救急車のなかでも「名前は」「住所は」に、こたえることができませんでした。右手はダラッとベッドからはみ出ていました。病院に着いたのは五時半ころ。六時ころ、ベッドのうえで話ができるようになりました。

 見舞いに来てくれた男性の看護師さんがいいました。「まわりに人がいてよかった。独りで家にいて半日も気づかれなかったら死んでいましたね」。

 最初の兆候があったときにチャンと対処していたら、もっと軽くてすんだのに……。

|

« 【ニュース】 橋下・維新さんは、日本国中をアメリカ軍のオスプレイの訓練場に差し出すことを提案しているようですね。 | トップページ | 二〇一三年六月八日 土曜日 DVDで映画「ジェーン・エア」を見ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57545118

この記事へのトラックバック一覧です: 見舞っていただいたHAさんへ。ありがとうございました。:

« 【ニュース】 橋下・維新さんは、日本国中をアメリカ軍のオスプレイの訓練場に差し出すことを提案しているようですね。 | トップページ | 二〇一三年六月八日 土曜日 DVDで映画「ジェーン・エア」を見ました。 »