« 【反戦詩】 荒石桓夫はが「夜の明けぬうちに」が描いた反戦のビラを刷っている姿。 | トップページ | 【反戦詩】 槇村浩の「出征」。『詩・パンフレット第一輯 赤い銃火』の巻頭詩。 »

2013.06.23

【ニュース】 生活保護改悪 民・み・維・生 自公の暴走後押し しんぶん赤旗が指摘。

  しんぶん赤旗 2013年6月22日(土)

 生活保護改悪 民・み・維・生 自公の暴走後押し

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-22/2013062202_01_1.html

 生活保護の基準引き下げに続き、申請者を窓口で追い返す「水際作戦」の合法化まで強行しようと狙う安倍・自公政権。自公両党の責任はもちろん、自公政権の暴走を後押しする民主、みんな、維新、生活の各党の責任が厳しく問われます。

 民主 基準引き下げ 未就労者に罰
 原型つくる

 民主党は2009年の総選挙では「生活保護制度の充実」を掲げ、政権交代を果たしました。ところが野党の自民党が生活保護バッシングを始めると、公約を投げ捨てて改悪のレールを敷きました。
 自民党の生活保護基準10%引き下げ要求(12年)に対し、野田佳彦首相(当時)は「建設的なご意見。基本的に問題意識は同じ」と呼応。小宮山洋子厚労相(当時)も「(基準引き下げを)検討する」と述べたうえ、扶養が困難な理由を親族に証明させる方向まで示しました。
 これを受け、民主党政権が始めた社会保障審議会生活保護基準部会は、低所得層と生活保護世帯の消費水準を比較して“生活保護の方が高いから”と、基準引き下げの流れをつくりました。
 野田政権が閣議決定した13年度予算の概算要求基準(同年8月)では、社会保障費を「聖域視することなく、生活保護の見直しをはじめとして、最大限の効率化を図る」と明記。生活保護を対象にした「新仕分け」(同年11月)では▽働ける年齢層が就労の意欲を示さないときは「就労を促すペナルティー」を科す▽医療扶助では後発医薬品の使用を原則化する―ことなどを打ち出しました。(中略)

 「第三極」 改悪案にあっさり賛成
 “補完勢力”

 みんなの党も、申請の厳格化や扶養義務強化の条文を「外したらどうか」(中島克仁衆院議員)と疑問を呈しながら、「修正」で可として賛成しました。
 維新の会は「申請の厳格化ではない」(足立康史衆院議員)と「修正」にさえ異を唱えました。
 生活の党は「(民主党の)政権交代の原点に立ち返った政策を示していく」(小沢一郎氏)との言明に反し、改悪案にあっさり賛成。「修正」で「口頭での申請を含め現行の運用を変えないことが不十分ながら担保された」(6月7日の声明)と苦しい言い訳におわれています。(後略)                                                       (鎌塚由美)

|

« 【反戦詩】 荒石桓夫はが「夜の明けぬうちに」が描いた反戦のビラを刷っている姿。 | トップページ | 【反戦詩】 槇村浩の「出征」。『詩・パンフレット第一輯 赤い銃火』の巻頭詩。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57646032

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 生活保護改悪 民・み・維・生 自公の暴走後押し しんぶん赤旗が指摘。:

« 【反戦詩】 荒石桓夫はが「夜の明けぬうちに」が描いた反戦のビラを刷っている姿。 | トップページ | 【反戦詩】 槇村浩の「出征」。『詩・パンフレット第一輯 赤い銃火』の巻頭詩。 »