« 連載 四十九 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【陸軍歩兵四十四連隊で「殺された」兵士のこと。】 | トップページ | 連載 五十一 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【井上泉の「動員令が下つた」と槇村の「出征」との観点の違い。】 »

2013.07.25

連載 五十 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【陸軍歩兵四十四連隊の「出征」をうたいました。】

 槇村は、陸軍歩兵四十四連隊の出征も詩にしました。
 「出征」です。

 今宵電車は進行を止め、バスは傾いたまゝ動かうともせぬ
 沿道の両側は雪崩うつ群集、提灯と小旗は濤(なみ)のように蜒(うね)り
 歓呼の聲が怒涛(どとう)のやうに跳ね返るなかをおれたちは次々にアーチを潜り、舗道(ほどう)を踏んで
 いま駅前の広場に急ぐ

 おゝ、不思議ではないか
 かくも万歳の声がおれたちを包み
 おれたちの旅が
 かくも民衆の怒雷の歓呼に送られるとはー

 春の街は人いきれにむれ返り
 銃を持つ手に熱気さへ伝はる
 火の海のやうな市街を見詰めながら、おれはふと思ふ
 おれたちこそ
 苦闘する中国の兄弟に送られた××(革命)の×(援)軍
 国境を越えて共に暴圧の鎖を断ち切る自由の戦士!
 いま丘を越え
 海を越えて
 武器を携え急×(援)に赴くおれたちではないかと
 
 けたゝましく響く喇叭の音におれはふと我に返る
  (……蒋介石ごときは問題ではない
  (わが敵はただ第十九路軍……
 砂風の吹き荒れる営庭で、拳を固めて怒鳴った肥っちょの聯隊長の姿が
 烈しい憎悪と共にまざまざと眼の前に浮ぶ
 おゝ、第十九路軍
 屈辱と飢餓の南京政府を蹴飛ばして
 下からの兵士の力で作り上げた×衛軍
 狼狽する蒋介石を尻目にかけ、敢然と××政府に戦ひを宣した
 英雄的な中国のプロレタリアートと貧農の決死隊
 きみらの隊列の進むところ
 ××××の××は惨敗し
 土豪・劣紳・買弁が影を潜めた
 よし!
 ×仏英米の強盗ともが、君たちに陣地を棄てよとジュネーヴから命じようと
 よし!
 妥協した帝国主義者共の大群が君たちに襲い掛からうと
 君たち第十九路軍の背後には中国ソヴェート政府が厳存し
 君たちの前には
 全世界の同志の差し出す無数の腕がある

 歩廊に整列し
 ステップを踏んでおれたちは乗車する
 おれの頭を掠めるは残された同志
 あの路地の屋根裏で
 Kは今夜もガリ版を切り
 Dは円い眼鏡の奥から、人なつこい笑ひを覗かせながらビラを刷り
 Tは膝の上に「無新」を載せ、黙りこくって糊を煮てゐるだらう
 おゝ、――それとも
 きみらは今宵群集の中に潜(もぐ)り込み
 栗鼠のようにすばしこく、人人の手から手へ反×のビラを渡してゐるのか

 欺かれた民衆よ
 粧われた感激よ
 祝福された兵士たちの何と顔色の蒼いことか
 万歳の声に顔をそむけて眼鏡を曇らすおまへ
 白布にくるんだ銃を杖に突いてぢっと考へ込むおまへ
 とってつけたやうな哄笑で話題を女の話に外らせようとするおまへ
 そしておそらくは彼方の車の中で、ごった返す荷物に腰を下ろし馬の首を抱いて泣き濡れてゐるであらうおまへ
 枯れた田地と
 失業に脅える工場を後に残して
 一枚の召集状でむりやりに×××行かれるおまへらにとって、顔色の蒼いのは無理ではない
 ――だが
 今宵おれの胸は嬉しさに膨(ふく)らみ
 心臓は喜びにどきんどきんと鼓動をうつ
 おれの喜びは、生れて始めてすばらしい武器を手にしたプロレタリアートの喜びだ!
 おれの嬉しさは
 戦場といふ大仕掛けの職場の中で兵士の不平を××させる導火線、
 軍隊×××となった嬉しさだ!

 鎖が鳴り
 汽笛の音が早春の夜空に消える
 風は駅頭の歌声を消して行き
 街の灯は次第にかすかになる
 ゆくてに明滅する赤いシグナルを見詰めながら
 おれは心に誓ふ!

 けふ
 たった今からさりげない調子で兵卒のひとりひとりに話し掛け
 ××を覆う神聖なヴェールを引っぺがし中国ソヴェート建設の×のものがたりをきみらの胸に泌み込ませ

 やがて
 怒濤を蹴って港を離れる船の中で
 きみらの不平の先頭に立ち

 明日
 上海の塹壕で
 ××委員会の旗幟(きし)をたかく掲げ
 士官らを壁に×たせ
 全東洋被圧迫大衆の春の歌を高らかにうたふ、揚子江の河べりに
 十九路軍の兵士と××××(手を握り)
 (……おゝ、おれは×衛軍の一兵卒!

 明後日
 幸におれが
 (よし、おれが××士官の銃先に斃れようとその時はおれの屍を踏み越えて
  更にすぐれた、更に多くの同志たちが)
 ×旗を立て
 大衆の心からの歓呼を浴びて
 なつかしい故郷へ帰るとき
 残された同志らよ
 苦闘にやつれた君たちが×旗を振って万歳を唱へるとき
 おゝその時こそ
 共に歌はうぞ
 ××××××××××建設の歌を!

 第十九路軍は、国民党の蒋介石の命で蒋光鼐(しょうこうだい。一八八八年十二月十七日~一九六七年六月八日)と蔡廷鍇(さいていかい。一八九二年四月十五日~一九六八年四月二十五日)が一九三〇年八月に組織した国民革命軍第十九路軍のこと。蒋光?が総指揮、蔡が軍長に任命されました。一九三二年一月、日本軍が上海へ進軍してくると、国民党中央は同軍に撤退を勧めたが、蒋光鼐と蔡廷鍇は防衛線を堅持し、日本軍を迎撃することを決断しました。一月二十八日、両軍の交戦が開始されました(第一次上海事変、淞滬抗戦)。以後、三十日以上にわたり、蒋、蔡は懸命に抗戦したましが、最後は兵力・火力で勝る日本軍の前に撤退しました。しかし、このときのたたかいぶりは中国国内から賞賛を受けました。

|

« 連載 四十九 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【陸軍歩兵四十四連隊で「殺された」兵士のこと。】 | トップページ | 連載 五十一 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【井上泉の「動員令が下つた」と槇村の「出征」との観点の違い。】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57860803

この記事へのトラックバック一覧です: 連載 五十 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【陸軍歩兵四十四連隊の「出征」をうたいました。】:

« 連載 四十九 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【陸軍歩兵四十四連隊で「殺された」兵士のこと。】 | トップページ | 連載 五十一 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【井上泉の「動員令が下つた」と槇村の「出征」との観点の違い。】 »