« 連載 二十三 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【寺石正路が中学海南学校の二年生への編入に尽力】 | トップページ | 連載 二十五 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【吉田は、科学的社会主義に興味を持つようになります。】 »

2013.07.24

連載 二十四 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【中学海南学校の二年生へ編入】

 一九二七年四月、吉田は高知県立中学海南学校(高知市九反田)の二年生に編入しました。
 当時の身長百六十センチメートル足らず。
 このころ、天皇の中国への侵略が拡大されていきます。
 吉田が中学海南学校の二年生へ編入した一か月後の、一九二七年五月二十八日、大日本帝国の第一次山東出兵が始まりました(~九月八日)。
 侵略政策に反対する国民の運動が広がり、それへの天皇制政府の弾圧が激しくなっていました。

|

« 連載 二十三 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【寺石正路が中学海南学校の二年生への編入に尽力】 | トップページ | 連載 二十五 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【吉田は、科学的社会主義に興味を持つようになります。】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57854354

この記事へのトラックバック一覧です: 連載 二十四 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【中学海南学校の二年生へ編入】:

« 連載 二十三 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【寺石正路が中学海南学校の二年生への編入に尽力】 | トップページ | 連載 二十五 タイムマシンで「生ける銃架」の十九歳に会い行く 反戦詩人・槇村浩の誕生。【吉田は、科学的社会主義に興味を持つようになります。】 »