« エミさん、ユリさんへ 演劇「反戦詩人 槇村浩」 僕のセリフは十も!! 二〇一三年七月十六日 | トップページ | 【ニュース】今でしょ! 憲法講座 高知市 七月二十五日「憲法と日米安保のせめぎ合い」。 »

2013.07.16

【ニュース】 橋下維新さんの記者攻撃の異様さ=「そこに朝日新聞記者がいるけど、『朝日』や『毎日』の新聞や、その他のテレビが『大誤報』をやってくれたおかげだ」、「そのバス停にいる人が名前は言わないけど朝日新聞の記者」。

ここに記事があります。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-16/2013071615_01_1.html

 2013年7月16日(火)

 橋下氏が記者攻撃 聴衆から「ファシズム」の声 大阪・街頭演説

 (前略)日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が15日、大阪府の寝屋川市駅前の街頭演説で、特定新聞社の記者を手で示しながら非難し、数百人の熱心な支持者らの拍手で周囲は異様な雰囲気に包まれました。
 橋下氏は「慰安婦制度は必要だった」など一連の暴言について、いくら言い訳してもその言い訳も含めて批判されているのに「そこに朝日新聞記者がいるけど、『朝日』や『毎日』の新聞や、その他のテレビが『大誤報』をやってくれたおかげだ」と責任を転嫁。「そのバス停にいる人が名前は言わないけど朝日新聞の記者」と述べ、繰り返し手で示して聴衆をあおりました。
 自身の執拗(しつよう)な記者攻撃と、熱心な聴衆の反応をまずいと思ったのか最後には「記者個人をあんまりいじめないでくださいね。これをやったらおかしな世の中になっちゃうんで…」などと発言しました。(後略)

|

« エミさん、ユリさんへ 演劇「反戦詩人 槇村浩」 僕のセリフは十も!! 二〇一三年七月十六日 | トップページ | 【ニュース】今でしょ! 憲法講座 高知市 七月二十五日「憲法と日米安保のせめぎ合い」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57805581

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 橋下維新さんの記者攻撃の異様さ=「そこに朝日新聞記者がいるけど、『朝日』や『毎日』の新聞や、その他のテレビが『大誤報』をやってくれたおかげだ」、「そのバス停にいる人が名前は言わないけど朝日新聞の記者」。:

« エミさん、ユリさんへ 演劇「反戦詩人 槇村浩」 僕のセリフは十も!! 二〇一三年七月十六日 | トップページ | 【ニュース】今でしょ! 憲法講座 高知市 七月二十五日「憲法と日米安保のせめぎ合い」。 »