«  『嵐が丘』のキャサリンに寄せて | トップページ | 暑い中の、僕たちの激闘。 フジハラ日記 二〇一三年七月三十一日 »

2013.07.31

 「暑いねえー」に妻は「そらそうよ。夏やも」……。フジハラ日記 二〇一三年七月三十一日

 二〇一三年七月三十一日 朝

 自宅の冷房を入れていない部屋で、朝食後。

 おもわず、「暑いねー」

 と、いったら。

 妻は、

 「そらそうよ。夏やも(夏ですから)」

 夏だから暑いにきまっている、そんなことをいって何になるという気持ちだそうです。

 僕は、「たまにはクーラーをいれたらどうですか」と、いうことをいいたかったのですが……。

 「………。おまん(あんた)、そんなこと、そとでいいなよ。きらわれるぜー」

 「そとでは、いいやあせん(いってない)」

 なぜ、ぼくにだけ、こんないやがらせを……。

|

«  『嵐が丘』のキャサリンに寄せて | トップページ | 暑い中の、僕たちの激闘。 フジハラ日記 二〇一三年七月三十一日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57898609

この記事へのトラックバック一覧です:  「暑いねえー」に妻は「そらそうよ。夏やも」……。フジハラ日記 二〇一三年七月三十一日:

«  『嵐が丘』のキャサリンに寄せて | トップページ | 暑い中の、僕たちの激闘。 フジハラ日記 二〇一三年七月三十一日 »