« 【ニュース】毎日新聞が平和と戦争を考える資料展を報道しています。 | トップページ | 【槇村浩の研究のために】 槇村浩の反戦詩「生ける銃火」への内務省の検閲の跡。 »

2013.07.09

エミさん、ユリさんへ 『日本プロレタリア詩集』の一九三一年版、一九三二年版 二〇一三年七月八日

 晴れ。

 午後一時十五分間から『竹取物語』。

 終わってから大学院生研究室へ。
 インターネットの国会図書館の近代デジタルライブラリーで、つぎの本を見つけました。

  1  info:ndljp/pid/1138174 日本プロレタリア詩集. 1932年版 図書
  日本プロレタリア作家同盟 編 (戦旗社, 1932)   
 2  info:ndljp/pid/1138168 日本プロレタリア詩集. 1931年版 図書
  日本プロレタリア作家同盟 編 (戦旗社, 1931)

 印刷もできます。
 探していたものなので小躍りするほどうれしかったよ。

 安芸市の青年から昨夜、アリがたくさん飛んできたという話を聞きました。

 夜七時半からKIさんとゆっくり話しました。
 便利なサイトのことを教えてもらいました。

 家に帰ったら午後十時。
 窓を見たら、わが家にもアリが飛んできていました。

 また、国会図書館の近代デジタルライブラリーを見たら『赤い旗』(プロレタリア童謡集。槙本楠郎。紅玉堂書店, 1930)、『新しき出発』(評論集。徳永直。ナウカ社, 1934)
などが印刷できます。
 「歴史的音源」という項目もありました。

|

« 【ニュース】毎日新聞が平和と戦争を考える資料展を報道しています。 | トップページ | 【槇村浩の研究のために】 槇村浩の反戦詩「生ける銃火」への内務省の検閲の跡。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/57753655

この記事へのトラックバック一覧です: エミさん、ユリさんへ 『日本プロレタリア詩集』の一九三一年版、一九三二年版 二〇一三年七月八日:

« 【ニュース】毎日新聞が平和と戦争を考える資料展を報道しています。 | トップページ | 【槇村浩の研究のために】 槇村浩の反戦詩「生ける銃火」への内務省の検閲の跡。 »