携帯・デジカメ

2013.06.27

【反戦詩】上野荘夫の「兵士の歌」。

  上野荘夫は「兵士の歌」という詩を書いています(一九三三年十一月
の『無産者詩集 第二輯』)。中国に派遣された、ある日本兵にみずからの蛮行の数々を語らせています。

 おれは酔つぱらひのやうに舗道を歩く
 おれは気ちがひのやうに血眼になつて探し廻る
 おれは野良犬だ、血だらけの街を嗅ぎ
 おれは彼奴らの怒りを背中に感じながら憎々し気に笑ふ

 白昼、この破壊された街路で何がなされたか
 夜、この蜂の巣のやうに弾丸の討ち込まれた扉の中で何がなされたか
 昨日、河べりの叢であいつを俺はどうしたか
 今、赤い煉瓦塀の前で支那人どもがどんな眼にあはされてゐるか

 どこからどこまで血だ!
 そして、何から何まで血だ!
 この呪はれた血と破壊の中で俺は声高く笑ふ
 ――憎々し気に、狂犬のやうに

 あの男は扉の前で、眼を剥き、手を空に伸し、からだを慄はせ、喚き、倒れ、血を吐いたのだ
 あの女は部屋の隅に、手で乳房を押へ、恐ろしさに眼を見開き、髪を毮り、素裸のからだを辱(×)しめられたのだ
 子供は天井に釣り下げられ
 妊婦は二つに引き裂(×)かれた――
 至るところの街路で、部屋の中で、叢で、見えない煉瓦塀のかげで――血だ!

 おれは銃を握つてゐる
 おれは剣をブラ下げてゐる
 そしておれは酔つぱらひのやうに街を歩きまはり、建物の中へ侵入して行く

 何処で、誰が、どんなことをされたか?
 何処で、誰が、どんなことをしたか?
 今、支那(××)で、何が起こつてゐるかを考へて見ろ!

 鼻曲りの苦力は眼の前で素つ裸にされる娘を見てゐる
 乳呑児は母親の乳房からもぎとられ、母親は何処かへ連れ去られる
 何処かへ
 おゝ、何処かへだ!

 見ろよ、これが戦争(××)だ!
 これが海を渡つて来た俺たちの仕事だ!

 ――べっとりと血塗られた、街路、家、くさむら、河!

 子供を探す母親の眼が
 恋人を探す娘たちの眼が
 怒り、恐れ、呪ひ、わめき、祈るそれ等の眼が
 流された無数の仲間の血を見凝めてゐる!
 ――そして
 おれは酔つぱらひのやうに舗道を歩き
 狂人のやうにそれらの憎悪に向つて突進する
 おれは野良犬のやうに嗅ぎまはり
 そいつらの怒りに対して声高く笑はうとするのだ!

 たゞ、俺が呪はれた一兵卒であることの故に――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.26

【反戦詩】上野荘夫の「戦争へ!」。

  上野荘夫(通称ソウフ。戸籍上はソウオ。一九〇五年六月二日~)は「戦争へ!」という詩を書いています(一九二九年一月三十日発行の『新興文学全集 第十巻 日本編X』、平凡社)。天皇の中国侵略軍の兵たちの殺し、殺されるたたかいでの苦悩を描いています。

   
 ざつく ざつく ざつく ざつく
 ……どたり どたり ばた ばた………
 ぼろぼろの人間の肢体を見ろ
 蒼ぶくれたでくのぼう(、、、、、)の無限の列を見ろ
 ――こいつは動いて行く灰色の鎖だ
 ――こいつは歩いて行く屍骸の群だ
 口を空けてゐる
 白い眼を見開いてゐる
 銃剣をギラギラと光らせてゐる
 どたり どた ばた ばた………
 ……ざつく ざつく ざつく ざつく
 ――こいつは雑巾のやうに疲れ切った武器の密集部隊だ!

  黄色い海だ
  黄色い港だ
  黄色い街だ
  黄色い高粱畑だ
  支那だ!

 ばたり ばたり どど どど………
 何処かで赤ん坊が泣いてゐる
 ざつく ざつく ばた ばた………
 何処かで赤ん坊が泣いてゐる
 ――おっ母あ
 背中の餓鬼が泣いたら乳を呑ましてやるがええ
 畑にや真黒に烏がたかつて田圃にや水が涸れてゐたつけ
 あゝ
 赤ん坊は草刈籠の中で田のくろに泣いてゐやがった――
 ざつく ざつく どた どた……
 生きちや帰られめえ!
 ……ばたり ばたり

  黄色い高粱畑だ 支那だ!
  埃だ、風だ、射撃だ!

 ――隊長殿、疲れました
 ぢた ぢた…… ざつく ざつく ざつく
 考へても見ろよ、兄貴!
 俺あ娘つ子をやつつけたんだ、色の白い丸つこい十五の娘つ子を!
 俺の妹が会社の野郎にやつつけられた時にや……
 ――進軍だぞオ!
 ぢた ぢた ざつく ざつく ざつく
 ばた…… ばた……

 黄色い埃だ、支那だ!
 だが何だつて支那人を殺すんだ! えゝ?
 あゝ、おれは千人の中の一人なんだ
 千人の中の一人は殺すか殺されるかなんだ
 だが、何だつて――

 ぐわツつ ぐわツつ どど どど
 おれの故郷は海の向ふよ
 おれの寝床は海の向ふよ
 だが、海の向ふでだつて満足に眠れたことなんか無かつた
 いつも……いつも……飢えてゐたんだ
 ばた ばた ざつく ざつく ざつく……と

     進軍だぞオ!
   進軍だ!  
 進軍!
 何処へ行っても何処へ逃げても、あゝ
 進軍!
   進軍だ!
     進軍だぞオ! ばた ばた ばた

 こいつは武装された黄色い死骸の列だ
 こいつはどこまでもどこまでも殺(×)しに行く屠殺者の群だ
 こいつはどこまでもどこまでも殺(×)されに行く豚の群だ
 蛇のやうにのろのろと
 狼のやうにばたばたと
 ――そら、むしり取られた肢だ
 ――そら、えぐり抜かれた眼球だ
 頭と 肩と 腕と 銃と 剣だ
 ばらばらに引き裂かれた雑巾のやうな人間の群だ
 ざらり ざらり ごと ごと ごと……
 千人の中の一人だ、後を向いてゐるのは!
 千人の中の三人だ、殺すより殺されることを欲してゐるのは!
 だが、ばたり ばたり ごと ごと ごと

  えい!
  殺されろ 殺されろ 殺されろ 殺されろ
  畜生、犬殺しの奴等め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

短歌「二〇一〇年二月八日という日」。

  「学び舎(や)を 守れの意見書 出しなさい」 「私は出した」と突き上げられて

 ターゲット 七十八年前 高知県 資料の中に 入り込んでる

 年上が 「忘れるから」と チョコレート 事前にくれてる バレンタイン前

 笑顔撮る 僕の表情 むっつりで うまくいかない 笑顔の写真

 韓国の 友の訪問 迎えきる 準備の会議 今夜も熱して

 千葉佐那(さな)と 龍馬の関係 問いつめる 興味の欲の 意気込みやよし

 初めての メールをくれた 女性あり 追っかけをした わが十九歳

 夜十時、妻の携帯 通じない 昨日も今夜も 走りぬいてて

 炊飯器 何かお米が 入ってて スイッチ入れてる 夜十時半
 
 テレビ見て 踊っているよ ひっとりで もう真夜中に 近い時間だ

 朝食の 鍋にいくつか つぎたして 夜中の晩飯 かずつくってる

 妻帰り 最初の一言 ネコの名で 夫、しょんぼり パソコンの友

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

高知駅から岩国駅へ。六時間半で着いたよ。

 客九人のジャンボタクシーでのツアーです。

 小学五年生の女の子から六十歳代まで。二十歳代前半の男性もいます。

 主催者は僕。Oさんがナビゲーターです。

 岩国市内に入ると、すごーい渋滞。土浦、横浜、福岡などのナンバーもあります。

 午前六時半にJR岩国駅に到着。

 高知駅から六時間半で着いたよ。

 九時半に集合ということにして、九人は、それぞれの行動を。

 駅前二箇所で弁当を売っていました。

 米軍基地開放にくる客を身目当てにしたものです。

 私たち七人はインターネット喫茶へ。

 編入試験のための勉強をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.23

高知市 高知短期大学経済学クラブの一泊の研修旅行。その二。お好み焼き。

 二〇〇八年十一月二十二日。

 高知短期大学経済学クラブの一泊の研修旅行。その二。

 昼食は広島市の「お好み村」。
 以前、三年半、単身赴任していた事務所の近くです。
 ドドドンと盛り上げた食材が、圧縮されて「お好み焼き」になっていく過程を見学して何か感動しました。
 広島市は、妻が小学校を卒業したまちでもあります。何だか懐かしい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

高知県 「憲法の森」への道 その三。備え付けの丸太橋を渡して……。

020

 ニ〇〇八年十一月四日。
 
 「憲法の森」への道はけわしかった。
 まず、ずるずるずると井出川へ降りました。
 備え付けの丸太橋を渡して、それを伝って(僕は、おっかなびっくりで…)山側へ。
 「道なき道」を登って左手に「憲法の森」の看板がたっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

高知市大津 わーっ、土手にナノハナが。うれしーっ。

040


059

 二〇〇八年一月十八日。

 寒気きて 震える日々の わが土手に
 ナノハナたちが
 光っていたよ

 わーっ、土手にナノハナが。うれしーっ。
 自転車のかごには買い込んだ本がいっぱいで、まともに駐車できません。
 いったん家に帰ってナノハナの撮影に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)